BRIDGE

タグ Chatty

英会話アプリ「Chatty」のUIデザイナーが語る、リニューアルで会員登録率を2倍に上昇させた改善ポイント

本稿は、カナダ、アメリカを拠点に活動している26歳フリーのUIデザイナーである高橋麻衣さんによる寄稿記事です。 日本の広告代理店で広告営業とプロデューサーを経験した後、昨年にはシリコンバレーでゲーム開発のブートキャンプ「MAKE SCHOOL」を卒業。現在は、カナダに在住し、フリーランスとして仕事をしています。 ユーザーの大半がビジネスマンであるレアジョブ英会話。一方の英会話アプリ「Chatty(…

Mai-Takahashi本稿は、カナダ、アメリカを拠点に活動している26歳フリーのUIデザイナーである高橋麻衣さんによる寄稿記事です。

日本の広告代理店で広告営業とプロデューサーを経験した後、昨年にはシリコンバレーでゲーム開発のブートキャンプ「MAKE SCHOOL」を卒業。現在は、カナダに在住し、フリーランスとして仕事をしています。


ユーザーの大半がビジネスマンであるレアジョブ英会話。一方の英会話アプリ「Chatty(チャッティ)」のコアユーザーは、意外にも女性が7割、それも10代がメインでした。以前女性向けサービスの運営に携わった経験があり、個人的にも英語に興味があったことから、この若い女性というコアユーザー向けにリニューアルデザインを担当させてもらうことになりました。

結果として、Chattyのデザインリニューアルは上手くいき、それは各種数値にも表れています。まずダウンロード数に関してはデイリーで20倍、月間でも10倍に伸びました。また、アプリダウンロード後の会員登録率も2倍に上昇。今回のリニューアルに際して、効果的だった4つのポイントを振り返ってご紹介します。

アプリのファーストビューで女性の心をつかむ

ウェブもそうですが、モバイルアプリのデザインにおいては特に、ファーストビューが大きな役割を持ちます。ファーストビューはアプリの世界観を表現し、ユーザーの信頼を一発勝負で得る画面だからです。またユーザーの期待に答えるという点だけでなく、属性が合っているターゲットをしっかりとサービスに集めるという点でも非常に重要になります。

ですので、Chattyのリデザインにあたって、まずターゲットとなるユーザーのインサイトを一気にノートに書き出し、どんな世界観を作り出すかをイメージしました。Chattyの場合、ターゲットユーザーは10〜20代の女性なので周囲の女友達などにヒアリング。すると、彼女たちの英語学習には「海外旅行で使いたいから」「いつか英語を使って仕事するため」「スキルアップするため」という目的があることが判明しました。

旧デザインもアプリを使った際のイメージが湧くデザインでしたが、もっとユーザーの想像力を膨らませるために、外国の街並みを歩いているユーザー目線のイメージに差し替えました。最近の若い女性はスマホのアプリに対しても、ファッションと同じような感覚、欧米風のお洒落なデザインを好む傾向があります。アイコンも同様にデザイン性の高いものが好まれるようになってきています。

スタート画面のBefore(左)&After(右)
スタート画面のBefore(左)&After(右)

車内やキャンパス内で、友達のスマホを覗き込んで「その可愛いアイコン、なんのアプリ?」と聞いてダウンロードすることは日常的にあります。そんな時、「人に見せても恥ずかしくないアプリのアイコン」であることは女性にとって、とても大切なことなのです。具体的に若い女性の間でどんなテイストが流行っているかを知るには、女性誌を見るような気分で、PinterestやTumblrなどで人気の高そうな写真を常にチェックするようにしています。

アカウント登録前に、出し惜しみせずサービスを見せる

講師一覧画面のBefore(左)&After(右)
講師一覧画面のBefore(左)&After(右)

上記のスクリーンショットにある【Chattyの先生を見る】ボタンを見るとわかるように、実はアプリを開始する前に実際に講師を一覧で見る機能があります。日本人は英語に臆する一面があるため、このように登録前に先生の情報が見えることで安心して英語学習をする心の準備が出来るようにしました。

