THE BRIDGE

タグ Shanda(盛大)

Shanda(盛大)、モバイルゲームプラットフォーム「G-Home(G家)」をローンチ

SHARE:

かつて最大のオンラインゲーム会社であったShanda(盛大)が先日、同社のモバイルゲーム戦略を発表した。Shanda Games(盛大遊戯)はモバイルゲームプラットフォームのG-Home(G家)を開発し、来年には36種類のモバイルゲームをローンチする予定だ。 G-Homeは同社PCベースのゲームサービスが行っているほとんどすべてのサービスを提供している。例えばユーザアカウントや会員システム、決済ソ…

g-home_screenshots

かつて最大のオンラインゲーム会社であったShanda(盛大)が先日、同社のモバイルゲーム戦略を発表した。Shanda Games(盛大遊戯)はモバイルゲームプラットフォームのG-Home(G家)を開発し、来年には36種類のモバイルゲームをローンチする予定だ。

G-Homeは同社PCベースのゲームサービスが行っているほとんどすべてのサービスを提供している。例えばユーザアカウントや会員システム、決済ソリューション、バーチャルクレジット販売チャネル、ユーザデータプラットフォームなどだ。

G-Homeはサードパーティの選りすぐりの高品質ゲームに対する最高収益分配率の提供、あるいはいくつかのゲームを買収すると約束している。また、ほとんどのゲームプラットフォームが行っているプラットフォーム上の広告への課金はしないとしている。

また同プラットフォームはゲーム開発者や管理者にすべてのユーザデータを公開すると約束している。サードパーティがライセンスを通じて、G Family全体またはG Familyのゲームを彼らのプラットフォームや売上収益に含めることもShandaは認めるそうだ。

Shandaによると、ゲームによる収益の90%までが開発者やサードパーティのものになるという。G-Homeは韓国、日本、シンガポール、台湾、その他東南アジア諸国・地域に拡大していく予定だ。

中国最古参のオンラインゲーム会社の1つであるShandaはG-Homeについて、アクティブユーザアカウント数は10億に上り、有料アカウント数は1億、プレミアム加入者数は2000万になるとしている。

【via Technode】 @technodechina

【原文】

----------[AD]----------

Shanda(盛大)の中国市場回帰に、他社も追随?

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 【原文】 中国のメディア・エンターテイメント大手のShanda Interactive(盛大互動)が株を買い戻し、ナスダックの上場を廃止するというニュースは衝撃的だった。 それは、他の中国のウェブ企業やテック系企業も、上海や深圳、香港などの中国の株式市場を選んで、ニューヨーク株式市場への上場をあきらめるのではないかとさえ思わせる。現在の法律では、海外で設立された中国企…

【翻訳 by Conyac】 【原文】

中国のメディア・エンターテイメント大手のShanda Interactive(盛大互動)が株を買い戻し、ナスダックの上場を廃止するというニュースは衝撃的だった。 それは、他の中国のウェブ企業やテック系企業も、上海や深圳、香港などの中国の株式市場を選んで、ニューヨーク株式市場への上場をあきらめるのではないかとさえ思わせる。現在の法律では、海外で設立された中国企業による中国国土内での株式売買は禁じられている。

「World Zero」など絶大な人気を誇るMMO(多人数参加型)ゲームを展開する Shanda(盛大)のオンラインゲーム部門「 Shanda Games(盛大遊戯)」も同じことをするのではないかと考えられるが、それについては今週は語られなかった。だが、この件についてはこれまで長くにわたり、さまざまなことが言われている。今年の3月、Shanda Interactive(盛大互動)CEOのChen Tianqiao(陳天橋)氏はロイター通信社に次のように述べている。

「(中国本土の株式市場に)戻ることができれば素晴らしいことだ。どの企業も自国の経済成長の実績を分かち合いたいと思っている。」

彼は、マネーゲームについて言及しているのだと特筆しておこう。また、Chen氏は、彼の企業がビジネス展開がほとんどされていない国で上場する際の苦境を説明する際に、「孤児株(訳注:人気薄銘柄)」というフレーズを口にした。拡大解釈してみると、孤児株現象は、NASDAQ やニューヨーク株式取引所を排除するかもしくは無視し、自国での上場を好む多くの他企業にも当てはまる。

