タグ Intel

群雄割拠、クラウドゲーミングの市場チャンス:Intgelが「RemoteMyApp」買収(2)

SHARE:

市場機会 (前回からのつづき)クラウドゲーミングは2019年に1億5,800万ドルの収益を上げたと推定されており、一部のアナリストによると、2024年には31億ドルにまで上昇する可能性がある。調査会社のNiko Partnersはアジアだけでもクラウドゲーミングの利用可能な市場を、15億人のゲーマー人口の約10%と見ており、2025年には5億人に達する可能性があるとしている。 一方、クラウドゲーミ…

Niko Partners’ view of Asia’s cloud gaming ecosystem.
Image Credit: Niko Partners

市場機会

(前回からのつづき)クラウドゲーミングは2019年に1億5,800万ドルの収益を上げたと推定されており、一部のアナリストによると、2024年には31億ドルにまで上昇する可能性がある。調査会社のNiko Partnersはアジアだけでもクラウドゲーミングの利用可能な市場を、15億人のゲーマー人口の約10%と見ており、2025年には5億人に達する可能性があるとしている。

一方、クラウドゲーミングの認知度はまだ低く、2019年にこの技術を「非常によく知っている」と答えたゲーマーはわずか9%だった。また、RemoteMyAppはFacebookのCloud Games、NvidiaのGeForce Now、PlayStation Now、MicrosoftのXbox Cloud Gaming、TencentのXianyou、Google Stadiaなどの強豪や、B to BのライバルであるUbitusやBlacknutと競合している。(RemoteMyAppのビジネスに対抗して、Googleは今年、Stadiaの技術をホワイトレーベル製品として提供し始め、他社がStadiaのエコシステムの一員になることなく技術を利用できるようにしている)

しかしIntelは、自社でクラウドゲーミングサービスを開始する意向を示していない。つまり、チップとサービスを組み合わせた形としてRemoteMyAppの製品を自社の既存のハードウェアと結びつけることを計画しているようだ。クラウドゲーミングにはCPUだけでなくGPUも必要であり、RemoteMyAppは最近発表されたIntelサーバーGPUにとって、特に魅力的なユースケースとなる。

2020年、Intelは「高密度・低遅延」のGPUとプロセッサーのデータセンターパッケージを発表し、100人以上のAndroidクラウドゲーミングの同時利用者と最大160人の同時利用者をサポートするよう設計した。すでに同社は、Tencent(騰訊)のストリーミング・ゲーム・インフラストラクチャーに協力しており、昨年にはUbitusおよびGame Streamとのパートナーシップを発表し、これら新興企業のインフラストラクチャー・バックエンドにIntelのハードウェアを装備することを発表している。Hestbeck氏は買収に関連して次のコメントを発表している。

「私のゲームとの冒険は、Duke Nukem 3Dという象徴的なゲームから始まり、RemoteMyAppチームと共に最高品質の技術サービスを作り上げ、そのおかげで世界中の何百万人ものプレイヤーがいつでもどこでも好きなゲームにアクセスできるようになりました。Intelのチームに参加できることを誇りに思い、共に世界を変える革新的な技術を生み出していきたいと思います」。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

BRIDGE Members

メンバーシップ「BRIDGE Members」に参加するとBRIDGEがお届けするスタートアップ・トレンドをまとめたメンバー向けマガジンコンテンツ「Canvas」を購読いただけます。一度に情報をキャッチアップしたい人や、BRIDGE Tokyoなどのコンテンツをチェックしたい方にお届け中です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録


クラウドゲーミング「RemoteMyApp」Intelが買収(1)

SHARE:

Intelは、ポーランドのSzczecin(シュテッチン)に拠点を置く、クラウドゲーミングソリューションの新興企業、RemoteMyAppを非公開の価格で買収した。RemoteMyAppのCEOであるAndreas Hestbeck氏が今朝、ポーランドのメディアにこのニュースを伝え、本誌VentureBeatはこの事実をIntelの広報担当者に確認した。 「RemoteMyAppはクラウドサービス…

Image Credit: RemoteMyApp

Intelは、ポーランドのSzczecin(シュテッチン)に拠点を置く、クラウドゲーミングソリューションの新興企業、RemoteMyAppを非公開の価格で買収した。RemoteMyAppのCEOであるAndreas Hestbeck氏が今朝、ポーランドのメディアにこのニュースを伝え、本誌VentureBeatはこの事実をIntelの広報担当者に確認した。

「RemoteMyAppはクラウドサービスの設計者とエンジニアからなる優れたチームであり、このチームをIntelに迎えることができて大変嬉しいです。RemoteMyAppの主要顧客については契約に基づいてサポートを継続いたします」(Intel広報部)。

2014年にRadoslaw Zawartko氏とRafał Krochmal氏によって設立されたRemoteMyAppは、買収前に470万ドル以上の資金を調達しており、企業と提携して顧客向けにストリーミングゲーム体験を提供している。同社のプラットフォームはバックエンドのインフラを提供し、企業はその上にアプリやインターフェースを構築したり、すぐに使えるユーザーおよび管理者向けのソリューションを選択することができる。

