BRIDGE

タグ WorldJumper

翻訳ツールのWorldJumperがフリーミアム化、ウェブサイトを無料で4カ国語に翻訳

SHARE:

WorldJumper は、機械翻訳と人間翻訳、さらに、これまでの翻訳の記録を組み合わせることで、迅速で安価なウェブサイト翻訳を提供するサービスだ。WorldJumper が提供する八楽は6日、サービスをフリーミアム化し、人間翻訳を必要としない静的なページで構成されるウェブサイトについて、翻訳を無料で提供すると発表した。これにより、海外観光客を集めたい旅館やホテル、海外に商品を販売したい中小メーカ…

worldjumper_screenshot

WorldJumper は、機械翻訳と人間翻訳、さらに、これまでの翻訳の記録を組み合わせることで、迅速で安価なウェブサイト翻訳を提供するサービスだ。WorldJumper が提供する八楽は6日、サービスをフリーミアム化し、人間翻訳を必要としない静的なページで構成されるウェブサイトについて、翻訳を無料で提供すると発表した。これにより、海外観光客を集めたい旅館やホテル、海外に商品を販売したい中小メーカーなどは、機械翻訳よりも品質の高い翻訳で、自社サイトを多国語化できる。対応言語は、日本語、英語、韓国語、中国語(繁体字/簡体字)だ。

WorldJumper は今年5月に日本の複数の投資家から約1.1億円を調達し、9月にはクラウドソーシング翻訳のコニャックと提携した。従来の典型的な翻訳サービスと異なり、多用される外国語表現をデータベース化することで、人間翻訳が必要な部分を最小化し、低料金短時間の翻訳を実現する。

フリーミアム版ではカスタマーサポートは提供されず、広告が挿入されるなどの制約はあるが、翻訳された外国語ページが静的なHTML形式で提供されることから、サーチエンジン最適化(SEO)においても効果が期待できるとのことだ。また、翻訳された結果について、さらに品質を高めたい場合は、有料にはなるが、ボタン一つでプロ翻訳者に翻訳を依頼することができる。

八楽では2014年4月までに、1万サイトでの利用を見込んでいる。今回のフリーミアム化が、日本のスタートアップの海外展開の後押しにも一役買ってくれることを期待したい。

翻訳クラウドソーシングのConyacがWorld Jumperと提携、サイトをリニューアルし新APIを公開

SHARE:

※この記事は英語で書かれた記事を日本語訳したものです。英語版の記事はコチラから。 東京を拠点とするスタートアップで、クラウドソーシング翻訳サービス Conyac を提供するエニドアは今日、ウェブサイト翻訳ツールの World Jumper を提供する八楽との提携を発表した。 2009年のローンチ以降、エニドアはクラウドソース・ワーカーを使った複数言語間の翻訳サービスを提供してきた。同社は先頃、サン…

conyac-worldjumper-logos

※この記事は英語で書かれた記事を日本語訳したものです。英語版の記事はコチラから

東京を拠点とするスタートアップで、クラウドソーシング翻訳サービス Conyac を提供するエニドアは今日、ウェブサイト翻訳ツールの World Jumper を提供する八楽との提携を発表した。

2009年のローンチ以降、エニドアはクラウドソース・ワーカーを使った複数言語間の翻訳サービスを提供してきた。同社は先頃、サンフランシスコに初の海外オフィスを開設し、世界中のユーザによりよいサービスを提供、クラウドソース・ワーカーが話す言語を多様化すべく、世界展開を強化している。これまでに日本の複数の投資家から約4,000万円を資金調達している。

World Jumper は昨年ローンチし、主にウェブサイト・オーナーに翻訳サービスを提供してきた。同社は翻訳依頼を受注すると、それを Conyac や gengo などのサードパーティーに翻訳依頼するが、よく使う翻訳依頼や結果を将来の参照のためにデータベース蓄積する。これによって、翻訳を重ねるにつれ、サードパーティーに依頼することなく良い翻訳結果が得られるようになり、品質は上がりコストが下がる。5月には、日本の複数の投資家から約1.1億円を資金調達している

両社は互いに協力することで、より迅速かつ安価で翻訳需要に応えられると期待している。2020年東京五輪も翻訳需要の増加によい影響をもたらすだろう。なお、この提携にあわせ、Conyac は今日、ウェブインターフェースを変更し、サードパーティー開発者が翻訳ソリューションを自分のアプリに組み込める新しいAPIをリリースした。

日本マイクロソフトにビジネス向けウェブサービス展「BizWeb」が開催

SHARE:

※この記事は英語で書かれた記事を日本語訳したものです。英語版の記事はコチラから。 Sd Japanは最近、東京で今月にまもなく開催される、多くのビジネス向けウェブサービスにスポットライトを当てたイベントの案内を受け取った。この「BizWeb」イベントは、日本マイクロソフトによって7月19日10時から20時まで開催される。 私たちの見方では、こうしたウェブサービスへの認知度を高めるためのもので、中堅…

