THE BRIDGE

タグ Between

韓国カーシェアリングスタートアップのSoCar、カップルアプリ「Between」運営のVCNCを買収

SHARE:

韓国のカーシェアリングスタートアップ SoCar(쏘카)は16日、カップルアプリ「Between(비트윈)」を運営する VCNC (브이씨엔씨)を完全買収したと発表した。買収金額は明らかにされていないが、Sedally(ソウル経済=서울경제)は、Softbank Ventures が VCNC に総額155億ウォン(約15.4億円)を投資したことを理由に買収額を200億ウォン(約19.9億円)と推…

SoCar / VCNC
Image credit: SoCar / VCNC

韓国のカーシェアリングスタートアップ SoCar(쏘카)は16日、カップルアプリ「Between(비트윈)」を運営する VCNC (브이씨엔씨)を完全買収したと発表した。買収金額は明らかにされていないが、Sedally(ソウル経済=서울경제)は、Softbank Ventures が VCNC に総額155億ウォン(約15.4億円)を投資したことを理由に買収額を200億ウォン(約19.9億円)と推定、また、Money Today(머니투데이)は業界関係者の話として、累積調達額を根拠に買収額を100億ウォン(約9.9億円)前後と伝えている。スタートアップメディア Platum(플래텀)のインタビューに答えた VCNC は、後者の金額について事実ではないと否定している

Between はこれまでに世界で2,600万件以上ダウンロードされ、デイリーアクティブユーザは100万人以上、累積でメッセージ920億件以上、写真24億枚以上がやりとりされた。韓国国外では現在、日本、シンガポール、台湾、タイにオフィスを置いている。

一方、SoCar は2012年にサービスを開始し、今年、会員数が390万人、登録自動車数が1万台を突破した。売上高は増加傾向にあるものの、後発の競合各社の加勢や広告費用が経営を圧迫しており、赤字が続いている。この状況を脱却すべく、SoCar は今年4月 Daum(다음)を創業したイ・ジェウン(이재웅)氏を CEO に迎えた(イ氏は2014年、Daum を Kakao=카카오に売却し、Daum Kakao=다음 카카오となった)。イ氏は事業の立て直しから、SoCar をデータベース総合モビリティ企業に進化させるという目標を掲げ、事業買収を積極化させる方針を明らかにしていた。

SoCar は、VCNC が持つ大容量データの処理やセキュリティ技術に着目しており、両社間での人材交流とあわせ、SoCar に VCNC が持つ技術の適用を進めるとしている。ただし、VCNC は買収後も SoCar から独立した経営組織体制を維持し、Between については VCNC 創業者の パク・ジェウク(박재욱)氏のリーダーシップのもとサービスが継続提供される模様だ。

事業買収により、さまざまなモバイルサービスで網羅しようとする企業としては Yello(옐로)がある。同社はユーザ獲得コストが高いとの理由から日本市場には進出していないが、韓国市場以外にも、台湾やタイなど東南アジアでの進出に積極的だ。ゲームを除くあらゆるモバイルサービスで、消費者の可処分時間を自社傘下サービスでとり囲もうという戦略は、これまでのところ市場から評価されているようだ。

SoCar による事業買収は今回の VCNC が第一号案件となるが、Yello と同じような道程を歩もうとしているのかどうか、今後の動向が注目される。

<関連記事>

----------[AD]----------

カップルアプリのBetweenがバージョン3.0に大幅アップデート、デートスポットの閲覧や写真振り返り機能を追加

SHARE:

韓国に本拠を置き、日本を含むアジア数カ国でカップルアプリ Between を展開する VCNC は、Between のバージョン3.0 をリリースすると19日発表した。バージョン3.0 は、本稿が公開された20日11時から iTunes AppStore でダウンロードできる。 大幅なバージョンアップは約2年ぶりとなり、画面インターフェイスが改められ、いくつかの機能が追加されている。VCNC の日…

between3.0_featuredimage

韓国に本拠を置き、日本を含むアジア数カ国でカップルアプリ Between を展開する VCNC は、Between のバージョン3.0 をリリースすると19日発表した。バージョン3.0 は、本稿が公開された20日11時から iTunes AppStore でダウンロードできる。

大幅なバージョンアップは約2年ぶりとなり、画面インターフェイスが改められ、いくつかの機能が追加されている。VCNC の日本代表を務める平野賢氏によれば、今回の大幅アップデートでは、新機能を含め分散していた複数の機能をホーム画面に集約し、すべての情報をこのホーム画面からアクセスできるようにしたのが最大の特徴とのことだ。

