確定申告に向けて準備着々−−クラウド会計ソフト「freee」が2月1日からTVCMの放映を開始

SHARE:

freeecm

個人事業主の人々が恐れる確定申告の時期が近づいている。この時期になると会計周りのプレイヤーたちの動きが激しくなる。

クラウド会計ソフト「freee(フリー)」は、2015年2月16日からスタートする平成26年度の確定申告期間に合わせて、確定申告のステップを記した「確定申告ナビ」や日本初となる「確定申告書自動作成機能」をリリースした他、2015年2月1日より、freeeとしては初めてのテレビCMの放映を開始することを発表した

CMが放映されるのは関東エリア。女優の小林歩乃佳と俳優の大下源一郎の2人が、freeeの特徴をコミカルに伝える内容となっている。



新しく追加された「確定申告ナビ」を利用すると、表示される内容に沿って作業をしていくことで確定申告を完了させることができる。また、「確定申告書自動作成機能」により、普段からfreeeを使って事業・個人の入出金全てをfreeeに記帳しているユーザは青色決算書だけでなく、確定申告書までを自動で作成できるようになった。

普段は平日のみサポート対応しているfreeeは、確定申告期間は土日もサポート対応する。確定申告に向けて着々と準備が整ってきているfreee。次は申告する側が準備を整える番だ。

----------[AD]----------