BRIDGE

タグ Gobi Partners(戈壁創投)

Gobi Partners(戈壁創投)、元ソニー会長の出井伸之氏を日本スタートアップ発掘のアドバイザーに任命

SHARE:

北京を拠点とする VC である Gobi Partners(戈壁創投)は、出井伸之氏を日本市場向けのアドバイザーに任命したと発表した。 出井氏は、日本の家電大手ソニーの会長兼グループ CEO を2015年まで務めた。のちに、企業変革とネットワーク構築を通じて、テクノロジー主導のベンチャー企業が競争力を強化できるよう支援する、エグゼクティブアドバイザリー企業クオンタムリープを設立した。 出井氏は G…

Gobi Partners アドバイザーに就任した出井伸之氏
Gobi Partners

北京を拠点とする VC である Gobi Partners(戈壁創投)は、出井伸之氏を日本市場向けのアドバイザーに任命したと発表した。

出井氏は、日本の家電大手ソニーの会長兼グループ CEO を2015年まで務めた。のちに、企業変革とネットワーク構築を通じて、テクノロジー主導のベンチャー企業が競争力を強化できるよう支援する、エグゼクティブアドバイザリー企業クオンタムリープを設立した。

出井氏は Gobi Partners と協力し、東南アジアにビジネスを拡大できる可能性のある、日本のスタートアップの発掘にあたる。

出井氏は、報道声明の中で次のように語っている。

日本の若い世代のために自分の知識、経験、そして豊富なネットワークを共有し、将来の競争力を確保するために、クオンタムリープ株式会社を設立しました。今日も私の使命は変わりません。日本の企業が他のアジア諸国とのネットワークを築き、次世代のグローバル企業やリーダーに成長し、発展する機会を提供していきたいと考えています。(日本語原文ママ)

Gobi Partners は、出井氏の任命が同社の「屈み込んだパンダ、隠れたバク(Crouching Panda, Hidden Tapir)」戦略の一部だとしており、北東アジアと東南アジアのベンチャーキャピタルエコシステムの接続を目指す。

同社は次のように説明している。

中国、日本、韓国の「屈み込んだパンダ(Crouching Panda)」経済圏は今日のアメリカと同等であり、ソニー、LG、Huawei(華為)などの同地域の企業は、コンシューマーブランドの世界的リーダーです。​当社は、これらの企業を東南アジア経済・企業の「隠れたバク(Hidden Tapir)」と結びつけることにより競争 力がある市場が確立されていくと信じています。2050年にはインドネシアだけで世界第4位の経済大国になるなど、実際に ASEAN 地域は急速に拡大している消費者市場があります。

【via e27】 @E27co

【原文】

----------[AD]----------

Gobi Partners、マレーシアのEコマーススタートアップHermoの持分株式をアイスタイルに売却

SHARE:

ベンチャーキャピタル企業の Gobi Partners は、マレーシアの e コマーススタートアップ Hermo の持分を日本のアイスタイルに売却したと声明で発表した。 Hermo はブランドオーナーや流通業者と緊密に連携を図り、女性向けにお手頃価格の化粧品やスキンケア製品を販売している。同時に、ファッション関係のインサイトや美容のヒントとなる情報を提供している。 東証1部上場企業のアイスタイルは…

hermo-team
Hermo チーム
Photo credit: Gobi Partners.

ベンチャーキャピタル企業の Gobi Partners は、マレーシアの e コマーススタートアップ Hermo の持分を日本のアイスタイルに売却したと声明で発表した。

Hermo はブランドオーナーや流通業者と緊密に連携を図り、女性向けにお手頃価格の化粧品やスキンケア製品を販売している。同時に、ファッション関係のインサイトや美容のヒントとなる情報を提供している。

東証1部上場企業のアイスタイルは化粧品ポータルのアットコスメを運営している。

Gobi は IRR(内部収益率)91%でイグジットしたこと以外、取引の詳細を明らかにしていない。

ただ、少し前にアイスタイルからの情報としてロイターが報じたところによると、同社は Hermo の持分60%を、上海を拠点とする VC から1,320万米ドルで買い取る予定とのことであった。Gobi の広報担当はこの報道を事実と認めた。