新たに追加されたデートスポット情報の閲覧機能は、Between のユーザがこれまでに投稿したスポット情報を集約し、カップルが今後のデートの予定を立てやすいようになっている。カレンダー機能はスクロールにより1ヶ月以上先の予定が見やすくなったほか、写真を保管するアルバム機能については、これまでの時系列だけでなくイベントごとのフォルダ整理が可能に、また「タイムマシーン」機能では思い出写真を振り返ることができる。

between3.0_Snapshots
クリックして拡大

しばらくニュースが少なかった感のある Between だが、この半年ほどは、テーマの親和性が高いと考えられる Ameba やゼクシィと組んでユーザの相互送客を実施したり、結婚式場紹介サイトとイベントの共催を計画したりするなど、地道なユーザ獲得に精を出していたようだ。ローンチから3年以上が経過しマネタイズにも注力が求められる時期だが、アプリ内でのスタンプ販売に加え、「イベントボックス」というアプリ内広告欄のクリック率が非常に高く、広告主からの反応がよいのだそうだ。

英文チェッカーアプリではない方の)チャット分析アプリ Ginger は、韓国では、Between 上で交わされる男女間のメッセージ内容を分析し、関係を維持するためのアドバイスをしてくれるサービスを提供している。これを応用すれば、危険信号が灯ったカップルに、フラワーデリバリや関係を維持するための O2O ビジネスなどが展開できるだろう。Ginger の開発元である Scatter Lab は日本語対応を急いでおり、Between の日本語版でも韓国語版と同様に関係維持アドバイス機能の提供に期待したいところだ。

Between はこれまでに、アジアを中心に世界で1,400万ダウンロードを達成。韓国をはじめ、日本、台湾、タイ、シンガポールでサービスを展開しており、今後は良い人材が見つかり次第、香港にも進出したいとしている。

----------[AD]----------

カップルアプリ「Between」とコンドーム・ブランド「上出来のアイデア」、韓国で共同キャンペーンを展開

SHARE:

性に対する閉鎖的な認識を転換し、健康で正しい習慣を定着させるためのキャンペーンが展開される。 世界1,000万人のユーザが利用する韓国国内1位のカップルアプリ「Between」を開発する VCNC と、韓国のコンドーム・ブランド「パルン・センガック(바른생각、日本語に訳すと〝上出来のアイデア〟)」を製造販売する Convenience(컨비니언스)は、適切なコンドーム装着を拡散するキャンペーンを展…

damngoodidea-between_featuredimage

性に対する閉鎖的な認識を転換し、健康で正しい習慣を定着させるためのキャンペーンが展開される。

世界1,000万人のユーザが利用する韓国国内1位のカップルアプリ「Between」を開発する VCNC と、韓国のコンドーム・ブランド「パルン・センガック(바른생각、日本語に訳すと〝上出来のアイデア〟)」を製造販売する Convenience(컨비니언스)は、適切なコンドーム装着を拡散するキャンペーンを展開すると発表した。

両社はキャンペーンの第一弾として、Between 上でクイズイベントを8日まで実施する。Between ユーザがクイズを解くことができれば、「パルン・センガック」のコンドームが、また、イベント参加者中350人には「パルン・センガック」のギフトセットが申請される。

両社によれば、韓国ではシングルマザーや人工中絶の問題が深刻な水準にあり、OECD加盟国の中で堕胎率は1位、年間の人工中絶件数は30万件と推定されている。その背景として、青少年に対する性教育が不足しており、避妊についての正しい情報が提供されていないことが挙げられる。望まない妊娠や性感染症を防ぐコンドームの使用率は、現在、先進国の半分にも満たない。韓国におけるコンドームの使用率は、OECD 加盟国中で最下位となっている。

Convenience の代表を務めるパク・キョンジン(박경진)氏は、次のようにコメントしている。

ゆがんだ性意識と性をタブー視する社会において、韓国の堕胎率がOECD加盟国で1位を記録している。今回のキャンペーンを通じ、若者が正しい性意識を確立し、健康的な男女関係を考えるきっかけにしてほしい。