※この記事は英語で書かれた記事を日本語訳したものです。英語版の記事はコチラから

Sd Japanは最近、東京で今月にまもなく開催される、多くのビジネス向けウェブサービスにスポットライトを当てたイベントの案内を受け取った。この「BizWeb」イベントは、日本マイクロソフトによって7月19日10時から20時まで開催される。

私たちの見方では、こうしたウェブサービスへの認知度を高めるためのもので、中堅中小企業に向けてさらにこうしたサービスを使うように応援するものだ。15社がブースを出展予定となっており、彼らのサービスと中堅中小企業にどのようなものを提供できるのかを発表する。全部で200人の訪問者が参加することが見込まれている。

海外で日本のウェブサービスがどのように使われているのかというトークをする予定の合田ジョージ氏を含む、スピーカーについても掲載されており、マイクロソフトとPreziは、彼らのサービスについて話をする予定だ。

コンシューマー向けのインターネットサービスは、メディアで多くのアテンションを獲得する傾向がある。そのため、私たちとしてはこうした、Sd Japanの読者がチェックにいけるような、BizWebイベントが開催されることは喜ばしい。

このイベントは、リブ株式会社によってオーガナイズされており、工藤博樹氏によってリードされている。もしより多くの情報を求めているなら、DoorKeeperのイベントページから情報を得ることができる。

訳者注:このイベントには、見積書・請求書発行サービスのMakeLeapsや、多言語翻訳サービスのWorldJumper、デザイン専門クラウドソーシングサービスのdesignclueなど、これまでSd Japanでも紹介してきたサービスたちが参加する予定。

biz-web-620x282

ウェブサイトの多言語翻訳ツール「ワールドジャンパー」が約1億1000万円を資金調達

SHARE:

「ワールドジャンパー」と呼ばれるオンラインの多言語翻訳ツールを提供する、東京拠点のスタートアップ八楽は。最近、ニッセイ・キャピタル、日本ベンチャーキャピタル、そのほかいくつかのエンジェル投資家から、約1億1000万円を資金調達したことを発表した。 このスタートアップは、2009年に立ち上がり、ウェブサイトオーナー向けに、多言語化対応サービスを提供してきている。他の翻訳サービスとの差別化という点から…

worldjumper_screenshot

ワールドジャンパー」と呼ばれるオンラインの多言語翻訳ツールを提供する、東京拠点のスタートアップ八楽は。最近、ニッセイ・キャピタル日本ベンチャーキャピタル、そのほかいくつかのエンジェル投資家から、約1億1000万円を資金調達したことを発表した

このスタートアップは、2009年に立ち上がり、ウェブサイトオーナー向けに、多言語化対応サービスを提供してきている。他の翻訳サービスとの差別化という点から述べると、彼らはサードパーティのエージェンシーにアウトソースしているが、将来の翻訳依頼に備えて、翻訳のリクエスト / 結果をデータベースに蓄積している。

この蓄積により、エージェンシーへのアウトソースすることなしで、顧客はよりよい翻訳結果を得られるようになる。そうして、データベースへの蓄積が豊富になればなるほど、翻訳にかかるコストはより安くなり、質は改善されていく。このスタートアップは、eコマース、ポータルサイト、一般的なコーポレートサイトなど、ウェブサイトの目的別に翻訳データベースを所持している。

このスタートアップのクライアントは、eBayや、東京の下町タウンガイドアプリ「Tokyo Cool」、サンブリッジベンチャーキャピタル、そしてデジタルアドエージェンシーのオプトなど、グローバル顧客向けにサイトを翻訳する必要があるところが含まれている。

この多言語化ツールは、ユーザのサイトを巡回し、ウェブサイトがアップデートされた際に、どの部分が変更され、追加で翻訳する必要があるのかを認識する機能を持っている。この翻訳プロセスにおいて、翻訳結果はオリジナルHTMLファイルに基づき、ソースコードを変更することなくもたらされる。そのため、多言語化に対応するにあたり、デザインフォーマットやサイト構造がオリジナルの言語版と同じものであれば、他言語版用にファイルを再編集する必要がない。この方法により、クライアントは概して、非日本語のウェブサイトの維持に気を配る必要がない。

最新の技術を使っても、異言語間の翻訳は人間の介在無しに、確かな正確性を保証できない。World Jumper のしくみにも誤訳の可能性は残る。このリスクを軽減するために、World Jumper はインタフェースを提供しており、将来の翻訳依頼の成果を精緻なものにするため、ユーザが自ら翻訳することでシステムを学習させることができる。

料金は、80000円が初期のアカウントのセットアップにかかり、月額利用に8800円、手動翻訳に追加でコストがかかる。あるオリジナル原稿に対して、最初の翻訳リクエストは手動で翻訳されるが、同じ原稿に対し二度目以降の翻訳リクエストでは、データベースを用いて翻訳プロセスが進められる。手動翻訳のプロセスが生じないため、トータルでの翻訳コストは減少する。

今回のファンディングにより、このスタートアップは、サードパーティの開発者らにプラットフォームをオープンにすべく、追加開発を実施する。そして、年内に1000件のコーポレートユーザの獲得を目指す。

この領域において、香港のOne Skyや、フィンランドのGet Localization、シリコンバレーのTransifexなど、いくつかの競合を見ることができる。

【原文】