THE BRIDGE

タグ MakeLeaps

請求書発行クラウドのMakeLeaps、リコーが買収へ——買収金額は推定数十億円規模

SHARE:

クラウドベースの請求書発行プラットフォームを提供する MakeLeaps は26日、複写機大手のリコー(東証:7752)による買収に合意したと発表した。買収金額は明らかにされていないが、日経の報道によると数十億円規模とみられる。リコーによる株式取得の完了は、11月30日の予定。 リコーは MakeLeaps 全株式を取得し、MakeLeaps はリコーの完全子会社となる。情報が開示されている範囲で…

01e

クラウドベースの請求書発行プラットフォームを提供する MakeLeaps は26日、複写機大手のリコー(東証:7752)による買収に合意したと発表した。買収金額は明らかにされていないが、日経の報道によると数十億円規模とみられる。リコーによる株式取得の完了は、11月30日の予定。

リコーは MakeLeaps 全株式を取得し、MakeLeaps はリコーの完全子会社となる。情報が開示されている範囲では、MakeLeaps はこれまでに、2016年7月にシリーズ A ラウンドで楽天ベンチャーズから数億円、2014年9月にシードラウンドでフランスの有名起業家 Xavier Niel 氏率いる Kima Ventures から、2014年8月にエンジェルラウンドで AngelList や Dave McClure 氏らから60万ドルを調達している。

bdash-camp-2015-pitch-arena-makeleaps-2
B Dash Camp 2015 Spring in Fukuoka でピッチする MakeLeaps CEO Jay Winder 氏
Image credit: Masaru Ikeda

MakeLeaps は、2011年10月、オーストラリア人連続起業家 Jason(Jay)Winder 氏(現 CEO)によって設立された。クラウドにより、ユーザは見積・発注・納品・請求・領収書などの帳票作成・管理郵送を簡便化することができる。

リコーの発表によれば、同社は今後、自社製複合機やさまざまなベンダーの顧客管理システムや会計システム、販売管理システムなどと MakeLeaps を組み合わせ、企業内のワークフローをデジタル化して改善するほか、デジタル化したワークフロー同士をつなげることで企業間取引のプラットフォーマーを目指し、中小企業のワークフロー改善につなげる。MakeLeaps が発表した CEO Winder 氏の声明によれば、今回の買収によりサービス内容や提供条件の変更は生じないとのことだ。

Via Ricoh
Via MakeLeaps

----------[AD]----------

請求書発行クラウドのMakeLeaps、シリーズAラウンドで楽天ベンチャーズから資金調達

SHARE:

クラウドベースの請求書発行プラットフォームを提供する MakeLeaps は26日、楽天ベンチャーズが運営する「Rakuten Ventures Japan Fund」からシリーズAラウンドで資金調達したと発表した。調達金額は明らかにされていない。これは同社にとって、2014年8月に実施した AngelList や Dave McClure 氏らからの60万ドルの調達に次ぐものだ。 Rakuten…

01e

クラウドベースの請求書発行プラットフォームを提供する MakeLeaps は26日、楽天ベンチャーズが運営する「Rakuten Ventures Japan Fund」からシリーズAラウンドで資金調達したと発表した。調達金額は明らかにされていない。これは同社にとって、2014年8月に実施した AngelList や Dave McClure 氏らからの60万ドルの調達に次ぐものだ。

Rakuten Ventures Japan Fund は、今年初めに組成されたアーリーステージやグロースステージにある、日本国内のスタートアップを対象としたファンド。投資対象となる企業には、楽天グループ内の既存の技術やプラットフォームを活用したサポートが提供される。

MakeLeaps は、2011年10月、オーストラリア人連続起業家 Jason Winder 氏によって設立された。同社では今回の増資を受け、今後は現在の請求管理特化型サービスから、業界ごとの異なるニーズに合わせた総合的なビジネスプラットフォームを構築・展開している。

2016年2月現在、国内法人20,000社以上に導入されており、見積・発注・納品・請求・領収書などの帳票作成・管理郵送を簡便化している。これまでに、MakeLeaps は、Salesforce、Stripe、Evernote、YAYOI SMART CONNECT といったサードパーティのプラットフォームと連携しているが、THE BRIDGE の取材に対し、Stripe との連携により、ユーザが請求書の発行とともにユーザの顧客から売上代金を徴収できるようになった機能が広く受け入れられ、月間15%の成長率(ユーザ数ベース)を確保できていることを明らかにした。