さらにリニューアル後は、授業の講師を選べたり、講師がオンラインなのかオフラインなのかが確認できたり、より講師が身近に感じられるようにしました。先生のスクエア型の顔写真もサークル型に変更し、まるで友達とメッセージを交わし合う時のような親しみやすさを狙っています。

講師プロフィール画面のBefore(左)&After(右)
講師プロフィール画面のBefore(左)&After(右)

実際にサービスを使う前にどんな体験ができるのかを先に見せてあげるというのは、他のサービスでも同じことが言えます。動画サービス「Hulu」や、デザイナー向けツール「Sketch」のように期間限定のお試しプランなどを用意し、その先にどんな体験が待っているのかをしっかり見せること。こうすることで、ユーザーは大事なメールアドレスとパスワードを喜んで登録してくれるかもしれません。

文字で伝えるよりも、視覚的にストーリーをデザインする

モバイルのスクリーンは、PCのそれよりも遥かに小さいために、デザインをする時にどうしても制約が出てしまいます。でもその制約は、時としてより洗練されたUIを生み出すことがあります。

私がシリコンバレーでゲーム開発をしていた時に学んだのは、良いモバイルゲームやアプリにはチュートリアルというものがほとんど存在しないということでした。初めてアプリを操作するユーザーが、その画面で何ができるのかをすぐに理解できる必要があります。それを大量の文字で「説明」するのではなく、パッと視覚的に認知できるようにデザインすることが大切です。

下の画面は、英語学習に勇気を出して会員登録した直後にユーザーが見る画面です。以前のシンプルなイラストだっただけのものに比べて、チャットのスクリーンを見せた新しいデザインでは講師とチャットするイメージを掴み、アプリの使い方を感覚的に理解します。

登録後に出てくる一番最初の画面 Before(左)&After(右)
登録後に出てくる一番最初の画面 Before(左)&After(右)

小さなスクリーンで表現に制限があるからこそ、アプリのダウンロードから英会話終了までの一連の流れをひとつのストーリーとして伝えてあげる。どんなストーリーがユーザーにとって魅力的なのかを考え尽くすことで、洗練された最高の一画面が出来上がると思います。

温度感やちょっとした遊び心を忘れない

最後のポイントは、ユーザーが英語学習を開始してから、ある程度の時間が経った時の話です。Chattyのアプリには、もっと英会話を楽しみたい人向けに、先生とのチャット時間を購入出来る「チケット(課金)制」があります。無料のチャットだけでは物足りないというユーザーの気持ちに応えるものです。

ただ、私はこの購入画面のリニューアル前のデザインを見せてもらった時に、「購入」というボタンが少し気になりました。購入ボタンの横には値段のラベルがあり、この2つがセットになって商用的な印象を受けたからです。

この違和感に対して、Chattyのリニューアル版では、ゲームでポイントを獲得したり、一面をクリアした時に出てきそうなダイヤモンドのモチーフを取り入れてみました。「このダイヤを集めたら何か起こりそう」とユーザーの想像力を掻き立てるような遊び心を取り入れることで、ただ時間を買うだけでなくワクワクした体験に繫がります。

チケット購入の画面 Before(左)& After(右)
チケット購入の画面 Before(左)& After(右)

当然のことですが、10〜20代の女の子をターゲットに見据えて、彼女たちの親近感が湧くような色やイメージ、フォントのスタイルなど細部にまでこだわってデザインすることが求められます。それは単にアプリの色をまっピンクにするといったことではなく、女性により好まれやすい色のパターンを知ることから始めました。

アプリのデザインは、会員登録数、継続率、アクティブ率などフェーズごとに解決すべき課題が異なるので、デザイン前には必ず各アクションごと、画面ごとに仮のKPIをディレクターと話し合ってから取り組むよう気をつける必要があると思います。皆さんのアプリデザインのリニューアルのヒントになりますように。

----------[AD]----------

しゃべらなくていい英会話アプリ「Chatty」が、想定外だったユーザー層に向けてデザインを大幅リニューアル

SHARE:

英語を話すことに関しては、知識や能力があっても精神的なハードルが高くて踏み出せていない人が多いのではないでしょうか。相手が話す内容を聞き取るのが難しかったり、思うように言葉が出てこなかったり。 そんな、英語を学ぼうとする人が抱える課題を解決してくれるのが、「しゃべらなくていい英会話」アプリ「Chatty」です。開発会社であるレアジョブの山田裕一朗さんにお話を伺いました。 英語を使った「最初の成功体…

テキストやスタンプで英語が学べる「Chatty」
テキストやスタンプで英語が学べる「Chatty」

英語を話すことに関しては、知識や能力があっても精神的なハードルが高くて踏み出せていない人が多いのではないでしょうか。相手が話す内容を聞き取るのが難しかったり、思うように言葉が出てこなかったり。

そんな、英語を学ぼうとする人が抱える課題を解決してくれるのが、「しゃべらなくていい英会話」アプリ「Chatty」です。開発会社であるレアジョブの山田裕一朗さんにお話を伺いました。

英語を使った「最初の成功体験」を提供する

Chatty-app Chatty-app-teachers

2014年6月にリリースされたChattyの使い方は簡単です。ユーザーは先生を選んだら(ランダムにアサインする機能も追加予定)、スタンプや英文のテンプレート、テキストなどを使ってチャットをすることができます。最初からSkypeなどで「英会話」をするとなると自信がなくてもチャットなら、と挑戦するユーザーを応援しています。

「例えば、海外のスタバで、「ウォーター」や「コーヒー」と言ったら通じた!というだけでも、その人にとっては大きな成功体験になります。こういう体験を一度すると自信がついて英語学習により積極的になる人が多いため、Chattyではその最初の成功体験を味わってほしいと思っています」

レアジョブにとって、アプリの開発は初めてのこと。本来、アプリ開発において「継続性」は無視できないファクターですが、Chattyに関してはそこに固執せずに進めました。というのも、Chattyをあくまでレアジョブ英会話への入り口として捉えているから。1日1回、10分間は無料でチャットできるようにすることで(それ以上はチケット制)英語を学ぶことにより前向きになってもらうことを目指しています。

コアユーザー層である若い女性に向けてリニューアル

「Chatty」と「レアジョブ英会話」の利用者の男女比
「Chatty」と「レアジョブ英会話」の利用者の男女比

Chattyは、今年の3〜4月にかけて大幅なデザインリニューアルを迎え、より女性好みの可愛いデザインに生まれ変わりました。というのも、Chattyのユーザーの7割5分が女性で、年齢でみると10代が最も厚い層を占めるからです。同社のSkypeを使った英語学習サービス「レアジョブ英会話」の「ビジネス英会話の修得を目指す男性」とは全く別の層によって支持されることはレアジョブにとっても想定外でした。

でも、これは語学学習業界全体に見られる傾向と合致していると分析する山田さん。レアジョブ英会話のユーザー層も平均年齢が年々下がり続けています。その背景には、高まる仕事やキャリアにおける英語力の必要性、またオンライン英会話という選択肢の認知度アップなどがあります。また最近では、若い段階から英語を学ばせるという教育方針も顕著に増えてきました。

「Chattyが特に若い女性にウケた理由は、彼女たちが普段からチャットやスタンプを使ってコミュニケーションすることに慣れているという点もあると思っています」

外国人の先生による日本人によりそったコミュニケーション

チャットで英語を学べるアプリには「OKpanda」など複数ありますが、Chattyの一番の強みはレアジョブ英会話の運営で培ったオペレーションです。一見地味に見えるオペレーションの工夫が、より良いユーザー体験を作ることに繫がっています。

「レアジョブ英会話もそうなんですが、サービスを利用し続けてもらえるかどうかは、先生のホスピタリティで決まると言っても過言ではありません。例えば、フィリピンの現地オフィスに出向いた際は、日本で流行っている顔文字を共有したりしています。その他にも、プライベートの話はしたくない、アメリカンなハイテンションも違うなど、日本人に合ったコミュニケーションを大切にしています」

今後は、Chattyでチャットしていた先生とSkypeで話せる無料体験や、アプリ内で辞書機能のようなものも提供することも検討しています。また、機能を限定したAndroid版のリリースも今年5月に予定しているとのこと。