プレーヤー側では、RemoteMyAppがIBM Cloud上で動作するサブスクリプションベースのクラウドゲーミングサービスVortex.ggを提供しており、FortniteやGrand Theft Auto V、League of Legendsといったタイトルを、50分プレイの単位で月額9.99ドルから提供している。Vortex.ggのアプリは、RemoteMyAppによると1,000万回以上インストールされており、顧客はゲームを既存のSteam、Origin、Epic Gamesのライブラリにリンクさせ、セーブファイルとともにリモートでアクセスすることができる。Hestbeck氏はヨーロッパのSilicon Canalsのインタビューで次のようにサービスを説明している。

「当社の技術は企業パートナーやVortex.gg、そして当社独自のプラットフォームを通じて提供されています。プレイヤーは、当社の専用アプリをダウンロードして、サブスクリプションプランを選択するだけです。ゲームは企業パートナーまたはVortex.ggを介して配信される強力なサーバーのネットワークから、ユーザーの好みのデバイスに直接ストリーミング配信されます」。

最近、RemoteMyAppは、英国のモバイル決済プロバイダーであるPM Connectとのコラボレーションを発表し、PM Connectの通信事業者であるOrangeとVodafoneにVortex.ggを提供することを発表している。また、Deutsche Telekomのクラウドゲーミングプラットフォーム「MagentaGaming」にも同社の技術が採用されており、注目を集めているところだった。(次につづく)

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

BRIDGE Members

メンバーシップ「BRIDGE Members」に参加するとBRIDGEがお届けするスタートアップ・トレンドをまとめたメンバー向けマガジンコンテンツ「Canvas」を購読いただけます。一度に情報をキャッチアップしたい人や、BRIDGE Tokyoなどのコンテンツをチェックしたい方にお届け中です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録


Intelの研究者、50ドルで「スマホのロボット化」に成功

SHARE:

すべてのロボットが高価だとは限らない。事実、Intelの研究者であるMatthias Muller氏とVladlen Koltun氏によると、スマートフォンが手元にあれば約50米ドルで車輪付きのボットを構築できるそうだ。二人は共著の「OpenBot: Turning Smartphones to Robots」という論文で、スマートフォンを活用してロボットにセンサー、計算、通信、およびオープンソフ…

すべてのロボットが高価だとは限らない。事実、Intelの研究者であるMatthias Muller氏とVladlen Koltun氏によると、スマートフォンが手元にあれば約50米ドルで車輪付きのボットを構築できるそうだ。二人は共著の「OpenBot: Turning Smartphones to Robots」という論文で、スマートフォンを活用してロボットにセンサー、計算、通信、およびオープンソフトウェアエコシステムへのアクセスを装備することを提案している。

市販のスマートフォンをロボットの頭脳として使用すると、コスト削減以外にも多くの利点がある。アップグレードサイクルが短いことから、中古のスマートフォンが手軽に利用できるーー世界的なスマートフォン所有率は全人口の40%にも上ると推計されているーーさらに、スマートフォンのカメラの品質とプロセッサの速度は常に向上している。加えて、コモディティモデルでさえ、慣性測定ユニット、GPS、Wi-Fi、Bluetooth、セルラーモデム、AI推論用の専用チップを搭載しており、中にはデスクトップパソコンのプロセッサよりも優れているものもある。

Muller氏とKoltun氏が設計した「OpenBot」は、スマートフォンをロボット本体に接続して、感知、データ融合、および計算をする。ロボットのシャーシは3Dプリントで作れるように設計されており、最大4つのモーターに対応し、コントローラー、マイクロコントローラー、LED、スマートフォンマウント、USBケーブル用の端子がある。バッテリーパックは専用端子に接続し、必要に応じてモーターに電力を供給する。Arduino NanoボードにはUSB経由でスマートフォンからシリアル通信リンクと電力を供給する。2つの前輪には、オドメトリ信号を送信するセンサーが装備されており、モーターコントローラーに接続されたピンにより、速度と方向をリアルタイムで調整できる。

OpenBotのソフトウェアスタックはシンプルなもので、シリアルリンクを介して通信する2つのコンポーネントのみで構成されている。オペレータはAndroidアプリをインターフェースとしてデータセットを収集することができる。また、このアプリは高度な認識とワークロードのコントロールも提供する。一方、Arduino側では低水準の動作を制御し、オドメトリやバッテリー残量などの測定もする。

このAndroidアプリがあれば、コントローラのボタンをデータ収集や経路探索モデル間の切り替えなどに割り当て、既製のBluetooth対応PS4、Xbox、SwitchゲームコントローラーでOpenBotを制御することができる。経路探索モデルには、ロボットの視界に入った人を検出して追跡する自律ナビゲーションモデルも含まれている。

