BRIDGE

タグ YouthsToday

Gobi Partnersが、東南アジアで多種のECサイトを運営するNurenのシリーズAラウンドをリード

SHARE:

東南アジアにフォーカスしている VC 投資企業の Gobi Partners による資金提供ラッシュが続いているようだ。このベンチャーファンドは、マレーシアの e コマースグループ Nuren が行った200万米ドルのシリーズ A ラウンドを主導し、今週(原文掲載日:3月23日)3回目となる案件を完了したと発表した。 同 VC による投資としては、オンデマンドサービスのスタートアップ RecomN…

Nuren Groupチーム
Nuren Groupチーム

東南アジアにフォーカスしている VC 投資企業の Gobi Partners による資金提供ラッシュが続いているようだ。このベンチャーファンドは、マレーシアの e コマースグループ Nuren が行った200万米ドルのシリーズ A ラウンドを主導し、今週(原文掲載日:3月23日)3回目となる案件を完了したと発表した。

同 VC による投資としては、オンデマンドサービスのスタートアップ RecomN若者向けスポンサープラットフォームの YouthsToday に続くものだ。

Nuren Group は今回獲得した資金を、提供商品・サービスの向上、新たな人材の採用、e コマース機能の改善に活用する予定だ。また、同社公式声明によると、ターゲットとする全ての市場と業界においてユーザ数と売上の増加を加速させる計画もあるという。

今回の投資により同社は、ブライダルイベント、ウェディングワークショップ、結婚式場とのパートナーシップ、婚姻届サービスなど、オフラインのチャネルも強化することができる。

Nuren の設立者兼 CEO の Petrina Goh 氏はこう述べている。

弊社ではオンラインでのプレゼンスに加えて、ユーザベースを拡大するために結婚支援団体や母親コミュニティといった業界のプレーヤーと強力なパートナーシップを構築してきました。ブライダルフェア、子育てフェアの運営者や雑誌の出版社とも提携しています。当社はこのようにして、ユーザが結婚式や家族計画を検討し始める際、早い段階に包括的な方法でユーザとうまく関われることを確実なものにしているのです。

同社は2013年9月に Goh 氏と Kelvin Leow 氏(CTO)、Stacey Lee 氏(COO)、Alice Ong 氏(CSO)により設立された。

Nuren は女性専用のコンテンツ、コミュニティ、e コマースのプラットフォームだ。同社は結婚式向けの Wedding.com.my(マレーシア)と Nuren.sg(シンガポール)の e コマースプラットフォームを運営しているほか、ユーザがアイデアの発見、販売業者の検索、ネット通販が可能な Motherhood.com.my も運営している。

このスタートアップは e コマースサービスにコンテンツとコミュニティを使ったアプローチを採用している。ここではユーザが互いにやり取りし、関わり合い、アイデアを共有できる。他にも同社は業界ベンダーがユーザとつながり、顧客を獲得して販売まで行えるオンラインプラットフォームとしても機能している。

Wedding.com.my は新婚カップルに対し、ウェディングプランニングのワンストップショップサービスを提供しており、ユーザが結婚式を便利かつお手頃価格で計画できるような様々な商品・サービスを提供している。利用できるアイテムとしては花嫁・花婿用の衣装、メイク・美容関係用品、ギフトやカード類、結婚式場にデコレーション、旅行やハネムーン、さらには写真やビデオ撮影の式場サービスなどがある。

さらに、Nuren に在籍するウェディングプランニングチームによる結婚コンサルサービスも提供している。

Motherhood.com.my は、新米の母親や妊婦が自身そして子どものケアをする上で頼りにできるウェブサイトだ。現在はコンテンツとディレクトリのポータルとして運営されているが、今年半ばにはマタニティ、乳幼児カテゴリーで重要な商品・サービスを提供するマーケットプレイス機能を正式にローンチする予定である。このサイトでは幼児ブランドや企業が自社製品やサービスを母親に提供できる。利用できるアイテムやサービスには、おむつ、離乳食、幼児食、食事用の小物、ベビーカーや関連用具、授乳用品、ベッド周り用品、おもちゃ、衣服、早期教育の教材・課程などがある。

ローンチ以降、同社は30万組の新婚カップルを1,500のベンダーとつないだ実績を持つ。

今後2年をかけて、Nuren は100万組のカップルにアクセスして、東南アジア5ヶ国でのプレゼンス確立を目指すという。

Nuren は以前、100万マレーシアリンギット(25万米ドル)を N Capital Partners と2人のエンジェル投資家から調達したことがある。

【via e27】 @E27co

【原文】

----------[AD]----------

#AEA2014: 精神疾患に効能のあるウエアラブル・ベスト、シンガポールの「T.Ware」がグランプリを受賞

SHARE:

15日、東京郊外にある柏の葉スマートシティで、アジア・アントレプレナーシップ・アワード2014が開催され、シンガポールのウエアラブル・スタートアップ T.Ware がグランプリを受賞した。 このイベントは、地元のNPOやインキュベータ、東京大学や三井不動産らを中心に年に一度開催されており、アジア各国から将来有望なアイデアを持った起業家が一堂に会し、3日間をかけて、ネットワーキングを楽しんだり、メン…

aea2014-broaderview_onstage

15日、東京郊外にある柏の葉スマートシティで、アジア・アントレプレナーシップ・アワード2014が開催され、シンガポールのウエアラブル・スタートアップ T.Ware がグランプリを受賞した。

このイベントは、地元のNPOインキュベータ、東京大学や三井不動産らを中心に年に一度開催されており、アジア各国から将来有望なアイデアを持った起業家が一堂に会し、3日間をかけて、ネットワーキングを楽しんだり、メンタリングを受けたりした後、ピッチ・コンテストで優勝の座を争った。

本稿では1位〜3位までに入賞したスタートアップを紹介しよう。

【グランプリ・1位】T.Ware(シンガポール) 賞金300万円

aea2014_t.ware_onstage

T.Ware は空気による圧力によって、擬似的に包容されたかのような感覚を着用者に与えることができる、ウエアラブルなベスト「T.Jacket」を開発している。セラピスト、大学研究者、精神科医と共同開発しており、感覚探索症や感覚過敏症に苦しむ人を助ける。

圧力はスマートフォンから遠隔で制御可能だ。感覚処理障害(SPD)、自閉症スペクトラム(ASD)、注意欠陥・多動性障害(ADHD)、アルツハイマー型痴呆症、心的外傷後ストレス障害(PTSD)などの悩む人々の症状の改善に効果がある。

t.ware

【2位】Gissco(タイ) 賞金100万円

aea2014_gissco_onstage

エンジン部品などの作成に用いられる、金型鋳造法をダイガストと呼ぶ。通常のダイガストでは、金属を高温で溶解して液体にし、鋳型に流し込み冷却して固形化するのを待つ。しかし、この過程で製造中の部品にひび割れが生じることがしばしばあり、こぼれ率が30%にも上る。

Gissco が開発した方法では、金属を溶解する段階でその液体を空気泡で撹拌、semi-solid(仮訳:半固体)の状態にゲル化する。これにより、鋳型に流し込んだときに素早く固まり、ひび割れが生じにくくなる。こぼれ率は10%にまで改善される。高温溶解する必要がなく、素早く固形化するため冷却に要する時間も短くなり、全体として部品製造の生産効率が著しく向上する。

【3位】YouthsToday(マレーシア) 賞金50万円

aea2014_youthstoday_onstage

YouthsToday は、ブランドが運営するイベントにユーザが登録・参加することで、景品・交換ができるプラットフォーム。ブランドにとっては、バイラルに影響力のあるユーザを味方につけることで、コスト・パフォーマンスの高いマーケティングが実施できるメリットがある。景品には、H&M のバウチャー、スターバックス・コーヒーのバウチャーなど多数用意されている。

現在はマレーシアのイベントのみを対象に運営されているが、今後はアジア諸国、ヨーロッパ、ひいては、アメリカなどにもサービス提供地域を拡大して行きたいとのことだ。


このイベントのスコープはアジアの起業家を対象にしたピッチ・コンテストであり、日本を含む各国のスタートアップが参加していたが、残念ながら日本のスタートアップはファイナリストに残ることができなかった。アジア各国の現地インキュベータや大学など研究機関が推薦する形で、エントリするスタートアップが選ばれるため、イベントに参加する以前の段階で、既に技術やビジネスモデルが確立されていたり、ビジネスがマネタイズできていたりするケースが多いようだ。

とかくデジタルなもの、インタンジブルなものに傾倒しがちなアジアのスタートアップ・シーンだが、このイベントでは技術を礎にしたアジア出身のスタートアップに数多く会うことができ、貴重な機会となった。毎年概ね5月上旬にエントリが締め切られるようなので、次回のアジア・アントレプレナーシップ・アワード2015への登壇に興味のあるスタートアップは、ぜひ来春、イベントのサイトをチェックして挑戦してみてほしい。

----------[AD]----------