BRIDGE

タグ ギブリー

codecheckが学生エンジニア対象のプログラミングコンテストを開催、現役エンジニアが開発実践力を評価

SHARE:

2015年10月末に企業登録を開始した「codecheck(コードチェック)」が、2月1日に正式リリースを迎えました。デイリーで更新できる多様なプロジェクト型テストを提供することで、エンジニアに今日求められるスキルを試験化できるプラットフォームです。 codecheckの正式リリースと同時に開催されるのが、全国の学生エンジニアがオンラインで参加できる実践型プログラミングテスト「SPRINT by …

codecheck_sprint

2015年10月末に企業登録を開始した「codecheck(コードチェック)」が、2月1日に正式リリースを迎えました。デイリーで更新できる多様なプロジェクト型テストを提供することで、エンジニアに今日求められるスキルを試験化できるプラットフォームです。

codecheckの正式リリースと同時に開催されるのが、全国の学生エンジニアがオンラインで参加できる実践型プログラミングテスト「SPRINT by codecheck」です。2月1日から2月29日までの間、2017年度卒業予定の学生へのキャリア支援を目的として開催されます。

学生は、Web上で検索できる情報を参考にしながら、自分のPCと開発環境でオリジナルのポートフォリオアプリを開発。1ヶ月間の試験期間を使って、GitHub上でバージョン管理をしながら自分のペースで開発を進めることができます。

完成したアプリを評価するのは、エヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ、LINE、 ソニー、DMM.com ラボ、富士ゼロックスなど10社です。ソースコードやGitHub上の開発情報を見た上で、これらスポンサー企業の現役エンジニアが開発実践力を評価します。

SPRINTに参加することで、学生は開発したアプリ、また企業から受けた評価を実績としてcodecheck上に公開し残すことができます。プログラミングテストの定員数は150名ほど。高評価された上位50名は、後日開催される懇親イベントに招待され、表彰されます。

我こそはという学生さんは、公式サイトよりエントリーすることができます。

----------[AD]----------

タイムラインでフォローや1対1のチャットもーー学生と企業が”友だち”としてつながる就活アプリ「LIFE」

SHARE:

就職活動生をターゲットにしたアプリの登場が相次いでいます。Wantedlyのインターン探しに特化したiOSアプリ、iBeacon対応の就活アプリ「attache」、イケてる社員から会社を探す「レクミー」、中長期のインターンシップを扱う「InfrA」などなど。今時の学生さんがうらやましい限りです。 そんな就活アプリに先月仲間入りしたのが、アプリ「LIFE」です。「選考する側の企業」と「選考される側の…

LIFE-app

就職活動生をターゲットにしたアプリの登場が相次いでいます。Wantedlyのインターン探しに特化したiOSアプリ、iBeacon対応の就活アプリ「attache」、イケてる社員から会社を探す「レクミー」、中長期のインターンシップを扱う「InfrA」などなど。今時の学生さんがうらやましい限りです。

そんな就活アプリに先月仲間入りしたのが、アプリ「LIFE」です。「選考する側の企業」と「選考される側の就活生」という関係性に基づく従来の就活では、本当にいい出逢いは生まれません。LIFEは、学生と企業が”友だち”としてつながる就活アプリです。学生は、企業の現場社員が日々投稿する動画や記事などを見ながら理想の企業を探し、気になれば、その企業をフォローして友だちになることでお互いにアプローチしやすい就職活動を実現します。

昨年12月時点の登録企業数は約50社。パナソニック、ミズノ、日揮、環境省、キーエンス、野村総合研究所、アクセンチュア、ワークスアプリケーションズ、カバヤ食品などの大手有名企業や官公庁。その他にも、国内トップのグローブメーカー、入れ歯技術の総合カンパニー、鋼に特化した専門商社など、独自性の高い中小企業がLIFEを利用しています。

アプリを開くとまずあるのが、企業の動画や写真が流れてくるタイムライン。会社概要や業務内容は企業のWebサイトを見ればわかりますが、そこからは伝わってこない社内の雰囲気、働き方、そこで働く社員、社員の考え方といった把握しにくいコンテンツが投稿されています。会社の中の雰囲気が見えることで、これまでの業種や職種に絞って行う就活ではなく、まだ気がついていない理想の会社の発見を後押しします。

