THE BRIDGE

タグ SEWORKS

モバイルセキュリティ・スタートアップのSEWORKS、シリーズAラウンドでSoftbank Venturesなどから約8億円を調達

SHARE:

モバイルセキュリティ専門スタートアップ SEWORKS(에스이웍스)が、82億5,000万ウォン規模(約8億円)のシリーズA投資を受けた。同社は2015年、Softbank Ventures、Qualcom、Qualcom Ventures からの20億ウォン(約1.8億円)を調達。シリーズ A ラウンドとしては、Samsung Ventures Investment(삼성벤처투자로부터)から30…

seworks_featurdimage
Image credit: SEWORKS

モバイルセキュリティ専門スタートアップ SEWORKS(에스이웍스)が、82億5,000万ウォン規模(約8億円)のシリーズA投資を受けた。同社は2015年、Softbank Ventures、Qualcom、Qualcom Ventures からの20億ウォン(約1.8億円)を調達。シリーズ A ラウンドとしては、Samsung Ventures Investment(삼성벤처투자로부터)から30億ウォン(約2.9億円)を調達し、今年に入って、Smile Gate Investment(스마일게이트인베스트먼트)、Wonik Investment Partners(원익투자파트너스)などから追加で52.5億ウォン(約5.1億円)の資金を調達し、シリーズAラウンドをクローズした。

2013年に創業した SEWORKS は、同年 Softbank Ventures と Qualcom Ventures から20億ウォン(約1.8億円)規模のシード投資を受け、本社を韓国からシリコンバレーに移した。

SEWORKS は、今回の投資をグローバルセールスおよびマーケティング活動に使用し、市場シェアを高める計画だ。

<関連記事>

【via BeSuccess】 @beSUCCESSdotcom

【原文】

----------[AD]----------

韓国のSEWORKSが、モバイルアプリ・デベロッパ向け統合セキュリティサービス「AppSecure」を世界展開

SHARE:

韓国のモバイル・セキュリティ・スタートアップ SEWORKS(에스이웍스)が、アプリの診断、アプリの難読化、アプリの管理まで、一度に行うことができる統合モバイルセキュリティサービス「AppSecure」を全世界ローンチしたと、25日発表した。 AppSecureは、アプリのリリース前からリリース後の管理までサポートする、モバイルアプリの統合セキュリティサービスである。 SaaS(Software …

appsecure_featuredimage

韓国のモバイル・セキュリティ・スタートアップ SEWORKS(에스이웍스)が、アプリの診断、アプリの難読化、アプリの管理まで、一度に行うことができる統合モバイルセキュリティサービス「AppSecure」を全世界ローンチしたと、25日発表した。

AppSecureは、アプリのリリース前からリリース後の管理までサポートする、モバイルアプリの統合セキュリティサービスである。 SaaS(Software as a Service)の形態で提供されるため、ユーザー開発者)がサイトを訪問し、いつでもどこでも、セキュリティサービスを利用することができる。このサービスは、1. AppSecure Scan、2. AppSecure Protect、3. AppSecure Track の3つの機能でで構成されており、ゲーム、金融などのアプリデベロッパ向けに、利便性の向上とともにセキュリティを強化したのが特徴である。

AppSecure Scan は、アプリのリリース前に、アプリのソースコードを抽出することができるかどうか、逆コンパイル(Decompile)可能かどうかをチェックして脆弱性を診断、セキュリティリスクなどを詳細分析してくれる。アプリのDEX逆コンパイル、Unity 3D DLL 逆コンパイル、SOデバッグが可能かどうかをチェックできる。

AppSecure Protect は、従来からある SEWORKS のアプリ難読化サービス「Medusah(메두사)」のセキュリティ機能を強化したもので、バイナリレベルの難読化との整合性機能をウェブ上で一度かつ容易に適用できるようにした。SDK の適用する際の手間が多かった従来のソリューションとは異なり、開発の完了後に簡単にセキュリティ適用ができる。 また、最も頻繁にハッキングが発生するモバイルゲームアプリのセキュリティのために、Unity 難読化(iOS、Android)機能も追加した。

