THE BRIDGE

タグ Translation

翻訳ツールのWorldJumperがフリーミアム化、ウェブサイトを無料で4カ国語に翻訳

SHARE:

WorldJumper は、機械翻訳と人間翻訳、さらに、これまでの翻訳の記録を組み合わせることで、迅速で安価なウェブサイト翻訳を提供するサービスだ。WorldJumper が提供する八楽は6日、サービスをフリーミアム化し、人間翻訳を必要としない静的なページで構成されるウェブサイトについて、翻訳を無料で提供すると発表した。これにより、海外観光客を集めたい旅館やホテル、海外に商品を販売したい中小メーカ…

worldjumper_screenshot

WorldJumper は、機械翻訳と人間翻訳、さらに、これまでの翻訳の記録を組み合わせることで、迅速で安価なウェブサイト翻訳を提供するサービスだ。WorldJumper が提供する八楽は6日、サービスをフリーミアム化し、人間翻訳を必要としない静的なページで構成されるウェブサイトについて、翻訳を無料で提供すると発表した。これにより、海外観光客を集めたい旅館やホテル、海外に商品を販売したい中小メーカーなどは、機械翻訳よりも品質の高い翻訳で、自社サイトを多国語化できる。対応言語は、日本語、英語、韓国語、中国語(繁体字/簡体字)だ。

WorldJumper は今年5月に日本の複数の投資家から約1.1億円を調達し、9月にはクラウドソーシング翻訳のコニャックと提携した。従来の典型的な翻訳サービスと異なり、多用される外国語表現をデータベース化することで、人間翻訳が必要な部分を最小化し、低料金短時間の翻訳を実現する。

フリーミアム版ではカスタマーサポートは提供されず、広告が挿入されるなどの制約はあるが、翻訳された外国語ページが静的なHTML形式で提供されることから、サーチエンジン最適化(SEO)においても効果が期待できるとのことだ。また、翻訳された結果について、さらに品質を高めたい場合は、有料にはなるが、ボタン一つでプロ翻訳者に翻訳を依頼することができる。

八楽では2014年4月までに、1万サイトでの利用を見込んでいる。今回のフリーミアム化が、日本のスタートアップの海外展開の後押しにも一役買ってくれることを期待したい。

----------[AD]----------

ウェブサイトの多言語翻訳ツール「ワールドジャンパー」が約1億1000万円を資金調達

SHARE:

「ワールドジャンパー」と呼ばれるオンラインの多言語翻訳ツールを提供する、東京拠点のスタートアップ八楽は。最近、ニッセイ・キャピタル、日本ベンチャーキャピタル、そのほかいくつかのエンジェル投資家から、約1億1000万円を資金調達したことを発表した。 このスタートアップは、2009年に立ち上がり、ウェブサイトオーナー向けに、多言語化対応サービスを提供してきている。他の翻訳サービスとの差別化という点から…

worldjumper_screenshot

ワールドジャンパー」と呼ばれるオンラインの多言語翻訳ツールを提供する、東京拠点のスタートアップ八楽は。最近、ニッセイ・キャピタル日本ベンチャーキャピタル、そのほかいくつかのエンジェル投資家から、約1億1000万円を資金調達したことを発表した

このスタートアップは、2009年に立ち上がり、ウェブサイトオーナー向けに、多言語化対応サービスを提供してきている。他の翻訳サービスとの差別化という点から述べると、彼らはサードパーティのエージェンシーにアウトソースしているが、将来の翻訳依頼に備えて、翻訳のリクエスト / 結果をデータベースに蓄積している。

この蓄積により、エージェンシーへのアウトソースすることなしで、顧客はよりよい翻訳結果を得られるようになる。そうして、データベースへの蓄積が豊富になればなるほど、翻訳にかかるコストはより安くなり、質は改善されていく。このスタートアップは、eコマース、ポータルサイト、一般的なコーポレートサイトなど、ウェブサイトの目的別に翻訳データベースを所持している。

このスタートアップのクライアントは、eBayや、東京の下町タウンガイドアプリ「Tokyo Cool」、サンブリッジベンチャーキャピタル、そしてデジタルアドエージェンシーのオプトなど、グローバル顧客向けにサイトを翻訳する必要があるところが含まれている。

この多言語化ツールは、ユーザのサイトを巡回し、ウェブサイトがアップデートされた際に、どの部分が変更され、追加で翻訳する必要があるのかを認識する機能を持っている。この翻訳プロセスにおいて、翻訳結果はオリジナルHTMLファイルに基づき、ソースコードを変更することなくもたらされる。そのため、多言語化に対応するにあたり、デザインフォーマットやサイト構造がオリジナルの言語版と同じものであれば、他言語版用にファイルを再編集する必要がない。この方法により、クライアントは概して、非日本語のウェブサイトの維持に気を配る必要がない。

最新の技術を使っても、異言語間の翻訳は人間の介在無しに、確かな正確性を保証できない。World Jumper のしくみにも誤訳の可能性は残る。このリスクを軽減するために、World Jumper はインタフェースを提供しており、将来の翻訳依頼の成果を精緻なものにするため、ユーザが自ら翻訳することでシステムを学習させることができる。

