BRIDGE

タグ Socar(쏘카)

韓国の配車サービス「Tada(타다)」、タクシー業界からの苦情を受けて現地検察が起訴——ソウル中央裁は聴聞会を開く事態に

SHARE:

Tech in Asia では、有料購読サービスを提供。有料記事の閲読、全記事への回数無制限閲読、5万社を超える企業データベースへの無制限アクセス、カンファレンスへの限定割引などの特典があります。詳しくはこちらから。 ソウル中央裁判所が2日、韓国の配車サービス「Tada(타다)」に対し、韓国の交通法に違反しているという申し立てについて、聴聞会を開く予定であると、Bloomberg が聯合ニュースの…

Tech in Asia では、有料購読サービスを提供。有料記事の閲読、全記事への回数無制限閲読、5万社を超える企業データベースへの無制限アクセス、カンファレンスへの限定割引などの特典があります。詳しくはこちらから


ソウル中央裁判所が2日、韓国の配車サービス「Tada(타다)」に対し、韓国の交通法に違反しているという申し立てについて、聴聞会を開く予定であると、Bloomberg が聯合ニュースの記事を引用する形で報じた

Image credit: Tada

Tada はアプリを使ったサービスで、主に大容量のバンで人々に移動手段を提供する。昨年 Tada を買収したカーシェアリングアプリ「Socar(쏘카)」の子会社 VCNC が運営している。

2019年10月、検察は VCNC の最高経営責任者であるパク・ジェウク(박재욱)氏と Socar CEO のイ・ジェウン(이재웅)氏を、バンによる配車サービスが韓国の旅客輸送サービス法に違反しているという疑いで起訴した。法律は、11〜15席のレンタルバンを除き、企業がレンタカーで有料の乗車サービスを運営することを禁止している。ただし、パク氏とイ氏は起訴も逮捕もされていない。

今回の起訴は、Tada のサービスが韓国のタクシー業界に害を及ぼすという、従来型タクシー会社からの苦情を受けてのものだ。

イ氏は Facebookの投稿で、約130万人のユーザと9,000人のドライバーが Tada の恩恵を受けており、バン配車アプリは AI 技術を最も活用しているモビリティ企業の1つであると主張している。

このサービスは法律で許可されている。警察は法律に違反しないと判断し、国土交通部(日本の国土交通省に相当)は、サービスが開始されてから1年以上にわたり停止を命令することは無かった。(イ氏の Facebook 投稿)

<関連記事>

VCNC は2018年10月に Tada をローンチ。以来、配車サービス大手の Grab や Uber がリーダーシップを得られず苦労していた韓国で人気を博している。

SoCar は、韓国最大の配車サービスオペレータの一つだ。今年初め、Altos Ventures、KB Investment、Stonebridge Ventures、SoftBank Ventures から4,400万米ドルの資金を調達した

SoCar は Tada に加え、「Elecle(일레클)」のオペレータ Nine2One(나인투원) に出資した後(出資額非開示)、e バイクのシェアリングにも進出している。Elecle は e バイク350台で正式サービスを開始、2019年末までに2,000台に拡大する計画だ。

【via Tech in Asia】 @techinasia

【原文】

----------[AD]----------

韓国カーシェアリングスタートアップのSoCar、カップルアプリ「Between」運営のVCNCを買収

SHARE:

韓国のカーシェアリングスタートアップ SoCar(쏘카)は16日、カップルアプリ「Between(비트윈)」を運営する VCNC (브이씨엔씨)を完全買収したと発表した。買収金額は明らかにされていないが、Sedally(ソウル経済=서울경제)は、Softbank Ventures が VCNC に総額155億ウォン(約15.4億円)を投資したことを理由に買収額を200億ウォン(約19.9億円)と推…

SoCar / VCNC
Image credit: SoCar / VCNC

韓国のカーシェアリングスタートアップ SoCar(쏘카)は16日、カップルアプリ「Between(비트윈)」を運営する VCNC (브이씨엔씨)を完全買収したと発表した。買収金額は明らかにされていないが、Sedally(ソウル経済=서울경제)は、Softbank Ventures が VCNC に総額155億ウォン(約15.4億円)を投資したことを理由に買収額を200億ウォン(約19.9億円)と推定、また、Money Today(머니투데이)は業界関係者の話として、累積調達額を根拠に買収額を100億ウォン(約9.9億円)前後と伝えている。スタートアップメディア Platum(플래텀)のインタビューに答えた VCNC は、後者の金額について事実ではないと否定している

