BRIDGE

タグ startupgogo

福岡のスタートアップコミュニティStartupGoGo、VCのGxPartnersを設立——オープンイノベーションに主眼を置いた20億円規模ファンドを組成

SHARE:

<22日18時更新> 出資者に西日本鉄道を追記。 福岡を拠点に、アクセラレータプログラムやスタートアップイベントを開催するスタートアップ支援組織 StartupGoGo は22日、ベンチャーキャピタル(VC)の GxPartners(GXP)を設立し、オープンイノベーションに主眼を置いた20億円規模のファンドを組成すると発表した。 ファンド名称は「九州オープンイノベーション1号ファンド」で、GXP…

左から:岸原稔泰氏(StartupGoGo 代表理事/GxPartners 代表パートナー)、中原健氏(StartupGoGo ディレクター/GxPartners マネージングパートナー&COO)、寺井博志氏(StartupGoGo マネージャー/GxPartners マネージングパートナー)
Image credit: StartupGoGo / GxPartners

<22日18時更新> 出資者に西日本鉄道を追記。

福岡を拠点に、アクセラレータプログラムやスタートアップイベントを開催するスタートアップ支援組織 StartupGoGo は22日、ベンチャーキャピタル(VC)の GxPartners(GXP)を設立し、オープンイノベーションに主眼を置いた20億円規模のファンドを組成すると発表した。

ファンド名称は「九州オープンイノベーション1号ファンド」で、GXP とふくおかフィナンシャルグループ(東証:8354)の VC である FFG ベンチャービジネスパートナーズと共同で運営される。ファンドの組成規模は最大20億円で、ファーストクローズには西日本鉄道(東証:9031)、九州電力グループの QTnet、新出光、福岡銀行が出資した。

事業会社とスタートアップの共創を生み出すオープンイノベーションを推進を主眼に置いており、福岡進出を目指す海外のスタートアップも投資対象となる点が特徴。出資先スタートアップの支援においては、これまで、アクセラレータプログラムやスタートアップイベントを通じて培ってきた、福岡や九州を中心とした地域の事業会社と協力する。

via PR TIMES

----------[AD]----------

せっかく作ったなら世界に届けないともったいないーーグローバルに活躍する福岡のプレイヤーたち #startupgogo

SHARE:

10月3日(土)、福岡の九州大学大橋キャンパスにて起業家のためのイベント「Startup Go!Go!」が開催。著名起業家や投資家によるセッション、九州のスタートアップたちによるピッチに加え、ブースの出展が行われた。 2つめのセッションは「Startupが世界で勝負するには?」。パネリストは、モンブラン・ピクチャーズ プロデューサーの平田武志氏、サイバーコネクトツー代表取締役 松山洋氏、ヌーラボ …

_MG_3855

10月3日(土)、福岡の九州大学大橋キャンパスにて起業家のためのイベント「Startup Go!Go!」が開催。著名起業家や投資家によるセッション、九州のスタートアップたちによるピッチに加え、ブースの出展が行われた。

2つめのセッションは「Startupが世界で勝負するには?」。パネリストは、モンブラン・ピクチャーズ プロデューサーの平田武志氏、サイバーコネクトツー代表取締役 松山洋氏、ヌーラボ CEO の橋本正徳氏が登壇。モデレーターは、トーマツベンチャーサポート九州地区リーダーの香月稔氏が務めた。

同セッションでは、ゲーム、映像、ウェブサービスという三者三様の世界への進出の仕方を語った。

マーケットの事情が変化してきた

「ジョジョの奇妙な冒険」や「NARUTO」など著名作品のゲーム開発を手がけているサイバーコネクトツーの松山氏は、ゲームというマーケットが変わってきたと語る。

松山氏「ゲームは言語が違っても楽しさが伝わるんですよね。ハードやソフトは進化しましたが、ゲームの本質は変わっていないと思います。ただ、ファミコンの時代はカセット開発費はだいたい600万円~1000万円くらいでした。PSになってから少しずつ開発費が上がり、PS4では10億ほどかかります」

開発費は上がってきている一方で、販売する際の価格は同列になる。この状況では、国内市場だけを対象にしていてもペイできない。そのため、ゲームソフトは海外マーケットにアプローチするという戦略をとらざるをえない状況だ。海外に向けてアニメーション制作等を手掛けるモンブラン・ピクチャーズの平田氏は、映像業界も近い状況にあるとコメント。