料金は、80000円が初期のアカウントのセットアップにかかり、月額利用に8800円、手動翻訳に追加でコストがかかる。あるオリジナル原稿に対して、最初の翻訳リクエストは手動で翻訳されるが、同じ原稿に対し二度目以降の翻訳リクエストでは、データベースを用いて翻訳プロセスが進められる。手動翻訳のプロセスが生じないため、トータルでの翻訳コストは減少する。

今回のファンディングにより、このスタートアップは、サードパーティの開発者らにプラットフォームをオープンにすべく、追加開発を実施する。そして、年内に1000件のコーポレートユーザの獲得を目指す。

この領域において、香港のOne Skyや、フィンランドのGet Localization、シリコンバレーのTransifexなど、いくつかの競合を見ることができる。

【原文】

----------[AD]----------

Sina Weibo(新浪微博)のコンテンツを英語に翻訳する「Surround App」を香港のスタートアップが開発

SHARE:

【原文】 最近の中国発ニュースのどれを読んでも、おそらくSina Weibo(新浪微博)ネチズンによるごますりコメントをいくつか見つけることができるだろう。4億強のユーザを誇るこのマイクロブログサイトは、中国の都会にいる若者の声を代弁していると言ってもいい。それは、英語読者のために投稿の一部を人海戦術的に翻訳するサービス (Tea Leaf Nation、Ministry of Tofu、Chin…

【原文】

surround-app

最近の中国発ニュースのどれを読んでも、おそらくSina Weibo(新浪微博)ネチズンによるごますりコメントをいくつか見つけることができるだろう。4億強のユーザを誇るこのマイクロブログサイトは、中国の都会にいる若者の声を代弁していると言ってもいい。それは、英語読者のために投稿の一部を人海戦術的に翻訳するサービス (Tea Leaf NationMinistry of TofuChina Digital Timesなど)が存在するくらいだ。

しかし中国語に通じていなければ(それからネットスラングに明るくなければ)、Weibo(微博)のほとんどの投稿はほぼ理解不能である。そこで香港拠点のスタートアップ、Surround Appの出番だ。これは、近日公開されるSina Weibo向けモバイルの英語クライアントで、最初のリリースが2013年4月に予定されている。同アプリは、中国の巨大なソーシャルネットワーク上のコンテンツを解読するために機械翻訳と人力翻訳を提供する。辛辣な社会批評から、Brad Pittの話まで何でもだ。

「基本的に、このアイデアは自らのフラストレーションから思いつきました。」とSkypeインタビューで述べるのは、共同設立者のJeffrey Broer氏だ。彼は中国語で5つ程度の文章しか話せない。

「私は過去十年間中国本土に出入りしていますが、フォローしたい素晴らしい人々がオンラインにいるにも関わらず、それができません。私が把握できない全くもう一つの世界だったのです。」

香港拠点のもう一つのスタートアップ、Grayscaleの設立者でもあるBroer氏は4人のチームを2012年末に結成し、Surround Appはおよそ15,000米ドルのシード資金(およびオフィススペースと技術指導)をAccelerator HKから受け取った。

「中国の言語学習者、ブロガー、プチセレブ、およびマネージャー」をターゲットにしたSurround Appはフリーミアムモデルを取り入れる予定。無料アプリは、全てのSina Weiboコンテンツに見受けられるぎこちない機械翻訳(Google Translateでテキストをコピペしたような)を、同チームが将来のリリースに搭載予定のスラングデータベースで一部補完したものを見ることができる。さらにBroer氏はこう付け加えた。

「私たちはまだ細かい所をいろいろ調整している段階ですが、特定アカウントの人力翻訳を提供する月額課金サービス、人力翻訳を元にした日刊ニュース「まとめ」セクション、企業クライアント向けのパッケージなどを提供します。」

翻訳があっても、Sina Weiboと付き合っていくための2つの課題として、まず誰をフォローするか決めるということがある。

「私たちはそのために強力な自前の検索データベースを開発中です。キーワードに基づいてユーザにおすすめを提示できるようにします。」

ユーザは同ネットワークの有名で複雑な語呂合わせや言葉遊びを紐解き、人々が常に交換している画像を理解することができるようになる。そのためには、Broer氏はこう述べた。

「たとえば画像に使える光学式文字認識(OCR)などのアイデアがありますが、最初のリリースでは対応する予定はありません。」

ハイブリッドHTML5アプリとして作られたSurround Appはメジャーなモバイルプラットフォーム全てで利用可能になる。ユーザインターフェースは元の中国語の投稿と翻訳された英語を行ったり来たりできるようになっていて、これは言語学習者にとっても興味深い機能になる可能性がある。

Surroundは、いずれは複数の中国のソーシャルネットワークに対応することを望んでいる。Broer氏はRenRen(人人)とQQに言及しているが、Sina Weiboの毎秒34,977件の投稿への対応で、彼のチームはまだしばらく忙しいかもしれない。

SurroundPost-Translated

【via Tech in Asia】 @TechinAsia

----------[AD]----------