Shanda Interactive(盛大互動)は、いわゆる最初の「海亀」(海外留学中に得た知識を自国で生かす、中国人学生を称するのによく使われるフレーズ)にはならないだろう。中国で Skype を運営しているTOM グループのインターネット・メディア部門で TOM Online は、2007年に株式を非公開化している。しかし、親会社が香港で上場していたにも関わらず、当初、TOM Online はこの地域で上場を果たしていなかった。

市場の事情通には、Shanda はニューヨークから上海へ機敏な足取りで新たな軌跡を残すだろうと考える者もいる。これによって、全体的に米国を避けることになり、孤児株にもならず、将来の大規模な株式上場、例えば Alibaba(阿里巴巴) グループ、Taobao(淘宝)、Tmall(淘宝商城) 部門などのような展望が開けるだろう(注釈:Alibaba.com のみ香港にて上場済み)。

経験の深い中国のインターネットエグゼクティブであり、TOM Online の CFO であった Peter Schloss 氏は、同社が米国の株式公開に至った際に Twitter 上でこう語った:

「米国株式市場に上場している多くの中国のインターネット企業の中で、米国で非公開化しその後中国市場で再上場することになる初めての企業が Shanda(盛大) かどうかって? 私は、イエスと答えるだろう。」

[ニューヨーク・タイムスの Dealbook blog にて、Shanda(盛大)の株式移行の背景を調べることができる]

【via Penn Olson 】 @pennolson

----------[AD]----------

盛大網(シャンダ)が創るセカンドライフのゲーム版「零世界(ワールドゼロ)」

SHARE:

【原文】 3Dの仮想世界が人気だった2009年ごろ、セカンドライフや、それらの中国のライバルにあたる HiPiHi や UWorld のことは、読者も耳にしたことがあるだろう。ユーザはバーチャルツールを用いて、仮想世界で家、店、車、木々などを手に入れるのだが、残念ながら妄想に終わってしまった。解決すべき技術的な問題があったことも事実だが、特に中国の場合、仮想世界ではすべてを一から作り上げられること…

【原文】

3Dの仮想世界が人気だった2009年ごろ、セカンドライフや、それらの中国のライバルにあたる HiPiHi や UWorld のことは、読者も耳にしたことがあるだろう。ユーザはバーチャルツールを用いて、仮想世界で家、店、車、木々などを手に入れるのだが、残念ながら妄想に終わってしまった。解決すべき技術的な問題があったことも事実だが、特に中国の場合、仮想世界ではすべてを一から作り上げられることを求められたため、最初は何も無い世界に、ユーザが落胆してしまった、というのが原因である。

仮想世界のユーザの多くは、楽しみを目的にやってくるのであって、さらに楽しいものを作り出そうとする、創造的な人種ではない。言い換えれば、これまでの仮想世界はユーザをつなぎとめる要素が欠落していたわけだ。

先週、盛大網が開催したタレント発掘パーティーで、盛大網のCEO 譚群釗(タン・クンダオ)氏は基調講演し、世界で最も楽しいものになるかもしれない、新しいゲームについて教えてくれた。その名は「零世界(ワールドゼロ)」、ただのゲームではなさそうだ。セカンドライフのゲーム版と言ってもよいだろう。

盛大網は「零世界」の開発に一年以上費やしており、3DのMMORPG(マルチメディア・オンライン・ロールプレイング・ゲーム)だと説明している。ハンディツールや、豊富な開発リソースも併せて発表され、ユーザは自ら新しい3D仮想世界(ゲーム)を作ることができ、さらにそれらを管理し、他のプレーヤーと共有することもできる。「零世界」は、オープンな3Dゲーム開発基盤を目指していて、ユーザが作り出す何百もの(小さな)仮想世界の融合体と言ってもよいだろう。

ゲームの中で、ゲーマーがどのくらいで仮想世界を作り出すアイデアを思いつくかはわからないけれども、ゲームの要素が加わることで、人々は確実に仮想世界を探検していみたいと思うだろう。譚CEOは、今年の10月には詳細が発表できるとしている。以下に零世界についての、素晴らしいビデオを置いておく。タイトルは、「あなたの世界は、ゼロから始まる」

【via Technode】(@technodechina)

