THE BRIDGE

タグ c2c

フリマアプリの「メルカリ」がアプリデザイン変更、400万DLも達成

SHARE:

フリマアプリのメルカリは7月22日、アプリデザインのリニューアルを実施した。iOSからの対応でAndroid版については近日中の変更としている。また、これに合わせて同アプリのダウンロード数が400万件に到達したことも発表している。   7月2日にはサービスの1周年として350万ダウンロード、月間の流通総額が10億円に到達したことを発表、本誌ではその成長過程をグラフにしているので、伸びとしては若干鈍…

フリマアプリのメルカリは7月22日、アプリデザインのリニューアルを実施した。iOSからの対応でAndroid版については近日中の変更としている。また、これに合わせて同アプリのダウンロード数が400万件に到達したことも発表している。

new_mercari_iPhone_3 new_mercari_iPhone_1

7月2日にはサービスの1周年として350万ダウンロード、月間の流通総額が10億円に到達したことを発表、本誌ではその成長過程をグラフにしているので、伸びとしては若干鈍化している印象があるが、これは恐らくCM投下効果の影響によるものと思われる。いずれにせよ「戦略的」急成長に変わりはない。

<参考記事> 月間流通額は10億円、350万DLも達成ーー急成長メルカリの公開1年を振り返る

一方でライバルでもあり「フリマアプリ」の名称をいち早く打ち出したFablicのFril(フリル)も先日、福岡の地で初めてその数字を公開した。ただ、両サービスをよく観察すると、取り扱い商品やターゲットは現時点で似ているものの、その目指す先には違いを感じており「フリマアプリ」とひとつに括ることが難しくなる可能性が高い。

<参考記事> フリマアプリ「Fril」の月間物流総額は5億円以上、DL数は150万にーーCM展開も「検討中」 #bdash

いずれにせよ、これまであまり数字や積極的な資金調達などを控えていたFablicが路線を変えたことで、両社合わせて年間200億円近い流通総額のマーケットは更に過熱しそうな予感だ。

----------[AD]----------

SumallyがC2C「Sumallyマーケットプレイス」を開始、勝機は135万点アイテムに紐づいた「モノグラフ」にあり

SHARE:

ユーザーが持ってるもの(Have)と欲しいもの(Want)でソーシャルに繋がりが可視化される「Sumally」を展開するサマリーは4月21日、C2C型のコマースサービス「Sumallyマーケットプレイス」を開始した。iPhoneアプリのみの対応で、これによりユーザー間での商品の売買が可能になる。 出品したいユーザーはアプリから既にSumaly上に登録されているアイテムを指定するか、新たに情報をブッ…

10273002_10202904742355017_725444541_o 10263302_10202904742395018_1849585591_o

ユーザーが持ってるもの(Have)と欲しいもの(Want)でソーシャルに繋がりが可視化される「Sumally」を展開するサマリーは4月21日、C2C型のコマースサービス「Sumallyマーケットプレイス」を開始した。iPhoneアプリのみの対応で、これによりユーザー間での商品の売買が可能になる。

出品したいユーザーはアプリから既にSumaly上に登録されているアイテムを指定するか、新たに情報をブックマークレット経由で登録し、さらに出品する所有の商品の写真をアプリを通じてアップロードする。

IMG_5639IMG_5638

売り手側は利用にあたって登録費用や月額費用は不要、現時点で販売手数料も無料となっている。買う側は表示されている商品代金のみの支払で決済手数料などは不要だ。

決済はSumally側で実施し、売り手側への支払は規定のスケジュールで実施される。なお、サマリー代表取締役の山本憲資氏によれば、売り手側の販売手数料は今後10%を予定しているとのことだった。

激戦続く「スマートフォン×C2C」市場

さて、スマートフォンにおけるC2Cコマースの分野は既にレッドオーシャン状態だということはご存知の方も多いだろう。フリマアプリの名前を生み出したFrilはその多くがベールに包まれながらも、伝え聞く運営状況はすこぶる好調だし、メルカリは先日14.5億円の大型調達を成功させ、米国へと市場を拡大させようと邁進している。

国内C2C王者ヤフーも無料化戦略で挑戦者を迎え撃ち、さらにその周囲にはWondershakeのLocariLISTORE、芸能系のSTULIOやサイバーエージェントの運営する母親向けのマムズフリマと、新旧、大小並べるのも大変な状況だ。恐らくさらに小さな立ち上げ組はまだ何かあると思ってやってくるだろう。

この記事でも書いた通り、王者ヤフーの状況からみてモバイル個人間取引の月間の流通額は200億円ほどの規模感が予想される。これを奪うのか、それとも新しい市場を開拓するのか、各社しのぎを削るのが今、という状況だ。

135万アイテムに紐づいた5000万件の「Want」と「Have」データ

Sumallyに勝ち目はあるのだろうか?