Between はこれまでに世界で2,600万件以上ダウンロードされ、デイリーアクティブユーザは100万人以上、累積でメッセージ920億件以上、写真24億枚以上がやりとりされた。韓国国外では現在、日本、シンガポール、台湾、タイにオフィスを置いている。

一方、SoCar は2012年にサービスを開始し、今年、会員数が390万人、登録自動車数が1万台を突破した。売上高は増加傾向にあるものの、後発の競合各社の加勢や広告費用が経営を圧迫しており、赤字が続いている。この状況を脱却すべく、SoCar は今年4月 Daum(다음)を創業したイ・ジェウン(이재웅)氏を CEO に迎えた(イ氏は2014年、Daum を Kakao=카카오に売却し、Daum Kakao=다음 카카오となった)。イ氏は事業の立て直しから、SoCar をデータベース総合モビリティ企業に進化させるという目標を掲げ、事業買収を積極化させる方針を明らかにしていた。

SoCar は、VCNC が持つ大容量データの処理やセキュリティ技術に着目しており、両社間での人材交流とあわせ、SoCar に VCNC が持つ技術の適用を進めるとしている。ただし、VCNC は買収後も SoCar から独立した経営組織体制を維持し、Between については VCNC 創業者の パク・ジェウク(박재욱)氏のリーダーシップのもとサービスが継続提供される模様だ。

事業買収により、さまざまなモバイルサービスで網羅しようとする企業としては Yello(옐로)がある。同社はユーザ獲得コストが高いとの理由から日本市場には進出していないが、韓国市場以外にも、台湾やタイなど東南アジアでの進出に積極的だ。ゲームを除くあらゆるモバイルサービスで、消費者の可処分時間を自社傘下サービスでとり囲もうという戦略は、これまでのところ市場から評価されているようだ。

SoCar による事業買収は今回の VCNC が第一号案件となるが、Yello と同じような道程を歩もうとしているのかどうか、今後の動向が注目される。

<関連記事>

----------[AD]----------

韓国のカーシェアリングスタートアップSoCar、マレーシアに進出

SHARE:

韓国を拠点とするカーシェアリングのスタートアップ SoCar は1月3日、今月中に同社初の国外進出先であるマレーシアでサービスをローンチすると発表した。 マレーシアの120地域、240台でサービスを開始する計画だ。登録ユーザは携帯アプリやウェブサイトで利用可能な車や借りられる場所などを確認できる。 同社によると、マレーシアの市街地では人口が密集しており、新たなサービスであるカーシェアリングの成長の…

SoCar.png

韓国を拠点とするカーシェアリングのスタートアップ SoCar は1月3日、今月中に同社初の国外進出先であるマレーシアでサービスをローンチすると発表した。

マレーシアの120地域、240台でサービスを開始する計画だ。登録ユーザは携帯アプリやウェブサイトで利用可能な車や借りられる場所などを確認できる。

同社によると、マレーシアの市街地では人口が密集しており、新たなサービスであるカーシェアリングの成長の潜在性が著しいという。他の東南アジア諸国への進出も検討中だ。

2012年に設立された SoCar は環境にやさしいカーシェアリングコミュニティを構築しており、利用者は同じ方向に向かう人たちと自動車を共有できる。同社の USP は、日にち単位でのレンタルではなく、時間単位にもできることだ。保険による補償も含まれる。

SoCar は現在、韓国の3,200地域で8,200台の自動車サービスを提供しており、メンバーは340万人超にのぼる。

2015年にはアメリカの投資家 Bain Capital から1,800万米ドルを調達した。

カーシェアリング業界で同社は主に GoCar と競合している。GoCar は、ユーザが携帯アプリで車を時間もしくは日にち単位でレンタルできるプラットフォームだ。SoCar と同じようにメンバー制度を設けており、メンバー全てが同社のカーシェアリングコミュニティの一員となっている。ユーザはスマホを使って直接車の予約、開錠、利用ができる。

GoCar のサービス提供地域は、クアラルンプール、モント・キアラ、バンサー、サイバージャヤ、ペタリンジャヤ、KLIA、ランカイ。

2016年2月に、マレーシアの旅行サービスプロバイダー大手 Mayflower Acme Tours が GoCar 株式の55%を取得した

<関連記事>

【via e27】 @E27co

【原文】

----------[AD]----------

韓国のカーシェアリング・サービス「Socar」が、スマートウォッチ・アプリをリリース

SHARE:

韓国を代表するカーシェアリング・サービスの Socar(쏘카)は、業界初となる Android と iOS のスマートウォッチの対応を開始した。同社は6月3日の Android スマートウォッチ(Android Wear)のアプリローンチに続いて、6月30日、iOS スマートウォッチ(Apple Watch)のアプリを発表した。これは、カーシェアリングサービスとウェアラブルデバイスが出会った最初の…

socar-smartwatch

韓国を代表するカーシェアリング・サービスの Socar(쏘카)は、業界初となる Android と iOS のスマートウォッチの対応を開始した。同社は6月3日の Android スマートウォッチ(Android Wear)のアプリローンチに続いて、6月30日、iOS スマートウォッチ(Apple Watch)のアプリを発表した。これは、カーシェアリングサービスとウェアラブルデバイスが出会った最初の試みであり、カーシェアリング利用時にポケットに携帯電話を入れたまま、すぐに車を操作できる点にフォーカスしている。

カーシェアリングは従来のレンタカーとは異なって無人で運営されり、スマートフォンで車を予約した後、直接駐車場を訪れ、モバイルアプリに搭載されたスマートキーを用いて、車のドアのロックを解除することができる。Socar は、スマートフォンのウィジェットでサポートしている車両制御機能で、予約した車のドアロックを解除したり、駐車場で車を見つけるためにウインカーやクラクションを鳴らしたりすることができる。

特に Android Watch では、音声による車両制御が可能である。「ドアロックを開けて!」「ドアロックを閉じて!」「ウインカー!」、「クラクション!」と言うだけで、ポケットからスマートフォンを出さなくても操作が可能である。まるで、「ナイトライダー」の主人公が人工知能自動車「K.I.T.T.」と話をするかのような姿が浮かぶ。

Apple Watch アプリでは、さらに多くの機能が利用できる。予約した車両の操作だけでなく、車両位置を地図と連動して案内させたり、車両の予約情報を表示し、車両番号や予約情報、利用中は車両返却時刻を簡単に確認できるようにした。

今後 Socar は、現在利用されている車両の予想走行距離、燃料残量などの基本的な車両状態をスマートウォッチを通じて提供する計画であり、さまざまな音声コマンドを実行できるようにして、ユーザエクスペリエンスを向上させる計画だ。

Socar のマーケティング本部長を務めるシン・スンホ(신승호)氏は、次のようにコメントしている。

IT に対応した車はスマートカー、コネクティッドカーとして進化しており、ウエアラブルデバイスは、カーライフに直接的な影響を与えるだろう。Socar はカーシェアリング分野を代表する企業として、スマートウォッチを活用し、ユーザエクスペリエンスを向上させるべく、さまざまな試みを継続していく。

【原文】

【via BeSuccess】 @beSUCCESSdotcom

----------[AD]----------

韓国のカーシェアリング・サービス「Socar」が会員数50万人を突破、2015年中には100万人に到達か

SHARE:

韓国最大のカーシェアリング・コミュニティ「Socar(쏘카)」は、2014年の累積会員数が50万人を突破した。 Socar によれば、韓国国内のカーシェアリングの累積加入者数は約50万人と前年の約5倍以上に成長、また、2014年の累積利用件数は約52万件となり、1日平均2,500〜3,000人余りが利用するサービスになった。利用者の拡大に伴い、昨年だけでも拠点数700箇所、1,400台の車両が新た…

socar_featuredimage

韓国最大のカーシェアリング・コミュニティ「Socar(쏘카)」は、2014年の累積会員数が50万人を突破した。

Socar によれば、韓国国内のカーシェアリングの累積加入者数は約50万人と前年の約5倍以上に成長、また、2014年の累積利用件数は約52万件となり、1日平均2,500〜3,000人余りが利用するサービスになった。利用者の拡大に伴い、昨年だけでも拠点数700箇所、1,400台の車両が新たに導入された。

Socar は、会員の急成長と新規参入地域の利用率など、韓国国内でカーシェアリングの文化が拡散されているスピードを勘案すると、今年の年末までに100万人の会員を突破すると予想した。

会員規模と需要の増加に応じて、利用可能な近隣の駐車場と車両台数の確保も必要である。現在、駐車場1,100箇所、約1,800台の車両を運営している Socar は、今月中に車両台数が 2,000台を突破する見込みだ。特に利用率が高いソウル首都圏に集中的に配置し、ソウル市内ではユーザがどこからでも歩いて5分以内にカーシェアリングの駐車場にたどりつけるよう、インフラを拡張する計画だ。

