THE BRIDGE

タグ BlaBlaCar

欧州の相乗りサービス大手BlaBlaCar、ロシアの長距離バス料金比較・予約サイト「Busfor」を買収へ——同業FlixMobilityとの争いは激化の様相

SHARE:

ヨーロッパを席巻しているモビリティ革命が、人々の移動のあり方を根本から変えようとしている。消費者には新たな選択肢が生まれ、運送会社は新たなビジネスチャンスと挑戦の中で難しい舵取りに迫られている。 パリに拠点を置く BlaBlaCar はモビリティ業界のパイオニアだ。同社はさらなる変革を起こすべく、今まさに次の一手に出ようとしている。都市間相乗りプラットフォームを運営する BlaBlaCar は、ロ…

Image credit: Busfor

ヨーロッパを席巻しているモビリティ革命が、人々の移動のあり方を根本から変えようとしている。消費者には新たな選択肢が生まれ、運送会社は新たなビジネスチャンスと挑戦の中で難しい舵取りに迫られている。

パリに拠点を置く BlaBlaCar はモビリティ業界のパイオニアだ。同社はさらなる変革を起こすべく、今まさに次の一手に出ようとしている。都市間相乗りプラットフォームを運営する BlaBlaCar は、ロシア最大のバスプラットフォーム Busfor を買収してバス業界に切り込んでいこうとしている。

今回の買収は、すべての空席をユーザに提供するための取り組みを推し進めるためのものです。

BlaBlaCar の共同設立者兼 CEO の Nicolas Brusson 氏は言う。

ヨーロッパでは、電気バイクから格安航空会社まで、あらゆる乗り物が移動手段として長年利用されてきた。BlaBlaCar はそうした状況に一石を投じた企業の1つだ。同社のプラットフォームでは、車のドライバーが自分の移動予定を投稿することで、料金を払ってくれる相乗り相手を見つけることができる。このサービスはフランスやその他のヨーロッパ地域でかなり一般的になっており、BlaBlaCar はベンチャーキャピタルから3億3,500万米ドルを調達してユニコーン企業の仲間入りを果たしている

しかし、BlaBlaCar のこれまでの歩みは順調なことばかりではなかった。インドやトルコ、メキシコなどの市場に参入してみたもののうまくいかず、撤退を余儀なくされたこともあった。Brusson 氏によると、インドとメキシコでは相乗りの利用数が増え、コミュニティも拡大しているため、同社の取り組みが今になってようやく報われたという。現在、BlaBlaCar に登録しているドライバーと相乗り利用者は、22か国で8,000万人にのぼる。

同社にとって最大かつ最良の選択は、2014年にロシアの分断された運送市場に参入したことだろう。ロシアは乗車数ベースで BlaBlaCar にとって最大の市場となっている。同社は昨年、ロシアの相乗りプラットフォーム BeepCar を買収してロシア市場での地位をさらに揺るぎないものにしようとしている。BlaBlaCar の利用者数は現在、中央ヨーロッパと東ヨーロッパで2,500万人に達する。

ロシアへの参入を果たした後の2018年、同社はさらに果敢な動きを見せる。フランスの国営鉄道会社 SNCF から格安バスサービス Ouibus を買い取ったのだ。今では名前を BlaBlaBus に変え、フランス、ベルギー、オランダ、ドイツ、イタリアでサービスを展開している。

Ouibus を自社に取り込みながら、ロシアの Busfor を買収することで BlaBlaCar はバス業界にさらに深く切り込んでいこうとしている。

取引条件は公開されていないが、Busfor は提案を受け入れ、今年中には話がまとまる見込みだ。これまでにも他国に参入するために現地の相乗りサービスを買収してきたことがあるため、BlaBlaCar にとって今回のようなやり方は常套手段だと言える。

<関連記事>

BlaBlaBus と同様、Busfor も様々なバス運送会社を集めたプラットフォームであり、ブランドでもある。Busfor 自体はバスの運行を行うのではなく、依然として紙のチケットや駅でのチケット販売を行っているバス業界に IT を導入するのが役割だ。

Brusson 氏によると、物流インフラの仕事を自分たちでやるのではなく、今回も業界で地位を確立した企業を買収する方が良いと決断したのにはバス業界のこのような事情があるという。