VCNC 代表のパク・ジェウク(박재욱)氏は、次のようにコメントしている。

社内でも、どうすべきか議論を呼んだ提携だった。しかし、正しい習慣の意識を育てるという「パルン・センガック」の目標に共感した。今回のキャンペーンを通じ、Between のユーザだけでなく、多くのカップルが性を正しく認識し、互いに愛し合うことを願っている。

Convenience は、100%環境に優しいラテックスで作られた良質コンドーム「パルン・センガック」を専門に製造・販売、コンドームの販売収益からシングルマザーや孤児施設に寄付活動を行っている。Between は2011年にサービスを開始したカップルアプリで、これまでの累積ダウンロード数は1,000万件超、このうち、500万件は韓国国外でのダウンロードである。

【原文】

【via BeSuccess】 @beSUCCESSdotcom

----------[AD]----------

カップルアプリ「Between」が世界で累計 1,000 万ダウンロードを突破、日本では100万ダウンロード超え

SHARE:

VCNC Japanが提供するカップル専用アプリ「Between」の全世界累計ダウンロード数が2014年12月9日時点で1,000万を突破した。「Between」は、恋人と二人だけの空間で、チャットや写真、記念日、そしてスケジュールの共有が可能なコミュニケーションアプリ。 「Between」は2014年12月時点で、東南アジアや台湾など、韓国以外のユーザが全体の50%以上を占めている。東南アジアで…

between

VCNC Japanが提供するカップル専用アプリ「Between」の全世界累計ダウンロード数が2014年12月9日時点で1,000万を突破した。「Between」は、恋人と二人だけの空間で、チャットや写真、記念日、そしてスケジュールの共有が可能なコミュニケーションアプリ。

「Between」は2014年12月時点で、東南アジアや台湾など、韓国以外のユーザが全体の50%以上を占めている。東南アジアでは1年でユーザ数が2倍に成長しており、今年から進出した台湾も進出開始からわずか4ヶ月で400%以上の成長をしているという。

「Between」が日本でローンチしたのは2012年の夏。日本国内のユーザも2014年5月に100万ダウンロードを突破している。

「Between」は2012年12月で200万ダウンロード、2013年12月に累計500万ダウンロードを記録していた。1年ごとに倍以上の伸びを見せてきた同サービスは今年の10月にWindowsのデスクトップPCでもサービスをテストし始めている。

こうした動きがユーザ体験と来年の数字にどう影響を与えるのかにも注目したい。

banner_pc_launching_ja

----------[AD]----------

カップル専用アプリ「Between」がUberを活用した夏のデートプランなどコンテンツをまとめた特設サイトをオープン

SHARE:

カップル専用アプリ「Between」夏の過ごし方を提案する特設サイト 「Summer Couple Concierge(サマーカップルコンシェルジュ)」を開設 カップル専用アプリ「Between」を運営するVCNC Japanは、恋人たちが楽しめるようなコンテンツを凝縮した特設サイト「SUMMER COUPLE CONCIERGE(サマーカップルコンシェルジュ)」を海の日である 7 月 21 日に…

between

<ピックアップ>カップル専用アプリ「Between」夏の過ごし方を提案する特設サイト 「Summer Couple Concierge(サマーカップルコンシェルジュ)」を開設

カップル専用アプリ「Between」を運営するVCNC Japanは、恋人たちが楽しめるようなコンテンツを凝縮した特設サイト「SUMMER COUPLE CONCIERGE(サマーカップルコンシェルジュ)」を海の日である 7 月 21 日にオープンしています。

このキャンペーンサイトは、7月21日から9月30日まで期間限定で公開。カップル向けの企画などが掲載されます。先週は、高級配車サービス「Uber」と連携して、みなとみらいでの映画試写会体験を提供していますし、サマーランドや宇宙博などの参加券の他、カップルでの浴衣撮影会、Between 社員が体を張ったダイエット企画などのコンテンツを展開しています。

カップル向けのアプリはいくつかありますが、こうしたキャンペーンや企画でプロモーションしたり、ユーザを楽しませる動きが見られます。「Between」は100万ダウンロードを突破したタイミングでもキャンペーンを実施するなど、機会があるごとに企画を行っている印象があります。

もちろん、アプリとしてのクオリティで差別化も図ることが重要ですが、こうしたユーザ向けの企画によって、ユーザの満足度を向上させることも、アプリ運営者にとっては重要なのかもしれませんね。

----------[AD]----------

資金調達を発表したばかりのカップル専用アプリ「Between」が日本で100万ダウンロードを突破、記念キャンペーンも実施

SHARE:

