BRIDGE

タグ Comm

DeNAのメッセージアプリ「comm(コム)」運営規模を大幅縮小か

SHARE:

噂はどうも本当だったらしい。日経ビジネスが6月26日のニュースで報じたところによると、DeNAは無料通話アプリ「comm(コム)」の運営体制を大幅縮小、今後の積極的な会員獲得をやめる方針という。 「ディー・エヌ・エー(DeNA)がLINE(ライン)対抗で投入した無料通話アプリ「comm(コム)」の運営体制を大幅に縮小していたことが本誌取材で明らかになった。最大時で約70人を開発や運用、保守に当てて…

噂はどうも本当だったらしい。日経ビジネスが6月26日のニュースで報じたところによると、DeNAは無料通話アプリ「comm(コム)」の運営体制を大幅縮小、今後の積極的な会員獲得をやめる方針という。

「ディー・エヌ・エー(DeNA)がLINE(ライン)対抗で投入した無料通話アプリ「comm(コム)」の運営体制を大幅に縮小していたことが本誌取材で明らかになった。最大時で約70人を開発や運用、保守に当てていたが、6月初旬までに数人体制へと縮小を決めたもよう。今後、積極的な会員獲得を目的としたプロモーション活動はやめる方針だ」(日経ビジネス記事より)。

実は本誌でも6月初旬頃、ある関係者筋から運営体制の大幅縮小という話題を聞いていた。一方、昨日、セルカン・トト氏の記事(この記事は掲載こそ6月25日だが、翻訳などの都合で情報自体はすこし以前のもの)の通り、カジノゲームなどの投入で巻き返しを図るものの、大きなインパクトにはならなかったようだ。

なお、日経ビジネスの記事ではLINE対抗ということで、comm以外のカカオトーク(カカオジャパン、ヤフーとの50%合弁会社)、DECOLINK(サイバーエージェント)などの状況を伝えているが、実はGREEも2012年12月にメッセージアプリに参入している。GREEメッセンジャーだ。

しかしこちらもなかなか謎が多く、公開当初はオーストラリアなど数カ国のみの提供で、2013年3月には「Telilt」という名称に変更していた

アジア圏のメッセージングアプリ全体を見渡すと、昨年末に3億人ユーザーを突破したとされるWeChat(テンセント)が中国国外で既に5000万人のユーザーを獲得しているなどLINEと並び好調ぶりが伺える。

LINE、WeChatの躍進とは対照的に、増え続けたアジアのメッセージングアプリ競争には今後、厳しい選択を迫られるプレーヤーも出てくるかもしれない。

DeNAのチャットアプリComm、カジノゲームの導入を開始

SHARE:

Dr. Serkan Toto(セルカン・トト)氏はゲーム専門家であり、東京を拠点とした独立コンサルタントだ。Twitterとブログで彼をフォローできる。この記事は彼の許可を得て掲載しています。 DeNA(TYO:2432)のチャットメッセージアプリCommが昨年10月に登場してからその熱は収まりつつある。Mobageによって数か月前に出された最新の公式発表によれば、同アプリは合計500万人のユー…

Dr. Serkan Toto(セルカン・トト)氏はゲーム専門家であり、東京を拠点とした独立コンサルタントだ。Twitterとブログで彼をフォローできる。この記事は彼の許可を得て掲載しています


comm

DeNA(TYO:2432)のチャットメッセージアプリCommが昨年10月に登場してからその熱は収まりつつある。Mobageによって数か月前に出された最新の公式発表によれば、同アプリは合計500万人のユーザを獲得した。

現在その数字がもっと大きいことは確かだ。Commは日本でテレビCMが放映されているが、CommをLineやKakaoTalkに対抗するものにまで育てられるという確信がDeNA内に多いとは考えがたい。

しかし、同社は諦めていない。これまでのところDeNAはCommとソーシャルゲーム事業を別にしており、ある意味、今回もそれが当てはまる。

しかし、この最新アップデートによりCommユーザは友人とゲームを楽しむことができるようになった。ただしMobageのゲームタイトルはプレイすることができない。つまり現時点ではCommはMobageと連携していないということだ。