オフラインからオンラインへの移行はすでに始まっています。プラットフォームの構築に2年かかりましたが、少し遅すぎたかもしれません。しかし、2年かけたからこそ Busfor のプラットフォームは世界でも通用するものになっています。

BlaBlaCar は規模拡大を続けながらも、ミュンヘンに拠点を置く FlixMobility といくつかの業界で競争を繰り広げている。FlixMobility は当初バスプラットフォームとしてスタートした会社で、同社のライムグリーンの FlixBus の車両は現在ヨーロッパ各地で見ることができる。ヨーロッパの電車サービスに競争を促すような法律が導入されるのを見越して、昨年 FlixTrain もスタートさせている

さらに、今年の夏にはベンチャーキャピタルから5億3,100万米ドルを調達して、自社の FlixCar 相乗りサービスをスタートさせようとしている

BlaBlaCar、FlixMobility ともに洗練されたデータ中心のインフラを構築することで乗り物と利用者のマッチングをするとともに、価格設定とルート設定も行っている。両社は調達した資金を使って、拡大を続ける市場と需要の中で長期的に通用する強みを獲得していこうとしている。

Brusson 氏は、いくつかの地域で両社が競合し始めていることを認めている。しかし、競合が登場したとしても BlaBlaCar が参入している市場にはまだまだ成長の余地があると同氏は確信している。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

----------[AD]----------

欧州の相乗りサービス大手BlaBlaCar、フランス国鉄運営のバスサービス「Ouibus」を買収——既存投資家から1億1,400万米ドルを資金調達

SHARE:

BlaBlaCar がこのほど、SNCF(フランス国鉄)が運営するバスサービス Ouibus を買収した。これによって同社は従来型のカーシェアリングビジネスから急速な変貌を遂げることになる。 Ouibus 買収の一環として、SNCF と以前からの投資家グループは BlaBlaCar に1億1,400万米ドルの支援を行う。今回の取引によってBlaBlaCar はカーシェアリングプラットフォームをさら…

Image credit: Ouibus

BlaBlaCar がこのほど、SNCF(フランス国鉄)が運営するバスサービス Ouibus を買収した。これによって同社は従来型のカーシェアリングビジネスから急速な変貌を遂げることになる。

Ouibus 買収の一環として、SNCF と以前からの投資家グループは BlaBlaCar に1億1,400万米ドルの支援を行う。今回の取引によってBlaBlaCar はカーシェアリングプラットフォームをさらに拡張できるようになる。その一方で、ヨーロッパ中の300都市でバスを所有・運営するという大きなリスクも負うことになる。

BlaBlaCar の共同設立者兼 CEO の Nicolas Brusson 氏は声明で次のように語った。

OuiBus のチームと協力していけることを大変嬉しく思います。これによって、BlaBlaCar の多様なモビリティソリューションを旅行者たちに提供して、幅広いニーズを満たすことができるようになります。

今回のプロジェクトの目的は、車とバスを組み合わせてヨーロッパ中で幅広い移動手段を提供するという私たちの計画を強化するためのものです。私たちと SNCF は共同輸送とドアツードア輸送の発展に向けて同じ未来像を共有しており、それを共同で行っていけるという、他にはない立ち位置にいます。SNCF との協力関係によってこの未来像は大きな転機を迎えることになります。

10年以上前に設立された BlaBlaCar は以前からフランスで最も注目を集めるスタートアップで、これまで3億米ドル以上を調達している。また、都市間を移動するドライバーと、相乗りしたい人をつなぐカーシェアリングプラットフォームを構築することで、ユニコーン企業の仲間入りも果たした。BlaBlaCar の現在の会員数は22ヶ国で6,500万人にのぼるという。

一方で、周囲からの大きな期待と多額の資金投入によって、成長のための新たな手段も探し続けなければならない。Ouibus との今回の取引はそのような状況の中ではある意味驚きをもたらすものであった。

国有の SNCF が運営する Ouibus は過去3年間にわたり、1,200万人以上の乗客を乗せてきた。プレスリリースによると、BlaBlaCar の今回の買収によって「バスと車の乗車率が最適化され、旅行者にとって使いやすいドアツードアのソリューションを提供できるようになる」とのことである。

また、Ouibus はヨーロッパ中のバスサービスとも連携できるようになり、ミュンヘンに拠点を置くFlixbusとの直接的な競争にさらに拍車がかかることになりそうだ。同社はデータを活用したバス企業で、実際にバスを運営、所有、サービス提供しているパートナーと連携している。ヨーロッパ中で鉄道サービスの民営化が進んでいるが、Flixbus もドイツで競争力の高い鉄道サービスをローンチしている

