THE BRIDGE

タグ Freee

請求書に「買取オファー」が届くーー請求書買取のOLTAがfreeeと提携、経営体制強化して年内倍増へ

SHARE:

オンライン完結型の請求書買取(クラウドファクタリング)サービス「OLTA(オルタ)」は7月17日、経営体制の強化として取締役会を中心とする新経営体制への移行を公表した。ガバナンス強化を目的とした監査役会も設置し、新たに社外監査役として柳昭駒氏、和田健吾氏が就任したことも伝えている。 現在の体制について同社に確認したところ、アルバイトや業務委託などを除く社員は20名。前回の大型調達を踏まえ、エンジニ…

olta_board.png
新体制となったOLTA経営陣

オンライン完結型の請求書買取(クラウドファクタリング)サービス「OLTA(オルタ)」は7月17日、経営体制の強化として取締役会を中心とする新経営体制への移行を公表した。ガバナンス強化を目的とした監査役会も設置し、新たに社外監査役として柳昭駒氏、和田健吾氏が就任したことも伝えている。

現在の体制について同社に確認したところ、アルバイトや業務委託などを除く社員は20名。前回の大型調達を踏まえ、エンジニアを中心に積極採用を進めており、来年の3月末を目処に40名から50名ほどの組織に拡大するという話だった。

<参考記事>

invoice-finance.png

また、同社はスモールビジネス向けの総合ソリューションを提供するfreee子会社、freee finance labと提携し、クラウド会計ソフトfreeeに登録された売掛債権を早期にオンラインで現金化できる「請求書ファイナンス」の提供も開始している。

7月18日から利用可能で、freeeを利用している事業者が作成した請求書などの売掛債権で、買取可能性の高いものを「買取オファーリスト」として金額提示してくれるようになる。早期に現金化したい場合、OLTAへの情報連携に同意した上でオンライン審査に申し込むことができる。なお、審査には通常のOLTA利用時と同様に、法人代表の本人確認と売却対象の請求書、全口座の直近7カ月入出金明細、昨年度決算書の提出が必要になる。

担保や保証人のようなものは必要なく、また、3社間ファクタリングのように取引先にこのサービスの利用を知られることもない。最短で1営業日での振込が可能となっている。

----------[AD]----------

freee、LINEや三菱UFJ銀行などから約65億円を資金調達——累積調達金額は161億円に

SHARE:

freee は7日、LINE、三菱 UFJ 銀行、ライフカードなど日本内外の複数機関投資家および事業会社を引受先とし、約65億円の第三者割当増資を実施すると発表した。創業以来の累積資金調達額は約161億円。freee は今後、スモールビジネスがさらに強くスマートに育つための「プラットフォーム」の形成を目指す。 freee は、サービスローンチから約5年を経過し、利用事業所数が100万を突破。また、…

左から:freee CEO 佐々木大輔氏、COO 東後澄人氏
Image credit: Masaru Ikeda

freee は7日、LINE、三菱 UFJ 銀行、ライフカードなど日本内外の複数機関投資家および事業会社を引受先とし、約65億円の第三者割当増資を実施すると発表した。創業以来の累積資金調達額は約161億円。freee は今後、スモールビジネスがさらに強くスマートに育つための「プラットフォーム」の形成を目指す。

freee は、サービスローンチから約5年を経過し、利用事業所数が100万を突破。また、多角的なパートナーとの協働により、金融機関や POS レジなどとのサービス連携数は3,637件、パートナーシップを組む税理士・会計事務所数は5,390事務所に上った。

<関連記事>

2018年7月にはクラウド会計ソフト freee 上で「予算・実績管理」機能をリリースし、蓄積データの自動集約と可視化による経営意思決定のサポートが可能になった。freeeは「業務効率化による時間創出」だけでなく「収益創出」を提供することで、スモールビジネスが強く活躍する社会を創造していくとしている。

今回の資金調達を受けて、freee はLINEや三菱 UFJ 銀行との業務提携を行い、新サービス及びプロダクト開発への投資を進める計画だ。

via PR TIMES

----------[AD]----------

バックオフィスの手入力作業をロボットが代替、クラウド会計のFreeeがRPAロボのテンプレ提供開始

SHARE:

