BRIDGE

タグ camera360

インドネシアの写真共有アプリ大手「PicMax」と中国の写真加工アプリ大手「Camera360」が戦略的提携関係を締結

SHARE:

インドネシアの写真共有アプリ「PicMix」と中国の写真加工アプリ「Camera360」は、相互に戦略的提携関係を締結したと発表した。この提携のもと、Camera360 は同社の SDK を PicMax のプラットフォームに連携、東南アジアを中心とする PicMax のユーザが Camera 360 の機能を利用できるようになる。また、この機能実装により、PicMax は、写真をベースとするソー…

picmix-camera360_screenshots

インドネシアの写真共有アプリ「PicMix」と中国の写真加工アプリ「Camera360」は、相互に戦略的提携関係を締結したと発表した。この提携のもと、Camera360 は同社の SDK を PicMax のプラットフォームに連携、東南アジアを中心とする PicMax のユーザが Camera 360 の機能を利用できるようになる。また、この機能実装により、PicMax は、写真をベースとするソーシャル機能を強化し、今後数カ月の間に、新製品や新機能を追加公開するとしている。

Camera360 と PicMix は共に、中国と ASEAN を対象とするスタートアップ向け VC である Gobi Partners から出資を受けており、今回の提携は、それぞれ中国とアジアを市場ターゲットとし、同じ VC を投資家に持つ両社にとって、機能とマーケティングの両方の観点から相互補完的な意味がある。

PicMix は2012年、Blackberry 向けの写真共有アプリとしてローンチし、その後、他のスマートフォンプラットフォームにも対応を拡大。2016年4月に Gobi Partners から300万ドルを調達し(シリーズAラウンド)、インドネシアを中心に現在2,800万人のユーザを擁する。

一方、Camera360 は2010年にローンチし、2012年5月に Gobi Partners と Matrix Partners から500万ドル(シリーズAラウンド)、2013年8月に Gobi Partners、Matrix Partners、海納国際集団(Susquehanna International Group)から1,800万ドル(シリーズBラウンド)を調達。中国を中心に現在7億人を超えるユーザを擁し、プラットフォーム上には毎秒3,000枚の写真が投稿されている。

<関連記事>

----------[AD]----------

Camera360がフォトスナッピングを手軽に楽しめる新アプリを発表

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 【原文】 既に記事でも取り上げた通り、Camera360は最近大胆な動きを見せている。6月には新たなウェブベースのサービス52photo、8月には写真を保存・共有できるクラウドストレージサービスを開始した。Camera360の今回のサプライズは、HelloCameraとXiuSe360という2種類のモバイルアプリケーションのリリースだ。 HelloCameraの機能は…

【翻訳 by Conyac】 【原文】

既に記事でも取り上げた通り、Camera360は最近大胆な動きを見せている。6月には新たなウェブベースのサービス52photo、8月には写真を保存・共有できるクラウドストレージサービスを開始した。Camera360の今回のサプライズは、HelloCameraXiuSe360という2種類のモバイルアプリケーションのリリースだ。

HelloCameraの機能は素晴らしい。アプリの「Auto」ボタンを押すと、撮影の対象物と周辺環境を自動的に認識して、人物写真では肌の色を、風景写真を撮るときは美しい風景を色彩豊かに見せるなど、状況に応じた微調整をしてくれる。

camera360

HelloCameraはモードに応じて様々な機能を統合してきた。今では事前にセットされた6つのモード、人物モード、風景モード、食物モード、静物モード、夜間モードとノーマルモードを備えている。それぞれのモードで違った効果が楽しめる。

人物写真を撮るときは人物モードを選び、指を左から右に滑らしてエフェクトを選ぶ。これは素晴らしい進化だ。というのもCamera360には100種類以上もエフェクトがあり、ユーザは凝った演出のフィルターの多さに戸惑っていたからだ。HelloCameraがそれぞれの効果をモードに分類化し、美しい写真を撮ることを容易にした。

HelloCameraは主に写真愛好家向けだが、XiuSe360は女性ユーザ向けだ。MeiTuXiuXiuのようにセルフポートレート用に美しいエフェクトを用意しており、例えば顔のサイズをスリムにしたり、目を大きくしたり、肌のトーンを美しくしたりできる。

現在、Camera360とXiuSe360はそれぞれ0.99米ドルでiOSからダウンロードできる。これら一連のアプリを運営するPinGuo DigitalのCMOであるGu Rui氏によると、彼らは市場からのフィードバックに応じて価格調整を行い、これら2つのアプリ両方にクラウドストレージサービスを追加する予定らしい。

【via Technode】 @technodechina

----------[AD]----------

Camera360が「クラウドアルバム」サービスを試験中、まもなく新機能としてアプリに登場

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 【原文】 スマッシュヒットを記録した「Camera360」を開発した中国のアプリメーカーは、新たなに資金調達した1000万米ドルで新製品の開発に忙しいようだ[1]。最新の追加機能は「Camera360 Cloud Albums」(公式にはまだ英語名が存在しない)と呼ばれ、ユーザはかっこいいフィルターをかけて作った写真をクラウドにアップロードしてバックアップをとることが…

【翻訳 by Conyac】 【原文】

スマッシュヒットを記録した「Camera360」を開発した中国のアプリメーカーは、新たなに資金調達した1000万米ドルで新製品の開発に忙しいようだ[1]。最新の追加機能は「Camera360 Cloud Albums」(公式にはまだ英語名が存在しない)と呼ばれ、ユーザはかっこいいフィルターをかけて作った写真をクラウドにアップロードしてバックアップをとることができる。

