THE BRIDGE

タグ TRUNK

学生向けキャリア・ビジネススキル教育サービスのTRUNK、オンラインでブートキャンプを受けられる「Workschool」をローンチ

SHARE:

キャリアやビジネススキルの習得を念頭に置いた学生向け教育サービス「TRUNK」を運営する TRUNK は2日、オンラインでブートキャンプを受けられるサービス「Workschool(ワークスクール)」をローンチした。 TRUNK ではもともと、入門コース → ブートキャンプ → 無料講座の提供とインターン → 企業への就職という一連の流れで支援サービスを提供してきたが、Workschool は、この…

「Workschool」
Image credit: Trunk

キャリアやビジネススキルの習得を念頭に置いた学生向け教育サービス「TRUNK」を運営する TRUNK は2日、オンラインでブートキャンプを受けられるサービス「Workschool(ワークスクール)」をローンチした。

TRUNK ではもともと、入門コース → ブートキャンプ → 無料講座の提供とインターン → 企業への就職という一連の流れで支援サービスを提供してきたが、Workschool は、この中のブートキャンプの機能のみをスピンオフさせ、単独サービスとして提供するものだ。ログイン ID は TRUNK のものが共有でき(シングルサインオン)、ユーザは TRUNK と Workschool の両方、または、どちらか一方を単独で利用可能だ。

左から3つ目「ブートキャンプ」のファンクションがスピンオフし、
Workschool としてオンラインで利用できる。
Image credit: Trunk

TRUNK では、同社が持つ「教育は本来無料で提供されるべきもの」という信念から、学生には完全無料でサービスが提供されている。TRUNK が提供するサービスは、学生がインターンに受かるところまでスキルアップ支援することを一つの目安にしているが、一方で企業がインターンに求める内容も少しずつ変化しているのだという。

インターンには有給のものと無給のものがあるが、最近は、企業側もネガティブな評価を受ける可能性を排除したくて、インターンに時給を支払うところが増えている。そうすると、時給を払う以上、(アルバイトと同じく)最低限のレベルの仕事はこなせることを求めるようになってきた。プログラマのインターンであれば、ちょっとしたくらいのプログラムは書いてほしい……といった具合に。(CTO 布田隆介氏)

すなわち、以前に増して座学だけではダメで、会得した知識の実用力が求められるようになっており、ブートキャンプの重要性がより高まってきたというわけだ。「教育のエコシステム」を形成する意図もあって、このブートキャンプは TRUNK 単体ではなく、TRUNK に参加するパートナー企業も社内の人材を拠出する形で運営されてきた。「知見やリソースが十分に蓄積されてきたこともあり、より広い層の学生に機会を提供できるようになった」と、プロダクトオーナーの川崎暑士氏(TRUNK テックリード)は Workschool ローンチの背景を語ってくれた。

学生だけでなく、U-29 にまで対象を広げる

左から:プロダクトオーナーの川崎暑士氏(TRUNK テックリード)、布田隆介氏(TRUNK CTO)
Image credit: Masaru Ikeda

Workschool の発表とあわせ、TRUNK は対象ユーザを学生のみならず、U-29(29歳未満)にまで広げることを明らかにした。学生ではないものの、20代で職業を経験していなかった人、アルバイトで生活して定職に就いていなかった人、そして、異業種から IT やビジネスマネジメント業界に入りたい人など、さまざまなニーズを取り込み、就職をフォローアップしていくのが狙いだ。

事業形態は異なるが、カリキュラムを提示しユーザに自助的に学習してもらいジョブチェンジを促す、という点では、フランスの連続起業家・投資家の Xavier Niel 氏がパリやシリコンバレーで展開する学校 Ecole 42 などにも似た印象を受ける。中国などでは、IT 大手企業などが将来の人材確保のために自ら大学を開設するケースも少なくない。そして労働人口が逼迫する日本でもやはり、エンジニアやビジネスパーソンを育てる需要は高く、TRUNK や Workschool に対する期待も大きい。