カップル専用アプリ「Between」を運営するVCNC Japanが、国内100万ダウンロードを突破したことを発表した。 韓国VCNCは2014年2月にDeNAより資金調達、今月にはグローバルブレインと500Startupsから資金を調達し、シリーズCの調達をクローズしている。調達額は非公開だが、数億円とみられている。「Between」は、世界では740万ダウンロードを達成しているという。 「Be…

動画サムネイル

カップル専用アプリ「Between」を運営するVCNC Japanが、国内100万ダウンロードを突破したことを発表した。

韓国VCNCは2014年2月にDeNAより資金調達、今月にはグローバルブレインと500Startupsから資金を調達し、シリーズCの調達をクローズしている。調達額は非公開だが、数億円とみられている。「Between」は、世界では740万ダウンロードを達成しているという。

「Between」は、恋人と2人だけのクローズドSNSアプリ。スタンプを使った機能や、2人の思い出を残せるアルバムやカレンダー、大切な日をカウントできる記念日などの共有が可能となっている。

VCNCの日本法人が設立されたのは昨年4月。設立から約1年1ヶ月にて国内100万ダウンロードを達成した。2014年12月には、ユーザからの声を反映させ大幅なアップデートを実施。以下は「Between」の1年の軌跡を映像にしたものだ。



VCNC Japanは「Between」の100万ダウンロードを突破を記念してキャンペーンを開催する。キャンペーン期間は、5/20〜5/26。アプリ内では、5/25 まで 1 週間限定で公式キャラクター「もっちーず」の 100 万ダウンロード記念スタンプを配信する。

今回のキャンペーンでは、Between のチャット履歴機能を利用し、「Between で最も愛を語り合った人」とされる人、チャット送信回数が最も多いユーザにダイヤモンドネックレスをプレゼントする。

ダイヤモンドジュエリー

詳しい応募方法は、「Between」をダウンロードし、ホーム画面の「イベントボックス」を確認できる。ダイヤモンドネックレスは、ブライダルジュエリーやオーダーメイドジュエリーの製造・販売を行う株式会社ケイ・ウノより提供されている。

----------[AD]----------

カップル向けアプリBetween、タイのユーザを引き付けるためeコマースサイト「Tarad」と提携

SHARE:

韓国のカップル向けアプリBetweenがポテンシャルに満ちているタイ市場に目を向けている。同社は本日、大幅値下げした20のアイテムにユーザを引き付けるため、タイのeコマースサイトTarad.comとパートナーシップを結んだことを発表した。 上述した20アイテムのうち、12アイテムについてはTaradのマイクロサイトに掲載されている。残りの8アイテムについては、告知や広告に利用されるBetweenの…

between-tarad1

韓国のカップル向けアプリBetweenがポテンシャルに満ちているタイ市場に目を向けている。同社は本日、大幅値下げした20のアイテムにユーザを引き付けるため、タイのeコマースサイトTarad.comとパートナーシップを結んだことを発表した。

上述した20アイテムのうち、12アイテムについてはTaradのマイクロサイトに掲載されている。残りの8アイテムについては、告知や広告に利用されるBetweenのイベントボックスにリストアップされる。これらのアイテムとはペアリングやハローキティのブーケ、時計といったものだ。

シンガポールのVCNC(Betweenの親会社)のゼネラルマネージャーであるJoash Wee氏は次のように語った。

「このパートナーシップは、Betweenチームがタイのeコマースにおいていかに重要な役割を果たすことができるかを評価する一助となるでしょう。タイは東南アジアの中でも最も大きく急成長している市場であり、ここでビジネスを展開していくことは間違いなくエキサイティングなものとなるはずです。」

between

Wee氏によると、2014年1月1日時点でタイ国内で計10万3,172件のダウンロードを記録した。この数字は、2月1日までに11万8,893件へと15%も急増している。今回のキャンペーンは、Betweenにとって上位10市場の1つ、タイでの認知度を高めることができるとともに、TaradはBetweenからの潜在的なカスタマー(カップルたち)にリーチアウトできる機会を得ることになる。

実際、Taradの設立者でマネージングディレクターのPawoot Pongvitayapanu氏は、昨年12月にチャットアプリのLINEで行ったキャンペーンを通して、モバイルマーケティングがeコマースにもたらすプラス効果を直に見ることができたとe27に語っている。また彼は、Betweenが提供するニッチ市場はTaradにうまくマッチしているとも付け加えた。

