THE BRIDGE

タグ MotionGallery

フィリップ・スタルクがデザインしたスマホ連動の持ち物発見デバイス、クラウドファンディングで4000万円目指して躍進中

SHARE:

フランス発のウェアラブル端末アクセサリー「Wistiki(ウィスティキ)」は、スマートフォンのBluetooth機能と連動することで、同デバイスをつけた持ち物の位置をアプリを通じて把握ができるというものだ。 「Wistiki」を付けた持ち物が見当たらないときには、スマホから音を鳴らしたり、アプリの地図上に表示させたりして持ち物の発見をサポートする。 Wistikiから新しく開発されたデバイスが、「…

Wistiki

フランス発のウェアラブル端末アクセサリー「Wistiki(ウィスティキ)」は、スマートフォンのBluetooth機能と連動することで、同デバイスをつけた持ち物の位置をアプリを通じて把握ができるというものだ。

「Wistiki」を付けた持ち物が見当たらないときには、スマホから音を鳴らしたり、アプリの地図上に表示させたりして持ち物の発見をサポートする。

Wistikiから新しく開発されたデバイスが、「Wistiki by Starck(ウィスティキ・バイ・スタルク)」だ。フランスを代表するクリエイター Philippe Starck(フィリップ・スタルク)氏がデザインを手がけたことでも話題となり、2015年12月に開始されたIndiegogoのキャンペーンでは、あっという間にプロジェクトを成功させた。

<関連記事>

以前、本誌で「Wistiki by Starck」を紹介した際に、日本国内でもクラウドファンディングを検討していることについて触れた。日本では、Indiegogoと提携しているクラウドファンディングサイト「MotionGallery(モーションギャラリー)」にてプロジェクトを開始

Wistiki by Starck

プロジェクト開始から約20日間という短期間で、目標金額の10倍となる1,000万円を突破している。目標金額の突破と同時に、ストレッチゴールを4,000万円に設定。日本の現在のクラウドファンディングの最高記録である3600万円を上回ることを目指している。

Wistikiは、フランスの3兄弟が経営するスタートアップから生まれたプロダクトだ。彼らの飼い猫がいつも家のどこかに隠れてしまって見つからなかったことから、このプロダクトを思いついた(ちなみにこの猫の名前がWistikiだったらしい)。

彼らは2013年、フランス国内のクラウドファンディングで資金を集めて製品を開発。その後、Indiegogo、MotionGalleryと順調にクラウドファンディングを成功させてきている。

Wistikiのアプローチは非常に興味深いが、ひとまずMotionGalleryでの調達額がどこまで伸びるかに注目したい。



----------[AD]----------

2015年度グッドデザイン特別賞を受賞したスタートアップたち

SHARE:

秋になるとデザイン関連のイベントが増える。東京デザインウィークに、Any Tokyo、Tokyo Midtown DESIGN TOUCH 2015など様々。 毎年開催されている公益財団法人日本デザイン振興会が主催する「グッドデザイン賞」も、この時期のデザイン関連イベントの目玉のひとつ。 そんなグッドデザイン賞は、10月30日に2015年度特別賞と大賞候補を発表。特別賞を受賞した中に、本誌でも紹介…

good design award

秋になるとデザイン関連のイベントが増える。東京デザインウィークに、Any Tokyo、Tokyo Midtown DESIGN TOUCH 2015など様々。

毎年開催されている公益財団法人日本デザイン振興会が主催する「グッドデザイン賞」も、この時期のデザイン関連イベントの目玉のひとつ。

そんなグッドデザイン賞は、10月30日に2015年度特別賞と大賞候補を発表。特別賞を受賞した中に、本誌でも紹介したことのあるスタートアップたちが名前を連ねていたので紹介したい。

グッドデザイン金賞

exiii

経済産業大臣賞であるグッドデザイン金賞を受賞したのは、パーソナルモビリティの「WHILL」と、電動義手を開発するexiiiだ。

この他には、TOYOTAの水素自動車「ミライ」やtakramが手がけた経済産業省の地域経済分析システム「RESAS」のプロトタイプなどの名前が並ぶ。

「WHILL」や「exiii」はテクノロジーを用いて人の可能性を増幅し、これまでとは違った視点を提供するプロダクトたちだ。グッドデザイン金賞受賞した彼らは、グッドデザイン大賞候補にもなっている。





未来づくりデザイン賞

来るべき社会の礎を築くと認められるデザインに対して贈られるという未来づくりデザイン賞では、クラウド会計ソフト「freee」とクラウドソーシングサービス「クラウドワークス」が選ばれた。

「Cloud」と「Crowd」、それぞれのクラウドが今後日本社会にポジティブな影響をもたらしてくれることには期待が集まる。この他、ハイブリッド黒板アプリ「Kocri(コクリ)」も未来づくりデザイン賞を受賞。

