THE BRIDGE

タグ Dr. Travel

BearTail(ベアテイル)、チャットで出張・旅行手配してくれる「Dr. Travel(ドクタートラベル)」を個人ユーザに開放

SHARE:

BearTail(ベアテイル)は10日、今年7月にローンチした「Dr. Travel(ドクタートラベル)」の個人向けサービスを開始したと発表した。Dr. Travel は、出張時の航空券やホテルを含めたあらゆる手配を代行するサービス。当初企業向けに提供していたサービスの一部を切り出し、個人向けに事前契約なしで初期費用・月額・手配手数料無料で提供する。 Dr. Travel を使うと、出張や旅行希望…

BearTail(ベアテイル)は10日、今年7月にローンチした「Dr. Travel(ドクタートラベル)」の個人向けサービスを開始したと発表した。Dr. Travel は、出張時の航空券やホテルを含めたあらゆる手配を代行するサービス。当初企業向けに提供していたサービスの一部を切り出し、個人向けに事前契約なしで初期費用・月額・手配手数料無料で提供する。

Dr. Travel を使うと、出張や旅行希望者が専門オペレータとチャットで要望をやり取りし、オペレータから最適なプランの提案を受けられる。企業向けには、ダッシュボード上で社員の詳細旅程に基づいた安全危機管理や分析レポートの機能が提供されているが、個人向けにはこれらの機能は提供されない。

Dr. 経費精算を利用していれば、Dr. Travel を通じた出張費用についてはデータ登録を必要とせず、自動的に Dr. 経費精算にデータ取り込まれるのが特徴。今回個人向けに Dr. Travel を開放したことで、同社は個人の出張や旅行ニーズから Dr. 経費精算へのユーザ誘導、Dr. 経費精算の個人ユーザから Dr. Travel へのユーザ誘導を期待できる。

(ただし、Dr. Travel の利用において Dr. 経費精算の利用は必須ではない。Dr. Travel と Dr. 経費精算はシングルサインオンではないが、同社では将来、両サービスを横断して使える共通 ID 基盤を構築したいとしている。)

Dr. Travel としてはユーザに対して明示的な手数料は発生しないが、航空会社やホテルなどからの手数料収入でマネタイズしている。また、そのユーザがフリーミアムである Dr. 経費精算のユーザとなり、レシートが一定枚数を超えたり、レシートの突合処理とレシートの保管サービスからなる BPO「Dr. 経費精算ペーパーレス」を選んだ場合は、ユーザに料金が発生することになる。

インターネットを通じた海外出張手配を行うスタートアップとしては BORDER が先行するが、Dr. Travel では海外出張のみならず国内出張も取り扱う(10日18時加筆:BORDER においても今年10月から国内出張の取扱を開始している)。7月にローンチしたビッグデータと AI を使った旅行サービス「atta」、8月に2億円を調達した AI Travel、9月にローンチした「Oooh(オー)」など、トラベルテックバーティカルもまたレッドオーシャン化しつつある。

Dr. Travel は、今年7月のβローンチから1週間で8,000件の問い合わせがあったことを、ベアテイル創業者で CEO の黒崎賢一氏は IVS 2019 Summer in 神戸の「LaunchPad」で明らかにしていた。今月までに通算で約500人の出張手配を代行したという(法人ユーザのみ)。今後、一定数以上の取扱、大手企業の法人ユーザ獲得を経た上で、β版から正式版への移行を図りたいとしている。

----------[AD]----------

経費精算・家計簿サービスのBearTail(ベアテイル)、企業に社員の出張手配機能を提供する「Dr. Travel(ドクタートラベル)」をβローンチ

SHARE:

レシートを活用した家計簿サービス「Dr. Wallet」や経費精算サービス「Dr. 経費精算」を提供する BearTail(ベアテイル)は1日、新サービスとして企業向けに社員の出張手配・管理機能を提供する「Dr. Travel(ドクタートラベル)」をローンチした。出張時の航空券やホテルを含めたあらゆる手配を代行し、出張者の渡航データをリアルタイムで一元的に管理できる機能を提供する。 このサービスで…

Dr. Travel
Image credit: BearTail

レシートを活用した家計簿サービス「Dr. Wallet」や経費精算サービス「Dr. 経費精算」を提供する BearTail(ベアテイル)は1日、新サービスとして企業向けに社員の出張手配・管理機能を提供する「Dr. Travel(ドクタートラベル)」をローンチした。出張時の航空券やホテルを含めたあらゆる手配を代行し、出張者の渡航データをリアルタイムで一元的に管理できる機能を提供する。

このサービスでは、出張希望者や当該企業の担当者が、専門オペレータとチャットで要望をやり取りし、オペレータから最適なプランの提案を受けられる。ダッシュボードでは、企業の管理者が社員の詳細旅程、オペレータとのチャット履歴、キャンセルされた旅程の情報などが閲覧可能。出張者の位置情報の取得・リクエストを送信することもできる。出張地によっては、安全確保の観点から出張者の位置情報取得を社内規定で求めている企業もあり、この機能は管理者にとって便利な機能と言えるだろう。

Dr. Travel(クリックして拡大)
Image credit: BearTail

法人一括精算を選択すると、Dr. Travel 経由で手配した出張プランの経費は月に一度の請求書1枚にまとめることが可能で、出張者による立替払や経費精算手続が簡素化できる。Dr. 経費精算を併用すれば、Dr. Travel からの経費データの取り込みも BearTail が代行する。

BearTail 代表取締役の黒崎賢一氏によれば、今回の新サービスのローンチは BearTail の既存顧客からのアップセルを狙ったもので、事業の開始にあたって同社は旅行代理店免許を取得、また社内の人員体制を強化したそうだ。インターネットを通じた海外出張手配を行うスタートアップとしては BORDER が先行するが、Dr. Travel では海外出張のみならず国内出張も取り扱う。

将来は Dr. Travel → Dr. 経費精算のデータ取込を自動連携にし、外務省が提供している「たびレジ」とも連携して、安全危機管理情報の提供も可能にするとしている。

Dr. Travel(クリックして拡大)
Image credit: BearTail
----------[AD]----------