このような民営化はフランスでは論争の種になっている。SNCF の競争力を高めるための鉄道改革に反対するストライキが昨年夏、3ヶ月にわたって行われた。

SNCF の社長である Guillaume Pepy 氏は、声明で次のように語った。

電車の本数をこれまでより増やすためには、電車以外のサービスにも乗り出す必要があります。

鉄道インフラの持続可能なやり方を組み合わせて、出発地から目的地までたどり着くための様々な選択肢を旅行者に提供する必要があります。今回の共同プロジェクトの目的は、お客様がこれまでよりも簡単に旅ができ、車に一人しか乗っていないという状況を減らすためのものです。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

----------[AD]----------

欧州のライドシェアリングサービス大手BlaBlaCar、パリの都市型カープーリングスタートアップLessを買収

SHARE:

フランスのライドシェアリングサービス大手の BlaBlaCar はこの度、パリに本社を置く Less を買収した。Less はカープーリングアプリのベータ版を4ヶ月前にローンチしたばかりである。買収の詳細な条件は明らかにされていない。 BlaBlaCar は2006年の設立以来、Accel や Index Ventures といった著名な投資家から3億3,000万米ドル以上の資金を調達しており、フ…

パリの BlaBlaCar 本社
Image Credit: Chris O’Brien

フランスのライドシェアリングサービス大手の BlaBlaCar はこの度、パリに本社を置く Less を買収した。Less はカープーリングアプリのベータ版を4ヶ月前にローンチしたばかりである。買収の詳細な条件は明らかにされていない。

BlaBlaCar は2006年の設立以来、Accel や Index Ventures といった著名な投資家から3億3,000万米ドル以上の資金を調達しており、フランスで最も潤沢な資金を持つスタートアップの1つとなっている。同社が2015年にシリーズ D ラウンドで調達した2億米ドルは、フランスのスタートアップが1回の資金調達ラウンドで調達した金額としては現在でも歴代最高額である。このラウンドにより、BlaBlaCar の評価額は16億米ドルまで上昇した。同社は現在では22ヶ国に6,000万人の会員を抱えているという。

<関連記事>

短距離の移動を主軸にした Uber とは異なり、BlaBlaCar は長距離移動用のカープーリングアプリとして有名だ。しかしながら、同社は昨年5月にフランスでローンチした BlaBlaLines というアプリを通して、短距離移動サービスも提供している。

Less は2016年に、Criteo(2013年にナスダックに上場した、フランスのアドテック企業)の共同設立者である Jean-Baptiste Rudelle 氏によって設立された。都市型カープーリングアプリを主体とする Less は、BlaBlaLines のコア事業との親和性が高かったということだ。

Less は12月のローンチまでに1,900万米ドルという多額の資金を調達したが、投資家には BlaBlaCar へ出資している Index Ventures が含まれていた。この生まれたてのスタートアップは、ローンチからわずか数ヶ月で売却という選択をしたことになる。この事実から、ライドシェアリング、カープーリング、そして広域配車アプリ業界の競争がますます熾烈になりつつあることが読み取れる。業界内で既に地位を確立した企業と協力できるのであれば、あえて独力で事業を進める理由はないだろう。

Less は、モビリティ分野においてスケーラブルな市場を築くことに強い関心を持っています。また、合併した暁には、業界内で地位を確立した企業にチームの力を惜しみなく提供したいと考えています。

Rudelle 氏は声明でこのように述べた。

この「合併」は、eタクシー業界では頻繁に行われている。例えば、Uber と中国の Didi Chuxing(滴滴出行)との間で多くの取引が合意に至った件は記憶に新しい。

Less のオフィスは速やかに BlaBlaCar のオフィスに統合され、Lessブ ランドは廃止される予定である。結局のところ、市場に4ヶ月しか存在しなかった Less ブランドを推し進める意味はあまりないということだろう。今回の取引は、アキュハイヤー(人材獲得を目的とした買収)という側面が強いように思われる。

我々と同様にカープーリングに対して熱い情熱を持った、革新的で能力の高いチームを迎え入れることができて嬉しく思っています。フランスでの BlaBlaLines の展開に続いて、目下 BlaBlaCar の革新を行っている中で実施された本日(4月27日)の買収は、非常に有意義なものになるでしょう。