AppSecure Trackは、アプリのリリース後も、アプリがセキュリティを維持できているか、管理、レポートを出す機能を提供する。アプリの偽造・変造、ハッキングツールの使用など異常の兆候が表示されたら、ユーザがこれをリアルタイムで確認することができる。また、開発会社が不正行為をしようとするユーザをブロックできる Kill-Switch 機能もサポートしている。

SEWORKSは、このサービスを3月2日からサンフランシスコで開催される Game Developers Conference (GDC) 2015 で紹介し、今後のグローバルなB2B販売およびマーケティングに拍車をかける予定だ。

SEWORKS の代表を務めるホ・ミンピョ(홍민표)氏は、次のようにコメントしている。

従来の自社技術の欠点を補完し、メジャーなグローバル企業から直接フィードバックを受けて、グローバル市場に適合した製品を高度化し、統合アプリのセキュリティサービスに発売することになった。今後も着実にアプリセキュリティ技術の開発に集中し、セキュリティと利便性を提供する。韓国国内のみならず、グローバルサービスとして定着することができるよう、グローバルセールス、マーケティング活動をしていく。

SEWORKS は、有名ハッカーグループ WOWHACKER(와우해커)のメンバーが中心となって設立されたモバイルセキュリティスタートアップで、現在、シリコンバレーをはじめとグローバルモバイルセキュリティ市場拡大のための本格的な動きを展開しており、設立から半年で、Qualcomm と Softbank Ventures から総額20億ウォン(約2.2億円)のシードラウンド資金調達に成功している。

【原文】

【via BeSuccess】 @beSUCCESSdotcom

----------[AD]----------

韓国のモバイルセキュリティ・スタートアップSEWORKSが、ソフトバンクとクアルコムから約1.8億円を調達

SHARE:

モバイルセキュリティ・ソリューションを提供する韓国の SEWORKS(代表:ホン・ミンピョ=홍민표)が資金調達に成功した。4月に Fast Track Asia(訳注:ソウルのスタートアップ・インキュベータ)で7番目の投資先に選ばれた SEWORKSは、Softbank Ventures から15億ウォン(約1.3億円)、Qualcomm Ventures から 5億ウォン(約0.5億円)、合計2…

seworks_logo

モバイルセキュリティ・ソリューションを提供する韓国の SEWORKS(代表:ホン・ミンピョ=홍민표)が資金調達に成功した。4月に Fast Track Asia(訳注:ソウルのスタートアップ・インキュベータ)で7番目の投資先に選ばれた SEWORKSは、Softbank Ventures から15億ウォン(約1.3億円)、Qualcomm Ventures から 5億ウォン(約0.5億円)、合計20億ウォン(約1.8億円)の投資を受けた。

Softbank Ventures の責任審査役ウィ・ヒョンジョン氏は「SEWORKS は、韓国のモバイルセキュリティのリーダー的存在であり、世界最高の技術力を持つチームだ」と述べ、既に実績のある同社の力と、世界的に最も進んでいる韓国国内のモバイル環境で、グローバルな企業に成長する可能性を投資理由に挙げた。

IMG_7034
SEWORKS代表ホン・ミンピョ氏

ホン・ミンピョ代表は、今回の資金調達について、「世界的な企業に成長する上で、Softbank と Qualcomm のグローバル・ネットワークが大きな助けになるだろう。」と述べ、世界市場をターゲットにする抱負を明らかにした。

SEWORKS は、世界的に〝ホワイトハッカー〟として有名なホン・ミンピョ氏が、2012年12月に設立したモバイルセキュリティ会社だ。最近、話題になっているモバイルセキュリティ業界では、世界的な技術競争力を備えた韓国のトップ企業と評価されている。

一方、ホン・ミンピョ代表は24日、駅三洞(訳注:ヨクサンドン=ソウル市内のスタートアップ密集エリア)で開催された、D.CAMP「第3回Inside the Founders」で、「スタートアップにとって、まさに時は金なり」というメッセージを述べていた。


【via BeSuccess】 @beSUCCESSdotcom

【原文】

----------[AD]----------