ものづくり賞

Motiongallery

全国の中小企業による製品開発の中から、特に優れていると認められるデザインに対して贈られるものづくり賞では、クラウドファンディングサイト「Motiongallery」が受賞。

前述のクラウド関連サービスたちと合わせて、クラウドファンディングサイトが受賞したことを見ると、クラウドという仕組みが社会に浸透し始めているのかもしれない。

こうしてアワード等に選ばれたことを励みにして、さらに活躍してもらいたい。

----------[AD]----------

朝日新聞社がMotionGalleryと提携、クラウドファンディングサイト「A-port」を3月に開設

SHARE:

朝日新聞社は本日、クラウドファンディングサイト「A-port(エーポート)」を3月に開設することを発表した。 A-portの立ち上げにあたり、映画やアートなどのプロジェクトを取り扱うクラウドファンディングサイト「MotionGallery(モーションギャラリー)」を運営するMotionGalleryと提携。A-portの決済システムや運営は、同社のサポートを受ける。 A-portは、朝日新聞社内や…

d9214-55-211164-0

朝日新聞社は本日、クラウドファンディングサイト「A-port(エーポート)」を3月に開設することを発表した。

A-portの立ち上げにあたり、映画やアートなどのプロジェクトを取り扱うクラウドファンディングサイト「MotionGallery(モーションギャラリー)」を運営するMotionGalleryと提携。A-portの決済システムや運営は、同社のサポートを受ける。

A-portは、朝日新聞社内や関連企業からアイデアを募る新事業創出コンテスト「START UP!」の2013年度第1回開催で最優秀提案に選ばれた事業。選出後、提案者は「朝日メディアラボ」に異動し、準備を進めてきた。A-portは3月のオープンに向け、資金を募る「起案者」を募集している。

大手メディアのような情報発信力の高い機関がクラウドファンディングを運営することで、掲載されるプロジェクトが注目される可能性は高まる。クラウドファンディングにプロジェクトを掲載することは、プロモーションの側面もあるため、起案者にとってA-portにプロジェクトを掲載するメリットは大きい。

数多くのプレイヤーたちの活躍により、クラウドファンディングは人々の認知を獲得してきている。朝日新聞社が運営するということになれば、さらに多くの人にとってクラウドファンディングが身近なものになっていきそうだ。

----------[AD]----------

Indiegogoと提携したクラウドファンディングのMotionGallery、キュレーションに注力し日本のクリエイティブを海外へ

SHARE:

2014年8月12日、日本のクラウドファンディングサイト「MotionGallery(モーションギャラリー)」が、北米のクラウドファンディングサイト「Indiegogo 」と提携したことが反響を呼んだ。 本誌では今回の提携と、モーションギャラリーの現状について、モーションギャラリー代表取締役の大高健志氏にインタビューを行った。 Q. 今回の提携の内容はどのようなものになるのでしょうか?すべてのプロ…

2014年8月12日、日本のクラウドファンディングサイト「MotionGallery(モーションギャラリー)」が、北米のクラウドファンディングサイト「Indiegogo 」と提携したことが反響を呼んだ。

motion gallery indiegogo

本誌では今回の提携と、モーションギャラリーの現状について、モーションギャラリー代表取締役の大高健志氏にインタビューを行った。

Q. 今回の提携の内容はどのようなものになるのでしょうか?すべてのプロジェクトがIndigogoに掲載されるわけではないですよね。

大高氏:Indiegogoに掲載されるのは希望したプロジェクトだけですね。希望すればすべて掲載されるわけではなく、モーションギャラリー側でチェックも入れます。

Q. Indiegogoにも掲載されることが決まったプロジェクトはその後どういったことが必要になるのでしょうか?向こうとのコミュニケーションも発生する?

大高氏:やりとりはすべてモーションギャラリーが行うので、プロジェクトを立ち上げた人は英語でコミュニケーションをする必要はありません。

Q. MotionGalleryとIndiegogoの両方にページが立ち上がるわけですが、ユーザにはどのように見えるのでしょうか?

大高氏:Indiegogoのキュレーションページ内にプロジェクトが表示されます。Indiegogoで集めた金額もその時のレートに換算されてMotionGallery側のページの金額にインクルードされて、合計金額が表示されます。

indiegogo内のキュレーションページ
indiegogo内のキュレーションページ

littlevoicecanon

Q. リターン品はどのように設計されているのでしょう?日米で別々ですか?

大高氏:輸送コストなどあり、リターン品はまったく同じではありません。最初は機械的に翻訳しようと思っていたのですが、Indiegogoに合わせてフルスクラッチで設計するほうがいい、という判断をしました。

