朝日新聞社がMotionGalleryと提携、クラウドファンディングサイト「A-port」を3月に開設

SHARE:

d9214-55-211164-0

朝日新聞社は本日、クラウドファンディングサイト「A-port(エーポート)」を3月に開設することを発表した。

A-portの立ち上げにあたり、映画やアートなどのプロジェクトを取り扱うクラウドファンディングサイト「MotionGallery(モーションギャラリー)」を運営するMotionGalleryと提携。A-portの決済システムや運営は、同社のサポートを受ける。

A-portは、朝日新聞社内や関連企業からアイデアを募る新事業創出コンテスト「START UP!」の2013年度第1回開催で最優秀提案に選ばれた事業。選出後、提案者は「朝日メディアラボ」に異動し、準備を進めてきた。A-portは3月のオープンに向け、資金を募る「起案者」を募集している。

大手メディアのような情報発信力の高い機関がクラウドファンディングを運営することで、掲載されるプロジェクトが注目される可能性は高まる。クラウドファンディングにプロジェクトを掲載することは、プロモーションの側面もあるため、起案者にとってA-portにプロジェクトを掲載するメリットは大きい。

数多くのプレイヤーたちの活躍により、クラウドファンディングは人々の認知を獲得してきている。朝日新聞社が運営するということになれば、さらに多くの人にとってクラウドファンディングが身近なものになっていきそうだ。