平田氏「うちは、原作のある映像制作ではなく、オリジナルの映像制作にこだわっています。所属しているクリエイターが作るものが、日本にフィットするクリエイティブではないため、海外を対象としています。日本は人口が1億人程度しかいないですし、映画は上映してもらえる期間が決まってるので、売上を伸ばすためには国外で売り場を増やすしかないですよね」

コンテンツを作り、海外に展開している二社の後、ウェブサービスで世界に展開しているヌーラボの橋本氏がコメント。

橋本氏「一番は楽しいからやっているのと、海外にも展開できるように対応しています。ウェブサービスの課金は薄利多売なので、ユーザの母数が必要なんですよね。それを考えると、日本をターゲットするよりグローバルに見たほうがいい。現在、160万ユーザが海外にいます。そのサポートと拡販のためにニューヨークとシンガポールに拠点をもっています」

マーケットが世界に広がった

今でこそ海外へと進出しているプレイヤーたちは、最初から海外に展開することを考えていたのか、それとも途中で海外を視野に入れるようになったのだろうか。

松山氏「ゲームは市場規模が大きく変化したんです。昔はゲームといえばファミコンで、日本はゲーム先進国でした。PS3が登場したころからハードが世界に広がり、海外企業と日本企業の資金力に差がで始めたんです。世界中で売れるタイトルは世界で作られたものが多くなりました。世界中がゲームを楽しむようになり、マーケットが広がったんです。自然と視野は海外に広がりました」

平田氏「最初は日本で制作をしていましたが、広告の仕事などで海外クライアントから依頼があったりして。漠然とやれるんじゃないかと昔から思っていたので、海外へと出て行くようになりました」

自然と海外が視野に入ってきた二社と違い、ヌーラボに至っては「海外」という捉え方ではなかったという。

橋本氏「Cacooをリリースするときは「インターネット市場」を狙いました。その結果、海外にもつながったという感じです」

では、海外に出て行く上で重要なことは何か。松山氏は、現地の人から直接情報を吸収し、どうしたら嫌われないかをつかむことだと語る。

松山氏「好かれる方法なんてわかりません。ただ、嫌われないためにどうしたらいいのかはわかります。海外には行ったら意外になんとかなります。結局人類ですし。片言の言葉や相手の表情でわかります」

日本もそもそも世界の一部

「海外で勝負するにはどうするか」という質問に対して、橋本氏は「そもそも、日本も世界の一部」と語る。

橋本氏「日本でしか勝負しないということは、その段階で日本だけをターゲットにするというセグメントをしていることだといえます。少し視点をずらしてみたら、世界の中で日本以外のユーザが対象となることもあるかもしれない。他の視点で世界を切り取ることで、世界の捉え方が変化すると思います」

平田氏は「世界」というのを意識していないとコメント。インターネットがあり、スマートフォンが普及して、何かをするにも重要に鳴るコミュニケーションをとりやすくなったボーダーがない時代。「これほど動きやすい時代はない」と語った。

松山氏「やったらいいんですよ。それができるかできないかだけ。モノを作るのが好きで、それだけをしていたい人は、それでもいい。ただ、成功したいと思うなら、すべてを捧げればいい。それができていないから失敗するんです。自分の人生を全部起業に賭ければ成功するはずです」

と松山氏は海外展開だけではなく、起業を成功させる上での心構えについて語って幕を閉じた。

----------[AD]----------

起業家の不遇時代に学ぶーーアソビュー、ランサーズ、エウレカの創業時代 #startupgogo

SHARE:

10月3日(土)、福岡の九州大学大橋キャンパスにて起業家のためのイベント「Startup Go!Go!」が開催。著名起業家や投資家によるセッション、九州のスタートアップたちによるピッチに加え、ブースの出展が行われた。 最初のセッションのテーマは、「日本のスタートアップブームは本物か?」。パネリストには、ランサーズ代表取締役社長 秋好陽介氏、アソビュー代表取締役社長 山野智久氏、エウレカ代表取締役C…

_MG_3850

10月3日(土)、福岡の九州大学大橋キャンパスにて起業家のためのイベント「Startup Go!Go!」が開催。著名起業家や投資家によるセッション、九州のスタートアップたちによるピッチに加え、ブースの出展が行われた。

