元SLUSH TOKYO運営チームが手がけるカンファレンス「BARKATION」、2020年の開催中止を発表——来年の再開に向け、コミュニティ醸成に注力

SHARE:
2019年10月8日、東京・原宿で開催された BARK Launch Party
Image credit: Bark

既報の通り、「SLUSH TOKYO」の運営チームが中心となり、2020年2月19日〜20日にスタートアップカンファレンス「BARKATION」が開催される予定だったが、2020年については中止されることが明らかになった。主な理由としては、ボランティア養成などカンファレンス準備に十分な時間を費やすことができなかったためで、今年は BARK のコミュニティ醸成に注力するとしている。

もともと、カンファレンスありきではなく、コミュニティ活動の一端としての BARKATION であるため、BARK そのものの活動に大きな影響は生じない。CEO を務める古川遥夏氏は、BRIDGE とのインタビューで「第一回となる今年のカンファレンスに、国内外から東京にやってきてくる参加者を落胆させることはできないと考え、中止の判断に至った」と語ってくれた。

ここ数年、世界的なスタートアップカンファレンスの中止や休止の発表が相次いでいる。2011年から8年間にわたり続いた、オーストリアの旗艦カンファレンス Pioneers は昨年を最後に休止を発表。Tech in Asia も昨年から、シンガポールや東京のカンファレンスを休止し、現在はジャカルタのみで開催。WebSummit のオーガナイザーがアジアで開催する RISE も、香港情勢の緊迫化を理由に2020年の中止を発表している。