THE BRIDGE

タグ POP

ラピッド・プロトタイピング・ツール「POP」にバージョン2.0が登場、日本語対応し日本市場への進出を本格化

SHARE:

「POP」は、台湾発で最も成果を上げているスタートアップの一つだろう。シリコンバレーのインターネット企業 AVOS 傘下に入り、500 Startups のインキュベーション・バッチにも参加するなど、もはや台湾のスタートアップと呼ぶよりも、シリコンバレーに根ざした将来有望な企業の一つだ。 POPは、紙に描いたユーザ・インターフェースなどから、簡単な操作でモバイルアプリを作ることができる、ラピッド・…

pop_featuredimage

POP」は、台湾発で最も成果を上げているスタートアップの一つだろう。シリコンバレーのインターネット企業 AVOS 傘下に入り、500 Startups のインキュベーション・バッチにも参加するなど、もはや台湾のスタートアップと呼ぶよりも、シリコンバレーに根ざした将来有望な企業の一つだ。

POPは、紙に描いたユーザ・インターフェースなどから、簡単な操作でモバイルアプリを作ることができる、ラピッド・プロトタイピング・ツールだ。その操作の容易さは、「7歳の女の子がPOPを使い始めて5分間で、アプリの作り方をマスターした」というフレーズで、しばしば形容される。

<関連記事>

先頃、POP はバージョン2.0をリリースし、いくつかの機能追加と日本語対応を発表した。追加されたのは、DropBox 連携、画面スクロール機能、ジェスチャーなどだ。ユーザ・インターフェースを伴うモックアップを DropBox から取り込むことができるようになり、画面が縦に長いアプリも開発可能に、また、スワイプ・ズーム・タップといった、基本的なユーザ操作もアプリの中に簡単に取り込めるようになった。

今回のバージョンで、日本語に対応した背景について、POP の共同創業者でCEOの Ben Lin がコメントをくれた。

ツールそのものについては、特に日本語版も海外版と同じです。日本の開発者やデザイナーの行動は、欧米の人達と極めて似ているからです。バージョン2.0以前は英語版しか無かったのですが、日本人ユーザにとっては言葉が大きな障害となっていることがわかりました。そこで、POP の iPhone 版、iPad 版、Android 版、ウェブ版のすべてを日本語に翻訳し、正しいメッセージを日本人ユーザに伝えられるよう、いいコピーライターを見つけました。

プロトタイピングは、ソフトウェアを作る上では重要なステップで、お金と時間が節約できます。日本語版のまだ無かった段階でも、我々のユーザの20%は日本からです。したがって、今回の日本語版の POP のリリースにより、より多くの日本の開発者やデザイナーが、このサービスの恩恵に預かってもらえると思います。

pop_screenshot1 pop_screenshot2

この分野には、日本の Goodpatch が提供する Prott のほか、アメリカの  InvisionFlinto などが存在し、非常にホットな分野だ。アプリ・デベロッパにとって、グロースハック・ツールをモバイルアプリのポスト・プロダクションに必要なものと位置づけるなら、プロトタイピング・ツールはプリ・プロダクションのプロセスにおいて不可欠な存在だ。Ben Lin は POP の可能性について、次のように語っている。

POP のような生産性向上のツールの市場は、小さ過ぎるという人もいるでしょう。しかし、一歩引き下がって考えてみれば、ソフトウェアは世界を牽引しており、将来の可能性は計り知れません。アドビが新クラウドサービスをローンチすると、150万人が有料ユーザになり、Atlassian が生産性向上ツールの提供を始めると、同社は33億ドルの価値を持つ企業に成長しました。このことからわかるのは、生産性を向上し付加価値の高いものを生み出すためなら、ユーザはよいサービスにお金を喜んで払うということです。

POP の日本語対応後のユーザ増加の推移や、他の類似ツールとの機能比較や差別化戦略については、今後改めて THE BRIDGE 上で取り上げたいと思う。

----------[AD]----------

台湾発、新しい革新的なモバイルアプリトップ10

SHARE:

台湾と聞いて、人々が真っ先に思い浮かべることはなんだろうか? セクシーな女性、おいしそうな夜の屋台、魅惑的な文化、それとも美しい風景だろうか? その中にまもなく革新的アプリが加わるかもしれない。 以下に、筆者が選んだ台湾発のモバイルアプリトップ10を紹介しよう。 1. Whoscall(iOS、Android) この発信者IDアプリは、非通知で着信した番号をインターネットやコミュニティリポートを介…

Some rights reserved by Jorge Quinteros
Some rights reserved by Jorge Quinteros

台湾と聞いて、人々が真っ先に思い浮かべることはなんだろうか? セクシーな女性、おいしそうな夜の屋台、魅惑的な文化、それとも美しい風景だろうか?

