請求書作成発送サービスMakeLeapsのユーザ数が1万社を突破

by Rick Martin Rick Martin on 2013.6.25

make-leaps-280x280

※この記事は英語で書かれた記事を日本語訳したものです。英語版の記事はコチラから

東京に拠点を置く、請求書作成発送サービスのMakeLeapsは、当初表明していたユーザ数1万社に到達したと発表した(PDF)。

MakeLeaps は2009年にローンチし、昨年には競合にあたる Noroshi を買収、同社にとって大きな一歩となった。この買収に際し、Makeeaps の親会社 Webnet IT の CEO Jason Winder は、買収によって2013年8月までにユーザ数1万社に達することができるだろう、と語っていた。当初の目標まで、時間を残して到達したことになる。

日本企業は、アメリカ市場ほどクラウド・コンピューティングの利用へと急速には方向転換していない。しかし、多くの有名な日本企業が使う Salesforce に見られるクラウドのサクセスストーリーに影響され、そのような転換はまもなく訪れるだろうと、Jason Winder は述べている。

我々にとって最も大きなチャレンジは、このようなソリューションが存在すると、人々に知ってもらうことだ。費用も安く、簡単に利用できる。我々の最大の競合は(請求書作成の)ソフトウェア商品ではなく、Microsoft Excel だ。多くの日本企業は、書類を作成したり送信したりするのに、Excel を使っているからだ。

4月には、MakeLeaps は Evernote との統合機能を追加し(PDF)、ユーザは明細や請求書を Evernote に同期できるようになった。Evenote のユーザの約20%は日本からであることを考えれば、これは賢明な機能追加だったと言っていいだろう。

MakeLeaps は今年に入り、毎月平均18%の伸びを見せており(下表参照)、2014年7月までにユーザ数25,000社達成を目標としている。

Graph_02-280x393

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------