THE BRIDGE

タグ Canva

昨年ユニコーンとなったシドニーのデザインツールスタートアップCanva、無料写真素材サイトのPexelsとPixabayを買収

SHARE:

Tech in Asia では、有料購読サービスを提供。有料記事の閲読、全記事への回数無制限閲読、5万社を超える企業データベースへの無制限アクセス、カンファレンスへの限定割引などの特典があります。詳しくはこちらから。 昨年ユニコーン企業となったオンラインデザインツールスタートアップの Canva は、その成長をさらに推し進めるようだ。 オーストラリアに拠点を置く同社は18日、Pexels と Pi…

Tech in Asia では、有料購読サービスを提供。有料記事の閲読、全記事への回数無制限閲読、5万社を超える企業データベースへの無制限アクセス、カンファレンスへの限定割引などの特典があります。詳しくはこちらから


昨年ユニコーン企業となったオンラインデザインツールスタートアップの Canva は、その成長をさらに推し進めるようだ。

オーストラリアに拠点を置く同社は18日、PexelsPixabay という無料の写真素材サイトを買収することを発表した。これにより、Canvaのユーザは2社が持つ100万枚の画像を使ってデザインを行うことができる。契約条件は公開されていない。

Canva の CEO 兼共同創業者 Melanie Perkins 氏
Image credit: Canva

Canva の CEO  Melanie Perkins 氏によると、今回の買収はクリエーションに役立つ高品質な素材をユーザに提供するためだという。同社のアプリでは、絵を描いた経験がなく Photoshop のような大げさなアプリを使いたくないユーザでも簡単に素材を見つけることができる。

デザイン経験のない人たちはたいてい「ひどいクリップアートや目も当てられないフォント、低品質な写真を使っている」と Perkins 氏は Tech in Asia に語った。今回の買収はそうした問題を解決するためのものだ。

ユニコーン企業として Canva に関しては以下のような数字がある。

  • 月間アクティブユーザ数:1,500万人
  • 有料サブスクリプションユーザ数:50万人
  • アプリ内の画像作成数:13億枚
  • アプリ利用国:190カ国

2013年に設立されたCanvaは、4,000万米ドルの資金を調達し、2018年1月にユニコーン企業となった

10億ドル規模のユニコーンスタートアップになったことで「企業としての方向性に自信が持てるようになった」ものの、一方で企業の本質は変わらないと Perkins 氏は語った。

Canva
Image credit: Canva

また、CEO としての役割は何も変わらないと彼女は言う。

私は自身にいつも高い目標を設定しています。自分にもっともプレッシャーをかけているのは他でもない私自身なのです。

しかし、従業員数は昨年初めの250人から今では550人にまで増えており、すべてがこれまでと同じではないことも認めている。

私たちには生活を支えていかなければならない従業員がたくさんいます。それがプレッシャーではないと言ったら嘘になりますね。

新たな従業員が増えたことで、オフィススペースも拡張する必要が出てきた。Canvaが以前シドニー本社があった場所のそばにある8階建てのビルに移ったのもそのためだ。

今後の展開

Canva には3つの収益源がある。1つ目が「Pro」のサブスクリプション会員で、2つ目が有料の写真素材を提供するマーケットプレイス、3つ目が現在42か国で提供している「Print」である。スタートアップの世界では珍しいことだが、同社はしばらくの間利益を出している。

Pexels と Pixabay を傘下に収めた後も、この2つのサイトのサービスはこれまで通り続けられる。Canva はこの2つのサイトの広告とアフィリエイトリンクからいくらか収益を得られる可能性がある。

Perkins 氏は18日、買収以外の発表も行っている。同社のアプリでは、大量の有料写真を必要とするユーザ向けに、Pro パッケージとは別に使い放題プランの提供を開始する。

Canva の競合には、Figma や Easel.ly、Visual.ly、Piktochart といった同種のオンラインデザインツール企業がいる。

【via Tech in Asia】 @techinasia

【原文】

----------[AD]----------

ビジネスの資料にもっとデザインをーースキル不要のデザインツール「Canva for Work」がリリース

SHARE:

Canva unveils its new business platform, offering a two-month free trial 簡易的な操作でグラフィックスを作成できるツールCanvaが、ビジネス版「Canva for Work」をリリースしました。 デザインツールといえば、Adobe製品が有名ですが、「Canva for Work」ははAdobeのようなハイエンドなツールではな…

Canva for Work

<ピックアップ>Canva unveils its new business platform, offering a two-month free trial

簡易的な操作でグラフィックスを作成できるツールCanvaが、ビジネス版「Canva for Work」をリリースしました。

デザインツールといえば、Adobe製品が有名ですが、「Canva for Work」ははAdobeのようなハイエンドなツールではなく、ビジネスにおけるMicrosoft Officeのように、ビジネス資料のデザインを可能にするツールだそうです。

Canvaは今年の5月に、既存投資家を中心に600万ドルを調達しています。その頃から「Canva for Work」のことは話題になっていましたが、いよいよリリースされました。現在は登録を行って、利用が開始できるようになるのを待つ状態。

利用料金は1年間まとめて支払うとひと月あたり9.95ドル、ひと月づつの支払いだと12.95ドルとなっています。最初の60日間はトライアル期間。

via The Next Web

----------[AD]----------

グラフィックデザインを超簡単にするウェブアプリ「Canva」がローンチ

SHARE:

クリエイティブ業界ではちょっとした革命が起きている。多くのスタートアップがあらゆる種類のアプリを開発し、高価だった業界向け専用ツールが一般の人々にも手の届くものとなっている。 ユーザがボタンを一押しするだけであらゆる画像フィルタを適用してくれるInstagramは序の口で、データをもとにして文法的に完璧な記事を作り出すNarrative Science、プログラムを書かずにユーザがアプリを作成でき…

canva-200x200クリエイティブ業界ではちょっとした革命が起きている。多くのスタートアップがあらゆる種類のアプリを開発し、高価だった業界向け専用ツールが一般の人々にも手の届くものとなっている。

ユーザがボタンを一押しするだけであらゆる画像フィルタを適用してくれるInstagramは序の口で、データをもとにして文法的に完璧な記事を作り出すNarrative Science、プログラムを書かずにユーザがアプリを作成できるKnack、そしてインフォグラフィックの作成を簡単にしてくれるPiktochartがある。

しかし、ちゃんとしたグラフィックデザインをするツールとしてInstagramのように支持されているものはそう多くは存在していない。Canvaはその候補の1つで、ウェイティングリストで待っているアメリカとオーストラリアのユーザにローンチされた。このウェブアプリを使ってグラフィックデザインを極めてシンプルにすることを目指している。一方で、Photoshopは価格が高く、複雑で習得するのはなかなか難しい。Canvaは無料でシンプル、そして簡単に習得できるようだ。

Canvaは、オーストラリアのスタートアップCanva(アプリと同名)によって開発された。同社は3月に、Matrix Partners、InterWest Partners、500 Startups、Facebookの技術部門ディレクターLars Rasmussen氏やYahoo!のCFOのKen Goldman氏などの著名なオーストラリアやアメリカの投資家から、資金調達ラウンドで300万米ドル獲得したことを発表している。

1年の開発期間を経て、アプリはついにアーリーアダプター向けにお目見えした。

canva

ログインするとホーム画面に進み、そこにはFacebookのプロフィールカバー、A4の資料やプレゼン用資料の寸法サイズに合う所定のキャンバスが揃っている。ユーザは寸法サイズを調整することもできる。

canva-590

設定された寸法を選ぶとデザインページに進み、様々なデザインを選ぶことができる。特定のテンプレートは、キャンバスにドラッグ・アンド・ドロップするだけで利用できるようになっている。

canva1-590

アプリを使うと保存されている画像を簡単に利用することができる。Canvaには、各デザインが1米ドルで利用できる検索可能なプレミアム画像のライブラリーがあり、画像を保存している他の多くのサイトよりも安く利用できる。ユーザは、トータルで100万の画像と何百ものフォントの中から選択することができる。また、自分のコンピュータやFacebookアカウントからも画像を選択できるオプションがある。

canva-3-590

利用体験についてもっと紹介したいのだが、どうやら筆者の場合、アプリ機能の多くが上手く動作していないようだ(他のユーザは問題なく利用できている)。エンジニアによって多くの調整がなされているとのことなので、アプリが直ったら記事の内容をアップデートするつもりだ。