Socar の代表を務めるキム・ジマン(김지만)氏は、次のようにコメントしている。

今年をカーシェアリング文化を拡散する元年と位置づけ、インフラの拡張とサービス品質の向上に注力する予定だ。Socar は「カーシェアリングで使う車の禁煙」「ユーザの不満をリアルタイムで受け付ける24時間ホットラインの開設」「車両の状態管理システムの構築」という3つの集中テーマを設定し、100万人会員の時代に向けて準備を進めており、信頼性の高いカーシェアリングの文化が定着するように努力していきたい。

【原文】

【via BeSuccess】 @beSUCCESSdotcom

----------[AD]----------

韓国のカーシェアリング・スタートアップSocarが、シリーズAラウンドでBain Capital等から約18億円を調達

SHARE:

Bain Capital は今日(原文掲載日:10月14日)、韓国のカーシェアリング企業 Socar(쏘카)へのシリーズAラウンドの出資で、リードインベスターを務めたと発表した。資金調達額は、総額180億ウォン(日本円で約18億円)に上る。 関係者は、この業界の驚異的な成長と共有経済の市場価値が、今回の投資の引き金になったと指摘している。特にカーシェアリングは、Socar が牽引する形で韓国で最近…

socar_featuredimage

Bain Capital は今日(原文掲載日:10月14日)、韓国のカーシェアリング企業 Socar(쏘카)へのシリーズAラウンドの出資で、リードインベスターを務めたと発表した。資金調達額は、総額180億ウォン(日本円で約18億円)に上る。

関係者は、この業界の驚異的な成長と共有経済の市場価値が、今回の投資の引き金になったと指摘している。特にカーシェアリングは、Socar が牽引する形で韓国で最近急速に伸びている。これは韓国の例外的な人口密度の高さ(ソウル首都圏に2,600万人が居住)と整備された公共交通機関によるところが大きいだろう。ソウルで、Uber が法的問題に苦しんでいることも、Socar のチームには追い風に作用している。

Socar は2012年にローンチし、利便性を評価する韓国文化の要求に見合った力を持ち合わせたため、急速に成長してきた。ヒュンダイ・ソナタ100台から始まり、同社は2年で自動車保有台数を1,000台以上までに増やした。同社によれば、データベースには5万人以上のユーザが登録されているという。

ZipCar と同様に、Socar では、ユーザがサインアップすると、韓国国内主要都市(典型的には、自宅に近い場所)で車が借りられるカードキーを受け取ることができる。メンバーはモバイルアプリで簡単に車を予約でき、レンタルの時間を10分単位で指定できることから、広く受け入れられている。

Socar は、シンプルながらもカスタマイズされた、セルフドライビング・サービスだ。Costco に行くとき、私は Socar で車を1時間借りるようにしている。自宅の近くで車を借り、用が済んだら乗り捨てできる。自宅に持ち帰る買い物が多いときは、公共交通機関よりも安くて便利だ。(あるユーザ談)

Socar は現在、韓国最大のカーシェアリング・サービスだが、8月にはこの事業分野で初めて〝B企業(韓国で社会にメリットをもたらす企業としての認定)〟として認定された。ビジネスを通じ、同社は環境問題など社会をよりよくしようとしており、これが〝B企業〟の要件を満たしたわけだ。

今のところ、Socar は、大企業と関係を持たず、今後、例外的に成長する可能性があると考えられる市場において、マーケットリーダーになり得ると投資家が信じてやまない唯一の企業だ。韓国では今この瞬間も誰かがユーザ登録をしていて、毎月5万回以上の乗車利用がある。このような驚く数字にもかかわらず、現在利用可能な市場はまだ限られている。Socar の年間売上額は3,000万ドル(約30億円)だ(2014年現在)。

さらに、Socar は事業機会を最大限に活かして、スピーディーにサービスを届けられると考えている。創業以降、同社は毎年10倍以上のスピードで成長し続けているからだ。

今回の資金調達のニュースを受けて、CEO のキム・ジマン(김지만)氏は次のようにコメントしている。

我々は車の保有台数を5,000台にまで増やそうとしており、これでユーザは韓国のどこでも、10〜15分で借りる車にたどりつけるようになる。今回の投資により、5,000台の達成が3年以内に可能になる。ピア・トゥ・ピアのオンデマンドのカーシェアリング・サービス(ユーザ間の車の貸し借り)を追加し、モバイルに乗り合いサービスも加えたい。今夏の投資は、このような我々の野望を実現しやすくするものだ。

【原文】

【via BeSuccess】 @beSUCCESSdotcom

----------[AD]----------