Q. 英語圏に向けて展開するのに相性が良いプロジェクトはどのようなジャンルだと思いますか?

大高氏:ゲーム系、ハードウェア系がヒットしやすいのではと考えています。MotionGalleryは、映像や音楽など、アーティストなどのプロジェクトをよく掲載しているので、アート系のプロジェクトも送り出したい。

Q. クラウドファンディングはプロモーション的に活用する事例が国内外で見られますが、そうした活用方法も視野に?

大高氏:そうですね。日本の良い作品がもっと英語圏でも知られるようにできるのでは、と考えています。英語圏との情報接点的なものも生み出すことで、PR的にもメリットがあるのではないでしょうか。Indiegogoにプロジェクトを掲載することで、英語圏に情報をリーチさせられることのメリットもあると考えています。アート系の作品の中には、海外ファンが作品の魅力を発掘し人気を博した後、日本に逆輸入されるといった現象もありますが、こうした逆輸入な流れも起こしていければと思っています。

Q. 今後もIndiegogoに掲載するプロジェクトへのキュレーションには注力されるのですか?

大高氏:はい。海外で反響を呼ぶプロジェクトにするためのキュレーションをしていきます。より質の高いアドバイスをするためのナレッジもためていく予定です。

Q. 国内の他のクラウドファンディングサイトとの差別化のポイントはどこだとお考えですか?

大高氏:これまでサイトを運営して蓄積してきたナレッジと国内最安値の手数料が差別化のポイントだと考えています。また、MotionGalleryは作り手のためにある、クリエイターのためにあるサイトです。今後も、そこに寄り添って活動するという軸をぶらさずにやっていきたいと思います。

(インタビュー終わり)

日本発のプロジェクトが海外で資金を集めるためにはKickstarterやIndiegogoと直接やりとりせねばならず、プロジェクトをサクセスさせるための準備に多くの時間と労力を割く必要があった。

今回のMotionGalleryとIndigogoとの提携により、日本のプロジェクトが海外に出やすくなった。これは単にプロジェクトをサクセスさせて資金を募るに留まらず、海外に日本のプロジェクトを発信し、日本のクリエイターに海外マーケットを意識させることにつながるはずだ。

今後は、この提携が日本のクラウドファンディング業界に与える影響にも注目したい。

----------[AD]----------

日本のクラウドファンディングサイト MotionGallery が海外の Indiegogo と提携、日米同時のプロジェクト掲載が可能に

SHARE:

日本で活動するクラウドファンディングサイトはいくつかあるがそのうちのひとつ「MotionGallery」が、米国のクラウドファンディングサイト「Indiegogo」と提携することを発表した。 英語圏は日本語圏と比較して、非常に大きなお金が集まる。この提携により、MotioGalleryに掲載されるプロジェクトの中で、世界での活動を視野に入れているプロジェクトは、MotionGalleryを通じ、I…

motion gallery indiegogo

日本で活動するクラウドファンディングサイトはいくつかあるがそのうちのひとつ「MotionGallery」が、米国のクラウドファンディングサイト「Indiegogo」と提携することを発表した

英語圏は日本語圏と比較して、非常に大きなお金が集まる。この提携により、MotioGalleryに掲載されるプロジェクトの中で、世界での活動を視野に入れているプロジェクトは、MotionGalleryを通じ、Indiegogo内のMotionGallery特設ページに同時に掲載される。

Kickstarterなど、海外のクラウドファンディングサイトに直接掲載し、資金調達を行うプロジェクトもでてきているが、これまで海外のクラウドファンディングサイトに掲載したプロジェクトは、日本国内でファンを獲得するために再度プロジェクトを掲載する必要があった。

これまでKickstarter等に掲載した人の話を聞いてると、日本のクラウドファンディングサイトに掲載するよりもハードルが高かったが、今回の提携により、こうした課題たちを解消し、国際的なプロジェクトを国や言語の壁を越えて応援を集める事が可能となる。

今回の提携は、米国人映画プロデューサーからIndiegogo CEOのSlava Rubin氏を紹介された事がきっかけだったという。今回の提携に合わせて、5つのプロジェクトがindiegogoに掲載される。同時掲載におけるプロジェクトを紹介するテキストの翻訳について、モーションギャラリー代表取締役の大高健志氏に質問したところ、以下のようにコメントをいただいた。

大高氏「翻訳については、日米で打ち出しを変えるニーズに応えるため、プレゼンターが自分でするか、モーションギャラリーに委託してそのまま入稿するかを選べる形になります。今回はどのプロジェクトも前者を選ばれた為、後者はこれから仕組みを固めて行くところになります。」

日本と海外の両方同時にクラウドファンディングのプロジェクトが掲載可能になれば、日本のクリエイターが海外から資金を募りやすくなることが考えられる。クリエイターの目が海外にむきやすくなったとき、どのようなプロジェクトが生まれるのか、楽しみだ。

----------[AD]----------