ユーザーヒヤリングを行う中で、「最初から英会話は抵抗があったけれど、チャットで話した先生なら自分のこともわかってくれているし、英会話を試してみても良いかも」という声が聞かれています。Chattyで得た成功体験に背中を押されて、レアジョブ英会話にステップアップしていくユーザーが今後増えていくことが期待されます。

----------[AD]----------

レアジョブが、スタンプの使える英会話チャットアプリ「Chatty(チャッティー)」を本格ローンチ

SHARE:

レアジョブ(東証:6096)が iOS 向けの英会話アプリ「Chatty(チャッティー)」を本格ローンチした。レアジョブと言えば、Skype を使ったオンライン英会話で先月上場を果たした有名企業だが、Chatty は画像や音声は使わない、テキストとスタンプを使ったメッセージアプリだ。 LINE に代表されるメッセージアプリのカジュアル感を、まさに英会話の世界に持ち込んだという感じ。ユーザはネイティ…

chatty_featuredimage

レアジョブ(東証:6096)が iOS 向けの英会話アプリ「Chatty(チャッティー)」を本格ローンチした。レアジョブと言えば、Skype を使ったオンライン英会話で先月上場を果たした有名企業だが、Chatty は画像や音声は使わない、テキストとスタンプを使ったメッセージアプリだ。

LINE に代表されるメッセージアプリのカジュアル感を、まさに英会話の世界に持ち込んだという感じ。ユーザはネイティブ・スピーカーとの間で、チャットによる英会話を楽しむことができる。

1,000万人に英語を話してもらいたいが、ユーザはまだ25万人

チャットが「果たして〝英会話〟なのか」という疑問は残る。耳で聞いて口で話すのが会話の基本であり、言語習得においては、それが何よりも近道だからだ。英語に限らず、3,000時間話せば、どんな言葉でもネイティブ並みに話せるようになるというのが通説なので、まずは話すことが大事なのではないだろうか。

筆者のこの質問に、Chatty の開発を担当した、レアジョブ新規事業開発部でチームリーダーを務める山田裕一朗氏が答えてくれた。

レアジョブは、社是として1,000万人に英語を喋ってもらえるようにしたいと掲げているが、オンライン英会話のユーザはまだ25万人。目標に近づけるために、それまでのプロセスを埋めるさまざまなアプリやサービスを出して行きたいと考えています。

英語学習においては、勉強としてのアプローチと、コミュニケーションの頻度を高めるアプローチがあると思いますが、1,000万人を実現させるには両方必要。ユーザ層の裾野を広げ、コミュニケーションの頻度を高めるために Chatty を作りました。

通勤途上に英語学習に励む人は少なくないが、さすがに満員電車の中で Skype ごしにネイティブ・スピーカーと英会話することはできない。Chatty はチャットベースだから、周りに迷惑をかけることもなく、友人とメッセージするような感覚で英語を習得することができる。

chatty_screenshots

英会話チャットアプリは、マネタイズできるか?

Chatty の話を聞いていて、よく似たアプリのことを思い出した。Movida Japan の第5回インキュベーション・プログラムから輩出された Eigooo! がそれだ。対面型のオンライン英会話と異なり、Eigooo! では英語講師が複数のチャットウインドウを開いている。すなわち、一人の英語講師は複数の生徒を同時に相手できるので、結果的にサービス料金を安く設定することができる。

Chatty においても、一人の英語講師は複数の生徒と同時にチャットするようだが、同時に何人までの生徒とチャットできるようにするのがよいのかは、提供可能なサービスの品質等を見合いながら検討中とのことだった。

Chatty は1日あたり10分間のチャットまで無料で提供される。将来的に機能を追加して有料提供する可能性もあるとのことだが、現時点で明確なマネタイズ手法は見えてこない。前述したように言語習得の王道は話すことなので、Chatty はそこまでの一歩をなかなか踏み出せないユーザを誘引するためのアプリなのかもしれない。仮に Chatty が単独でマネタイズできなくても、レアジョブのオンライン英会話へ顧客誘導する手段に育てば、十分に存在価値が認められるだろう。

----------[AD]----------