人材は育てるところからやらないといけない。そこに共感してくれる会社とやっていく。(布田氏)

Workschool が提供するコースの一覧(2019年9月2日現在)
Image credit: Trunk

TRUNK には現在40社のパートナーがいるが、そのうち、どの程度の企業が Workschool にカリキュラムを提供・協業するかは未定。ただ、Workschool を使うことで、既存の TRUNK よりも応募の間口が広がり、ブートキャンプのプログラム提供が効率化されることから、今後、多くが参加することが期待されるとのことだ。

最新技術を使ったツールの開発に加え、「参加者への(開発のための)サーバ環境の提供、IT 以外にも営業・マーケティングなど総合職全般のカリキュラムを提供できるようにしたい」と、布田氏や川崎氏の Workschool の将来に向けた夢は大きい。

TRUNK は2014年10月に創業、今年3月には人材大手のディップ(東証:2379)が TRUNK を関連会社化した。布田氏は、ソフトウェア系特化ファンドの MIRAISE の CTO も務めている

<関連記事>

----------[AD]----------

ソフトウェア系特化ファンドのMIRAISEに、学生向け教育サービス「TRUNK」CTOの布田隆介氏がジョイン——5社への投資実行も明らかに

SHARE:

写真のドレッドヘアの人物に見覚えがある読者は少なくないだろう。学生向け教育サービス「TRUNK」の CTO 布田隆介氏だ。3月に人材大手のディップ(東証:2379)が TRUNK を関連会社化したことが発表されたが、節目を経て、今月からソフトウェア系特化ファンドの MIRAISE に CTO として参画することが明らかになった。MIRAISE と TRUNK には事業的なシナジーが期待できるため、…

左から:MIRAISE パートナーの岩田真一氏、CTO に就任した布田隆介氏
Image credit: Masaru Ikeda

写真のドレッドヘアの人物に見覚えがある読者は少なくないだろう。学生向け教育サービス「TRUNK」の CTO 布田隆介氏だ。3月に人材大手のディップ(東証:2379)が TRUNK を関連会社化したことが発表されたが、節目を経て、今月からソフトウェア系特化ファンドの MIRAISE に CTO として参画することが明らかになった。MIRAISE と TRUNK には事業的なシナジーが期待できるため、布田氏は TRUNK の CTO も兼任し、二足の草鞋を履くことになる。

布田氏の経歴は多彩だ。大学在学時には法曹界を目指していたが、2011年に発生した東日本大震災で、布田氏の出身地でもある東北地方が大きな被害を受け、ボランティア活動を経験。これをきっかけに、布田氏は IT の世界へと進むことになる。以降、ACCESSPORT、カヤックなどでエンジニアを務めた後、2015年7月設立の TRUNK に加わる。TRUNK は職業スキルを獲得したい学生に、エンジニアやデザイナーなど12職種の養成コースを提供していて、卒業後の学生を社員として迎えることに関心のある企業と提携、5,200名ほどからなる学生のコミュニティを運営している。

MIRAISE にやってくる起業家はソフトウェア志向であるため、経営知識やビズデブ力が強くないケースもある。一方で、TRUNK にやってくる学生の中には、「起業の実際」を肌で体感したい人も多い。MIRAISE と TRUNK が手を組むことで、双方に所属するコミュニティメンバーが相互補完的に利益を享受できる可能性が生まれる。

5月8日、EDGEof で開かれた Autify の近澤良氏を招いての勉強会「MIRAISE Class Vol.2」
Image credit: Masaru Ikeda

岩田氏(MIRAISE パートナーの岩田真一氏)と布田氏という、共にエンジニアとしてのバックグラウンドを持ちながら、世代の異なる二人が交わることで生まれるシナジーにも注目したい。岩田氏は、MIRAISE の投資先のスタートアップに TRUNK の学生がインターンで参加したり、共にアプリケーションを開発したり、また、自身が以前 Kauffman Fellows のプログラムで体験した「Peer Learning」のような仕組みも取り入れていきたいと抱負を語ってくれた。