現時点で楽天との協業内容については明らかになっていないが、今後数カ月以内に、何らかの新しい発表がなされるだろう、としている。

----------[AD]----------

マネーツリー、経費精算サービス「Staple」とクラウド請求サービス「MakeLeaps」の2社と連携

SHARE:

資産管理アプリ「マネーツリー」を開発し、金融関連データのアグリゲーションサービス「MT LINK」を提供するマネーツリーが、本日クラウドキャスト、メイクリープスと連携することを発表した。 クラウドキャストが提供する経費精算サービス「Staple(ステイプル)」、メイクリープスが提供するクラウド型請求管理ソフト「MakeLeaps(メイクリープス)」が、「MT LINK」と連携する。 「MT LIN…

MT LINKの連携画像

資産管理アプリ「マネーツリー」を開発し、金融関連データのアグリゲーションサービス「MT LINK」を提供するマネーツリーが、本日クラウドキャスト、メイクリープスと連携することを発表した。

クラウドキャストが提供する経費精算サービス「Staple(ステイプル)」、メイクリープスが提供するクラウド型請求管理ソフト「MakeLeaps(メイクリープス)」が、「MT LINK」と連携する。

「MT LINK」は、銀行口座、クレジットカード、電子マネー、ポイントなど、約2,400社のお金に関する情報をまとめたファイナンスデータのクラウドサービス。マネーツリーは、先日みずほ銀行への「MT LINK」の提供を発表したばかり。これまでに提携してきた企業に本日発表された2社を加えて、公式に9社のパートナーシップ契約を締結している。

また、本日からこれまでアプリからしか閲覧できなかった法人口座が、マネーツリーのWeb上からも閲覧可能になった。これまで法人口座の閲覧は、限定されたWindows端末からしかできなかったが、今回のアップデートにより端末でも法人口座の数字が閲覧できるようになる。

「MT LINK」が広まっていることで、ファイナンスデータへのアクセスはより便利になってきている。

----------[AD]----------

クラウド請求管理「MakeLeaps」が 「YAYOI SMART CONNECT」と連携開始、2015年はサービス連携を強化

SHARE:

確定申告シーズンを前に、確定申告を行う必要がある人にとっては嬉しい報せが届いた。 先日連携を発表した「misoca」に続き、クラウド型見積・納品・請求管理ソフト「MakeLeaps(メイクリープス)」が、弥生が提供するクラウドサービス「YAYOI SMART CONNECT(弥生スマートコネクト)」との連携を発表した。連携サービスの提供は12月24日からスタートする。 「MakeLeaps」といえ…

1.ML_連携アプリ表示画面

確定申告シーズンを前に、確定申告を行う必要がある人にとっては嬉しい報せが届いた。

先日連携を発表した「misoca」に続き、クラウド型見積・納品・請求管理ソフト「MakeLeaps(メイクリープス)」が、弥生が提供するクラウドサービス「YAYOI SMART CONNECT(弥生スマートコネクト)」との連携を発表した。連携サービスの提供は12月24日からスタートする。

「MakeLeaps」といえば先日、マドリードに本拠を置く IE Business School と慶応大学メディアデザイン研究科(KMD)が、共同で東京の起業家に向けて開催したピッチイベント「Venture Day」で優勝したことが記憶に新しい。

<関連記事>

今回の連携により、MakeLeaps上の請求書データが売掛金データとして「やよいの白色申告オンライン」、「やよいの青色申告オンライン」に自動で取込、仕訳が可能となる。

請求書データは、管理画面からクライアント名や発行日などでソートし、一括送信できるため、一定期間分の仕訳作業が一度で完了する。MakeLeapsユーザは記帳の手間が省け、手入力によるミスや漏れなどを防ぐことが可能になる。

3.YSC_仕分け確認画面

事務作業や経理作業に費やす時間の削減、バックオフィスの自動化をしていくためには、他の業務系サービスとの連携が不可欠。来年はCRMシステムやオンライン決済サービスとの連携、APIのリリースなどを通じ、他社とのつながりを強化。さらに多くの企業や個人事業主の事務作業や経理作業の効率化に貢献していく方針だという。

MakeLeapsは2014年それほどニュースがなかったが、今回のリリースにあたり取材を行ったところ、2014年は他社との連携のために技術面の整備を進めるなど仕込みの年だったとコメントしていた。MakeLeapsは来年の前半にいくつかリリースを仕込んでいるとのことなので、その発表を待ちたい。

