freeeが「クラウドERP」で中堅企業向け基幹システム市場へ本格参入

SHARE:

freee

freeeは同社が提供する「クラウド会計ソフト freee」にて、機能を強化した「ビジネスプラン」を2016年6月1日より正式にリリースする

ビジネスプランは、これまでの「クラウド会計ソフト freee」の権限管理や管理会計の機能を強化したもの。統合基幹システム(以下、ERP)の財務会計・販売管理モジュールに相当する。

ユーザは、「給与計算ソフト freee」とあわせて導入することで、財務会計・販売管理・人事労務の各業務システムを統合的に運用できる「クラウドERP」としての利用が可能となる。

freeeは、今後財務会計・販売管理・人事労務の各業務システムを統合的に運用できる「クラウドERP」のコンセプトの実現を目指し、中堅企業向けの基幹システム市場へ進出する。

人事労務領域もクラウドの波が押し寄せ、様々なサービスが登場してきている領域だ。クラウド会計ソフトで数多くのユーザを獲得してきたfreeeが、サービス領域を拡大することは様々なサービスにとって無視できないことだろう。

----------[AD]----------