Muller氏とKoltun氏は、さまざまな機種のスマートフォンを使ってロボットのパフォーマンスを比較するテストを実施した。パフォーマンスが最も低かったのは最も安価なローエンド機種(Nokia 2.2)だったが、それでも約30分で人を検出して追跡することができた。最近テストされたすべてのミッドレンジフォン(Xiaomi Note 8、Huawei P30 Lite、Xiaomi Poco F1など)は、搭載されている専用AIアクセラレータが寄与し毎秒10フレーム以上の速さで人々を追跡した。

Muller氏とKoltun氏は次のように述べている。

当研究は、ロボット工学における2つの重要な課題、アクセシビリティとスケーラビリティに取り組むことを目的としています。スマートフォンはユビキタスであり、年々強力になっています。私たちはスマートフォンをロボットに変えるためにハードウェアとソフトウェアを組み合わせました。その結果、安価でありながら有能なロボットを開発することができました。

実験で、スマートフォン駆動の50米ドルのロボットが人の追跡とリアルタイムでの自律ナビゲーションを行えることが明らかになりました。この研究を発表することで、世界中に配備された何千もの低コストのロボットを介して、教育と大規模な学習のための新しいチャンスが開かれることを願っています。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

BRIDGE Members

メンバーシップ「BRIDGE Members」に参加するとBRIDGEがお届けするスタートアップ・トレンドをまとめたメンバー向けマガジンコンテンツ「Canvas」を購読いただけます。一度に情報をキャッチアップしたい人や、BRIDGE Tokyoなどのコンテンツをチェックしたい方にお届け中です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録


Intel、印テレコム最大手Reliance Jioに2億5,300万米ドルを出資

SHARE:

Tech in Asia では、有料購読サービスを提供。有料記事の閲読、全記事への回数無制限閲読、5万社を超える企業データベースへの無制限アクセス、カンファレンスへの限定割引などの特典があります。詳しくはこちらから。 インドの Jio Platforms は4日、世界的なチップメーカー Intel のベンチャーキャピタル Intel Capital から出資比率0.39%に対し約2億5,300万米…

Tech in Asia では、有料購読サービスを提供。有料記事の閲読、全記事への回数無制限閲読、5万社を超える企業データベースへの無制限アクセス、カンファレンスへの限定割引などの特典があります。詳しくはこちらから


インドの Jio Platforms は4日、世界的なチップメーカー Intel のベンチャーキャピタル Intel Capital から出資比率0.39%に対し約2億5,300万米ドルの出資を受けると発表した。

Image credit: Moovstock / 123RF

アメリカに拠点を置く Intel Capital は、Facebook、Silver Lake、Vista Equity Partners、General Atlantic、KKR、Mubadala、Abu Dhabi Investment Authority、TPG Capital、L Catterton、サウジアラビアの Public Investment Fund など、Jio の大物出資者が増え続ける中で、新たなメンバーとなった。

現在までに、Jio Platforms は3ヶ月足らずで約155億米ドルの資金調達を行っている。

<関連記事>

Intel Capital は、クラウドコンピューティング、自動運転車、AI、5G などへの投資に注力している。同社はインドで20年以上事業を展開しており、バンガロールとハイデラバードで数千人の従業員を雇用している。

Intel は1991年以来、世界で1,582社以上に129億米ドルを投資し、692社の投資先が株式公開や合併に参加した。

Intel 社長の Wendell Brooks 氏によると、インドに低コストのデジタルサービスを提供する Jio の能力は、生活を豊かにする技術を提供するという Intel の目的に合致しているという。

今回の投資を通じ、Intel が重要なプレゼンスを維持しているインドでのデジタルトランスフォーメーションの促進に貢献できることに興奮している。(Brooks 氏)

13億人のデジタルインドの実現を目指す Jioは、インド最大の通信事業者 Reliance Jio Infocomm を運営している。

最近では、Zoom や Google Meet に対抗するために、「JioMeet」というビデオ会議ツールをローンチした。このツールは無料で無制限の高精細度通話を提供し、1回の通話で最大100人の参加者をサポートすることができる。

5億6,000万人以上のインターネットユーザーを抱えるインドは現在、世界第2位のオンライン市場となっている。Statista によると、2023年までにインターネットユーザは6億5,000万人以上に達すると推定されている。

【via Tech in Asia】 @techinasia

【原文】

BRIDGE Members

メンバーシップ「BRIDGE Members」に参加するとBRIDGEがお届けするスタートアップ・トレンドをまとめたメンバー向けマガジンコンテンツ「Canvas」を購読いただけます。一度に情報をキャッチアップしたい人や、BRIDGE Tokyoなどのコンテンツをチェックしたい方にお届け中です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録


Intelが自動運転車の開発に向け、都市移動データ企業「Moovit」を9億ドルで買収

SHARE:

Intelは、イスラエル発の都市モビリティスタートアップMoovitを9億ドルで買収した。同ニュースは、日曜日にイスラエルの地元のメディアCalcalistによって初めて報じられた。今日のプレスリリースにて、同社は買収の理由を、将来的に自動運転タクシーサービスのローンチを見据える傘下の高度自動運転システム提供企業「Mobileye」を支援するためだと説明している。 半導体チップの巨人Intelは、…

Feat-2
Moovitのオンデマンド緊急動員プラットフォーム

Intelは、イスラエル発の都市モビリティスタートアップMoovitを9億ドルで買収した。同ニュースは、日曜日にイスラエルの地元のメディアCalcalistによって初めて報じられた。今日のプレスリリースにて、同社は買収の理由を、将来的に自動運転タクシーサービスのローンチを見据える傘下の高度自動運転システム提供企業「Mobileye」を支援するためだと説明している。

半導体チップの巨人Intelは、ここ最近イスラエル企業の買収を繰り返している。数カ月前、同社はデータセンター向けにプログラマブルAIと機械学習アクセラレータを開発するHabana Labを約20億ドルで買収している。さらに先述のMobileyeも、2017年に同社が153億ドルという大金を投じて買収した企業である。Mobileyeの高度な運転支援システム(ADAS)は現在6,000万台の車両で利用されている。同技術が完全な自律走行車の実装に向けてさらに進歩する一方で、Moovitの膨大なデータは、Mobileyeが「コスト及び需要の観点で最適化された」自動運転車サービスを開発することに役立つだろう。

買収が成立すると、MoovitはMobileyeの事業の一部となるが、依然として独自のブランドの元、既存のパートナー関係を継続することになるという。また、Intelが以前にCVCのIntel Capitalを介してMoovitに投資していたことも注目に値する。つまり、買収の価値は実際には8億4,000万ドル(Intel Capitalの株式売却益の純額)だと考えられる。

これまでのストーリー

2012年に設立されたMoovitは、世界中で4000万人以上のアクティブユーザーに利用されているコンシューマー向けアプリで有名だ。同アプリは、ARなどの技術を活用し最適な交通ルートを提供する。しかし、同社は主軸ビジネスを「Mobility as a Service(MaaS)」に転換しており、現在は主にバックエンドのプラットフォームをサードパーティにライセンス提供するビジネスに注力している。これにより、Moovitは自治体にデータと分析を提供して都市交通インフラを改善した実績がある。TomTomやMicrosoftなどの企業も自社プラットフォーム内のサードパーティ開発者らに、Moovit上での交通データへリアルタイムのアクセスを可能にしている。

PR-WayFinder-NYC-2
MoovitのAR機能「Way FInder」

Intelや子会社Mobileyeにとって重要なのはデータである。Moovitは無数の交通機関のパートナーや企業、4000万人のアクティブユーザーからデータを収集しており、交通の流れやユーザーの需要に関する60億以上のデータポイントを毎日生成している。Mobileyeはいわゆる「自動運転タクシー」計画を公言しており、Moovitのデータは、同社が自動運転MaaS分野に進出する際に不可欠なものとなるだろう。

本買収は、大きな不確実性を抱える現在のようなタイミングで起こったという点で非常に興味深い。Moovit社は、新型コロナウイルスが世界の主要都市の公共交通機関の利用に与える影響に関するデータを発表しており、ある地域では80%も減少しているという。

Moovit-1
Moovit社が示したパンデミック期間中の交通量の減少データ

新型コロナウイルスによる自粛期間の中、他の多くの企業と同様に、Moovitはビジネスを継続させるため新しい方法を模索してきた。先月、Moovitは緊急動員プラットフォームを立ち上げた。これにより、交通機関が未使用の車両を再配備するのを簡易化し、医療現場の最前線で働く医療関係者のための新しいオンデマンド輸送サービスを作り出した。企業はまた、同プラットフォームを活用して専用のピックアップサービスを手配することで、従業員を安全に勤務地まで運ぶことができるようになった。

新型コロナウイルスが、Moovitの事業売却という決定にどの程度影響を及ぼしたのかは、定かではない。しかし、Intelという巨人の一部となったことで、今後のリモートワーク化する「New Normal」に関連する同社の懸念は少なからず和らいだのではないだろうか。

兎にも角にも今回の取引は、2018年にIntel Capitalが主導した5,000万ドルを含め、累計約1億3,100万ドルの資金調達を行ってきたMoovitにとって、条件の観点で文句のつけようがないExitだったと考えられる。

※本記事は提携するVentureBeat「Intel acquires urban mobility startup Moovit for $900 million」の抄訳になります。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

 

BRIDGE Members

メンバーシップ「BRIDGE Members」に参加するとBRIDGEがお届けするスタートアップ・トレンドをまとめたメンバー向けマガジンコンテンツ「Canvas」を購読いただけます。一度に情報をキャッチアップしたい人や、BRIDGE Tokyoなどのコンテンツをチェックしたい方にお届け中です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録


テクノロジー業界の重要指針、コロナ禍にもかかわらずIntelの第1四半期は23%増で予想を覆す

SHARE:

新型コロナの世界的なパンデミックを受けたウォール街の予測を覆し、Intelは第1四半期の調整後利益が前年比69%、収益は前年比23%増加したと報告した。 世界最大のチップメーカーの一つである同社の収益報告は、テクノロジー業界の先行きにとって重要な指針となる。また、コロナウイルスがテクノロジーエコシステムにどう影響したか知る上での手がかりにもなる。1月・2月はほぼ通常通りであったが、3月にCOVID…

Intelの7代目CEO、Bob Swan氏
Image Credit: Intel

新型コロナの世界的なパンデミックを受けたウォール街の予測を覆し、Intelは第1四半期の調整後利益が前年比69%、収益は前年比23%増加したと報告した。

世界最大のチップメーカーの一つである同社の収益報告は、テクノロジー業界の先行きにとって重要な指針となる。また、コロナウイルスがテクノロジーエコシステムにどう影響したか知る上での手がかりにもなる。1月・2月はほぼ通常通りであったが、3月にCOVID-19の影響が現れ始めたことが明白となった。

Intelの第1四半期の収益は198億米ドルで、前年比23%増。データセンター事業が33%拡大し、PC収益が14%増加したことによるものとしている。調整後の1株当たり利益は1.45米ドルで、前年の89セントから63%増加した。アナリストが予測した収益187億米ドル、1株あたり利益1.27米ドルを大きく上回った。

IntelのCEO、Bob Swan氏は声明で次のように述べている。

弊社の第1四半期の業績は、私たちが従業員を守り、サプライチェーンのパートナーをサポートし、この前例のない難局の中でもお客様への提供を続けてきた証拠です。世界中でテクノロジーがかつてないほど求められています。弊社の力でお客様の生活を豊かにし、サクセスをかなえる極めて重要な時です。弊社の文化的価値、競争優位性、および財力をもってすれば、この状況からさらに強力な企業になると確信しています。

データセンター事業の収益は前年比で43%増加し、クラウドサービス事業の収益は53%増加した。メモリ事業とMobileyeも過去最高を記録。PCを中心とする事業は、多くの人々が在宅での勤務や学習のためPCを必要としていることからCPUの需給が改善し、同社の予測を超えて前年より14%成長した。

Intelの株価は3.74%下落し、時間外取引で1株当たり56.83米ドルとなった。アナリストの予測では、年間収益は724億米ドル、1株あたりの年間利益は4.83米ドルになるだろうとしている。

しかしIntelはこれまでで最大の競合、Advanced Micro Devices(AMD)との争いにも直面している。AMDはTSMCと提携しており、Zen 2 チップアーキテクチャと7nmチップにより高い競争力を持っている。AMDはコアプロセッサ市場でIntelの市場シェアを着実に獲得している。

Intelは今四半期、コロナウイルス対策に5,000万米ドルを寄付した。また、第10世代Core HシリーズのノートPC向けプロセッサも発売した。 3月24日、Intelはパンデミックを考慮して株の買い戻しを一時停止した。配当は変更されていない。

同社の予測では第2四半期の収益は順次減少して185億米ドルになり、非GAAP営業利益率が30%、1株当たり利益が約1.10米ドルになる見込み。アナリストが以前見積もった同四半期の収益は179億7,000万米ドルであった。

Moor Insights & Strategyのアナリスト、Patrick Moorhead氏は次のように述べている。

Intelの収益はガイダンスを超え前年比23%増でした。データセンター事業は43%という驚くべき勢いで成長し、クラウド、通信事業者、およびエンタープライズが継続的に成長していることを示しています。 PCは14%増加しました。これは在宅勤務やオンライン学習で需要が急増したことによるものです。第2四半期の粗利益率の低下の主な要因は、10nm Tiger Lakeの認定に関連するコストと思われます。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

BRIDGE Members

メンバーシップ「BRIDGE Members」に参加するとBRIDGEがお届けするスタートアップ・トレンドをまとめたメンバー向けマガジンコンテンツ「Canvas」を購読いただけます。一度に情報をキャッチアップしたい人や、BRIDGE Tokyoなどのコンテンツをチェックしたい方にお届け中です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録


Intelの第4四半期収益202億ドル、ウォール・ストリートの予想を上回る好調ぶり

SHARE:

Intelは第4四半期の堅調な収益として8%の収益成長を報告した。データセンターの高収益のおかげで、ウォールストリートが予測した財務業績目標を達成した。 今回の結果は競合企業「Advanced Micro Devices」との競争激化の中でもたらされた。同社はCES 2020技術ショーで、64コアThreadripperプロセッサー備えた世界最速x86チップを発表しており、加えてRyzen 2プロ…

intel-ces-2-e1578358476878
Intel CEO Bob Swan at CES 2020.
Image Credit: Dean Takahashi

