タグ WoodFill

木のような質感のオブジェクトの出力が可能となる3Dプリンター用フィラメント「WoodFill」

SHARE:

BRIDGE Members BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。 BRIDGE Canvasの購読 メンバー向けDiscordご招待 BRIDGE Tokyoなどイベントご招待 無料メンバー登録 オランダの3Dプリンター用フィラメン…

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録

colorfabb_woodFill_fine-580x640

オランダの3Dプリンター用フィラメントメーカーのColorFabbが、木のような質感のオブジェクトを出力できるフィラメント「WoodFill」を販売している。

「WoodFill」は70%のPLAと30%のリサイクル木材繊維が混合されており、PLAをプリントするときと同じ温度で利用することが出来るという。

「WoodFill」は、「WoodFill fine」と「WoodFill coarse」の2種類が展開されており、「WoodFill fine」は標準的な0.4mmのノズルでプリントが可能だが、「WoodFill coarse」は0.8mmのノズルが必要となる。印刷速度は50~80 mm/s、積層ピッチは0,25~0,3mmの組み合わせがより良いパフォーマンスを発揮するとのこと。

IMG_2328-1-580x870

このWoodFillを使用して上記のようなオブジェクトの出力が可能だ。

また、デザイナーのChris van den Elzen と Judith van Vliet が『EXCIDIUM』というWoodFillを使った靴を発表している。アッパーにはカーフレザーが使われているが、厚底の部分はWoodFillを使って3Dプリンターで出力されているとのこと。木材を組み合わせたような質感が、WoodFillを使用することによって表現されている。

soft-grey-copper-chrisvandenelzen1-580x829

WoodFill Fine』はColorFabb社のサイトで39.95ユーロで購入可能だ。

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録