BRIDGE

タグ Withings

Withings設立者が語る、Nokia Techがシリコンバレーで最も恐れられる「スタートアップ」である理由

SHARE:

Withingsの共同設立者Cédric Hutchings氏は、Nokiaに自身の会社を売却したことはゴールではなく新たなスタートであると明言した。 パリを拠点とし、コネクティッドヘルスデバイス業界を牽引するWithingsが今年、フィンランドのNokiaに1億9,200万米ドルで売却されたことが発表された時は少し驚いた。フランスでは、大きなエグジットへの驚喜から、Withingsが独立したフラ…

Above: Withings CEO and cofounder Cédric Hutchings, now executive vice president at Nokia Technologies. Image Credit: Vimeo
上: WithingsのCEO・共同創業者のCédric Hutchings氏、現在はNokia Technologiesのバイスプレジデントを務める
Image Credit: Vimeo

Withingsの共同設立者Cédric Hutchings氏は、Nokiaに自身の会社を売却したことはゴールではなく新たなスタートであると明言した。

パリを拠点とし、コネクティッドヘルスデバイス業界を牽引するWithingsが今年、フィンランドのNokiaに1億9,200万米ドルで売却されたことが発表された時は少し驚いた。フランスでは、大きなエグジットへの驚喜から、Withingsが独立したフランス大手企業に成長する可能性がなくなったことへの落胆まで、さまざまな反応が見られた。

Hutchings氏はこういった反応を理解しているが、彼にとってこの取引はビジネスを加速させ、巨大な規模に成長させるためのものだ。今回その武器となるのは言うまでもなく、彼が現在働く企業Nokia Technologiesである。

「私たちには大きな目標があるのです」とHutchings氏は言う。「Nokia Techは新しい会社です。Nokiaで新たに種をまき、ビジネスを構築するには非常に強力なポジションにつけています」。

今日、ニューヨーク市のLa French Touch ConferenceにてHutchings氏にインタビューすることができた。フォローアップインタビューではオフステージでも話をした。

これにより、Nokiaをより深く理解し、Withingsがどのように生かされるかがわかった。2008年にHutchings氏とÉric Carreel氏が設立したWithingsは、Activitéスマートウォッチ、Pulseフィットネストラッカーといったヘルスコネクティッドデバイスラインを開発し、最近ではScalesというコネクティッドバスルーム用体重計を発表している。

Withingsがさらなる商品の開発を約束し、順調な成長を続けていたおり、突然Nokiaとの取引が浮上したかのように思われた。これほどまでに驚いたのは、Nokiaが数年前、かつては強力な商品であった携帯電話ビジネスの残りをMicrosoftに売却し、コンシューマーテックから身を引いたことが広く知られていたためである。

代わりに、Nokiaは自社ネットワークビジネスに注力し、フランスのAlcatelを買収して賭けに出ると思われていた。現在、この案件はより大きな企業Nokia Groupの一部となっており、同社収益の90%以上を占めている。

しかし、Nokiaは自社を変革し、サニーベールを拠点として約800人の従業員を擁するNokia Technologiesを立ち上げた。

Nokiaは新しく設立したNokia Technologiesに自社特許3万件を移した。Hutchings氏によると、これらの特許収入は年間8億米ドルになるという。また、同社は2015年、マッピングユニットHereの売却によりさらなる資金を得ている。

それがまさにNokia Technologiesがシリコンバレーで最も恐れられる会社である所以だ。テコ入れが必要なレガシービジネスがなく、豊富な軍資金、最高級のエンジニアと多彩な市場に参入する意気込みを備えている。

Nokia Techが初めて大きく取り上げられたのは、昨年OZOバーチャルリアリティカメラを開発したDigital Mediaビジネスグループを立ち上げた時のことだ。

次に注力するのはデジタルヘルス分野であったため、同社はWithingsと200人の従業員の吸収を決断することとなった。Hutchings氏は今後このビジネスを運営し、Nokia Tech社長Ramzi Haidamus氏へ直接報告を行うこととなる。

Hutchigs氏はNokiaが考えている他の分野については言及していないが、Nokiaがその他分野へ積極的に参入していくこと、そして大きなインパクトを与えるリソースがあることを明らかにした。

これらはすべて、Nokia Technologiesがコンシューマーテックに向けて加速することの裏付けに他ならない。Withingsはそのアグレッシブさと大きなビジョンを受け、買収を受け入れたのだ。

Hutchings氏はこう語った。「私たちはとてつもなく大きな企業の一部になるのです」。

関連記事:デジタルヘルス製品Withingsの買収から見えるNokiaのビジョンとは?

