THE BRIDGE

タグ Bark

SLUSH TOKYO運営チームが「BARK」にリブランド、カンファレンスも日本発オリジナルの国際スタートアップイベントに進化

SHARE:

毎年2月に開催されるスタートアップカンファレンス「SLUSH TOKYO」の運営チームからニュースがもたらされた。同チームは、財団法人傘下で運営される株式会社 BARK(指名委員会等設置会社)を設立し、カンファレンスの名前も BARKATION へと名前を変える。SLUSH TOKYO 運営チーム(一般社団法人)で CEO を務めた古川遥夏氏が、BARK(Web サイト、Twitter)の代表執行…

Image credit: Bark

毎年2月に開催されるスタートアップカンファレンス「SLUSH TOKYO」の運営チームからニュースがもたらされた。同チームは、財団法人傘下で運営される株式会社 BARK(指名委員会等設置会社)を設立し、カンファレンスの名前も BARKATION へと名前を変える。SLUSH TOKYO 運営チーム(一般社団法人)で CEO を務めた古川遥夏氏が、BARK(Web サイトTwitter)の代表執行役に就任する。

BARK とは木の幹を切った時の一番外側に位置する樹皮の部位のことだ。細胞分裂が激しく成長の速い部位であるとともに、外部からの攻撃に対して幹の中心部を守る働きを持つ。古川氏によれば、木の幹の部分がスタートアップのコミュニティであるとすれば、BARK はそれを守る層であり、マウンティングや偏見の無い自由なコミュニティが作りたいという思いを込めたという。

私たちは、VC でもなければメディアでもない。お互いが支えられるコミュニティだ。コミュニティは他にもどんどん増えてきているが、だからこそ、皆が自由に使える場所を作りたい。

スタートアップ界だけが盛り上がってるだけでは十分ではなく、国や社会を変えていくという文化を根付かせたい。「自分たちで自発的に何かをやりたくなるような場作りをする」というのが BARK のミッション。これに応えられるオフラインの機会をイベントで実現したい。

<関連記事>

10月8日、東京・原宿で開催された BARK Launch Party で登壇した古川遥夏氏
Image credit: Bark

2月に開催されるイベント SLUSH TOKYO は、「BARK を CELEBRATION する」の意から「BARKATION」と名前を変える。2日間で世界中から6,000人を集める予定だ。SLUSH TOKYO と名前が付いていると、フィンランドで開催されている〝SLUSH の東京版〟と印象が強い。しかし、実際には SLUSH TOKYO 運営チームが自由にコンテンツを設計しているものだった。SLUSH SHANGHAI や SLUSH SINGAPORE も同様だ。

イベントの名前を変える背景には、SLUSH TOKYO と名前が付いていることで、「フィンランドの SLUSH に行ったので、日本で開催される SLUSH TOKYO も同じようなイベントだから、行く必要は無いだろう」というイメージを払拭する意図があるようだ。BARKATION と名が付くことで、日本発の本格的インターナショナルスタートアップカンファレンスというブランディングが可能になり、海外から日本市場を目指したり、世界中からやってくる起業家と出会ったりするイベントに一皮剥けることができるだろう。

10月8日、東京・原宿で開催された BARK Launch Party
Image credit: Bark

一般社団法人から財団法人傘下の株式会社に移行したのは、SLUSH から Do-er の文化を受け継いでいるため、コアチームの顔ぶれが変化していく組織であるものの、従来の組織体制ではそれに柔軟に対応することができず、やりにくい部分が発覚したからだそうだ。運営チームを指名委員会等設置会社とすることで、運営(経営)の透明性を維持しながらコアメンバーが柔軟に動ける環境を確保できるという。

BARKATION という新しい名前を冠することについて、古川氏は「まだ誰も知らないブランドを、世界中で知られる存在にすることで成功できれば、自分たちもスタートアップと同じ目線で挑戦できることになる。Do-er の意識を忘れずに行動で示したい。」と語った。

<関連記事>

----------[AD]----------

オンライン上で子どもの安全を確保するAIを開発するBark、900万米ドルを調達

SHARE:

インターネットの世界において、子どもの安全を維持するのは簡単なことではない。Netmums の調査によると、未成年者の25%が年齢を高く詐称し、Twitter や Facebook などの SNS を利用していることがわかった。また、12人に1人が相手ユーザに性的なコンテンツを送信し、さらに悪いことに、子どもの約3分の1が eメールやインスタントメッセージアプリ経由でいじめ、脅迫、虐待を受けた経験…

インターネットの世界において、子どもの安全を維持するのは簡単なことではない。Netmums の調査によると、未成年者の25%が年齢を高く詐称し、Twitter や Facebook などの SNS を利用していることがわかった。また、12人に1人が相手ユーザに性的なコンテンツを送信し、さらに悪いことに、子どもの約3分の1が eメールやインスタントメッセージアプリ経由でいじめ、脅迫、虐待を受けた経験があるという。

インフルエンサーコラボレーションプラットフォーム Niche(Twitterが買収)の元 CTO、Brian Bason 氏はこの深刻な統計結果を耳にし、立ち上がった。2015年、Bason 氏はアトランタで Bark を設立した。人工知能(AI)を駆使して24のソーシャルネットワークに存在するテキストメッセージやeメールから、安全を脅かす内容を特定するサービスを提供している。

設立3周年を迎える直前、同社は投資ラウンドにて900万米ドルの資金を調達したことを明らかにした。同ラウンドは Signal Peak Ventures と Two Sigma Ventures がリードし、既存の出資者として Symmetrical Ventures や Fuel Capital、Hallett Capital、Atlanta Seed Company などが参加した。Bason 氏によると、調達した資金は「製品を拡大し、新たな市場でプレゼンスを確立する」ために使われる予定だ。

同氏は声明で次のように述べた。

新たな出資者として Signal Peak と Two Sigma の2社を迎え入れることができ、弊社は非常に嬉しく思います。彼らと密接な関係を築くことで Bark の成長を加速させ、子どもの生活にプラスの影響を与えられることを心待ちにしています。

Bark は現在 iOS、Android、Amazon Fire タブレットに対応している。リアルタイムに子どものやりとりをモニタリングし、もしうつ病の兆候や自殺願望、ネットいじめ、アダルトコンテンツが見られた場合、両親に自動通知をする仕組みとなっている。サポートされたアプリは広範囲に及び、Slack、Facebook、Twitter、WhatsApp、YouTube、Reddit、Pinterest、OneDrive、Kik、 Houseparty、GroupMe、Google Drive、Flickr、Dropbox、Ask.Fm、そして Snapchat も含まれている。その他、デバイスの位置、写真、動画、閲覧履歴も監視できる。

誤解がないように言うと、同プラットフォームは子どもの携帯電話やメッセージに含まれるコンテンツをスキャンするが、ソーシャルメディアのアカウントに接続する際に OAuth が使われており、両親側は機密性の高い個人情報へのアクセスを拒否することが可能だ。 また、同社のサーバーにこのようなデータを保存することはないとのこと。

現在までに、テキストメッセージ、eメール、ソーシャルメディアから10億を超えるメッセージを分析し、アルゴリズム技術で微妙なニュアンスを理解し、遊び心のあるからかい言葉(You suck!:お前最悪なヤツだな!)と脅威となる言葉(I’m going to beat you up for this.:後でボコボコにしてやる。)を識別することができると Bark は語っている。

通常価格は1家族につき、月9米ドル(年99米ドル)であるが、今年初めにフロリダ州のパークランドで起きた高校銃乱射事件を受け、Google の G Suite for Education や Microsoft の Office 365 Education を利用している教育機関向けに、プラットフォーム「Bark for Schools」の無償提供を開始した。(これまでに約1,000校の学校がサインアップした)。

Sebeka Public School の技術コーディネーター Thad Schulz 氏は、声明で以下のように語っている。

Bark for Schools は素晴らしい製品です。本校は Bark を手に入れるまで、このようなコンテンツスキャンを所有していませんでした。Bark はわずか数日間で、他の方法では気付かないであろう様々な問題を検知しました。わが生徒の1人に命を脅かす恐れのある問題が発生した際、Bark のチームメンバーから電話を頂き、対応策を講じるために支援をしてくれました。

Bark はこれまで自殺直前まで追い込まれた33人の生徒を救い、12件の学校爆破や銃事件を事前に食い止めたとしている。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

----------[AD]----------