----------[AD]----------

[翻訳News] 中国Shandaが公開したTuita(推他)は実はTumblrクローンだった

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 (訳注:以前、PennOlsonの記事翻訳で伝えたShandaの新サービスがプライベートで公開され、名称が「Twitter」に似ていたが実際にはTwitterというよりもTumblrだったことが判明した、という内容) マイクロブログの成長により、Tumblrに似たサービスが中国でも開始されるようだ。すでに私たちが報じているKuanTu(宽途)もそのうちのひとつになる。…

【翻訳 by Conyac】

(訳注:以前、PennOlsonの記事翻訳で伝えたShandaの新サービスがプライベートで公開され、名称が「Twitter」に似ていたが実際にはTwitterというよりもTumblrだったことが判明した、という内容)

マイクロブログの成長により、Tumblrに似たサービスが中国でも開始されるようだ。すでに私たちが報じているKuanTu(宽途)もそのうちのひとつになる。もうひとつは元Shanda(互联网出)のGameABCのCEOによって設立されたDianDian(点点)で、Innovation Worksが投資していている。

私はShandaの「Tuita(推他)」という新サービスをテストしている。まだプライベートテストの状態で、最初の印象としてはまた新たなTumblrがでてきたな、というものだった。

Tuitaは実にTumblrに似ている。Tuita上では、短いコメント、投稿メッセージ、画像、動画、ファイルをフォロワーと共有が可能だ。全てのユーザーは、自分で作成したテンプレートで、個人のミニサイトを始めることができて、Tuitaに公開されたコンテンツはユーザーのSina WeiboやQQ Weiboのサービスとシンクもできる。Tuitaは製品の観点からするといいデザインだ。しかし機能面ではTumblrと比べるとちょっとつまらない…

ただ実はTuitaはShandaにとって賢明な手段であることがわかる。Shandaはオンライン・サービスを集約するのに、Tumblrをモデルにしている。

  • 音楽 – Shandaの投資してるXiaomi(小米)を使用
  • ファイル – 2010年10月に開始されたクラウド・ストレージとファイル共有サービスのShanda Noteを使用
  • 動画 – Ku6(酷6)NASDAQに上場しているオンラインサイトを使用

Shandaにとって、オンライン・サービスを集約するのははじめてのことでない。数ヶ月前に開始したTangguoはいまだにベータ版である。ユーザーはTangguoでもコメントや画像、動画を共有できるが、同時にShandaの50余りのオンラインカジュアルゲームを持つアプリストアも運用している。Tuitaはそれに比べるとずいぶん身軽なサービスだけにより簡単に広がるだろう。

【via Technode】 @technodechina

 

----------[AD]----------

[中国ニュース] 中国のShandaがTwitterクローンを開発中。その名も「Tuita(推他)」

SHARE:

  【翻訳 by Conyac】 ShandaはTwitterライクな新サービスを開発しているのだろうか? iChinastock によると、Tuita (推他, 大ざっぱ訳すと「彼を押す」) という名のサービスが現在クローズドベータの段階にあるそうだ。 ウェブページではサービスがいつ公開されるのかは明らかにされていない。熱心なユーザーがベータ版の招待を受けるための Eメール登録すら存在…

 

【翻訳 by Conyac】

ShandaTwitterライクな新サービスを開発しているのだろうか? iChinastock によると、Tuita (推他, 大ざっぱ訳すと「彼を押す」) という名のサービスが現在クローズドベータの段階にあるそうだ。

ウェブページではサービスがいつ公開されるのかは明らかにされていない。熱心なユーザーがベータ版の招待を受けるための Eメール登録すら存在しない。ひとつ確かなことは、サイトの注意事項の中に、このサイトがShanda所有のものであることが小さくかかれていることだ。新しく登録されたドメインが Nanjing Shengda Networking Co.Ltd の下にあることもWhois.net確認できる。

Shanda はゲームビジネスで知られているが、最近では、ロケーションベースのモバイルサービスであるQiKe、モバイルインスタントメッセージングアプリのYouniなどで多くの新しい事業ポートフォリオへ移行している。

またShandaは最近、健康記録管理ハードウェアの販売を行うフィットネスソーシャルネットワークCodoon.comへの投資も行っている。新たな資金調達について、Codoon の共同創始者である Paul Shenは我々に、当社は記録追跡ハードウェア、モバイル、マーケティングに注力する、と語っている。

【via Penn Olson 】

----------[AD]----------