ノートPCあるいはタブレットでウェブアプリCamera360 Cloud Albumsにアクセスできる。このバックアップ機能は、通常のCamera360アプリ(iPhone、Android用)にも間もなく追加される予定。新たにクラウド要素が加わったベータ版は、新しいCloud Albumsのホームページで入手できる。だが、iTunesとGoogle Playで人気が高いカメラアプリの現バージョンにはまだこの機能が追加されていない。

アップデートされたベータ版をダウンロードしてみた。当然だが、クラウドへのバックアップを使う前にCamera360 IDにサインアップすることが必要だった。アプリケーションをダウンロードした人々(3,000万以上と言われる)を、認証可能な登録ユーザに変えるというPinguoのスマートなやり方だろう。Camera360 Cloud Albumsが余分のストレージスペースに対して課金することになるかどうかはわからない。

Camera360アプリのヘビーユーザにとって、新機能はXiaomi(新しいMi-Drive)、Baidu(DropboxタイプのWangPan)、スタートアップのYun.ioといったクラウドバックアップ機能を提供するその他多くの選択肢に取って代わるものとなるだろう。

[1]1.同社が以前リリースした新機能は非常におしゃれなオンライン画像エディタだった。

【via Tech in Asia】 @TechinAsia

----------[AD]----------

写真アプリCamera360のメーカーがフォトショップ風の画像編集用ウェブアプリ「52photo」を発表

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 【原文】 ヒットした写真アプリCamera360のメーカーが、その画像編集技術を駆使して更に高度なウェブアプリを開発した。52Photoと呼ばれるフォトショップ風ウェブアプリで、ユーザは写真をアップロード、調整、またエフェクトをかけることができる。デスクトップとラップトップ向けにデザインされた52Photoは、フラッシュベースのウェブアプリで、Lomo(写真上)あるい…

【翻訳 by Conyac】 【原文】

ヒットした写真アプリCamera360のメーカーが、その画像編集技術を駆使して更に高度なウェブアプリを開発した。52Photoと呼ばれるフォトショップ風ウェブアプリで、ユーザは写真をアップロード、調整、またエフェクトをかけることができる。デスクトップとラップトップ向けにデザインされた52Photoは、フラッシュベースのウェブアプリで、Lomo(写真上)あるいはMagic SkinといったCamera360でお馴染みのファンキーなフィルターを使うことができる 。その他の自社アプリは世界的に成功しているにも関わらず、この新しい試みは今のところ中国語のみで利用可能となっている。

Pixlrのような他のオンライン画像エディタと同じく、52Photoはクロッピング(写真下)のようなシンプルなタスクにも使える。52Photoの体験はソーシャル・シェアリング指向で、加工した画像をSina Weibo、Renren、またはTencentの2つのサービスの計4つに共有できる。すべてのモバイルアプリでも可能になれば、この分野の人気アプリPhotoShop Expressに対抗する挑戦者として歓迎されることだろう。まだモバイルでは利用できないが、同社のPhoto360のAndroid版アプリがもうすぐ公開される予定だ。

中国の成都に本拠を置き、Camera360、Movie360、そして今回紹介した52PhotoをつくるスタートアップはPinguoだ。同社は今年初めに約1000万米ドルを資金調達した。そして、コアとなるiOSおよびAndroid向けの3つのモバイルアプリの総ユーザ数は4,000万人を超える。

【via Tech in Asia】 @TechinAsia

----------[AD]----------

中国スタートアップのCamera360、投資家の評価を得て1,000万米ドル近くの資金調達に成功

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 【原文】 人気の写真アプリCamera360を開発した中国のスタートアップ企業は、シンガポールを拠点とするGobi Partnersと、米国を拠点とするMatrix Partners主導によるシリーズAの投資ラウンドで、1,000万米ドル近い資金を獲得した。開発チームはPinguoといい、ViddyのようなアプリのMovie360も開発している。 この資金調達は、Go…

【翻訳 by Conyac】 【原文】

人気の写真アプリCamera360を開発した中国のスタートアップ企業は、シンガポールを拠点とするGobi Partnersと、米国を拠点とするMatrix Partners主導によるシリーズAの投資ラウンドで、1,000万米ドル近い資金を獲得した。開発チームはPinguoといい、ViddyのようなアプリのMovie360も開発している。

この資金調達は、Gobi のMDであるTong Weiliangによって明らかにされた。彼は同社のファイナンス状況の確認も行っている。

Pinguoは、同社のAndroidとiPhone対応の画像にフィルタリングをかけるアプリ3つ全体で、3,000万人以上ものユーザを獲得している(うち1つはPhotoShopのようなPhoto360)。アプリ開発チームは、中国南西部の四川省に拠点を置き、北京、上海、広東などと通常スタートアップ企業のハブとなっている地区からは遠く離れている。CEOのXu Haoは中国メディアに対して、彼が既に今年下半期には実現されるであろうシリーズBの投資ラウンドに向けての働きかけを行っていることを述べた。

Camera360は、中国で開発されたアプリで初めて世界的なヒットとなったアプリで、これまでのところGoogle Play Store(Android対応)だけでも500万ものダウンロード数を記録しており、4.5つ星という素晴らしい評価を得ている。

我々が聞き入れたMatrix Partnersに関する最新のニュースは、同ベンチャーキャピタリストが台湾のソーシャルゲーム開発会社SNS+を支援するというものだ。一方Gobiの最近のニュースは、起業家であり文化人のShaw Soo WeiをGobi Singapore Fundのパートナーとして迎え入れたというものだ。

Pinguoのホームページで同社アプリについて確認することができる。

【viaTech in Asia】 @TechinAsia

----------[AD]----------