その中にまもなく革新的アプリが加わるかもしれない。 以下に、筆者が選んだ台湾発のモバイルアプリトップ10を紹介しよう。

1. Whoscall(iOS、Android)

whoscall-100x100

この発信者IDアプリは、非通知で着信した番号をインターネットやコミュニティリポートを介して数秒で特定してくれる。発信者に関する簡単な説明を画面に表示してくれるので、電話を受けた人は応答するかどうかを判断することができる。 営業電話を選別したりできる優れものだ。(関連詳細記事
 

2. Burn The Corn(iOS)

burn-the-corn-150x150-100x100

Burn the Cornは、iOS向けの面白くて可愛いゲームだ。基本的には、画面をなぞってとうもろこしの種をおいしいポップコーンにする。ポップコーンをたくさん作るほど、高いスコアが得られるというものだ。可愛いグラフィックや効果的な叫び声で好感度が高い。
 

3. Jade Ninja/勾玉忍者(iOS)

Jade-Ninja-100x100

Jade NinjaはiOS向けの忍者ゲームだ。女の子の忍者を敵の攻撃から守りつつ、武器で敵を倒していく。個人的にはこのグラフィックデザインがとても気に入っていて、かっこいいキャラクターや武器もこのゲームの特徴だ。
 

4. Waygo(iOS)

Waygo-100x100

Waygoは、携帯電話のカメラを使って漢字を英語に翻訳してくれる。インターネットに接続しなくても使用することができる。この地域に住んでいる外国人や中国語圏を訪れる観光客にとても便利だ。 同アプリがWaigoと呼ばれていたときの記事も要チェックだ。(関連詳細記事
 

5. Popapp(iOS)

pop-app-100x100

アプリ開発者向けの優れものアプリだ。Popappはプロトタイプのアプリのデザインを紙に描いてシミュレーションしてくれる。基本的には、紙の上にスケッチしたデザインをデジタル形式で変換する。同アプリの最も優れたところは、同様のアプリの仕事をしているデザイナーやレビュアーと共有できる点で、アプリをコーディングしてしまう前でもUIに磨きをかけられる。(関連詳細記事
 

6. iCook/愛料理(iOS、Android)

iCook-100x100

iCookは選んで学べる2万4,000以上ものレシピを搭載している。さまざまなジャンルの料理を検索でき、それぞれの料理ごとに必要な材料や調理過程を段階的に載せている。台湾ではとても人気で、Facebookのファンページには50万を超える「いいね!」が寄せられている。 このアプリに関する記事も要チェックだ。(関連詳細記事
 

7. Cytus(iOS、Android)

Cytus_icon-100x100

要注意:世界中の有名なミュージシャン作曲の60以上のオリジナル曲を搭載した中毒性の高いモバイルゲームアプリ。Guitar Heroのファンならこのアプリが好きだろう。
 

8. Fog of World(iOS)

Fog-of-World-100x100

このiOS向けアプリはあなたの旅行経験をゲーム化してくれる。ゲームのコンセプトは少しDotAに似ている。地図上の各ロケーションはあなたがその場所へ旅行した時点でクリアになる。Fog of Worldは実際に旅行記録としての機能を果たし、そして新しいエリアの探索を手助けしてくれる。
 

9. WhatsTheNumber(iOS、Android)

Whatsthenumber-100x100

サーチエンジンで住所や電話番号を探すのは大変ではないだろうか?WhatsTheNumberに検索したい言葉を入力するとアプリが入手できる全ての情報を集約し、電話番号と住所のみを提示する。電話をかけることもでき、詳細な連絡先を保存して友人と情報を共有することもできる。
 

10. Golater(iOS)

Golater-100x100

このアプリはインターネットを通してあなたがチェックした場所にブックマークしてくれる。ブックマークをした後は、地図上の全ての場所を検索することができ、希望する目的地への道順を案内してもらうこともできる。同アプリは海外旅行の計画を立てるのに適しており、最も優れた点は計画したルートを友人と共有できることだ。

もちろん、台湾にはCubieやiPeen(愛評網)といった他にも人気で革新的なアプリがたくさんあるが、紹介した上記の10のアプリがメディアに取り上げられるにふさわしいと思う。

----------[AD]----------

Hacker Newsで評判のワイヤーフレーム作成ツール「POP」、アメリカやシンガポールの投資家の関心をひく

SHARE:

【原文】 二日酔いというのは通常、不快なものだ。しかし、POPの共同設立者である台湾のBen Lin、Leo Lin、Shao-Kang Leeの3氏にとって、お祭り騒ぎの後にやってくるこの悩みに薬となる良いニュースがやってきた。彼らのアプリがすごい勢いでダウンロードされ始めたのだ。 これを「嬉しいサプライズ」と呼ぶのは控えめ過ぎるだろう。どちらかというと、宝くじを当てたようなものだ。多くのスター…