それどころかDeNAの新しいアプリ内ゲームサービスは「Talk Game」という。最新版のアプリによりユーザは以下のカジノタイトルをチャットしながらプレーすることができる。

  • ・ポーカー(最大7人同時プレー)
  • ・大富豪(日本のカードゲーム、最大6人)
  • ・麻雀(最大4人)

プレイしながらComm内でメッセージやスタンプ(Talk Game関連の特別なスタンプも多数ある。以下にその一部を表示。)を交換することができる。

DeNA-Comm-app-adds-social-gaming

事実、コミュニケーション機能はゲームプレイに不可欠で、カジノゲームにはまさにぴったりの機能だ(ラウンドごとにプレーするのでプレーヤーはお互いに会話をする時間がある)。Commの日本語ページにアスセスしFlashを使ったアニメーションデモを見ることをお勧めする。

Talk Gameは現在、日本版のCommでのみ提供されている。ゲームはすべて無料でプレーできる。

このDeNAのアプリは、Line、KakaoTalkに加えKik、WhatsApp、WeChat、Cubieや好敵手ともいえるGREE Messengerと競合している。

【原文】

アジア発、話題のメッセージアプリ11選とそれらが超革新的な理由

SHARE:

【原文】 Rickが発表したモバイルメッセージアプリの成長率とWillisが行った同アプリの流行についての投稿を見て、私はモバイルメッセージアプリがアジアの若いスマートフォンユーザに強く支持されている目玉機能をチェックしてみた。 これらのアプリはすべて、Facebook Messenger(アジア製チャットアプリを模倣していると思われるが)、そしてFacebook Pokeにとって大きな脅威である…

【原文】

asia-messaging-apps-2013-315x244

Rickが発表したモバイルメッセージアプリの成長率とWillisが行った同アプリの流行についての投稿を見て、私はモバイルメッセージアプリがアジアの若いスマートフォンユーザに強く支持されている目玉機能をチェックしてみた。

これらのアプリはすべて、Facebook Messenger(アジア製チャットアプリを模倣していると思われるが)、そしてFacebook Pokeにとって大きな脅威である。

なぜこのようなメッセージアプリはこれほど流行しているのだろうか?その理由は、仮想スタンプと、それらアプリがマルチメディア対応であり即時性も兼ね備えていることである。これがアジア製メッセージアプリにおいて猛烈な勢いで革新的であるポイントだ。

もちろん、これらすべてのアプリにはメッセージアプリとして特徴づける一連の機能があるので、それらの特徴を短いリストで示したあと、それぞれのアプリを見ていこうと思う。

      ・送受信通知付きのインスタントメッセージ機能
      ・グループチャット機能
      ・写真や動画の送信機能(Instagramのような写真フィルタ機能を提供しているのはWeChatとZaloのみ)
      ・チャットエリアの壁紙が変更できる機能
      ・オーディオノートやメッセージの録音機能
      ・連絡先情報の共有
      ・ユーザの位置情報の共有
      ・ビデオ/音声通話
      ・Pathのようなマイクロブログ機能

それでは、アジアで最も傑出しているチャットアプリ11選を見て、それぞれのアプリが他のアプリと比べて何が傑出しているかを紹介していこう。

フィリピン発「Chikka

リリース時期:2010年10月
ユーザ数:50万超

WhatsappやViberなど、海外発のチャットアプリが市場を牛耳っているフィリピンにも、Chikkaという、国内で開発された独自のサービスがある。Chikkaは現在、Apple App Storeのソーシャルネットワーキング・カテゴリーで28位にランキングしている。つまり、同アプリは何十万回もダウンロードされているということだ。基本的な機能以外に特筆するような機能はなく、ここ3年間あまり成長もしていない。

chikka-text-messenger-philippines-1-266x400

chikka-text-messenger-philippines-2-266x400

日本発「Comm

リリース時期:2012年10月
ユーザ数:最大500万人

ソーシャルゲームプラットフォームのDeNaが開発したCommは、昨年10月にリリースされ、これまでで既に500万人のユーザを集めている。また、同アプリはこのリストのなかで唯一、Facebookのモバイルアプリに似た、左サイドのタップバーを取り入れているサービスでもある。