Intelは第4四半期の堅調な収益として8%の収益成長を報告した。データセンターの高収益のおかげで、ウォールストリートが予測した財務業績目標を達成した。

今回の結果は競合企業「Advanced Micro Devices」との競争激化の中でもたらされた。同社はCES 2020技術ショーで、64コアThreadripperプロセッサー備えた世界最速x86チップを発表しており、加えてRyzen 2プロセッサーで大きくリードしていた。

一方、Intelは10ナノメートルプロセス(競合他社の7 nmプロセスと同等)で構築された十分なチップを市場に投入するのに課題があった。ただ、今回のニュースは課題をはねのける良いものとなった。

Intelの第4四半期の売上高は202億ドルで、前年比8%増。データセンターグループの前年比19%の成長に牽引された。調整後1株当たり利益は、1株あたり1.52ドルに達している。アナリストは、Intelが192億ドルの収益に対して1株当たり1.25ドルの調整後利益を報告すると予想していた。

「2019年、データの処理・移動・保存により多くのパフォーマンスが要求される市場でシェアを獲得しました。当社の長期財務計画において、収益とEPSの期待を上回りました。将来を見据えて、私たちは未来のテクノロジーを開発し続け、顧客の成功に大きな役割を果たし、株主の利益を高めるために投資しています」(Intel CEOのボブ・スワン氏)。

intel-ces-4
Above: Lenovo shows a foldable laptop at Intel’s CES event.
Image Credit: Dean Takahashi

Intelの株価は営業時間外取引で7%上昇し、1株当たり67.78ドルになった。 通年の予想を上回り、総収益は720億ドル、1株当たりの非GAAP利益は4.87ドルであったが2018年の収益は708億ドル、EPSは4.58ドルとなった。同社は710億ドルの収益に対して、非GAAPの1株当たり利益を4.60ドルにすると予想していた。

データセンターの収益回復は、Intelが同市場を従来リードしていため歓迎されるニュースとなっている。ちなみに同社は人工知能を加速するチップを製造するためにNvidiaなどと戦っている。

2019年、Intelは331億ドルの現金を生み出し、配当と株式買い戻しの形で192億ドルを株主に還元したと述べた。加えて、研究開発に134億ドルを費やし、全体的な支出を総収益の27%に減らした。

第4四半期のデータセンターグループの売上高は、前年比19%増の72億ドルであった。 The Internet of Thingsグループの収益は13%増の9億2000万ドル。 Mobileyeの収益は31%増の2億4000万ドルとなった。 メモリグループの収益は10%増の12億ドルで、プログラマブルソリューションの売上は17%減の5億500万ドル、PC関連の収益は2%増の100億ドルとなった。

Intelは、クラウドサービスプロバイダーからのデータセンタープロセッサへの強い需要を感じたと伝えている。同社は第4四半期にHabana Labsを20億ドルで買収し、データセンターのAIポートフォリオを強化している。

IoT事業は小売業と輸送業で堅調。 Mobileyeは高度な運転支援システム(ADAS)から収益を獲得。 PC関連事業では、モデムの売上とデスクトッププラットフォームのボリュームが増加した。 IntelはCESで10ナノメートルの第10世代Intel Coreプロセッサを発表し、PCメーカーはこのチップを搭載した44のシステムを導入している。

今週初め、IntelはMedtronicのCEOであるOmar Ishrak氏を新しい会長に任命し、Andy Bryant氏と交代している(同氏は次回の株主総会まで取締役会に残る予定)。 IntelはAlyssa Henry氏も取締役会に加えた。

Moor Insights&StrategyのアナリストであるPatrick Moorhead氏はメールで次のように述べている。 「『データ中心』のビジネスは、FPGAを除き、2桁成長をもたらしました。 PCでさえ成長していましたが、この成長数値は私にとって大きな驚きでした。これを続けるためにIntelがしなければならないことは、次世代10nmデザインを市場に投入することです」。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

BRIDGE Members

メンバーシップ「BRIDGE Members」に参加するとBRIDGEがお届けするスタートアップ・トレンドをまとめたメンバー向けマガジンコンテンツ「Canvas」を購読いただけます。一度に情報をキャッチアップしたい人や、BRIDGE Tokyoなどのコンテンツをチェックしたい方にお届け中です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録


Intel AIラボ、ディープラーニング用の自然言語処理ライブラリをオープンソース化へ

SHARE:

Intel AIラボは、研究者や開発者がチャットボットやバーチャルアシスタントといった会話エージェントに、名前入力認識、意図抽出や単語からその人物の求めるアクションを特定する意味解析などのスマートな必要機能を加えやすくすることを目的に、自然言語処理のライブラリをオープンソース化した。 設立からまだ数ヶ月のIntel AIラボだが、さらに多くのライブラリをオープンソース化して、開発者の訓練や人工知能…

上:5月23日にサンフランシスコで開催された AI DevCon
Image Credit: Khari Johnson / VentureBeat

Intel AIラボは、研究者や開発者がチャットボットやバーチャルアシスタントといった会話エージェントに、名前入力認識、意図抽出や単語からその人物の求めるアクションを特定する意味解析などのスマートな必要機能を加えやすくすることを目的に、自然言語処理のライブラリをオープンソース化した。