いずれにせよ、安価で洗練されたレイアウトを誰でも利用できるようにするための手段をCanvaが提供できる可能性は大いにある。しかし、近い将来このようなツールがプロの仕事に取って代わるとは思えない。事実、クリエイティブのプロは自分たちのレイアウトや写真を他者と共有することができるので、このプラットフォームはデザイナーがより生産的に仕事をするのを助け、マネタイズできる別のチャネルとして機能する可能性がある。

Instagramのようなアプリがプロの写真家に取って代わりつつあると人気を博しているが、クリエイティブ業界は最終的には美しいテイストやビジュアルに対する感覚、創造的なひらめきを必要とするものだ。それは簡単に置き換えられることはないだろう。

【via SGE.io】 @SGEio

【原文】

----------[AD]----------

オーストラリアのスタートアップCanvaがシードラウンドで300万米ドルを獲得、コラボ可能なデザインプラットフォームの構築を目指す

SHARE:

デスクトップのデザイン業界を変えることを目指すオーストラリアのスタートアップCanvaがシードラウンドで300万米ドルを獲得したことを発表。同ラウンドでは、Matrix Partners、InterWest Partners、そして500 Startupsを含むオーストラリアとアメリカの投資家らが出資した。 その他にも、エンジェル投資家のBill Tai氏、Blackbird Ventures、F…

canva

デスクトップのデザイン業界を変えることを目指すオーストラリアのスタートアップCanvaがシードラウンドで300万米ドルを獲得したことを発表。同ラウンドでは、Matrix PartnersInterWest Partners、そして500 Startupsを含むオーストラリアとアメリカの投資家らが出資した。

その他にも、エンジェル投資家のBill Tai氏、Blackbird Ventures、Facebookのエンジニア・ディレクターLars Rasmussen氏、Yahoo!のCFO(最高財務責任者)Ken Goldman氏、Seekの元共同設立者Paul Bassat氏、そしてSquare Peg Venturesのパートナーが同ラウンドに参加した。政府が行う出資プログラム「Commercialization Australia」も同出資ラウンドに加わった。

現在Canvaは、コラボレーションしながらプロ品質のデザインを誰もが簡単に作成することができるオンラインプラットフォームを構築中。Canvaは共同設立者のMelanie Perkins氏とCliff Obrecht氏が共に関わる2つ目のスタートアップだ。一つ目は2007年に始めたFusion Booksというオンライン卒業アルバムデザインサービス。Googleで以前リードデザイナーを務めたCameron Adams氏が共同設立者兼プロダクト責任者としてCanvaに加わった。

シードラウンドの規模が比較的大きいということは、Canvaの投資家たちがこのチームおよびビジョンに大きな信頼を寄せていることを示している。

「デザインは共同で行い、ソーシャルな要素を取り入れる方向に変わりつつあり、Canvaがその道を率いていくものになるでしょう。」

とLars Rasmussen氏は語った。

Blackbird VenturesのRick Baker氏は、Canvaはオーストラリアの企業が始めから世界的視野で考えることができることを証明していると考えている。

「デスクトップデザイン業界は大変革を行う時期に来ており、Canvaのメンバーはそれを行うには打ってつけでしょう。」

と同氏は付け加えた。オーストラリアとアジアのエンジェルファンド、アクセラレーター、ベンチャーキャピタル会社のディレクトリについては、VentureDexにアクセスしてほしい。

【via SGE.io】 @SGEio

【原文】

----------[AD]----------