クラウド会計のFreeeは7月20日、セグメントが提供するRPAロボの流通プラットフォームと連携し、Freee上で利用可能な自動入力サービスの提供を開始すると発表した。RPAはRobotic Process Automationの略でシンプルな作業を自動化してくれる業務効率テクノロジーのこと。 今回の連携で「クラウド会計ソフト freee」「人事労務 freee」の周辺業務で発生する、データのバッ…

クラウド会計のFreeeは7月20日、セグメントが提供するRPAロボの流通プラットフォームと連携し、Freee上で利用可能な自動入力サービスの提供を開始すると発表した。RPAはRobotic Process Automationの略でシンプルな作業を自動化してくれる業務効率テクノロジーのこと。

今回の連携で「クラウド会計ソフト freee」「人事労務 freee」の周辺業務で発生する、データのバックアップや紙の入出力、販売管理や人事管理ツールとの連携など、従来手作業で入力等をしていた15の作業をロボットが代替し自動化してくれる。

また、今回提供開始する15業務のテンプレートに加え、各企業のニーズに合わせたRPAロボの更なる開発をサポートすることを目的に、MAIAの「RPA女子プロジェクト」との連携も開始する。

freeeはソフトバンクと2018年7月から会計や人事・労務分野におけるRPAの普及に向けて協業を発表し、RPAロボットの共同開発を始めるなど中小企業のバックオフィスで発生する手作業の自動化・効率化に取り組んでいる。

via PR TIMES

----------[AD]----------

会計作業ミスも人工知能が指摘、クラウド会計freeeに「AI月次監査」が追加

SHARE:

会計をはじめバックオフィスの業務効率を手がけるfreeeは5月28日、人工知能(以下、AI)を活用した「AI月次監査」機能を公開した。これは同社が提供するクラウド会計ソフト「freee」上で利用できるサービスで、月次の試算表作成時に必要な監査業務をAIで自動化してくれるもの。会計事務所向けに提供される。 会計士や税理士は通常、顧問先の会計帳簿と請求書や領収書などを照合して月次の試算表を確定し、納税…

d6428-56-553915-0.jpg

会計をはじめバックオフィスの業務効率を手がけるfreeeは5月28日、人工知能(以下、AI)を活用した「AI月次監査」機能を公開した。これは同社が提供するクラウド会計ソフト「freee」上で利用できるサービスで、月次の試算表作成時に必要な監査業務をAIで自動化してくれるもの。会計事務所向けに提供される。

会計士や税理士は通常、顧問先の会計帳簿と請求書や領収書などを照合して月次の試算表を確定し、納税義務の適正や経営状況の把握を実施する。これらの一連プロセスは月次監査と呼ばれ、各種帳票類のチェックや付け合わせについては目視で実施されることも多く、非効率な側面があった。

freeeではこの課題に対し、勘定科目上で税務上ルールとの相違や作業漏れ、誤記、多額出費などの変動率が大きい箇所等の指摘をAIで実施し、アラートとして通知してくれる。これにより経理業務に不慣れな担当者が仕訳登録した場合などのミスも発見しやすくなっているとしている。

via PR TIMES

----------[AD]----------

会計ソフトのfreeeが事業用の提携クレジットカードの発行を9月より開始、会計情報を元に審査実施

SHARE:

クラウド会計ソフトfreeeは7月24日、ライフカードと提携して事業用クレジットカード「freeeカード」を9月より発行開始することを発表した。 freeeとライフカードは2017年3月より業務提携を開始。事業用クレジットカードは登記書類や法人口座の通帳のコピーの情報で審査をすすめる場合が多いが、本カードではfreee上の法人情報や会計データを審査資料とする。設立直後でも申込対象で1法人あたり50…

summary

クラウド会計ソフトfreeeは7月24日、ライフカードと提携して事業用クレジットカード「freeeカード」を9月より発行開始することを発表した

freeeとライフカードは2017年3月より業務提携を開始。事業用クレジットカードは登記書類や法人口座の通帳のコピーの情報で審査をすすめる場合が多いが、本カードではfreee上の法人情報や会計データを審査資料とする。設立直後でも申込対象で1法人あたり50枚までカード発行が可能といった特徴があり、中小企業や個人事業主がターゲットだ。

同社はクレジットカードで企業がキャッシュレス化を実施することで利用明細の自動取得化や取引データを集約し、バックオフィス業務のコストを削減することを目指す。

Source:freee

----------[AD]----------

クラウド会計ソフトfreeeが「VC アドバイザーカウント」で財務状況を経営支援者と共有可能に

SHARE:

クラウド会計ソフトを提供するfreeeは4月21日、「freee VC アドバイザーカウント」の提供を発表した。同サービスによりfreeeはベンチャーキャピタルや投資家、インキュベーターとの取り組みを開始する。 freee VCアドバイザーカウントはクラウド会計ソフトfreeeの財務状況データを指定した経営支援機関と共有できるサービス。資金状況の把握にかかるコスト軽減や経営支援機関とのコミュニケー…

スクリーンショット 2017-04-20 11.25.44.png

クラウド会計ソフトを提供するfreeeは4月21日、「freee VC アドバイザーカウント」の提供を発表した。同サービスによりfreeeはベンチャーキャピタルや投資家、インキュベーターとの取り組みを開始する。

freee VCアドバイザーカウントはクラウド会計ソフトfreeeの財務状況データを指定した経営支援機関と共有できるサービス。資金状況の把握にかかるコスト軽減や経営支援機関とのコミュニケーションの促進を目的としている。

参画する候補としてDCM Ventures、 インフィニティ・ベンチャーズ LLP、未来創⽣ファンド、SBIインベストメント、サムライインキュベートなどと連携の検討が進んでいるとのこと。

----------[AD]----------

振込手続き自動化の検討もーーfreeeが住信SBIネット銀行とAPI連携を開始

SHARE:

「クラウド会計ソフト freee」を開発するfreeeが、住信SBIネット銀行との入出金明細取り込みにおけるAPI連携を開始した。今後、振込手続きにおける「クラウド会計ソフト freee」と住信SBIネット銀行のインターネットバンキング連携も検討していくという。 「クラウド会計ソフト freee」は2016年8月15日から、住信SBIネット銀行の口座同期方法を金融機関側とのAPI連携に変更。順次、…

8fb6f93a8152cb3d0efc86278f5850bb

「クラウド会計ソフト freee」を開発するfreeeが、住信SBIネット銀行との入出金明細取り込みにおけるAPI連携を開始した。今後、振込手続きにおける「クラウド会計ソフト freee」と住信SBIネット銀行のインターネットバンキング連携も検討していくという。

「クラウド会計ソフト freee」は2016年8月15日から、住信SBIネット銀行の口座同期方法を金融機関側とのAPI連携に変更。順次、ユーザに登録の変更を促していく方針だ。

フィンテックと呼ばれるスタートアップでは、「API」をどれだけ機能させられるかが話題となることが多い。freeeの今回の動きも、APIで金融機関側と接続可能にすることで、ユーザの利便性を高めるためのもの。

両社は、「クラウド会計ソフト freee」とインターネットバンキングの連携をベースとした、振込手続き効率化サービスを共同開発していく。データを同期して閲覧できるだけではなく、振込の手続きもソフト上から可能になるとしたら、お金に関するユーザの行動がかなり変わりそうだ。

freeeは今年に入って、りそなグループ、鳥取銀行、ジャパンネット銀行など、様々な金融機関との提携も発表している。

----------[AD]----------

freeeが「クラウドERP」で中堅企業向け基幹システム市場へ本格参入

SHARE:

freeeは同社が提供する「クラウド会計ソフト freee」にて、機能を強化した「ビジネスプラン」を2016年6月1日より正式にリリースする。 ビジネスプランは、これまでの「クラウド会計ソフト freee」の権限管理や管理会計の機能を強化したもの。統合基幹システム(以下、ERP)の財務会計・販売管理モジュールに相当する。 ユーザは、「給与計算ソフト freee」とあわせて導入することで、財務会計・…

freee

freeeは同社が提供する「クラウド会計ソフト freee」にて、機能を強化した「ビジネスプラン」を2016年6月1日より正式にリリースする

ビジネスプランは、これまでの「クラウド会計ソフト freee」の権限管理や管理会計の機能を強化したもの。統合基幹システム(以下、ERP)の財務会計・販売管理モジュールに相当する。

ユーザは、「給与計算ソフト freee」とあわせて導入することで、財務会計・販売管理・人事労務の各業務システムを統合的に運用できる「クラウドERP」としての利用が可能となる。

freeeは、今後財務会計・販売管理・人事労務の各業務システムを統合的に運用できる「クラウドERP」のコンセプトの実現を目指し、中堅企業向けの基幹システム市場へ進出する。

