写真アプリCamera360のメーカーがフォトショップ風の画像編集用ウェブアプリ「52photo」を発表

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 【原文】

ヒットした写真アプリCamera360のメーカーが、その画像編集技術を駆使して更に高度なウェブアプリを開発した。52Photoと呼ばれるフォトショップ風ウェブアプリで、ユーザは写真をアップロード、調整、またエフェクトをかけることができる。デスクトップとラップトップ向けにデザインされた52Photoは、フラッシュベースのウェブアプリで、Lomo(写真上)あるいはMagic SkinといったCamera360でお馴染みのファンキーなフィルターを使うことができる 。その他の自社アプリは世界的に成功しているにも関わらず、この新しい試みは今のところ中国語のみで利用可能となっている。

Pixlrのような他のオンライン画像エディタと同じく、52Photoはクロッピング(写真下)のようなシンプルなタスクにも使える。52Photoの体験はソーシャル・シェアリング指向で、加工した画像をSina Weibo、Renren、またはTencentの2つのサービスの計4つに共有できる。すべてのモバイルアプリでも可能になれば、この分野の人気アプリPhotoShop Expressに対抗する挑戦者として歓迎されることだろう。まだモバイルでは利用できないが、同社のPhoto360のAndroid版アプリがもうすぐ公開される予定だ。

中国の成都に本拠を置き、Camera360、Movie360、そして今回紹介した52PhotoをつくるスタートアップはPinguoだ。同社は今年初めに約1000万米ドルを資金調達した。そして、コアとなるiOSおよびAndroid向けの3つのモバイルアプリの総ユーザ数は4,000万人を超える。

【via Tech in Asia】 @TechinAsia

----------[AD]----------