先日、インタビューで東京・渋谷の EDGEof を訪ねた際にも、日本人起業家とした初めて Alchemist Accelerator に参加した Autify の近澤良氏を招いての勉強会が開かれていた。こういった勉強会も MIRAISE と TRUNK が共同で運営していく活動の一部だ。TRUNK もまた、これまで学生を中心にサービスを提供してきたが、今後社会人などにもアプローチしていくとしており、双方のコミュニティが交わることで、集まる人々の層が厚くなることが期待できる。これからの動向に注目したい。

なお、MIRAISE がこれまでに投資実行したスタートアップ5社が明らかになった。2月のファンド組成時には、「GPU Eater」を開発する Pegara、店舗横断 CRM を開発する「いまチカ」への出資が明らかになっていたが、最近までステルスとされていた AI 活用の交通安全スタートアップ Supervaisor(先月、エストニア国家 CIO を務めた Taavi Kotka 氏らから120万ユーロを調達)、昨年ローンチしたサブスク型サービス向け予実管理分析ツール「KINCHAKU」運営の SETE MARESリリース)、そして、昨日発表となった〝エンジニア版 NewsPicks〟の「AnyPicks(エニーピックス)」運営のロケッタがポートフォリオに加わった。

----------[AD]----------

学生1,000名超が登録、企業によるトレーニングを大学在学期間中に受けて就職活動に活かせる「TRUNK」

SHARE:

人材系のサービス、中でも新卒採用に着目したサービスの登場が相次いでいます。大学生に向けて展開する「TRUNK」は、新卒の採用支援やインターンの採用支援を提供しています。学生は、エンジニア・デザイナー・コンサルティングセールス・マーケターの4職種の基礎スキルを現場のプロから学び、トレーニングを受けることが可能。現在、1,000名を上回る学生が登録しています。 新卒採用は、どうしてもポテンシャル採用に…

Trunk

人材系のサービス、中でも新卒採用に着目したサービスの登場が相次いでいます。大学生に向けて展開する「TRUNK」は、新卒の採用支援やインターンの採用支援を提供しています。学生は、エンジニア・デザイナー・コンサルティングセールス・マーケターの4職種の基礎スキルを現場のプロから学び、トレーニングを受けることが可能。現在、1,000名を上回る学生が登録しています。

新卒採用は、どうしてもポテンシャル採用になってしまいがち。学生の現場でのスキルやアウトプットなどを見た上で採用できるようにと、TRUNKは学生が受けるトレーニングを企業が開催する仕組みです。トレーニングには、実績・制作物などによって設定された合格基準が設けられており、それを突破すると、スカウトなどの形で学生と企業が繋がる流れです。

TRUNKを活用する企業数は、現在40社以上。ネットクリーニング事業で知られるホワイトプラスや、Web制作会社のLIGなどが参加しています。これまでの累計トレーニング数は400件を突破。企業だけでなく、大学や専門学校などと連携したトレーニング実績も10回を超えています。

TRUNKは、同社のCEOである西元涼さんが前職で感じた3つの課題をきっかけに誕生しました。まず、企業による新卒採用がほぼ完全にポテンシャル採用であること。採用後にじっくり教育すると謳う企業でも、しっかり時間をかけて教育を施すところがほとんどないこと。時間に余裕がある在学期間中の大学生に、就職してから役立つ実務的なスキルや知識を学ぶ機会がないこと。こうした課題に対して、TRUNKで解決を試みます。

今後は、TRUNKをサポートするさまざまな機能やアプリなどを開発していく予定。また、構えて臨むのではなく、学生がちょっとした空き時間にトレーニングを受けられるような、手の届きやすい選択肢にしていくことを目指していきます。

----------[AD]----------