福岡のスタートアップコミュニティStartupGoGo、VCのGxPartnersを設立——オープンイノベーションに主眼を置いた20億円規模ファンドを組成

by PR TIMES編集部 PR TIMES編集部 on 2019.4.22

左から:岸原稔泰氏(StartupGoGo 代表理事/GxPartners 代表パートナー)、中原健氏(StartupGoGo ディレクター/GxPartners マネージングパートナー&COO)、寺井博志氏(StartupGoGo マネージャー/GxPartners マネージングパートナー)
Image credit: StartupGoGo / GxPartners

<22日18時更新> 出資者に西日本鉄道を追記。

福岡を拠点に、アクセラレータプログラムやスタートアップイベントを開催するスタートアップ支援組織 StartupGoGo は22日、ベンチャーキャピタル(VC)の GxPartners(GXP)を設立し、オープンイノベーションに主眼を置いた20億円規模のファンドを組成すると発表した。

ファンド名称は「九州オープンイノベーション1号ファンド」で、GXP とふくおかフィナンシャルグループ(東証:8354)の VC である FFG ベンチャービジネスパートナーズと共同で運営される。ファンドの組成規模は最大20億円で、ファーストクローズには西日本鉄道(東証:9031)、九州電力グループの QTnet、新出光、福岡銀行が出資した。

事業会社とスタートアップの共創を生み出すオープンイノベーションを推進を主眼に置いており、福岡進出を目指す海外のスタートアップも投資対象となる点が特徴。出資先スタートアップの支援においては、これまで、アクセラレータプログラムやスタートアップイベントを通じて培ってきた、福岡や九州を中心とした地域の事業会社と協力する。

via PR TIMES

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------