タグ Tile

紛失トラッカー「Tile」がAR活用報道、より精細な紛失場所を確認可能に

SHARE:

忘れ物トラッキングタグ「Tile」が、新製品の開発を進めていると報道されました。新製品は従来型のBluetoothを通じたものではなく、UWB(ウルトラワイドバンド)を採用したものになるそうです。加えて拡張現実機能を使い、紛失物の位置まで誘導する機能を実装すると予想されています。 UWBの強みは空間と方向データも取得できる点です。例えばビルやマンションの具体的にどの階で失くしてしまったのかを確認で…

Image Credit:Tile

忘れ物トラッキングタグ「Tile」が、新製品の開発を進めていると報道されました。新製品は従来型のBluetoothを通じたものではなく、UWB(ウルトラワイドバンド)を採用したものになるそうです。加えて拡張現実機能を使い、紛失物の位置まで誘導する機能を実装すると予想されています。

UWBの強みは空間と方向データも取得できる点です。例えばビルやマンションの具体的にどの階で失くしてしまったのかを確認できるようになります。これまで2Dマップ上から紛失トラッカーを検索する体験から、3Dマップや空間から検索する体験へと変わるでしょう。ARを活用した空間機能の開発は、Appleが社運を賭けて進めている領域でもあります。事実、Appleは昨年のkeynoteイベントで空間オーディオ機能を発表しました。同社のAirPodsシリーズへの応用が可能です。

なにより、AppleはTileライクな紛失トラッカー「AirTag」の開発を進めているとも言われています。本当にAirTagのリリースが近くされるのであれば、AirPodsとAirTagのコンボ利用は強力なユースケースとなるでしょう。わざわざアプリを開かずとも、Siriを介して伝えられる紛失トラッカーの方向を、AirPods経由で立体的に聴けるといったシーンが考えられるためです。音声だけで完結するガイド機能の実装ができます。

さらに、AppleはARグラスの開発を水面下で進めているとされています。上記は音声を中心としたケースでしたが、次世代グラス端末が普及した時代では、画面上にぱっと紛失物の方向が表示される機能実装も考えられます。これはTileの新製品にあるAR機能をリプレイスするものとなるはずです。中長期的にTileはビッグテックの一角と競合する可能性が高まっていますが、ブランドと市場シェアをどのように守っていくのかに注目が集まります。

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録


広がる「ブロックチェーン×IoT」事例、暗号資産インセンティブを提供するHeliumの仕組み

SHARE:

ピックアップ:Google-backed crypto startup expands its IoT network into Europe ニュースサマリー:ブロックチェーンを活用したP2P型ワイヤレスネットワーク構築を目指すHeliumは、7月より同社ネットワークシステムを欧州へ展開開始することを明らかにしている。また、同タイミングでIoTトラッキングデバイス「Helium Tab」のリリー…

pexels-photo-373543
PexelsPixabayによる写真

ピックアップ:Google-backed crypto startup expands its IoT network into Europe

ニュースサマリー:ブロックチェーンを活用したP2P型ワイヤレスネットワーク構築を目指すHeliumは、7月より同社ネットワークシステムを欧州へ展開開始することを明らかにしている。また、同タイミングでIoTトラッキングデバイス「Helium Tab」のリリースも公表した。同社は、2019年6月にP2Pワイヤレスネットワークをローンチ。北米における1000以上の都市へネットワークを急速に普及させている。

重要なポイント:P2Pワイヤレスネットワーク「The People’s Network」は、Helium Hotspotを家庭に設置しワイヤレスネットワークを構築することで暗号資産を入手できる仕組みを取る。これは、太陽光パネルへ投資するインセンティブと類似する。

詳細情報:同社のネットワークでは、Helium Hotspotと呼ばれるハブを各家庭に分散して設置しP2Pワイヤレスネットワークを構築することで、IoTデバイスなどとの通信を可能にしている。従来のように、大手通信事業者が中央集権的に提供するネットワークではないことが特徴として挙げられる。

  • 通信事業者が中央集権的に提供するネットワークではなく、無数のHelium Spotが集まることで実現する分散的なネットワークの集合体といえる。LongFiという技術がキーとなる。Wi-FiやBluetoothなしで、IoTデバイスと接続できるネットワークの範囲や充電の持ちを最大化させるもの。LEDの電球程度の小さい電気消費量も魅力の一つ。
  • Heliumの技術は、SalesforceのIoTクラウドとの連携や、Limeでのマイクロモビリティーのトラッキングへの活用など、多分野におけるビジネス活用が進んでいる。
  • Helium Tabはスマートタグと呼ばれる製品群に分類される。日本国内ではMAMORIO 、米国のTileなどが主要なプレイヤーである。このようなプロダクトは、自分のスマートフォンとBluetooth接続してトラッキングするものが多い。MAMORIOの場合は最大でも電波が届くのは60m、Tileの場合は最大120mとなる。
  • 一方で、P2Pワイヤレスネットワークを活用するHelium Tabは、最大8マイル(約12.8km)もカバーするという点でIoTトラッキングデバイスの中では革新的だ。
  • なお、MAMORIOなどにはそのカバー範囲の小ささを補完する機能として、自分のMAMORIOデバイスと他ユーザーがすれ違うときにその場所を検知する機能を提供している。また、主要駅や商業施設内のお忘れ物センターにMAMORIO Spotを設置して、自分の紛失物が届いたときに通知が届く機能などがある。
  • Tileのリリースによれば、一般的に消費者は一生のうち平均1年を紛失物の探す時間に費やしているとしている。またTileはJapan Taxiとパートナーシップを組み、Japan Taxiタブレットが搭載するタクシーからTileの電波を拾って通知が届く機能をリリースしている。MAMORIOと同様に他のTileユーザーが自分のTileを検知するとアプリに通知が届く機能も備えている。

背景:Research And Marketsの調査によれば、2019年から2025年にかけてブロックチェーンとIoTを組み合わせた市場はCAGRで約45%の成長が期待されている。

執筆:國生啓佑/編集:増渕大志

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録