設立からまだ数ヶ月のIntel AIラボだが、さらに多くのライブラリをオープンソース化して、開発者の訓練や人工知能のディプロイ、研究内容の公開、AI研究コミュニティのメンバーによる最新の革新的な技術の再現などを行い、「まだ活用されていない領域にAIや深層学習を推進する」ことを目指す。

Intel AIラボのデータサイエンス責任者Yinyin Liu氏は、VentureBeatからの取材に対して次のようにコメントした。

「オープンソースコミュニティに還元をしたいのです。初心者であれ、エンジニアや研究者といった立場であれ、何が再現できるのかを確認し、そして検証されたものを自分の目的に応じて使えるようにできればと思います」

AI開発者向けにIntelが開催した初めてのカンファレンスは、先週23日、24日にサンフランシスコのPalace of Fine Artsに行われた。

現在、AI Intelラボは40名のデータサイエンティストと研究者を雇っており、同社内の nGraphフレームワークといったプロダクトやNervana Neural Networkチップスといったハードウェアを開発する部署と共に仕事に取り組んでいるとLiu氏は述べた。

昨年の12月の立ち上げ以来、Intel AIラボは強化学習やニューラルネットワークをディプロイしやすくするためにライブラリをオープンソース化している。

先月リリースされたニューラルネットワークのライブラリは、達成させたいタスクと関係のないニューラルコネクションを取り除くために使うことができる。強化学習のライブラリ「Coach」は、ロボティクスや自律運転車のシミュレータのように学習環境でエージェントを埋め込むことを可能にする。

nlp-architectというNLPライブラリは、スタンフォード質問回答データセット(SQuAD)のような学術的な研究コミュニティのメンバーによってベンチマークと見られてきたデータセットで、機械の理解度をテストする際に使われるものを使用したツールを含んでいる。

また、GoogleのTensorFlowやFacebookのPyTorchのような人気のオープンソースフレームワークを使った公開済みのベンチマークデータセットやカスタムデータを使ってモデルを訓練することも可能だ。

(本記事は抄訳になります。)
【via VentureBeat】 @VentureBeat
【原文】

BRIDGE Members

メンバーシップ「BRIDGE Members」に参加するとBRIDGEがお届けするスタートアップ・トレンドをまとめたメンバー向けマガジンコンテンツ「Canvas」を購読いただけます。一度に情報をキャッチアップしたい人や、BRIDGE Tokyoなどのコンテンツをチェックしたい方にお届け中です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録


Intel、イスラエルのMobileyeを1.5兆円超で買収——自動運転車の未来の鍵は、イスラエルにあり【ゲスト寄稿】

本稿は、イスラエル・テルアビブの Samurai House を拠点に事業展開している、Aniwo 共同創業者兼 COO 植野力氏による寄稿である。Aniwo は2014年8月の創業、2015年1月にサムライインキュベートからシードラウンドで10万ドルを資金調達していることを明らかにしている。 Aniwo は現在、イスラエルのスタートアップと投資家のマッチングプラットフォーム「MillionTim…

chikara-ueno

本稿は、イスラエル・テルアビブの Samurai House を拠点に事業展開している、Aniwo 共同創業者兼 COO 植野力氏による寄稿である。Aniwo は2014年8月の創業、2015年1月にサムライインキュベートからシードラウンドで10万ドルを資金調達していることを明らかにしている

Aniwo は現在、イスラエルのスタートアップと投資家のマッチングプラットフォーム「MillionTimes」を運営。月に一度、異なるテーマのイスラエルスタートアップを紹介する「Pitch Tokyo」を開催している。


Image credit: Chikara Ueno

2017年の3月中旬に Intel がイスラエルの Mobileye を$14-15B、つまり1.5兆円強で買収するというニュースが話題になっている。

Mobileye といえば、言わずと知れた先進運転支援システム(ADAS)のグローバルリーダーで、高い画像処理技術と独自のチップセットを用いて、自動車の衝突リスクの低減を可能にする後付け可能なソリューションを開発しているイスラエルを代表する企業である。

両社の連携は今回に始まったわけではなく、2017年1月にも Intel、Mobileye および BMWの3社で自動運転車の開発に向けたパートナーシップを発表しており、今回の買収についても今後の自動運転車の商用化に向けた取り組みを見据えたものだと報じられている。

<関連記事>

イスラエルで自動運転車の技術開発を進める自動車メーカー

今回の Intel による Mobileye の買収は、スタートアップ大国イスラエル国内においても最大のディールとして大きな話題となっているが、自動運転車の開発に向けた連携や技術探索を行っているのは、もちろん Intel や BMW だけではない。

自動運転車は ADAS、各種光学センサーやソフトウェアアルゴリズム、バッテリーやセキュリティなどさまざまな技術を集めた結晶であるため、大手企業とスタートアップの連携が盛んな分野である。そして、イスラエルのスタートアップは世界中の自動車メーカーからの注目を集めている。