「カップルはいつも相手に物を贈りますので。私たちのようなeコマース(企業)にとって、足りない部分を補うには良い機会です。」

本当に注目すべきは、Taradがモバイルコマース事業に対していつも明確なビジョンを持っていたことだ。同社は2003年からモバイルサイトを運営していた。

「私たちはモバイルコマース時代の到来を信じており、今、ようやくその時がきたのです。」

とPongvitayapanu氏は語った。

between-tarad2

また、BetweenはレストランのオンラインプラットフォームWongnaiと共同で、タイでの夜のデートにうってつけのレストラン10店の詳細が記載されたガイドをリリースした。

このガイドはシンガポールのモバイルフードジャーナルアプリBurppleとリリースしたものと類似している。なお、本ガイドはイベントボックスを通じてBetweenユーザに告知されている。

【原文】

----------[AD]----------

カップルアプリBetweenがDeNAから戦略的資金調達に成功

SHARE:

カップルアプリ「Between」の開発会社 VCNC は10日、日本の DeNA(東証:2432)から戦略的提携を伴う資金調達に成功したと発表した。 今回の資金調達は、Between をグローバルなプラットフォームに拡張させ、マネタイズ可能なモデルにするための戦略的なものであり、調達金額は開示されていない。 DeNA の代表取締役を務める守安功氏は、出資の理由を次のように明らかにした。 一般的なソ…

dena-between_logos

カップルアプリ「Between」の開発会社 VCNC は10日、日本の DeNA(東証:2432)から戦略的提携を伴う資金調達に成功したと発表した。

今回の資金調達は、Between をグローバルなプラットフォームに拡張させ、マネタイズ可能なモデルにするための戦略的なものであり、調達金額は開示されていない。

DeNA の代表取締役を務める守安功氏は、出資の理由を次のように明らかにした。

一般的なソーシャル・ネットワーク・サービスに続いて、Between のようなバーティカルなツールの利用が増加傾向にある。DeNA は Between がグローバルに普及する可能性を持った、モバイルインターネット・サービスと見ている。

これに対し、VCNC の代表取締役パク・ジェウク(박재욱)氏は、次のように述べた。

日本だけでなく世界的なインターネット企業である DeNA が VCNC の戦略的な投資元になってくれたことをうれしく思う。今後、DeNA との協業を通じて、Between は世界中のカップルのニーズが満たせるプラットフォームになれるよう努力したい。

Between は2013年12月20日、正式版ローンチから1年8ヶ月ぶりに大幅なリニューアルを図り、バージョン2.0を公開した。500万ダウンロードの突破に加え、デイリーアクティブユーザの6割が海外からの流入となり、海外での成長が目立っている。韓国国内での成長が加速する中、海外ユーザが大きな割合を占めているのは、Between がグローバルなプラットフォームとしての地位を隔離しつつある証拠だと評価を受けている。

パク氏は次のように抱負を語っている。

Between はグローバルなサービスであり、我々のターゲットは世界中のすべてのカップルだ。現在のグローバル成長に加え、DeNA の協力を得て、Between が世界中のお客様により早く近づけるよう努力したい。

<Between の主な沿革>

2012/8/7 Startup Dating Salon にて。
左から:パク・ジェウク氏、チャン・エリン氏

【原文】

【via BeSuccess】 @beSUCCESSdotcom

----------[AD]----------

カップルアプリの「Between」が、日本のAppStoreソーシャルネットワーキング部門で首位にランク入り

SHARE:

※この記事は英語で書かれた記事を日本語訳したものです。英語版の記事はコチラから。 梶谷恵翼(けいすけ)氏は、韓国を拠点とするスタートアップ VCNC の日本のゼネラルマネージャーを務めており、ここ日本でカップルアプリ Between のプロモーション活動を牽引している。12月に Between のバージョン2.0 がリリースしたが、今週の水曜以降、iOS アプリのソーシャル・ネットワーキング部門で…

※この記事は英語で書かれた記事を日本語訳したものです。英語版の記事はコチラから

梶谷恵翼(けいすけ)氏は、韓国を拠点とするスタートアップ VCNC の日本のゼネラルマネージャーを務めており、ここ日本でカップルアプリ Between のプロモーション活動を牽引している。12月に Between のバージョン2.0 がリリースしたが、今週の水曜以降、iOS アプリのソーシャル・ネットワーキング部門で1位にランクインしている日本を含め、世界中で成長の勢いを伸ばしているようだ。