----------[AD]----------

請求書発行クラウドのMakeLeaps、AngelListを通じ、Dave McClureなど有名投資家から60万ドルを調達

SHARE:

※この記事は英語で書かれた記事を日本語訳したものです。英語版の記事はコチラから クラウドベースの請求書発行プラットフォームを提供する MakeLeaps は今日、AngelList を通じて60万ドルを資金調達したと発表した。このラウンドには、AngelList の Naval Ravikant(関連記事)、はてなの Richard Chen、500 Startups の Dave McClure…

01e

※この記事は英語で書かれた記事を日本語訳したものです。英語版の記事はコチラから

クラウドベースの請求書発行プラットフォームを提供する MakeLeaps は今日、AngelList を通じて60万ドルを資金調達したと発表した。このラウンドには、AngelList の Naval Ravikant(関連記事)、はてなの Richard Chen500 Startups の Dave McClure らが参加した。

2011年10月、オーストラリア人連続起業家 Jason Winder 氏によって設立された MakeLeaps は、フリーランサーや中小企業向けをターゲットとした請求書発行プラットフォームを提供してきた。これまでに15,000以上のユーザを獲得している。同社によれば、MakeLeaps のサービスは4月から6月の3ヶ月間で、20%もの高いユーザ売上成長率を見せている。

今回の調達を受けて、MakeLeaps はサービスをエンハンスし、大企業が社内の請求書発行作業にこのプラットフォームを組み込めるよう、ERP や B2B決済サービスとの連携を計画している。さらに、エンタープライズ・ユーザ向けのマーケティングを強化するため、営業人員を増員するとも明らかにした。

----------[AD]----------

請求管理ソフトMakeLeapsが、もっとも要望の多かった「納品書」機能を一般公開へ

SHARE:

東京に拠点を置くスタートアップMakeLeapsは、日本の個人事業主、中小企業向けに見積書・請求書サービスを提供している。同社は10月25日、新しく「納品書」機能をリリースすることを発表した。同社によると、納品書機能は、ユーザーからもっとも要望の多かった機能だという。 納品書は、購入した製品やサービスの納品内容の確認に使われる、重要な書類だ。納品書を処理したことがなければ、今回の機能がどれだけの意…

nouhinsho-280x350東京に拠点を置くスタートアップMakeLeapsは、日本の個人事業主、中小企業向けに見積書・請求書サービスを提供している。同社は10月25日、新しく「納品書」機能をリリースすることを発表した。同社によると、納品書機能は、ユーザーからもっとも要望の多かった機能だという。

納品書は、購入した製品やサービスの納品内容の確認に使われる、重要な書類だ。納品書を処理したことがなければ、今回の機能がどれだけの意義をもつか、ピンとこないかもしれない。しかし、私が何人かの同社ユーザーの意見を聞いたところ、この新機能はかなりの時間の節約、また日常のワークフローにおける手作業の削減につながるようだ。

MakeLeapsを使えば、個人事業主や中小企業は見積書・請求書・納品書を一つのプラットフォーム上で一元的に管理できるようになる。同社によると、同機能のベータ版を一部ユーザーに試験的に使用してもらい、そこで得たフィードバックを元に機能を改良してから、今回の公式リリースに至ったそうだ。

今年6月の発表では、同社のユーザー数は1万社に達したという。同社は、2014年7月までにユーザー数を2万5000社まで増やすことを目標にしている。

【原文】

(translation by Yuki Sato

----------[AD]----------

日本マイクロソフトにビジネス向けウェブサービス展「BizWeb」が開催

SHARE:

※この記事は英語で書かれた記事を日本語訳したものです。英語版の記事はコチラから。 Sd Japanは最近、東京で今月にまもなく開催される、多くのビジネス向けウェブサービスにスポットライトを当てたイベントの案内を受け取った。この「BizWeb」イベントは、日本マイクロソフトによって7月19日10時から20時まで開催される。 私たちの見方では、こうしたウェブサービスへの認知度を高めるためのもので、中堅…

※この記事は英語で書かれた記事を日本語訳したものです。英語版の記事はコチラから

Sd Japanは最近、東京で今月にまもなく開催される、多くのビジネス向けウェブサービスにスポットライトを当てたイベントの案内を受け取った。この「BizWeb」イベントは、日本マイクロソフトによって7月19日10時から20時まで開催される。