comm-sidebar-lefthand-266x400

comm-stickers-266x400

台湾発「Cubie

リリース時期:2012年3月
ユーザ数:最大500万人

Cubieが特化しているチャット機能は、絵が描け(て、その絵に吹き出し文字を添え)ることができることと、動画のGIFファイルが送れるという珍しい機能だ。最近、SnapchatやFacebook Pokeに似た機能も追加し、ユーザは10秒以内に消滅するメッセージも送ることができるようになった。アジア発のアプリのなかでこの機能を提供しているのはCubieだけで、これは素晴らしいことだ。また、Cubieは最近、資金調達を行い、500 Startupのインキュベーションプログラムにも参加した。

cubie-app-animated-sticker-266x400

cubie-secret-text-snapchat-266x400

日本発「GREE Messenger」(このサービスが利用できるのは、オーストラリア、ニュージーランド、インドのみ)

リリース時期:2013年2月
ユーザ数:5万超

日本のゲームプラットフォーム大手GREEは、チャットアプリ業界に参入して同社の競争力を高めようとしている。数字について語るのは時期尚早だ。同アプリは今のところ基本的な機能しか提供していないが、GREEが抱える数多くのゲームデベロッパーやデザイナーのバックアップを統合し始めるにちがいない。

gree-messenger-chatting-225x400

gree-messenger-friend-list-225x400

韓国発「KakaoTalk

リリース時期:2010年3月
ユーザ数:7500万人

KakaoTalkでは、チャットウィンドウで友達とイベントを作成してスケジュールを組むことができる。驚くことに、この機能を提供しているのはKakaoTalkだけだ。同アプリはオープンソースなので、ユーザが独自のテーマを作ることができる。

さらに、単独のゲームをダウンロードしてKakaoTalkの友達と一緒にプレイすることもできる。また、ローカライズのサービスで旧正月向けのスタンプも加え、K-POPスターのスタンプで話題になった。動くスタンプや音のするスタンプまで揃っている。1番クールな機能は、ユーザが友達に、提携販売店で特典がもらえるクーポン券を購入できることだ。

例えば、KakaoTalkを通じてコーヒーをご馳走することが可能だ。お店でクーポン券を提示すれば、コーヒーがもらえるという具合だ。残念ながら、これは韓国国内だけで利用できる機能だ。KakaoTalkはソーシャルゲーム機能も取り入れているが、この機能が利用できるのは今のところ日本と韓国のみだ。

kakaotalk-stickers-holidays-266x400

kakaotalk-themes-266x400

韓国企業NHNの日本チームが運営する「Line

リリース時期:2011年6月
ユーザ数:1億人

Lineのユーザはカードや手書きの絵、写真を送ったり、ゲームで遊ぶことができる。ゲーム機能は、同チャットプラットフォームにユーザを惹きつけるための大きな要素となっている。残念ながら、これらの機能はユーザが別のアプリをダウンロードしてはじめてアクセスすることができるものだ。

同アプリ内にこれらの機能を最初から搭載するほうがずっと良いと私は思うが、アプリを個別にダウンロードしなければならないことが膨大な数のユーザを獲得する妨げにはなっていない。同アプリはデザインが本当に良く、2ドルのスタンプパッケージを販売している。Lineは、有名人や企業、宝くじの情報までもユーザのチャット画面に配信している。同アプリの開発者NHN Japanは、2013年にはLineにもっと注力する予定で、同サービスを別会社として分離新設することも目指している。

LINE-lottery-numbers-266x400

LINE-snoop-lion-266x400

オランダ—インド発「Nimbuzz

リリース時期:2008年11月
ユーザ数:1億人

Nimbuzzはもともとオランダ企業が開発したものだが、同社は2011年中頃に本社をインドに移転させている。同アプリは、ChikkaやGREE Mesengerのように比較的シンプルなものだが、Yahoo Messenger、Google Talk、Facebook、Windows Live Messangerなどのオンラインチャットアプリケーションとリンクしている。また、国際電話をかけられる機能もある。どちらかと言えば、同サービスが旧式のインスタントメッセージ(IM)アプリだという人もいるかもしれない。

Nimbuzz-call-abroad-266x400

Nimbuzz-extra-features-266x400

中国のTencentが運営する「WeChat(微信)