私はある理由から大いにその可能性、Frilやメルカリといった先行者に次ぐ存在として成長するのではと考えている。それが彼らの蓄積してきたモノグラフによる「欲しい人」と「欲しいモノ」を繋ぐ仕組みだ。

Sumallyの開始は2011年9月。サービスの公開から約2年半近くをかけてモノとモノの「つながり」をユーザーと一緒に構築してきた。

山本氏に話を聞いたのだが、登録ベースで40万人弱に拡大したユーザーと一緒に作ってきた「モノのデータベース」は135万アイテムにまで蓄積が進み、さらにそこにカテゴリなどのメタ情報に加え、モノとモノを繋ぐ「Want(欲しい)」と「Have(持ってる)」のデータが5000万件紐付けされている状態なのだそうだ。

では一体これが何がを実現するのか?

そう、このモノグラフを辿れば「自分の欲しいもの」が見つかるのだ。図で具体的に説明しよう。

10259463_10202895972095766_1004531169_n

まず最初に何かタイムライン上に並ぶアイテムに「Want」というきっかけを与える。これは自分の欲しいものに近いものであればかまわない。そうすると関連アイテムが出てくるのだが、ここからさらに欲しいものをどんどんWantしていけばいつかは本当に欲しいものに辿り着く、という具合だ。

アイテムにはそれぞれWantとHaveのデータが紐づいており、「このアイテムを欲しいという人は別のこのアイテムを欲しがるだろう」という関連づけができている。さらにカテゴリなどのメタが整理されているため、理路整然とこの情報が引き出せる、ということなのだそうだ。

実際に欲しいものに出会えるのか試してみた

私も半信半疑ながら、自分が欲しいと「思える」鞄になかなか出会えてなかったので、このSumallyを使って辿ってみた。結果は次の通り、自分好みのものに7ステップほどで出会うことができた。この感覚はAmazonのレコメンドでは味わえてなかったものだ。

IMG_5609IMG_5610

◎手提げの鞄が欲しかったのでとりあえず適当に鞄をWant。次に手提げの形にWant。

IMG_5611IMG_5612

◎目についたよさそうな形にWant、Want。

IMG_5613IMG_5615

◎ブルー系が欲しかったので引き続き目についたのをWant。そうしたら段々欲しいと思えるものが出てくる

IMG_5616

◎ということでようやくよさそうというブランドに到着。

「欲しい人に売れる」モノグラフとC2Cの可能性

現時点ではSumallyで見つけた商品をすぐにマーケットプレースで購入できるわけではない。しかし、欲しいと分かっているのであれば売るのは比較的簡単だ。

今後、爆発的に増える出品数を考えると、このモノとのマッチングの精度というのは大変重要なキーとなる。さらにスマートフォンのような限りある画面インターフェースでは、多くの情報を詰め込むことはユーザービリティを下げることに繋がる。特にファッション系の商品は文字での検索が難しい。

加えて言えば、Sumallyがユーザー数とアイテム数を伸ばし、このモノグラフが確固たるマッチングデータとなれば、それを他社に提供することも考えられるかもしれない。つまり、他のプレーヤーに比較して多くの選択肢を持っているともいえるのだ。

今回、山本氏への取材で得たモノグラフの魅力というのはさらに広がりのあるものだった。それらはまたの機会に書きたいと思う。

----------[AD]----------

KDDI∞Labo(ムゲンラボ)第5期Demo Dayから〜女性向けモバイルオークションの「スマオク」が優勝

SHARE:

※この記事は英語で書かれた記事を日本語訳したものです。英語版の記事はコチラから。 先週、KDDI ∞ Labo(ムゲンラボ)が、第5回インキュベーション・プログラムに参加したスタートアップのデモデイを開催した。これらのスタートアップを9月にプレビューしたのを読者は覚えているかもしれない。 写真キュレーションサービス「ズカンドットコム」 家計簿アプリ「Dr. Wallet」 モバイルオークションアプ…

Daisaku Harada

※この記事は英語で書かれた記事を日本語訳したものです。英語版の記事はコチラから

先週、KDDI ∞ Labo(ムゲンラボ)が、第5回インキュベーション・プログラムに参加したスタートアップのデモデイを開催した。これらのスタートアップを9月にプレビューしたのを読者は覚えているかもしれない。

デモデイでは、渋谷のヒカリエにあるイベントホールで5社がピッチし、この数ヶ月に成し遂げた進歩を聴衆に披露した。女性向けのモバイル・オークションアプリ「スマオク」で聴衆を魅了した、ザワットの原田大作氏が優勝した。昨年10月、原田氏にはインタビューをしている。

スマオクは、単なるフリマアプリと言うに留まらず、ここ数年見て来たモバイルを使ったC2Cコマースサービスで、日本のトレンドを前進させるものだ。この分野で特筆すべきスタートアップは、メルカリフリルなど数は多くない。原田氏によれば、スマオクは日本で傑出した存在となるべく、オークションにゲーム感覚を取り入れている。

彼はプレゼンの中で、スマオクで取引された金額がここ数ヶ月で飛躍的に伸びていると説明した。原田氏にプレゼン資料からもわかるように(以下のすべてのスライドを参照)、11月には数万円しか取り扱えていなかったのが、12月には約4倍の数百万円、1月にはさらに5倍の数千万円に達している。あいまいな部分は残るものの、これらの数字は極めて心強いものだ。