私たちの見方では、こうしたウェブサービスへの認知度を高めるためのもので、中堅中小企業に向けてさらにこうしたサービスを使うように応援するものだ。15社がブースを出展予定となっており、彼らのサービスと中堅中小企業にどのようなものを提供できるのかを発表する。全部で200人の訪問者が参加することが見込まれている。

海外で日本のウェブサービスがどのように使われているのかというトークをする予定の合田ジョージ氏を含む、スピーカーについても掲載されており、マイクロソフトとPreziは、彼らのサービスについて話をする予定だ。

コンシューマー向けのインターネットサービスは、メディアで多くのアテンションを獲得する傾向がある。そのため、私たちとしてはこうした、Sd Japanの読者がチェックにいけるような、BizWebイベントが開催されることは喜ばしい。

このイベントは、リブ株式会社によってオーガナイズされており、工藤博樹氏によってリードされている。もしより多くの情報を求めているなら、DoorKeeperのイベントページから情報を得ることができる。

訳者注:このイベントには、見積書・請求書発行サービスのMakeLeapsや、多言語翻訳サービスのWorldJumper、デザイン専門クラウドソーシングサービスのdesignclueなど、これまでSd Japanでも紹介してきたサービスたちが参加する予定。

biz-web-620x282

----------[AD]----------

請求書作成発送サービスMakeLeapsのユーザ数が1万社を突破

SHARE:

※この記事は英語で書かれた記事を日本語訳したものです。英語版の記事はコチラから。 東京に拠点を置く、請求書作成発送サービスのMakeLeapsは、当初表明していたユーザ数1万社に到達したと発表した(PDF)。 MakeLeaps は2009年にローンチし、昨年には競合にあたる Noroshi を買収、同社にとって大きな一歩となった。この買収に際し、Makeeaps の親会社 Webnet IT の…

make-leaps-280x280

※この記事は英語で書かれた記事を日本語訳したものです。英語版の記事はコチラから

東京に拠点を置く、請求書作成発送サービスのMakeLeapsは、当初表明していたユーザ数1万社に到達したと発表した(PDF)。

MakeLeaps は2009年にローンチし、昨年には競合にあたる Noroshi を買収、同社にとって大きな一歩となった。この買収に際し、Makeeaps の親会社 Webnet IT の CEO Jason Winder は、買収によって2013年8月までにユーザ数1万社に達することができるだろう、と語っていた。当初の目標まで、時間を残して到達したことになる。

日本企業は、アメリカ市場ほどクラウド・コンピューティングの利用へと急速には方向転換していない。しかし、多くの有名な日本企業が使う Salesforce に見られるクラウドのサクセスストーリーに影響され、そのような転換はまもなく訪れるだろうと、Jason Winder は述べている。

我々にとって最も大きなチャレンジは、このようなソリューションが存在すると、人々に知ってもらうことだ。費用も安く、簡単に利用できる。我々の最大の競合は(請求書作成の)ソフトウェア商品ではなく、Microsoft Excel だ。多くの日本企業は、書類を作成したり送信したりするのに、Excel を使っているからだ。

4月には、MakeLeaps は Evernote との統合機能を追加し(PDF)、ユーザは明細や請求書を Evernote に同期できるようになった。Evenote のユーザの約20%は日本からであることを考えれば、これは賢明な機能追加だったと言っていいだろう。

MakeLeaps は今年に入り、毎月平均18%の伸びを見せており(下表参照)、2014年7月までにユーザ数25,000社達成を目標としている。

Graph_02-280x393

----------[AD]----------

Zaim、Makeleaps、Taxbird、会計系スタートアップのピッチ祭りにタイからのスタートアップも登場!【ライブブログ終了】

SHARE:

Startup Datingが毎週水曜夜に開催している「Startup Dating Salon」。10月3日に開催されたサロンは、会計系のスタートアップ3社にお越しいただき、ピッチをしていただきました。 スマホ撮影で確定申告会計を簡単に まず最初にピッチしたのは先日、Startup Datingでも取材したtaxbird。アプリを起動してレシートを撮影すると、仕分けも行なって管理できるようにする…

Startup Datingが毎週水曜夜に開催している「Startup Dating Salon」。10月3日に開催されたサロンは、会計系のスタートアップ3社にお越しいただき、ピッチをしていただきました。

スマホ撮影で確定申告会計を簡単に

まず最初にピッチしたのは先日、Startup Datingでも取材したtaxbird。アプリを起動してレシートを撮影すると、仕分けも行なって管理できるようにするというサービスだ。すると、確定申告時期に帳簿をダウンロードして、書類を作成すれば確定申告を完了させることができる。