リリース時期:2011年1月
ユーザ数:3億人

WeChatでは、「Battery Doctor」や「Find Nearby」など、 ブラウザの拡張と同じように、インストール(もしくは無効に)することができるアドオン機能にアクセスすることができる。さらに、同サービスでは短い音声もしくは動画クリップを送ることのできるオプションに加えて、ビデオや音声通話もできる。WeChatはおそらく、すべてのメッセージアプリのなかで最もマルチメディアなサービスだろう。

ウェブインターフェースも提供しているので、ユーザはいかなるウェブブラウザからでもメッセージを送信することができる。WeChatは巧みなQRコードをスキャンすれば作動する。先週行われた最新のアップデートで、WeChatは(SoundHoundのような)音楽認識機能と音声チャットルームをサービスに加えた。さらに、基本的にPathによく似た機能で「Moments(微信朋友圈)」と呼ばれる幅広いソーシャルネットワーク機能もある。

WeChatは、ユーザが携帯電話をシェイクすることで新しい友達を見つけることができるというクールな機能も取り入れている。例えば、私とあなたが自分の携帯を同時にシェイクすれば、互いにチャットすることができる。また、半径1~2km範囲内で誰がWeChatアプリを利用しているかをチェックすることで人を見つけることもできる。巨大なユーザベースと中国アプリという強みを持ち、同アプリは東南アジア市場でWhatsappとLineに対抗し、海外市場にも同サービスを推し進めている

wechat-look-around-266x400

wechat-tencent-news-266x400

ベトナム発「Zalo

リリース時期:2012年8月
ユーザ数:50万超

Zaloはベトナムで開発されたチャレンジャーアプリだ。同アプリはsVNG(元Vina Gaming)によって開発され、猛烈なスピードでユーザ数を伸ばしている。すでに、ベトナムのiOS App Storeでトップの座についている。Zaloでは、アプリ内にある絵を送信することができ、ベトナム版Draw Somethingで遊ぶことができる。また、主に旧正月向けの機能として、KakaoTalkが提供しているようなサウンド付きの動画スタンプも導入した。

Zaloでは、WeChatと同じように、半径5km以内で新しい友達を見つけることもできる。だが、より多くのユーザを獲得しようと、ユーザが友達を見つけるための、トピック型のグループチャット機能も提供している。ベトナムで依然として急速に拡大するフォーラム文化をあてにして構築されたものだ。

zalo-animated-sound-sticker-266x400

zalo-draw-something-game-266x400

カップル向けアプリ

間違いなくニッチなメッセージアプリであるカップル向けアプリについて特筆しよう。これら小規模のアプリが比較的に成功していること、前述したメインストリームのサービスによってメッセージアプリ業界がますます混み合っていることを考えると、メッセージアプリ市場で特定の分野に特化する「バーティカル(縦型の)メッセージアプリ」がもっと増えても私は驚かないと思う。もうすでに、お遊びデートのアプリがあるし、今や「自然に消滅する」メッセージアプリもある。カップル向けアプリは、その他のアプリと比べれば正反対のようなもので、信頼と親密性がすべてのアプリだ。

韓国発「Between

リリース時期:2011年11月
ユーザ数:200万超

Betweenでは、大きくて総合的なアプリと同様に、カップルが互いにメッセージを送れることに加え、一緒にアルバムを作成したり、互いにキュートなメモを書き合ったり、記念日などのイベントを覚えたりすることができる。同アプリは最近、300万米ドル近い資金を調達した

Between-create-conjoined-album-266x400

Between-memos-266x400

シンガポール発「Lovebyte

リリース時期:2012年7月
ユーザ数:4万人超(だが、明らかにサーバーがクラッシュするほどのユーザがいるようだ)

Betweenと同様に、Lovebyteでも、アルバムを作成したり、メモ書きをしたり、記念日や初めてのデートなどの節目さえも記録したりすることができる。さらに、Lovebyteでは、カップルのお気に入りの映画などの情報を入力したり、付き合いだして何日経ったかということまで表示することができる。

同アプリのクールな機能は、ユーザが互いにスクラッチカードを送り合うことができるというもの。これは、基本的に恋人にメッセージを送るための裏表のフラッシュカードで、カードの両面にメッセージを書き込み、恋人がカードの片面をスクラッチして、あなたの書いたメッセージを見るというものだ。