Gobi は、マレーシアでの投資で Malaysia Venture Capital Management Bhd (MAVCAP)と提携しており、2015年10月に行われたシリーズ A ラウンドでは Hermo に200万米ドルを投じた唯一の投資家だった。同社はアイスタイルとの取引を決めた理由として、この会社の国際的な企業としての成長と、アジア北部市場での戦略的なポジショニングの実績を挙げた。

Gobi のパートナーである Kay-Mok Ku 氏は次のように述べている。

Hermo への追加投資について、昨年来、アイスタイルと議論を重ねてきました。話し合いが進むにつれて、 両社の共通ビジョンを実現するための最も効果的な方法は買収であることが判明したのです。Hermo がマレーシアで大きな存在感を持っていることも要因の一つでした。

Hermo のチームには今後、他の東南アジア市場へのスケールアップを通して、さらに成功してほしいと願っています。

Gobi が投資を行ったことで、Hermo は2016年に前年比300%の増収を達成した。

MAVCAP もまた、今回の取引(今年初めてのイグジット)で力を与えられた。 CEO の Jamaludin Bujang 氏は次のように述べた。

私たちが Gobi Partners のようなベンチャーキャピタル企業との協力を継続すれば、マレーシアのスタートアップが成し遂げられる潜在力が示されました。ローカルな企業が世界展開できるのです。

シリーズ A ラウンド以前のエンジェルラウンドで Hermo に投資したのは、Crystal Horse Investments と Tan Swee Yeong 氏だった。

【via Tech in Asia】 @techinasia

【原文】

----------[AD]----------

インドネシアの写真共有アプリ大手「PicMax」と中国の写真加工アプリ大手「Camera360」が戦略的提携関係を締結

SHARE:

インドネシアの写真共有アプリ「PicMix」と中国の写真加工アプリ「Camera360」は、相互に戦略的提携関係を締結したと発表した。この提携のもと、Camera360 は同社の SDK を PicMax のプラットフォームに連携、東南アジアを中心とする PicMax のユーザが Camera 360 の機能を利用できるようになる。また、この機能実装により、PicMax は、写真をベースとするソー…

picmix-camera360_screenshots

インドネシアの写真共有アプリ「PicMix」と中国の写真加工アプリ「Camera360」は、相互に戦略的提携関係を締結したと発表した。この提携のもと、Camera360 は同社の SDK を PicMax のプラットフォームに連携、東南アジアを中心とする PicMax のユーザが Camera 360 の機能を利用できるようになる。また、この機能実装により、PicMax は、写真をベースとするソーシャル機能を強化し、今後数カ月の間に、新製品や新機能を追加公開するとしている。

Camera360 と PicMix は共に、中国と ASEAN を対象とするスタートアップ向け VC である Gobi Partners から出資を受けており、今回の提携は、それぞれ中国とアジアを市場ターゲットとし、同じ VC を投資家に持つ両社にとって、機能とマーケティングの両方の観点から相互補完的な意味がある。

PicMix は2012年、Blackberry 向けの写真共有アプリとしてローンチし、その後、他のスマートフォンプラットフォームにも対応を拡大。2016年4月に Gobi Partners から300万ドルを調達し(シリーズAラウンド)、インドネシアを中心に現在2,800万人のユーザを擁する。

一方、Camera360 は2010年にローンチし、2012年5月に Gobi Partners と Matrix Partners から500万ドル(シリーズAラウンド)、2013年8月に Gobi Partners、Matrix Partners、海納国際集団(Susquehanna International Group)から1,800万ドル(シリーズBラウンド)を調達。中国を中心に現在7億人を超えるユーザを擁し、プラットフォーム上には毎秒3,000枚の写真が投稿されている。

<関連記事>

----------[AD]----------

Gobi Partnersが、東南アジアで多種のECサイトを運営するNurenのシリーズAラウンドをリード

SHARE:

東南アジアにフォーカスしている VC 投資企業の Gobi Partners による資金提供ラッシュが続いているようだ。このベンチャーファンドは、マレーシアの e コマースグループ Nuren が行った200万米ドルのシリーズ A ラウンドを主導し、今週(原文掲載日:3月23日)3回目となる案件を完了したと発表した。 同 VC による投資としては、オンデマンドサービスのスタートアップ RecomN…

