BRIDGE

タグ SkyDrone

スマートフォンでコントロールできるポケットサイズの空飛ぶカメラ「3D Pocketcopter」登場

SHARE:

スマートフォンでコントロールできる世界最小の空飛ぶカメラ「3D Pocketcopter」が、クラウドファンディングのIndiegogoに登場、目標額を大きく超えプロジェクトを達成した。 タケコプターのような見た目のカメラを飛ばし、空からのダイナミックな風景を静止画または動画で撮影することができる。 Pocketcopterは充電可能な12Vのバッテリーで稼働し、WiFiまたはBluetoothで…


20140928_pocketcopter01

スマートフォンでコントロールできる世界最小の空飛ぶカメラ「3D Pocketcopter」が、クラウドファンディングのIndiegogoに登場、目標額を大きく超えプロジェクトを達成した。

タケコプターのような見た目のカメラを飛ばし、空からのダイナミックな風景を静止画または動画で撮影することができる。

20140928_pocketcopter03

Pocketcopterは充電可能な12Vのバッテリーで稼働し、WiFiまたはBluetoothでスマートフォンに接続、iOS/Androidのアプリからコントロールし、ソーシャルメディアにすぐにアップすることができる。ロータアームが上下に固定されていてそれぞれ反対の方向に回転するので、静かで安定して撮影・録画することができるらしい。

20140928_pocketcopter02

大きさは高さ19cm、直径4.5cm。3DのHDカメラ搭載(ただし何をもってして「3D」なのかはよくわからず)、10メートルの範囲まで撮影可能。回転翼は取り外しできる。テストではフル充電で6時間撮影可能、25分の飛行が可能とのこと。またストレージとしてMicro SDを搭載している。

2015年初めまでにプロトタイプを制作、2015年の5月までには出荷したいとのこと。発売予定額は99ユーロ(約1万4千円)。Indigogoのクラウドファンディングでは、目標額の15,000ユーロに対し、114000ユーロと、目標を760%達成して終了、89ユーロから支援可能だった。

現在プロトタイプ機も無い段階で、上のイメージ動画は実際にPocketcopterで撮影されたものでは無いが、実現できたら非常に魅了的な製品になることは間違いない。

無人飛行機「Sky Drone」に搭載する高画質カメラ、クラウドファンディングの失敗にめげずに先行予約を開始

SHARE:

何らかの理由で空からの監視が必要な時、カメラを搭載した無人飛行機が必要になる。Sky Drone FPVのカメラとアプリはそれを可能にしてくれる(無人機本体は含まれない)。この夏に行われたIndiegogoのクラウドファンディングキャンペーンで目標額に達することができなかったが、香港のスタートアップはこの商品を推し進め、先日先行予約を開始した。 Sky Drone FPVは無人飛行機に取り付けるカ…

何らかの理由で空からの監視が必要な時、カメラを搭載した無人飛行機が必要になる。Sky Drone FPVのカメラとアプリはそれを可能にしてくれる(無人機本体は含まれない)。この夏に行われたIndiegogoのクラウドファンディングキャンペーンで目標額に達することができなかったが、香港のスタートアップはこの商品を推し進め、先日先行予約を開始した。

Sky Drone FPVは無人飛行機に取り付けるカメラシステムであり、レンズの視野は112度だ。価格は499米ドルで、1月に出荷予定だ。別タイプのレンズもいろいろとあり、例えば99米ドル追加すれば166度(最大角度)のレンズを入手できる。フルHDビデオの録画が可能で、さらに録画中に5MPの静止画を撮影することもできる。軍用レベルのビデオ撮影を保証するが、罪のない子供を殺したり傷つけたりはしない。

Sky-Drone

機器の中にSIMカードを差し込むことで、AndroidやWindows 7/8用のSky Droneアプリを利用し、3Gまたは4G経由で地上の電話に生のビデオ画像が送られストリーミングすることができる。Wi-Fiではなくモバイルデータを使うことで無人機のカメラはより広範囲の視野を保証している。

Sky Droneのカメラは3Dゲーム用のVRヘッドセットOculus Riftにも対応している。

同社はIndiegogoのキャンペーンで3万米ドルに達したが、目標額の8万ドルには届かなかった。

これが実際の装置だ。

With-crowdfunding-campaign-over-Sky-Drone-hi-def-camera-is-up-for-pre-order

【原文】

香港スタートアップ「Sky Drone(スカイドローン)」の無人飛行機が飛行する映像を届けてくれる

SHARE:

無人飛行機を飛ばす楽しさを味わいたいと思ったことがあるだろうか?香港発のスタートアップSkyDroneは、そんなあなたの夢を叶えてくれる。 もちろん軍用機を提供するわけではないし、飛行機そのものを提供するわけでもない。SkyDroneが開発したカメラを実際の飛行機に搭載しアプリを起動することで、スマートフォンを通じてまるで自らが操縦しているかのような体験ができるのだ。 同スタートアップはAndro…

Sky Drone FPV

無人飛行機を飛ばす楽しさを味わいたいと思ったことがあるだろうか?香港発のスタートアップSkyDroneは、そんなあなたの夢を叶えてくれる。

もちろん軍用機を提供するわけではないし、飛行機そのものを提供するわけでもない。SkyDroneが開発したカメラを実際の飛行機に搭載しアプリを起動することで、スマートフォンを通じてまるで自らが操縦しているかのような体験ができるのだ。

同スタートアップはAndroid、iOSやBlackberry向けのアプリと、飛行機に搭載するハードウェアシステムの初回生産用の資金調達のため、Indiegogoでキャンペーンを行っている。搭載している3G/4Gのモデム経由でシステムには飛行中の飛行機からの映像やテレメトリーデータが送られ、また映像の品質は、信号の強さや接続速度に基づいて自動的に調整される。

Sky Droneチームによると、飛行機を飛ばしてFPV(実際の映像)を見る方法は、無線信号の範囲に制限のあるアナログ信号を使った従来型から大きく進歩しているそうだ。しかし、Sky Droneのシステムは3Gもしくは4G信号を利用しているので、範囲の制限がない代わりに、パイロットは電波の届かない地域に飛行機を飛ばさないよう、注意が必要だ。

だが電波状態が良い地域に住んでいる限り、Sky DroveのFPVシステムなら、ご近所さんが塀の向こうで何をしているか、またはどんな利用目的で飛行機を飛ばそうが、今のところ一番良い映像を提供してくれる。

以上がSky Droneチームが一体どんなチームでどんなことをしているのかという説明だ。さらなる詳細についてはIndiegogoのページで見ることができる。

【via Tech in Asia】 @TechinAsia

【原文】