【原文】

pop-590

二日酔いというのは通常、不快なものだ。しかし、POPの共同設立者である台湾のBen LinLeo LinShao-Kang Leeの3氏にとって、お祭り騒ぎの後にやってくるこの悩みに薬となる良いニュースがやってきた。彼らのアプリがすごい勢いでダウンロードされ始めたのだ。

これを「嬉しいサプライズ」と呼ぶのは控えめ過ぎるだろう。どちらかというと、宝くじを当てたようなものだ。多くのスタートアップは何ヶ月もの間、牽引力を得られないまま、重い足どりで歩くことになる。しかし、POPの場合、2ヶ月前のローンチパーティからずっとお祭り騒ぎの真っ最中なのだ。

事が起こり始めた時、彼らはみんな酔っ払っていた。しかし、Shao-Kang Lee氏だけは冷静に目の前で起こっている爆発的な数字を追いかけた。同アプリはこれまでのところ、Hacker Newsにおいて304票を獲得、ダウンロード数は65,000となっている。デザイナー向けのiPhone用ワイヤーフレーム作成というニッチなアプリにしてはかなりの数字である。

ここには運以上の何かがある。プロトタイピング・オン・ペーパー(見本を紙の上で制作する、という意味)の頭文字を取ってつけられたこのPOPというアプリには、ユーザの心をつかんではなさない、興味をそそる何かがあるのだ。

簡単に言うと、同アプリはユーザがモバイルアプリをデザインする際、ペンで紙に描いたスケッチを同アプリ内に取り込み、アップロードし、さらにそれをリンクしてインタラクティブなプロトタイプを制作できるようにするというものだ。デザイナーたちは標準的なワイヤーフレーム作成ソフトのインターフェースにわざわざ慣れなくてもよくなり、より手軽にアプリをデザインできる。

デザイナーとデベロッパーの間で意思疎通に問題が生じるのはよくあることだが、同アプリはこれにも解決策をもたらす。POPではインタラクティブなスケッチ帳が用意され、UXデザイナーはインターフェースがどのような仕組みになっているのかについてずっとうまく説明することができるようになる。アプリの動作を説明するのに、デベロッパーの想像力に頼らなくてもよくなるのだ。

POPを利用することで意思疎通の問題が減り、最終的には時間と費用の節約にもなる。同アプリのシンプルさがHacker Newsにおいてファンを引き寄せた。今では、子供たちでさえ親と一緒にモバイルゲームをデザインするために使っている。これは同チームがまったく予想しなかったユーザ層である。

そして、シンガポールや米国の投資家さえも今では興味を持っている。

私は土曜日(12日)の朝、シンガポールのオーチャードロードのカフェでShao-Kang Lee、Leo Linの両氏に会った。Shao-Kang Lee氏は明らかに疲れているようで、Leo Lin氏は少しよそよそしく思われた。それも当然のことだろう、両氏はちょうど投資家やアクセラレータとのたくさんのミーティングを終えたところだったのだから。

私たちとのミーティングは両氏のシンガポールにおける資金調達の最後の予定で、それが終われば飛行機でシンガポールを離れる予定だった。そして、次はサンフランシスコへと向かうのである。

Lee氏は「働き過ぎ」という単語を、何度も何度も会話の中で使った。スタートアップの創設者たちは皆、必死で働くという意味で述べたわけではない。このクレイジーなペースで続く成長にどう対応すればいいのか、という意味で彼はその言葉を使ったのだ。

ダウンロード数があまりにも急激に増えたため、適切な収益モデルをじっくり考えて、導入することができないという問題に彼らは直面していた。ちょうど今も、彼らは調整に必死で取り組んでいる。同アプリはこれからも無料で利用可能となる予定だが、パワーユーザにはいずれ有料になるかもしれない。

ダウンロード数が多いというのは非常に素晴らしいことではあるが、同チームは別の評価指標の向上に取り組んでいる。Lee氏が私に話したところによると、これまでに4万件のプロジェクトが作られ、各プロジェクトに利用されるシートは平均7枚だという。

これは励みとなる数字だ。なぜなら、人々が同アプリでインタラクティブな機能を利用して、ワイヤーフレームを実際に完成させていることを意味するからだ。

彼らは将来、各ユーザの平均プロジェクト数、そして収益システム実装後にはプレミアムサービスのコンバージョン率を含む他の評価指標に注目することになるだろう。

同チームは断固として台湾から引っ越すと主張している(「台湾にはスタートアップのエコシステムが存在しないからだ」、とLee氏は述べた)。彼らがどこに移転するか決定を下すのは、シリコンバレーのエンジェル投資家たちと会ってからのことだろう。

もしすべてがうまくいくなら、さらにもっと多くのパーティーが開催されることを期待しよう。

注:WOOMOOとはPOPを開発した企業の名前だ。

【via SGE.io】 @SGEio

----------[AD]----------