Nuren Groupチーム
Nuren Groupチーム

東南アジアにフォーカスしている VC 投資企業の Gobi Partners による資金提供ラッシュが続いているようだ。このベンチャーファンドは、マレーシアの e コマースグループ Nuren が行った200万米ドルのシリーズ A ラウンドを主導し、今週(原文掲載日:3月23日)3回目となる案件を完了したと発表した。

同 VC による投資としては、オンデマンドサービスのスタートアップ RecomN若者向けスポンサープラットフォームの YouthsToday に続くものだ。

Nuren Group は今回獲得した資金を、提供商品・サービスの向上、新たな人材の採用、e コマース機能の改善に活用する予定だ。また、同社公式声明によると、ターゲットとする全ての市場と業界においてユーザ数と売上の増加を加速させる計画もあるという。

今回の投資により同社は、ブライダルイベント、ウェディングワークショップ、結婚式場とのパートナーシップ、婚姻届サービスなど、オフラインのチャネルも強化することができる。

Nuren の設立者兼 CEO の Petrina Goh 氏はこう述べている。

弊社ではオンラインでのプレゼンスに加えて、ユーザベースを拡大するために結婚支援団体や母親コミュニティといった業界のプレーヤーと強力なパートナーシップを構築してきました。ブライダルフェア、子育てフェアの運営者や雑誌の出版社とも提携しています。当社はこのようにして、ユーザが結婚式や家族計画を検討し始める際、早い段階に包括的な方法でユーザとうまく関われることを確実なものにしているのです。

同社は2013年9月に Goh 氏と Kelvin Leow 氏(CTO)、Stacey Lee 氏(COO)、Alice Ong 氏(CSO)により設立された。

Nuren は女性専用のコンテンツ、コミュニティ、e コマースのプラットフォームだ。同社は結婚式向けの Wedding.com.my(マレーシア)と Nuren.sg(シンガポール)の e コマースプラットフォームを運営しているほか、ユーザがアイデアの発見、販売業者の検索、ネット通販が可能な Motherhood.com.my も運営している。

このスタートアップは e コマースサービスにコンテンツとコミュニティを使ったアプローチを採用している。ここではユーザが互いにやり取りし、関わり合い、アイデアを共有できる。他にも同社は業界ベンダーがユーザとつながり、顧客を獲得して販売まで行えるオンラインプラットフォームとしても機能している。

Wedding.com.my は新婚カップルに対し、ウェディングプランニングのワンストップショップサービスを提供しており、ユーザが結婚式を便利かつお手頃価格で計画できるような様々な商品・サービスを提供している。利用できるアイテムとしては花嫁・花婿用の衣装、メイク・美容関係用品、ギフトやカード類、結婚式場にデコレーション、旅行やハネムーン、さらには写真やビデオ撮影の式場サービスなどがある。

さらに、Nuren に在籍するウェディングプランニングチームによる結婚コンサルサービスも提供している。

Motherhood.com.my は、新米の母親や妊婦が自身そして子どものケアをする上で頼りにできるウェブサイトだ。現在はコンテンツとディレクトリのポータルとして運営されているが、今年半ばにはマタニティ、乳幼児カテゴリーで重要な商品・サービスを提供するマーケットプレイス機能を正式にローンチする予定である。このサイトでは幼児ブランドや企業が自社製品やサービスを母親に提供できる。利用できるアイテムやサービスには、おむつ、離乳食、幼児食、食事用の小物、ベビーカーや関連用具、授乳用品、ベッド周り用品、おもちゃ、衣服、早期教育の教材・課程などがある。

ローンチ以降、同社は30万組の新婚カップルを1,500のベンダーとつないだ実績を持つ。

今後2年をかけて、Nuren は100万組のカップルにアクセスして、東南アジア5ヶ国でのプレゼンス確立を目指すという。

Nuren は以前、100万マレーシアリンギット(25万米ドル)を N Capital Partners と2人のエンジェル投資家から調達したことがある。

【via e27】 @E27co

【原文】

----------[AD]----------