ずっとフリーランスで活動していて、確定申告の大変さを感じていた乾氏。彼が確定申告をもっと簡単なものにするために、Macには会計用のソフトがないという問題を解決するためにサービスを開発した。

まだサイトに情報を掲載されていないが、サービスリリース時は月額の料金を払うことでサービスを利用できるようにしていた部分を、基本の利用料金を無料に変更するという。そのかわりにプレミアムプランを用意し、そのプランのユーザには、レシートの郵送をしてもらえば登録を代行するサービスを提供する予定だそうだ。

見積・請求書オンラインサービス

続いてピッチを行ったのは見積・請求書オンラインサービス「Makeleaps」のJason氏。先日、請求書、見積書作成・管理ツールの「Noroshi」から事業譲渡を受け、現在、日本全国各地の数千のフリーランス、中小企業が利用しているサービスとなっている。モバイルにも対応しており、どこからでも請求書を送ることができるようになっている。たとえば、ハワイのビーチに座ってビールを飲みながらでも日本国内で請求書の郵送まで対応できるそうだ。

税理士、会計士、弁護士、行政書士、ビジネスコンサルタントなどと積極的にパートナーシップを組むなど、新規顧客の開拓、サービスの信頼度を高めるアプローチも進めている。そのほかにも、最近マスコットキャラクターも作成し、キャラクターを利用したコンテンツマーケティングにも力を入れているそうだ。

プランもビジネスの規模に合わせて選ぶことができるようになっているので、請求書の管理につかれてしまったという方は、無料で10分のデモを体験できるそうなので、まず体験してみてはいかがだろうか。

無料の家計簿アプリ

最後にピッチしていただいたのは、最近、会社化したクラウド家計簿サービス「Zaim」を開発している閑歳孝子さん。以前、Startup Datingにも「【ゲスト寄稿】ずっと使われるサービスを作るうえで、大切にしている3つのこと」という記事を寄稿していただいた。

Zaimをつかって家計簿の管理を行うと、自分と似たお金の使い方をする人や、ユーザ内でのランキング、日本全国でどのあたりが出費が多いのかといったデータの比較が可能になっている。基本的な機能はサービスをリリースした当初からあまり変わっていないという。リリースから1年が経ち、累計の入力数も1000万件を超えているそうだ。

興味深いユーザの継続率の傾向も紹介してもらった。男性よりも、女性が継続しやすく、女性のなかでも子どもがいない主婦が一番継続率が高いそうだ。夫婦の二人暮らしが一番継続率が高く、子どもの数が増えると継続率が下がるという。学生の継続率は低く、とくに親と同居してる学生の継続率は低い傾向にあるそうだ。男性のなかで継続率が高いのは職業が営業の人というデータもあるらしい。

今は、タブレットとスマホだけで利用できるようになっているが、今後はPCサイトでも利用できるようにしようと考えていると閑歳さんは語ってくれた。具体的な分析をするには、PCでも利用できたほうがいいという理由などからだ。

有料版の展開も考えており、レシートの撮影から登録できるようにしたり、Evernoteのようにオフラインで入力できる機能や、他のユーザと一部だけデータを共有したいというユーザに向けて提供していくことを考えているという。Zaimは会計の管理をきっちりとおこないたいヘビーユーザを対象と考えており、しっかりと会計管理したい人が、気持ちよくお金の管理ができるようにしようサービスを提供していくそうだ。

タイの建設業界向けのソーシャル・ネットワーク

お次に、タイのスタートアップ「Builk」のピッチ。「Builk」はタイの建設業界向けのソーシャル・ネットワーク。今年の6月にシンガポール国立大学(NUS)で開催された、アジア最大のテックカンファレンス Echelon 2012 に出場し、最優秀賞を受賞している。

Builkには建設プロジェクトの管理、自社宣伝、顧客管理などが行える機能が備わっている。サイト上で利用するアプリケーション、参加しているサプライヤーなどがスポンサーになっているため、サービスは建設業者に無料で提供される。これまでオフラインで提供されていたものを、オンラインにすることが同サービスの目標だ。銀行からの借り入れ、建設資材のサプライヤーからの仕入れまでも、一連的にオンラインで完結することを目指しているという。

来週のサロンはコマース系スタートアップを数社お呼びする予定。お楽しみに。

----------[AD]----------