愛し合っている若いカップルには、可愛らしくて面白いアイデアだ。Lovebyteは数週間前にAndroid向けアプリもローンチした。

Lovebyte-days-together-266x400

Lovebyte-scratchcards-266x400

イノベーションは続く

ご覧の通り、このリストは友達、家族、恋人とのコミュニケーションやつながりに関する画期的なアイデアで溢れている。

KakaoTalkのモバイル決済クーポン券から、WeChatの「Look Around」機能、Zalo版の「Draw Something」まで、これらのメッセージアプリでユーザが体験できるクールな機能がたくさんある。競争が激しくなるなか、企業は2013年にもっとクールな機能を作り出し、ユーザ数を倍増させていくだろうと私は確信している。

【via Tech in Asia】 @TechinAsia

アジアのモバイルメッセージサービス競争が2013年にさらに激化する理由

SHARE:

【原文】 アジア発のモバイルメッセージアプリは数多く存在する。 KakaoTalk、WeChat、Comm、GREE Messanger、Line、Cubieなど、いろいろだ。業界はかなり混み合ってきている。だが、今年は現地密着型のモバイルチャットアプリがさらにローンチされるのではないかと思っている。なぜなら、同業界にはまだたくさんのチャンスがあるからだ ーーー 特に、ゲームやバーティカルのチャッ…

【原文】

cat-war-wahaha

アジア発のモバイルメッセージアプリは数多く存在する。

KakaoTalkWeChatCommGREE MessangerLineCubieなど、いろいろだ。業界はかなり混み合ってきている。だが、今年は現地密着型のモバイルチャットアプリがさらにローンチされるのではないかと思っている。なぜなら、同業界にはまだたくさんのチャンスがあるからだ ーーー 特に、ゲームやバーティカルのチャットアプリにおいては。

新規参入者が自身のサービスを目立たせることは難しいと認識すると同時に、大手サービスは各自のプラットフォームをマネタイズし始めるだろう。多くの人がチャットアプリはいわゆるおしゃべりだけと考えているが、私はどちらかと言えば、目障りなニュースフィードやストリームのないソーシャルネットワークのようなものだと思っている。チャットアプリは、より魅力的で親密感がある。というのも、ユーザがメッセージを送る人は彼らが本当に気にかけている人だからだ。そう思わないだろうか?

モバイルメッセージアプリではゲームがうまくいっている。ユーザが、1度や2度会っただけの人とではなく、実際によく知っている友達とゲームをしたいからだ。これが、DeNAGREEが競い合って独自のモバイルメッセージアプリを構築し、この分野に比較的遅く参入したにもかかわらず、資金を投入している理由でもある。

そして、モバイルメッセージアプリのプラットフォームでうまくいくのはゲームだけではないかもしれない。モバイルコマースなどのその他の分野でも、ユーザの定着率が高ければうまくいくかもしれない。この点についてもう少し説明しよう。

1.市場確保の競争

WeChatは中国市場、Kakao Talkは韓国市場を独占している。そして、Lineは日本市場を独占し、中国市場のシェアを少しでも掴もうと取り組んでいる。今、同業界はまるで戦争状態だ。

アジアの残りの地域では、シェアを勝ち取る余裕はまだある。インドネシアでは競争が集中しつつあり、チャットアプリサービスは現地のモバイル通信業者やパートナーと提携し、東南アジア全域での拠点を築こうとしている。

Tencentはこの動向を静観しているが、同社はインドネシアとタイ市場にむけて全力で取り組もうとしている。市場確保の競争は現実に起こっているのだが、メディアにはまだあまり取り上げられていない。

2.モバイルゲーム・プラットフォーム

KakaoTalkLineは、ゲームがモバイルメッセージアプリに収益をもたらすことを証明した。それで突然、誰もがそれに飛びつこうとしている。私は、TencentがなぜWeChatでゲームを提供しないのかと尋ねられることがある。それで、Tencentの人に聞いてみたが、コメントを拒否された。

私が思うに、TencentはWeChatのマネタイズよりもユーザの獲得に注力しているのだと思う。まじめな話、Tencentはまだユーザ獲得以外に何もする必要がない。同社にはお金がある。それに、もし同社がゲームサービスを提供しようと決めれば、それをするだけの能力が同社にはある。Tencentはゲーム分野に強いのだから。