例えば、Folkswagen は昨年、イスラエル版 Uber ともいえるタクシー配車アプリを開発する Gett に対して昨年$300M(300億円強)の戦略的投資を行い、次世代モビリティの構築を模索、フォードは昨年自動運転車の実現に向けたコンピュータービジョンと機械学習の優れた技術を保有するイスラエルのスタートアップ SAIPS を買収している。

他にもコネクテッドカーのハッキング対策を目的として自動車向けのファイアウォールを開発する Argus Cyber Security は、カナダ発で世界第3位の自動車部品メーカーの Magna International との提携を発表、イスラエルに R&D 施設を置く自動車企業は他にも、GM や Daimler、Boche などがあり、ほぼすべての世界の自動車大手が技術開発を行っている。

イスラエル Automotive 2.0カオスマップ(クリックして拡大)
Image credit: Vertex Ventures

上で紹介した以外にも、エレクトロニクスや素材、GPS や通信など、さまざまな領域で優れた要素技術を保有するイスラエルのスタートアップが、自動車メーカーに限らず、Google など自動運転車の実現や商用化に取り組む世界中の企業から今後も注目を集めそうだ。

BRIDGE Members

メンバーシップ「BRIDGE Members」に参加するとBRIDGEがお届けするスタートアップ・トレンドをまとめたメンバー向けマガジンコンテンツ「Canvas」を購読いただけます。一度に情報をキャッチアップしたい人や、BRIDGE Tokyoなどのコンテンツをチェックしたい方にお届け中です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録


Intel、クラウドストレージ・スタートアップのBitcasaを買収

SHARE:

クラウドストレージ・スタートアップの Bitcasa は今日(原文掲載日:1月5日)、今起きていることには何も言及しないまま、ホームページに別れのメッセージを投稿した。実際には、Bitcasa は Intel に買収されたことが判明した。 本件に詳しい情報源によれば、今回の買収はクローズドな状態で行われており、買収金額は速やかには明らかになっていない。 Bitcasa の CEO Brian Ta…

bitcasa-tc-disrupt-2011

クラウドストレージ・スタートアップの Bitcasa は今日(原文掲載日:1月5日)、今起きていることには何も言及しないまま、ホームページに別れのメッセージを投稿した。実際には、Bitcasa は Intel に買収されたことが判明した。

本件に詳しい情報源によれば、今回の買収はクローズドな状態で行われており、買収金額は速やかには明らかになっていない。

Bitcasa の CEO Brian Taptich 氏は、ウェブサイトに掲出したメッセージの中で、次のように書いている。

Bitcasa とそのプラットフォームは、さらにより大きなものの一部となった。

本稿が投稿された後、Intel のスポークスパーソンはメールで「Intel は Bitcasa を買収していない」と伝えてきた。

Bitcasa は MasterCard や Mozy の元従業員により2011年に設立され、最近ではカリフォルニア州のサンマテオに拠点を置いている。数十年にわたり、Box、Dropbox、Google、Microsoft のような企業と競争が激化したのにあわせ、コンシューマ向けの無制限クラウドストレージを強調することをやめ、ホワイトラベルのクラウドストレージサービスや API を提供し、企業や個人のデベロッパのビジネス獲得に特化してきた。

Bitcasa は昨年、クラウドストレージサービス「Drive」を終了しており、同社のデスクトップアプリやモバイルは、既に利用できなくなっている。

Intel が Bitcasa のチームと、Bitcasa のテクノロジーを使って何をしようとしているかは定かではない。Bitcasa のウェブサイトによれば、同社は以前、バックエンド・ストレージサービスを Intel のデベロッパに提供していた。情報筋によれば、Bitcasa のエンジニアたちは、将来のイニシアティブに関与する Intel の(新デバイスグループを含む)新テクノロジーグループで既に勤務を始めている。

Taptich 氏は、次のように書いている。

Bitcasa のテクノロジーが、このミッションを完遂するのに大きく貢献するであろうことに、我々は楽観的だ(あなたはそう思わないかもしれないが)。

Bitcasa はこれまでに、少なくとも資金調達で2,000万ドルを調達している。前回は2013年に調達を発表した。投資家には、Andreessen Horowitz、CrunchFund、First Round Capital、Horizons Ventures、Pelion Venture Partners、Samsung Ventures などがいる。2015年には、ストレージ大手の SanDisk が同社との取引を発表した。他のパートナーには、(Bitcasa にストレージを提供している)Amazon Web Services、Huawei(華為)、Samsung、Tata などがいる。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

BRIDGE Members

メンバーシップ「BRIDGE Members」に参加するとBRIDGEがお届けするスタートアップ・トレンドをまとめたメンバー向けマガジンコンテンツ「Canvas」を購読いただけます。一度に情報をキャッチアップしたい人や、BRIDGE Tokyoなどのコンテンツをチェックしたい方にお届け中です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録