なんか気になる、もっと知りたいと思える企業をフォローすると、企業と1対1のチャットができるように。企業の担当者に対して質問を送ったり、イベントの招待などを直接受けたりすることでコミュニケーションを育むことができるとのこと。また、企業が主催するインターンや説明会などのイベントをアプリ上から予約することもできます。

LIFEを開発するのは、リクルート支援事業を手がけるギブリー。サービス開始からまだ間もないLIFEですが、本番の就職活動のみならず、インターンへの参加に向けた事前情報収集のために使う学生が増えているとのこと。その使われ方について同社取締役でLIFEプロジェクト責任者の山川雄志さんは、こうコメントします。

「企業説明会に参加して、その場でLIFE上で友だちになり、後日その企業のインターンシップに参加するという展開も見られています。20〜30分の説明会では知りえなかった会社の社風や社員のことをLIFEで知る。学生が企業に興味を持てば、まずはLIFEで友だちという関係からスタートできるというあり方が双方のメリットになっています」

今後は、「友だち」という感覚をより育めるように絵文字を導入したり、それぞれの企業担当者が個人としてタイムラインに投稿できるようにします。また、世界に誇るグローバル企業5選」「ワーキングマザーが活躍する会社5選」「機電系学生必見のインターンを開催する企業特集」「サッカー部がある企業特集」といった特集ページを設けて、企業の探し方をさまざまな切り口で行えるようにしていく予定です。

----------[AD]----------

エンジニアに「今日求められる」実務スキルを問うチェックツール「codecheck」が企業登録を開始

SHARE:

近年、エンジニアの採用における「コード採用」や「GitHub採用」などが注目され、ますますプログラミングの実力が問われるようになっています。ところが、既存の方法ではエンジニアの実践力の見極めが難しく、十分に機能しているとは言えないのが現状です。 正式リリースを2016年2月に控えて企業による事前登録を開始したのが、「codecheck(コードチェック)」です。今日求められるスキルを試験化できるプラ…

CodeCheck

近年、エンジニアの採用における「コード採用」や「GitHub採用」などが注目され、ますますプログラミングの実力が問われるようになっています。ところが、既存の方法ではエンジニアの実践力の見極めが難しく、十分に機能しているとは言えないのが現状です。

正式リリースを2016年2月に控えて企業による事前登録を開始したのが、「codecheck(コードチェック)」です。今日求められるスキルを試験化できるプラットフォームとして、アプリケーション開発会社のギブリーが開発しました。

codecheckは、日々更新できる多彩なプロジェクト型テストを提供できるもの。フロント、ゲームエンジン、チューニングやデバッグなど作成した多彩な試験問題は、GitHubでバージョン管理。変化がめまぐるしい技術の進化にあわせて、少しずつ最適化していくことができる仕組み。

また、同社が提供するオープンソースで仮想環境を構築すれば、受験者は使い慣れたPCを使って自身の開発環境で試験に臨めます。受験者の回答に対しては、mochaやRspec等のテスト駆動開発の現場で実践的に使われているテストフレームワークを用いた自動採点をサポートすることで、機能を実装する力を定量的に評価することが可能です。

同時に、例えば、実践で利用しているプロジェクトのソースコードをそのまま使って「もしあなたがこのプロジェクトのマネージャーだとしたら、どのようなリファクタリングを施しますか?またその理由を記載してください」といった設問を設けることも。採点者たちによる投票(タグ、コメント、イイネ)を使った評価の仕組みで、エンジニアを「実装力」と「個性」の能力を導き出します。

以前から「Cody’s Check」というプログラミングスキル判定ツールを提供してきたギブリー。エンジニアのより適切な評価や企業とのマッチングを行うために何が必要か。それは、エンジニアの実務スキルを適切に評価することに他ならず、そのためには日々進化するテクノロジーの「可変性」に対応することが必須だと考えました。