【via VentureBeat】 @VentureBeat
【原文】

----------[AD]----------

デジタルヘルス製品Withingsの買収から見えるNokiaのビジョンとは?

SHARE:

<ピックアップ>Nokia enters the digital health realm with $192 million acquisition of France’s Withings Nokiaがデジタルヘルス関連製品を開発するフランスのスタートアップWithingsを買収する予定であることを発表した。 2008年にパリで創業したWithingsはこれまで3000万ドルの資金を調達してお…

 via Flickr by “A Health Blog“. Licensed under CC BY-SA 2.0.
via Flickr by “Jon Russell“. Licensed under CC BY-SA 2.0.

<ピックアップ>Nokia enters the digital health realm with $192 million acquisition of France’s Withings

Nokiaがデジタルヘルス関連製品を開発するフランスのスタートアップWithingsを買収する予定であることを発表した。

2008年にパリで創業したWithingsはこれまで3000万ドルの資金を調達しており、パリの他に米国、香港などの複数の拠点で200名ほどの社員がいるそうだ。同社はこれまで、スマートウォッチやフィットネスバンド、睡眠トラッカー、体温計などといったデジタルヘルス関連の製品を開発してきた。Nokia によるWithingsの買収額は1億9200万ドルといわれる。

今回の買収から見える、Nokiaの事業戦略はどのようなものだろう?

これまで地図事業のHereを売却したり、携帯電話事業をMicrosoftに売却したりと、スマートフォンの波に乗り遅れてかつての携帯電話業界の王座を失ったNokiaは事業の立て直しに奔走してきた。

Nokia には現在ブロードバンド事業のNokia Networksと、これまでのNokiaブランドを維持するためのNokia Technologiesの二つの柱がある。360度VRカメラのOzoもNokia Technologiesの事業に含まれ、今回買収したWithingsもまた、Nokia Technologiesの事業に加わることになる。

Withingsの買収でNokiaが目指すのはIoT事業の強化であると、Nokia はコメントしている。今年2月にバルセロナで開催された Mobile World Congressでは、3億5000万ドルのIoTファンドを設立を発表。昨年秋にはフランスのネットワーク機器企業Alcatel-Lucentも買収し、「次世代ネットワークテクノロジー・サービスの開発」への意気込みを語っていた。

今回の買収はIoTへのNokiaのシフトを加速させるものであることは間違いない。

スマホの登場後に失速したNokiaがまた大きな存在感を示すようになる日が近づいているのかもしれない。

関連記事:Nokiaが5Gネットワーク対応を宣言、3億5,000万ドルのIoTファンドを設立、そしてセキュリティ企業Nakinaを買収

via VentureBeat

----------[AD]----------

運動すると生命保険料が安くなる?アクティビティトラッカー「Withings」と保険会社「AXA」が提携

SHARE:

<ピックアップ> Reduce your Health Insurance bill by tracking steps with wearables ロシアのアルファ銀行が発表した、適度な運動をした人だけが利用できる年6%という高利息で貯蓄できる口座が話題になっていました。「Fitbit」や「Jawbone Up」などのフィットネス系アプリと連携することで機能するそう。 フランスのフ…

Withings_Pulse

<ピックアップ> Reduce your Health Insurance bill by tracking steps with wearables

ロシアのアルファ銀行が発表した、適度な運動をした人だけが利用できる年6%という高利息で貯蓄できる口座が話題になっていました。「Fitbit」や「Jawbone Up」などのフィットネス系アプリと連携することで機能するそう。

フランスのフィットネス・トラッカー「Withings Pulse」も似たような取り組みを始めるみたい。フランス・パリ近くのイシー=レ=ムリノーを拠点とするスタートアップが組んだのは、フランスの保険会社「AXA」です。

なんと、AXAの保険に加入する顧客に、小売価格99ユーロのWithings Pulseを無料で贈呈。また、毎日7,000歩または10,000歩以上歩くことを一ヶ月続けた頑張り屋さんに対して、保険料が最大100ユーロ割引される。

健康的であれば、将来病気にかかるリスクなどが下がって、保険会社にとってもハッピーなシナリオが生まれる。

歩数計やアクティビティ・トラッカーが、保険会社などと組むことで、利用者に対して直接的なメリットを提供できるのは面白いね。このモデルが証明されれば、今後こういう取り組みはもっと増えそう。

Via RudeBaguette【G翻訳】

 

----------[AD]----------