〝米国版くらしのマーケット〟元CEOが起業、食品ブランドと製造工場のAIマッチング「Keychain」がローンチ

SHARE:
Keychain のスクリーンショット
Credit: Keychain

昨年、Angi の前 CEO 兼 CPO Oisin Hanrahan 氏がシードラウンドで1,800万米ドルを調達し、新会社 Keychain を設立したことをお伝えした。Keychain は、アメリカの消費者向けパッケージ商品(CPG)小売業者、つまり自社ブランドを販売する大手食料品チェーンと、それらの小売業者が販売する食品を実際に製造・包装しているメーカーをより良く結びつけることができる AI を搭載した web プラットフォームの構築に特化している。

それから2ヶ月あまりが経ち、ニューヨークを拠点とする Keychain は、そのweb プラットフォームを世界に初公開した。1.0版でさえ、24,000社以上の CPG メーカーと760,000以上の製品を網羅し、この分野の変革を視野に入れた、非常に野心的な事業だ。

Keychain は食品製造業の Airbnb?

Keychain を使えば、小売業者はすっきりと整然とした web インターフェイスにログインし、さまざまな製造業者を表示し、その説明を読んで所在地を特定し、提供する機能(ナッツフリー、オーガニック、チップス、クラッカーなど)に基づいて分類し、その製造業者に関連するコストを確認し、プラットフォーム上で直接その製造業者とつながり、製造時間の予約まで行うことができる。

小売業者はまた、Keychain の独占的パートナー(Keychain の収益創出モデルの一環として、紹介された利便性に対して対価を支払う)を通じて製品を製造してもらうか、あるいは、オープン市場でサービスを宣伝していない企業(小売業者の顧客だけに公開される)から余剰製造能力を卸売してもらうこともできる。

Keychain の CPG メーカーのプロフィール画面
Credit: Keychain

Keychain は、バックエンドで最新の生成 AI を使用して、この膨大なデータを整理し、正確な検索を可能にする。CPG 小売業者がメーカーを見つけるために、電話をかけまくり、展示会に参加し、個々のカタログや PDF を読み漁り、自社のスプレッドシートやシステムですべてを追跡するという、これまではほとんどアナログだったシステムに取って代わるように設計されている。

Keychain を使えば、CPG 小売業者は web サイトに一度ログインするだけで、大規模なブランドであれば、すでに提供している多くの商品と、その商品を製造できるメーカーを提案するアカウントが用意されている。

VentureBeat のビデオ通話インタビューに応じた Hanrahan 氏によると、このシステムにより、Keychain のユーザ(商品を製造してくれるメーカーを探す小売業者と、顧客を探すメーカーの両方)は、お互いをより簡単に見つけることができ、市場全体を把握することができるという。

Hanrahan 氏は VentureBeat に次のように語った。

もしあなたがブランドや小売業者なら、誰が何を作ることができるかを知ることができ、メーカーなら、どの製品を作るべきかを知ることができます。

ある意味、Airbnb に似ている。Airbnbは、関心のある顧客と、彼らが必要とする能力を提供する顧客とを結びつけるソフトウェアを提供する。ただし、宿泊施設を求める旅行者の代わりに、CPG の小売ブランド(仮の例として、Trader Joe’s や Targetを考えてほしい)と、彼らにサービスを提供できるメーカーを対象としている。

また、Hanrahan 氏が以前経営していた Angi(旧 Angi’s List)にも似ている。Angi は、住宅所有者や賃貸契約者と、家庭内のプロジェクトや修理、メンテナンスを手伝ってくれる労働者を結びつけるサービスを提供している。

1億2,000万米ドル以上の製造能力をデジタル化し AI で整理

Keychain の展開には、すでに40以上の製品カテゴリーにわたって1億2,000万米ドルの製造能力が含まれている。

この膨大なデータは、Keychain チームのスクレイピングと CPG 製造業者とのディスカッションによって収集されたもので、製造工程における様々なユニークなステップについて、バックエンドの AI によって分析・整理されている。具体的には、3つの異なる機械学習モデルだ。

私たちは、(製品の)画像を分析し、それを説明文に変換し、画像内のパッケージングに関するものを見つけるコンピュータビジョンモデルを持っています。そして、メーカーの能力を評価し、基本的にメーカーができることと(商品に入る)工程のマッチングやファジーマッチングを行う別の言語モデルがあります。つまり、私たちは主に3つの異なるプライベートモデルを持っているのです。(Hanrahan 氏)

これらのモデルは、OpenAI や Anthropic、あるいは他の主要なプロバイダ企業が提供する既存の既製モデルに基づいているのか、それとも Meta の Llama 2や Mistral の Mixtral のようなオープンソースのコードに基づいているのかと尋ねられた Hanrahan 氏は、具体的な説明を避けたが、同社は微調整と再学習を行ったオープンソースとクローズドソースのモデルを組み合わせて使用していると答えた。これは、VentureBeat の創設者である Matt Marshall 氏が以前こちらで書いた、エンタープライズの最前線における新たなトレンドと呼応するものだ。

主な業界からの支持

Keychain はすでに Aura Bora の共同設立者兼 CEO  Paul Voge 氏と Wyandot Snacks の最高顧客責任者 Kelly McGoldrick 氏から支持を得ており、彼らはこのプラットフォームが生産工程と生産能力情報の共有を可能にしていることを評価している。

Keychain は、2024年に一部の小売業者とブランドにコアプラットフォームを提供する計画で、現在は招待されたパートナーにアクセスを限定している。

AI 機能と製造業者との広範なネットワークにより、Keychain は製造パートナーシップの確立と管理のプロセスを簡素化し、ブランドがより迅速かつ効率的に製品を市場に投入できるようにすることを目指している。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度の「Members」を運営しています。登録いただくと会員限定の記事が毎月3本まで読めるほか、Discordの招待リンクをお送りしています。登録は無料で、有料会員の方は会員限定記事が全て読めるようになります(初回登録時1週間無料)。
  • 会員限定記事・毎月3本
  • コミュニティDiscord招待
無料メンバー登録