梶谷氏によれば、バージョン2.0 へのアップデート以降、VCNC は1ヶ月を経ずに60万件の新たなダウンロードを獲得している。Between は94カ国の AppStore でおすすめバナーの座を与えられ、このことが世界での露出向上に大きく貢献している。

Between のユーザは先月500万人を突破し、その大部分に当たる約60%は韓国市場から、そのほか、日本と中国からのユーザがそれぞれ10%を占めている。

露出が増えたことに加え、プロダクトの改良により、ユーザのアクティブ率も格段に向上しました。現在のユーザの平均滞在時間は一日あたり17分間で、昨年同時期の10分間から大きく伸びました。

クリスマス期間中、Between はクリスマスのテーマ(以下の写真中央)で飾られ、多くのユーザがホームスクリーンのスクリーンショットとしてシェアすることとなり、そのユーザの友人達にアプリを広く知ってもらうことにうまく作用した。

photo2-620x429

日本では、LINE に代表される総合メッセージアプリなどに加え、NTT ドコモベンチャーズがバックアップするスタートアップ Timers が開発した日本のカップルアプリ Pairy などとも競争を強いられている。Timers は NTT ドコモベンチャーズを含む多数の日本の投資会社から約1億円を調達している

Between のユーザはその多くがまだ韓国国内に大きく偏在しているが、VCNC は海外展開を強化すべく、昨年1月に280万ドルを資金調達している。

以下で、新しいデモビデオをチェックすることができる。

----------[AD]----------

カップル専用アプリBetweenが大幅アップデートを予告、前バージョンでの恋人たちの思い出を残すキャンペーンサイトも公開

SHARE:

韓国発のカップル専用アプリ「Between」が年内に大幅のアップデートを予定していることを発表した。今回、アップデートの告知と同時に、「いい夫婦の日」であることにもちなんで、Betweenは「Goodbye 1.0」キャンペーンサイトをオープンしている。 Betweenは、恋人たちがチャットをしたり、写真やビデオ、絵文字を共有するための1対1の「親密なスペース」をつくることを目指しているサービス…

韓国発のカップル専用アプリ「Between」が年内に大幅のアップデートを予定していることを発表した。今回、アップデートの告知と同時に、「いい夫婦の日」であることにもちなんで、Betweenは「Goodbye 1.0」キャンペーンサイトをオープンしている。

Betweenは、恋人たちがチャットをしたり、写真やビデオ、絵文字を共有するための1対1の「親密なスペース」をつくることを目指しているサービスだ。現在バージョン1.0の同アプリが、12月に2.0へのアップデートされることになる。アップデートの全体像は今後順次公開される予定とのことだが、現時点で、大幅に変更されるホーム画面の一部が公開されている。

new between

ユーザの思い出を残すキャンペーン

今回、Betweenはホーム画面を一新するにあたり、1.0バージョンのホーム画面の思い出を残すキャンペーン「Goodbye 1.0」キャンペーンを実施した。同キャンペーンは、ホーム画面を募集することにより、古くなってしまうバージョンのホーム画面をいつでも振り返ることができるように、との考えから実施された。

「Goodbye 1.0」には、世界中から約10,000件の投稿があり、日本からも3,500件以上の投稿があったという。投稿されたホーム画面は、キャンペーンページに一覧できるようになっている。

goodbye

投稿されているホーム画面の写真をクリックすると、ぼかした写真の上に恋人へのメッセージが表示される。検索ウィンドウも設置されており、ホーム画面を投稿したユーザは自分の名前で写真を検索することも可能だ。

Betweenは現在全世界で470万ダウンロードを突破している。今年の4月には290万ダウンロードだったことを考えると、同アプリは成長を続けているようだ。アクティブなユーザは、1日平均で 10 回以上アプリを起動し、 メッセージは60通以上、写真は1.5枚以上投稿しており、そのアクティブ率は韓国よりも日本のユーザの方が高い状況となっている。

近くBetweenはシンガポールにもオフィスをオープンする。韓国、日本、そして東南アジアと次第にエリアを拡大していく同アプリが、メジャーアップデートを実施して、どのような勢いになるか楽しみだ。

メジャーアップデートの詳細については、続報が入り次第お伝えする。

----------[AD]----------