最初のセッションのテーマは、「日本のスタートアップブームは本物か?」。パネリストには、ランサーズ代表取締役社長 秋好陽介氏、アソビュー代表取締役社長 山野智久氏、エウレカ代表取締役CEO 赤坂 優氏の3名。モデレーターは、グロービズ・キャピタル・パートナーズの東明宏氏が務めた。

同セッションに登壇したパネリストたちは、今年大型の資金調達や大手企業との資本業務提携、海外へのバイアウト等を経験した起業家たち。それぞれの起業経験を語った。

イケてる起業家の不遇時代に学ぶ

まず、東氏が3人の起業家に投げかけた質問は、創業当時の不遇な時代をどう過ごしたのか。福岡でも増えつつある起業家の参考になるよう、大変だった時期の苦労話がシェアされた。

秋好氏「僕は創業当初から、クラウドソーシングサービスを運営していました。最初のころは、クラウドソーシングは全然信頼されてなくて、当時はクレジットカード会社にエスクロー取引の契約を断られたり、営業先の会社に「インターネットで仕事なんか出さないよ」って言われてしまってたりしてましたね」

そのときの流通総額で年間で7000万くらいだったという秋好氏。ニーズはあることはわかっていたため、未来にコミットしているという実感はあったものの、スピードがなかなか上がらないことにはもやもやしていたという。秋好氏は最初からクラウドソーシングのサービスをやると決め、そのまま今まで来ているが、他の2人は違った。

やるサービスが決まらない辛さ

山野氏「僕はリクルート時代の仲間2人と創業したんです。それが1年で2人とも会社を離れてしまって。秋好さんと違って、僕は最初はやりたいサービスがなかったので、ヒューマンリソースの経験を活かして、人材紹介事業をやってました。どんなサービスをやるのが決まらない時期は辛かったですね」

共同創業者とはうまく行かず、いまのサービスにたどり着くまでは人材紹介の事業を手がけていた山野氏。一方、赤坂氏は最初やりたいサービスを持ってスタートしたものの、すぐに撤退を余儀なくされた。

赤坂氏「実は、一番最初はクラウドソーシングサービスをやってたんですよ。ちょうど秋好さんと同時期に。ただ、秋好さんはエンジニアじゃないですか。どんどんサービスが改善されていくんですよね。だから、サービス開発の速度が全然違って。それを見ていて「あ、これは勝てないな」と思ってやめました。そのあとは、広告代理業で稼いでたんですけど、山野さんと同じでどんなサービスをやるかを考えていた時期が辛かったですね」

広告代理店事業の次は、受託事業をスタートさせ、徐々に会社を成長させながら、自社サービス「Pairs」をリリース。赤坂氏のスタイルは、秋好氏や山野氏のような、日本ではまだ市場がないけど市場を作るぞという気概で事業を始めるのとは異なり、日本で盛り上がり始めているマーケットに飛び込んでいくというスタイルだ。

サービスにお金を払ってくれるユーザの存在

起業したばかりの苦しい時代。その時代を抜けるきっかけとなった出来事は、どういったものだったのだろう。

秋好氏「手応えを最初に感じたのは、ランサーズを通じて、初めての依頼があったときですね。その次に「ランサーズで生活してます」というメッセージを宮崎のユーザさんからいただいたときが印象に残っています。このメッセージは出資を受けようという決心するきっかけにもなりました。自分のサービスで生活している人がいるんだ、と思って」

山野氏「僕はYahoo!の小澤 隆生さんからエンジェル投資をしてもらったときですね。「例えこの事業に失敗しても、砂漠で水売れそうだから出資してやる」と言われて。昔から、出会う人との縁はとにかく大切にしていて、それをどのタイミングでも意識していたので、その積み重ねがあって出資してもらえたんじゃないかなと思ってます」

赤坂氏「僕はターニングポイントが多いんで悩みますね。。自分の場合は、代理店、受託、サービスと仕掛けてきた事業で少しずつ成功を積み重ねていった感じです。秋好さんがおっしゃるように、サイトを通じて見えない人からお金を払ってもらったときはすごく嬉しくて、印象に残ってますね」

今は100名を超えるような会社を立ち上げた起業家たちは、どんなサービスをやるのかを探すまでのことを辛い思い出として挙げ、その辛い時代を抜けるきっかけとなったのは、ユーザや投資家といった人々からお金を出してもらうといった体験だと述べた。

これから起業しようとしている人、起業したばかりの人はぜひ最初のユーザにお金を払ってもらうばでがんばってみてもらいたい。

----------[AD]----------