カップルアプリのBetweenがバージョン3.0に大幅アップデート、デートスポットの閲覧や写真振り返り機能を追加

SHARE:

between3.0_featuredimage

韓国に本拠を置き、日本を含むアジア数カ国でカップルアプリ Between を展開する VCNC は、Between のバージョン3.0 をリリースすると19日発表した。バージョン3.0 は、本稿が公開された20日11時から iTunes AppStore でダウンロードできる。

大幅なバージョンアップは約2年ぶりとなり、画面インターフェイスが改められ、いくつかの機能が追加されている。VCNC の日本代表を務める平野賢氏によれば、今回の大幅アップデートでは、新機能を含め分散していた複数の機能をホーム画面に集約し、すべての情報をこのホーム画面からアクセスできるようにしたのが最大の特徴とのことだ。

新たに追加されたデートスポット情報の閲覧機能は、Between のユーザがこれまでに投稿したスポット情報を集約し、カップルが今後のデートの予定を立てやすいようになっている。カレンダー機能はスクロールにより1ヶ月以上先の予定が見やすくなったほか、写真を保管するアルバム機能については、これまでの時系列だけでなくイベントごとのフォルダ整理が可能に、また「タイムマシーン」機能では思い出写真を振り返ることができる。

between3.0_Snapshots
クリックして拡大

しばらくニュースが少なかった感のある Between だが、この半年ほどは、テーマの親和性が高いと考えられる Ameba やゼクシィと組んでユーザの相互送客を実施したり、結婚式場紹介サイトとイベントの共催を計画したりするなど、地道なユーザ獲得に精を出していたようだ。ローンチから3年以上が経過しマネタイズにも注力が求められる時期だが、アプリ内でのスタンプ販売に加え、「イベントボックス」というアプリ内広告欄のクリック率が非常に高く、広告主からの反応がよいのだそうだ。

英文チェッカーアプリではない方の)チャット分析アプリ Ginger は、韓国では、Between 上で交わされる男女間のメッセージ内容を分析し、関係を維持するためのアドバイスをしてくれるサービスを提供している。これを応用すれば、危険信号が灯ったカップルに、フラワーデリバリや関係を維持するための O2O ビジネスなどが展開できるだろう。Ginger の開発元である Scatter Lab は日本語対応を急いでおり、Between の日本語版でも韓国語版と同様に関係維持アドバイス機能の提供に期待したいところだ。

Between はこれまでに、アジアを中心に世界で1,400万ダウンロードを達成。韓国をはじめ、日本、台湾、タイ、シンガポールでサービスを展開しており、今後は良い人材が見つかり次第、香港にも進出したいとしている。

----------[AD]----------