BlaBlaCar の CEO 兼共同設立者である Nicolas Brusson 氏はこのように述べた。

公表されている限りでは、Less は BlaBlaCar が買収した8社目の企業である。ただし、ここ数年の間に買収したのは Less のみだ。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

----------[AD]----------

ライドシェアリング大手のBlaBlaCarが1億6000万ドルを調達したと報じられる

SHARE:

この調達額はフランス企業としては評価額で新記録となるものであり、徐々に独占的でなくなりつつあるが、それでもこの国におけるテクノロジー系ユニコーンクラブ入りの先駆けとなりそうだ。 TechCrunchは本日、あるソースの情報として、パリを拠点とするBlaBlaCarがInsight Venture Partnersをリードとする12億ドルの評価額ラウンドを完了したと伝えた。 Bloombergは以前…

2014-12-12-12.20.30

この調達額はフランス企業としては評価額で新記録となるものであり、徐々に独占的でなくなりつつあるが、それでもこの国におけるテクノロジー系ユニコーンクラブ入りの先駆けとなりそうだ。

TechCrunchは本日、あるソースの情報として、パリを拠点とするBlaBlaCarがInsight Venture Partnersをリードとする12億ドルの評価額ラウンドを完了したと伝えた。

Bloombergは以前、夏にBlaBlaCarが新たな巨額調達ラウンドを模索していると伝えており、その際の評価額は10億ドルだった。私たちはBlaBlaCarに接触し、以前の投資家にコメントを求めた。

この報道が真実であれば、最新の調達ラウンドはBlaBlaCarが最も有名である地域のヨーロッパ以外に拡大を目指して1億ドルを調達して以来、ちょうど1年ぶりのことになる。当時、フランストゥールーズ近郊にあるIoT企業、Sigfoxが1億1500万ドルを調達したが、これは現在のフランスVC史上の記録であり、それに並ぶものだった。

BlaBlaCarはUberやLyftといった地元の短距離移送というよりは、遠距離の都市間でのライドシェアリングにフォーカスを当てている。

BlaBlaCarのドライバーは旅行を計画し、有料で自分の車のスペースを提供するというモデルだ。この手数料は(利益を得るというよりも)ドライバーが旅行を計画して乗車する負担を軽減する、という構造上の理由から、BlaBlaCarは現在、Uberが直面しているような規制の問題を避けることができている。

BlaBlaCarはすぐに米国での展開を開始する用意はないとしつつも、新たな調達ラウンドではどこか新たな国での展開を推進することになるだろう。

アップデート:BlaBlaCarの広報担当、Eliza Dabneyは「BlaBlaCarの創業者たちが投資家たちと検討に入っていることは確かです。ニュースとして共有できるタイミングがくれば、お伝えします」とメールで伝えた。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

----------[AD]----------

欧州のライドシェアリング「BlaBlaCar」が1億ドルの資金調達

SHARE:

<ピックアップ> BlaBlaCar Raises $100 Million to Plug Private Cars Into Public Transit 欧州の相乗りサービス「BlaBlaCar」がシリーズCとなる1億ドルの資金調達を実施しました。Index VenturesがリードでAccel Partnersなどがラウンドに参加しているそうです。 いわゆるライドシェアリングで…

blablacar

<ピックアップ> BlaBlaCar Raises $100 Million to Plug Private Cars Into Public Transit

欧州の相乗りサービス「BlaBlaCar」がシリーズCとなる1億ドルの資金調達を実施しました。Index VenturesがリードでAccel Partnersなどがラウンドに参加しているそうです。

いわゆるライドシェアリングで、どこかに移動する車所有者はその目的地などを登録しておいて、相乗りしてくれるユーザーをマッチングしてくれるサービスです。記事にもある通り、長距離移動に高い運賃を払う必要の多い欧州ならではのモデルで、このあたりはUberやLyftといったオンデマンドに運んでくれるハイヤー的なものとは全く違うものですね。

現在800万登録ユーザーを保有しており、月間で100万人の利用者(active passengers)がいるとのこと。地域的にはベルギー、フランス、ドイツ、イタリアなど12カ国。日本やアジアはどちらかというと短距離での細かい移動が多いので、やはりUber&Lyftライクがマッチしてそうです。

via Re/code 【G翻訳】

----------[AD]----------