人事労務領域もクラウドの波が押し寄せ、様々なサービスが登場してきている領域だ。クラウド会計ソフトで数多くのユーザを獲得してきたfreeeが、サービス領域を拡大することは様々なサービスにとって無視できないことだろう。

----------[AD]----------

2015年度グッドデザイン特別賞を受賞したスタートアップたち

SHARE:

秋になるとデザイン関連のイベントが増える。東京デザインウィークに、Any Tokyo、Tokyo Midtown DESIGN TOUCH 2015など様々。 毎年開催されている公益財団法人日本デザイン振興会が主催する「グッドデザイン賞」も、この時期のデザイン関連イベントの目玉のひとつ。 そんなグッドデザイン賞は、10月30日に2015年度特別賞と大賞候補を発表。特別賞を受賞した中に、本誌でも紹介…

good design award

秋になるとデザイン関連のイベントが増える。東京デザインウィークに、Any Tokyo、Tokyo Midtown DESIGN TOUCH 2015など様々。

毎年開催されている公益財団法人日本デザイン振興会が主催する「グッドデザイン賞」も、この時期のデザイン関連イベントの目玉のひとつ。

そんなグッドデザイン賞は、10月30日に2015年度特別賞と大賞候補を発表。特別賞を受賞した中に、本誌でも紹介したことのあるスタートアップたちが名前を連ねていたので紹介したい。

グッドデザイン金賞

exiii

経済産業大臣賞であるグッドデザイン金賞を受賞したのは、パーソナルモビリティの「WHILL」と、電動義手を開発するexiiiだ。

この他には、TOYOTAの水素自動車「ミライ」やtakramが手がけた経済産業省の地域経済分析システム「RESAS」のプロトタイプなどの名前が並ぶ。

「WHILL」や「exiii」はテクノロジーを用いて人の可能性を増幅し、これまでとは違った視点を提供するプロダクトたちだ。グッドデザイン金賞受賞した彼らは、グッドデザイン大賞候補にもなっている。





未来づくりデザイン賞

来るべき社会の礎を築くと認められるデザインに対して贈られるという未来づくりデザイン賞では、クラウド会計ソフト「freee」とクラウドソーシングサービス「クラウドワークス」が選ばれた。

「Cloud」と「Crowd」、それぞれのクラウドが今後日本社会にポジティブな影響をもたらしてくれることには期待が集まる。この他、ハイブリッド黒板アプリ「Kocri(コクリ)」も未来づくりデザイン賞を受賞。

ものづくり賞

Motiongallery

全国の中小企業による製品開発の中から、特に優れていると認められるデザインに対して贈られるものづくり賞では、クラウドファンディングサイト「Motiongallery」が受賞。

前述のクラウド関連サービスたちと合わせて、クラウドファンディングサイトが受賞したことを見ると、クラウドという仕組みが社会に浸透し始めているのかもしれない。

こうしてアワード等に選ばれたことを励みにして、さらに活躍してもらいたい。

----------[AD]----------

中小企業向けのマイナンバー管理サービス「マイナンバー管理 freee」をリリース

SHARE:

freeeが全国民へのマイナンバーの通知に合わせて、中小企業向けのマイナンバー管理サービス「マイナンバー管理 freee」をリリースした。 freeeは今年の8月に実施した資金調達のタイミングで、10月に「マイナンバー管理 freee」をリリース予定であることを明らかにしていた。 関連記事 スモールビジネス向けのクラウドサービスを提供する freee が総額35億円の資金調達を実施 「マイナンバー…

my number freee

freeeが全国民へのマイナンバーの通知に合わせて、中小企業向けのマイナンバー管理サービス「マイナンバー管理 freee」をリリースした。

freeeは今年の8月に実施した資金調達のタイミングで、10月に「マイナンバー管理 freee」をリリース予定であることを明らかにしていた。

関連記事

「マイナンバー管理 freee」では、マイナンバーの収集と管理を可能にする。給与計算 freee・会計 freeeと連携して、マイナンバー管理 freee に入力されたマイナンバーの情報を、各種帳票へ自動で反映される。今後、取引先の法人マイナンバー管理にも対応していく予定だ。



月額 980 円で、人数上限なしで利用可能となっている。クラウド給与計算ソフト freee・クラウド会計ソフト freee を利用しているユーザは無料で利用可能だ。

freeeは「マイナンバー管理 freee」のリリースに合わせて、マイナンバー制度と会社に必要な対応について解説するアニメーションを公開している。





----------[AD]----------