タグ clear

日本酒事業展開のClear、ジャフコらから12.95億円を調達

SHARE:

日本酒事業を運営する Clear は26日、直近のラウンドで12.95億円を調達したと発表した。ラウンドステージは不明。このラウンドはジャフコ グループ(東証:8595)がリードインベスターを務め、三井住友海上キャピタル、SMBC ベンチャーキャピタル、アカツキ(東証:3932、Heart Driven Fund)、OPENSAUCE、名前非開示の複数投資家。 Clear にとって、本ラウンドは昨…

「SAKE HUNDRED」
Image credit: Clear

日本酒事業を運営する Clear は26日、直近のラウンドで12.95億円を調達したと発表した。ラウンドステージは不明。このラウンドはジャフコ グループ(東証:8595)がリードインベスターを務め、三井住友海上キャピタル、SMBC ベンチャーキャピタル、アカツキ(東証:3932、Heart Driven Fund)、OPENSAUCE、名前非開示の複数投資家。

Clear にとって、本ラウンドは昨年2月に実施した2.5億円の調達に続くものだ。本ラウンドに参加した投資家のうち、三井住友海上キャピタル、SMBC ベンチャーキャピタル、アカツキ、OPENSAUCE は前回ラウンドに続くフォローオン。Clear の累計調達額は、これまでに開示されているもののみで16.2億円に達した。

Clear では調達した資金を使って、日本酒ブランド「SAKE HUNDRED」の海外進出強化(香港・シンガポールに加え、アメリカ・イギリス・中国・アラブ首長国連邦などへ拡大)、SAKE HUNDRED のブランド投資(2022年に直営ブティックのオープン)、サステナビリティの推進(環境に配慮した資材等の研究開発、大学・研究機関等と連携した日本酒製造における環境負荷の可視化・軽減への取り組み)、グローバルな展開のための人材採用、日本酒専門WEBメディア「SAKETIMES」の発展(英語版や中国語版の本格展開)を図る。

via PR TIMES

 

日本酒事業展開のClear、アカツキなど2.5億円出資

SHARE:

日本酒に特化した事業を展開する「Clear」は2月3日、アカツキ「Heart Driven Fund」、朝日メディアラボベンチャーズ、SMBCベンチャーキャピタル、MTG Ventures、OPENSAUCE、KVP、三井住友海上キャピタル、および複数の個人投資家より、総額2.5億円の資金調達を実施したことを発表した。個人投資家の投資家の名前は公表されていない。 Clearが2014年より運営する…

Screen Shot 2020-02-04 at 1.46.25 AM

日本酒に特化した事業を展開する「Clear」は2月3日、アカツキ「Heart Driven Fund」、朝日メディアラボベンチャーズ、SMBCベンチャーキャピタル、MTG Ventures、OPENSAUCE、KVP、三井住友海上キャピタル、および複数の個人投資家より、総額2.5億円の資金調達を実施したことを発表した。個人投資家の投資家の名前は公表されていない。

Clearが2014年より運営する日本酒特化のメディア「SAKETIMES」の月間読者数45万人。今回調達した資金は、高級日本酒ブランド「SAKE100(サケハンドレッド)」の海外進出への投資、日本国内におけるブランディング強化に充てる。あわせて組織強化のための人材採用も進める予定。

via PR TIMES

「SAKETIMES(サケタイムズ)」運営のClearが酒販店を買収、高価格オリジナル日本酒のD2Cモデル構築へ

SHARE:

日本酒専門メディア「SAKETIMES(サケタイムズ)」を運営するClearは7月5日、酒販店の有限会社川勇商店の発行済株式を全て取得し、子会社化したことを公表している。Clearはこれにより川勇商店が保有していた酒類小売業免許を活用し、新事業としてオリジナルの日本酒開発および小売事業を開始する。株式取得にかかった費用や詳細は非公開。 川勇商店が取得している酒類小売業免許は1989年5月以前に発行…

d34181-1-154701-4.jpg
SAKE100『百光 -byakko-』

日本酒専門メディア「SAKETIMES(サケタイムズ)」を運営するClearは7月5日、酒販店の有限会社川勇商店の発行済株式を全て取得し、子会社化したことを公表している。Clearはこれにより川勇商店が保有していた酒類小売業免許を活用し、新事業としてオリジナルの日本酒開発および小売事業を開始する。株式取得にかかった費用や詳細は非公開。

川勇商店が取得している酒類小売業免許は1989年5月以前に発行されたもので、小売業における課税移出数量・品目・地域の制限がないため、免許による事業制限のない幅広い事業展開が可能としている。

また今回の発表に合わせ、同社では日本酒のオンライン販売「SAKE100」のサービス開始も伝えている。Clearと酒蔵が共同開発した、高価格かつ高品質なプレミアム日本酒の販売を計画しており、リリースは7月中旬の見込み。

例えば山形県にある楯の川酒造と共同開発した日本酒「百光 -byakko-」クラウドファンディングにて先行販売を開始しており、720ml(4合瓶)で1万7800円と高価ながら、390万円を集めることに成功している。

Clearでは同様の手法で日本酒のD2C(ダイレクトコマース)事業を拡大させ、北米やアジア、ヨーロッパなど各国への輸出も計画している。

via PR TIMES

clear、日本酒情報に特化したメディア「SAKETIMES」を設立。日本文化の海外発信を狙う

SHARE:

<ピックアップ> SAKE TIMES JP 日本酒の定期購入サービス「SAKELIFE」の広報や戦略設計、渋谷の日本酒ダイニングsakebaのコンサルティング業務を担当していたclearが、日本酒を中心としたWEBメディア「SAKETIMES」をリリースしました。 ニュースレターの購読 注目すべき記事、世界のスタートアップシーンの話題、BRIDGE 主催のイベントに関する情報をお届け…

SAKE TIMES JP

<ピックアップ> SAKE TIMES JP

日本酒の定期購入サービス「SAKELIFE」の広報や戦略設計、渋谷の日本酒ダイニングsakebaのコンサルティング業務を担当していたclearが、日本酒を中心としたWEBメディア「SAKETIMES」をリリースしました。

ユネスコでの「和食」の無形文化遺産登録や、2020年の東京オリンピック開催など、東京含めた日本が注目され始めています。政府も、内閣府によるENJOY國酒プロジェクトなど日本文化の1つである日本酒への海外発信への力を入れ始めています。日本酒を楽しむ文化を作ることを目指している同社は、これまでの日本酒の定期購入事業で培った情報発信を強化していくために、日本酒に関連したメディア事業に力を入れていき、日本酒の知識やノウハウなどの情報提供を行っていくとのこと。

今後の展開として、日本語だけではなく英語サイトもオープンすることを目標にしており、日本文化の魅力を世界に伝え、お酒を誰もが楽しむ文化を作っていくことを目指そうとしています。日本酒は新潟や広島など、地方の酒蔵などが多いことから、地方活性の可能性も秘めており、今後は全国の酒蔵などとの連携も期待できそうです。