ゲームプラットフォームとしてのモバイルメッセージアプリというアイデアが今はまだ新鮮な一方で、さらに多くのモバイルメッセージアプリが参入し始めるにつれ、それが面白みのないものになる可能性もある。最後には、デべロッパーは誰のためにゲームを開発するべきか分からなくなってしまうだろう。

そして、それに勝ち残るのは、収益の配分率が一番高く、ゲームをホストするのに簡単なプラグ・アンド・プレイ・ソリューションを提供する企業ではないだろうか。

3.バーティカルチャットアプリ分野

現在、世の中にはFacebookやTwitterのような一般的なソーシャルネットワークサービスがある。家族や友達と、もっとプライベートなサービスを望む人にはPathというサービスもある。また、AmazonやTmallなどの総合的なeコマースサイトや、MbaobaoLamiuなど専門アイテムを扱うバーティカルコマースサイトもある。

何が言いたいかというと、このトレンドはモバイルメッセージアプリでも同じだと私は思っている。

実は、ある意味ではそのトレンドはもう起こっている。カップル専用のアプリ(BetweenLovebyte)、女性専用アプリ(Cubie)、そして出会い系アプリ(Momo)などがすでに存在しているからだ。そして、2013年にはターゲットを絞った専用のモバイルチャットアプリがもっとローンチされるだろう。さらには、母国語で利用できる現地密着型のチャットアプリもローンチされると思う。

以上、推測の多いことは認めるが、それは私がこの競争がどう繰り広げられるのかに非常に興味があるからだ。あなたが投資家であれ、起業家であれ、この業界の動向からは目を離さないでほしい。ひょっとしたら、 2013年には思いがけないチャンスをもたらすかもしれないからだ。

【viaTech in Asia】 @TechinAsia

GREEがLINEとCommに対抗してメッセンジャーアプリ「GREE Messenger」をローンチ

SHARE:

【原文】 これは大きな驚きではない。GREEが自身のメッセンジャーアプリをローンチし、App StoreとGoogle Play上で提供を開始した。とても、とても静かな動きだ。アプリはGREE Messengerという名前で、今回のローンチでは、ダウンロードできるのは数カ国に限定されている。たとえば、iOS版ではオーストラリアのApp Store(無料)でのみ、ダウンロードできる。アンドロイド版は…

【原文】

これは大きな驚きではない。GREEが自身のメッセンジャーアプリをローンチし、App StoreとGoogle Play上で提供を開始した。とても、とても静かな動きだ。アプリはGREE Messengerという名前で、今回のローンチでは、ダウンロードできるのは数カ国に限定されている。たとえば、iOS版ではオーストラリアのApp Store(無料)でのみ、ダウンロードできる。アンドロイド版はこちらからダウンロード可能だ。

これはアメリカと日本ではまだダウンロード可能にはなっていない。GREEはGREE Messengerが現在のテスト段階を終えたら公式に声明を出すべきだ。

このアプリの機能は、ユーザが期待するすべての機能が盛り込まれている。かわいいステッカー(大きい絵文字)に、グループチャット(100人のフレンドまで対応できる)、写真と映像の共有、連絡帳機能に、Facebookアカウントとの連携などだ。

しかし、GREE MEssengerは、ユーザが互いに電話をかけることは許可していない、少なくとも現時点では。私はこの機能が将来的に追加されたとしても驚かないだろう。GREEは今年が終わる前にあわててメッセンジャーアプリを出し、後ほど改良していこうとしている可能性がある。

このアプリは明らかに、華々しくあっという間に上り詰めたNHN JapanのLINE(世界で9000万ダウンロードに達している)と、Mobageを運営しているDeNAが10月にローンチしているcommに対抗したものだ。

Mixi 上でスマートフォンでユーザ同士がチャットできる新機能「Mixi Message」に同社が対応し、GREE も自社プロダクトに同様の対応を迫られるようになったのは明らかだ。

GREE Messengerのスクリーンショットは以下のとおり。

【via Dr. Serkan Toto – Japan Web Consulting And Advisory】 @serkantoto