彼らのハンガーを逆さまにしたロゴにも興味を持った。原田氏の説明によれば、これはユーザに体験してほしいことを意味していて、眉の向きを同じように(にこやかに)逆さまにしたいのだとしている。これはキュートで、極めて記憶に残るイメージだと思った。

以下で、このデモデイでの写真をチェックすることができる。写真キュレーションのズカンドットコムが聴衆賞を受賞したことも付記しておきたい。近い将来、これらの若いスタートアップ全社から、より多くの話が聞けるのを楽しみにしたい。読者におかれても、期待してほしい。

DSC_6949

DSC_6912

DSC_6824

DSC_6790

DSC_6699

DSC_6735

DSC_6651

----------[AD]----------

「目指すは日本一」ーーサブカル特化のC2Cフリマアプリ「A2mato(アニマート)」がローンチ

SHARE:

東京のスタートアップセブンバイツが新たなサービス「A2mato(アニマート)」をリリースした。同サービスは、サブカルチャー系の商品に特化したC2Cフリマアプリだ。 A2mato(アニマート)はスマホで簡単にアニメ・同人グッズ、コスプレ用品、ゲーム、漫画全巻、カードゲーム、アイドルグッズ等の取引が出来るアプリ。 セブンバイツは昨年の6月に資金調達を実施しており、その際サブカル特化のC2Cマーケットプ…

A2mato logo東京のスタートアップセブンバイツが新たなサービス「A2mato(アニマート)」をリリースした。同サービスは、サブカルチャー系の商品に特化したC2Cフリマアプリだ。

A2mato(アニマート)はスマホで簡単にアニメ・同人グッズ、コスプレ用品、ゲーム、漫画全巻、カードゲーム、アイドルグッズ等の取引が出来るアプリ。

セブンバイツは昨年の6月に資金調達を実施しており、その際サブカル特化のC2Cマーケットプレイスを軸とすることを本誌に語ってくれていた。

「オタク市場」と呼ばれる市場は、恋愛シミュレーションゲーム、オンラインゲーム、ボーカロイド、アイドル、メイド・コスプレ、声優、フィギュア、ライトノベル、電子コミック、コスプレ衣装、ドール、鉄道模型、プラモデルなどに分類される。

矢野経済研究所のオタク市場に関する調査報告によると、各市場において、エントリーユーザーやライト層、「非オタク」である一般層を獲得し、堅調に推移しているという。2011年の段階で、その市場規模は8920億円となっている。ブシロード社長の木谷氏によると、カードゲーム市場だけでも1000億円になろうとしているそうで、これは無視できない市場規模だ。

セブンバイツは、この成長市場に対して、C2Cマーケットプレイスという今注目が集まっているサービス形態で挑戦しようとしている。筆者は、2013年の年末、世間(一部)がサブカルの祭典「コミケ」で賑わう時期にセブンバイツ代表の澤田翔太氏インタビューを行った。

A2mato

澤田氏がA2matoを始めた理由は大きく分けて2つだという。

サブカルの市場に乗り出した理由は大きく分けて2つです。1つはマーケットがあること。もう1つはクリエイター支援をしたいと考えたからです。

コミケでは、カタログを見てもサークルの情報は十分に伝わらず、結局ファンの人たちはTwitterやウェブサイトを見ている状態。探しにくいため、人気は壁サークルに集中してしまい、新人の掘り起こしが難しくなっているといいます。A2matoでは、新人でもファンの人たちの目に止まりやすくできるようにし、ロングテールのクリエイター支援を行いたいと考えています。

モバイルのC2Cマーケットプレイス、フリマアプリが盛り上がりを見せる中、サブカルに特化したサービスはまだなかった。澤田氏はここに目を付けた。さらに、A2matoを利用することはクリエイター側にとっても、ユーザにとってもメリットがある。

現在、同人サイトは値段が高いというデメリットがあります。サークルがDLsite、メロンブックスやとらのあななどで同人誌を500円で売ろうとすると、30%手数料がかかりあす。そこをA2matoでは5.25%でやります。

02_タイムライン-1 05_商品詳細-1

A2matoでは、ジャンルごとにハッシュタグをフォローすることができ、タイムラインが表示される。流れてくる商品を見て、RTのような機能「リマート」を使ったり、お気に入りに登録することなども可能だ。

澤田氏は、サブカルに関心が高い人々とTwitterの相性が良いと考え、抵抗のないUIになるように、と考えている。

08_探す 09_出品-1

他のフリマアプリと同様に、A2matoもアプリ上から出品が可能となっている。支払い方法もクレジットカード、コンビニ振込、銀行振込、ポイントでの支払いなどが用意されている。

A2matoが他のフリマアプリと異なる点はウェブ版も用意していることだろう。ユーザがA2matoに訪れる導線として、Twitter経由が多くなると予想しているため、パーマリンクが重要となる。そうした点もあり、ウェブにも対応している。

a2mato

A2matoはまず50万ユーザ数、月5億円の流通金額を目指すという。澤田氏は、

サブカルのコマースサイトで日本一を目指します。

とその意気込みを語ってくれた。A2matoのアプリはこちらのページからダウンロードすることができる。

----------[AD]----------