「スキルチェックツールが古い技術を学ぶことを推奨してしまったり、情報収集能力(正しいリファレンスができるか)を阻害してしまったりするようではいけない。こうしたリスクを踏まえて、「今日求められるスキルを試験化して、エンジニアの今日時点の開発環境で受験してもらう」という現在のcodecheckの仕様にたどり着きました」(同社COOで、codecheck事業責任者の新田 章太さん)

従来の試験問題の多くは、知識を測る問題であることが多かったと話す新田さん。自分のPCでの受験が認められていないため、オンラインでの検索や他人のコードの閲覧などができず、仕事場における「実践」とはかけ離れていたと。codecheckなら実践力を適切に測ることができます。

自社独自の問題を作成したコーディング・インタビューなら、求職者に企業の技術文化を伝えることにも繫がるcodecheck。また採用だけでなく、新卒や社内における新技術の教育や研修ツールとしての導入としても有効だと言います。codecheckの月額利用料は500ドル〜。来年2月の正式リリースに向けて、公式サイトで事前登録を受け付けています。

----------[AD]----------

就活をもっとスマートに:iBeaconに対応した、これ一つで就活が完結するスマホアプリ「attache」

SHARE:

従来の日本の就職活動に待ったをかける新スマホアプリ「attache(アタッシュ)」。運営会社は、ITを活用したリクルート支援事業を展開するギブリーです。同社のCOOの新田章太さんがThe Bridgeの記事をリツイートしているのを拝見し、新サービスの登場について知ったのでご紹介します。 attacheは、3月5日にリリースされたiBeaconを活用した新卒のための就職活動支援アプリ。「就活って、も…

新卒の就職活動をスマートにしてくれるアプリ「attache」
新卒の就職活動をスマートにしてくれるアプリ「attache」

従来の日本の就職活動に待ったをかける新スマホアプリ「attache(アタッシュ)」。運営会社は、ITを活用したリクルート支援事業を展開するギブリーです。同社のCOOの新田章太さんがThe Bridgeの記事をリツイートしているのを拝見し、新サービスの登場について知ったのでご紹介します。

attacheは、3月5日にリリースされたiBeaconを活用した新卒のための就職活動支援アプリ。「就活って、もっとスマートでいいと思う」をコンセプトに掲げ、就活における全ての無駄を省くことを目指します。例えば、attacheを使えば紙の資料とは無縁に。企業の会社説明会資料をデータでダウンロードしたり、また履歴書や自己PRもアプリ上で提出できます。もちろん、セミナー探しやエントリー、企業の資料やスケジュールの管理といった基本的な機能も搭載しています。

もう一点、attacheに特徴的なのが、iOS7から標準搭載されるiBeaconを用いた機能です。iBeacon端末より端末固有のシグナルを受信すると、attacheのアプリ内でイベント情報を検索することができるそう。学生がアプリ起動時にシグナルを受け取った場合、該当のイベントに自動的に出席となる仕組みです。

attacheのリリースに伴って、先日渋谷ヒカリエで開催されたのが500人の学生が集う「渋谷就活フェスタ」。「渋谷から新たな就職活動のスタンダードを作る」ことを目的にした、attacheと連動したリクルートスーツ禁止の合同説明。画一的で何かと無駄の多い就活に、渋谷からものを申す40社が集結したそう。クラウドワークス、DeNA、カカクコム、リクルート、Vasily、ビズリーチなどなど様々な企業が参加した模様。

ギブリーがWantedlyに掲載しているUI/UXデザイナーの募集項目からは、平均年齢26歳だと言うグローバルなチームを垣間みることができます。開発メンバーは、日本、カナダ、ベトナム、中国、アルバニアと世界各国から集まっているのだとか。当たり前の中にこそ、私たちが気づきすらしない不便や無駄が隠れているもの。多様性のあるチームだからこそ、そうした点に気づき、テクノロジーを用いたソリューションを提供できるのかもしれません。

限られた時間の中で手が痛くなるまで履歴書を書いたり、自己表現とはほど遠いリクルートスーツを着用したり。そんな意味がない当たり前を取り除き、就職活動を手元のスマホアプリ一つで完結してくれる。今後は、2015年中に10万名の学生による参画、また企業数240社を目指してサービスを展開していくとのこと。attacheの紹介動画はこちらをご覧ください。

----------[AD]----------