THE BRIDGE

タグ FlyFit

「足首装着」のウェアラブルFlyFit、キックスターターで9万ドルの集金に成功【ピックアップ】

SHARE:

【ピックアップ】は世界のテク系スタートアップの資金調達やトレンド記事を概要と共にお届けします 足首に装着してサイクリングやスイミングなどで活用できるフィットネストラッカー「FlyFit」 ウェアラブルもFitbitにMisfitのShine、ナイキのFuel bandとJawboneのUpあたりが御三家のようになっておりますが、世界を見渡すとこのウェアラブル、大変な数になっておりまして、赤ちゃんか…

FlyFit2-e1394468384262

【ピックアップ】は世界のテク系スタートアップの資金調達やトレンド記事を概要と共にお届けします

足首に装着してサイクリングやスイミングなどで活用できるフィットネストラッカー「FlyFit」

ウェアラブルもFitbitにMisfitのShine、ナイキのFuel bandとJawboneのUpあたりが御三家のようになっておりますが、世界を見渡すとこのウェアラブル、大変な数になっておりまして、赤ちゃんからスイマーに最近ではワンちゃんにまでウェアラブルと、まさしく世界生物総ウェアラブルのような状況になりつつあります。

こちらのFlyFitもその内のひとつ、kickstarterで9万ドル集めているということですので作りがよいのでしょうか。足首にくっつけるタイプなのでスイミングのバタ足とかも計測できるそうです。詳しくは元記事でどうぞ。

via DMM 3Dプリント × THE BRIDGE

----------[AD]----------

足首に装着してサイクリングやスイミングなどで活用できるフィットネストラッカー「FlyFit」

SHARE:

「FlyFit」は、足首に装着して、ウォーキングやランニングだけでなく、サイクリングやスイミングで利用することができる活動量計だ。現在、クラウドファンディングサイト「Kickstarter」で支援を募集している。既に目標額である9万米ドルを達成。キャンペーン価格で99米ドルから入手可能となる見込み。 リストバンド型の活動量計は数多くリリースされているが、本製品は足首に装着する為、目立たず日々の生活…


FlyFit

FlyFit」は、足首に装着して、ウォーキングやランニングだけでなく、サイクリングやスイミングで利用することができる活動量計だ。現在、クラウドファンディングサイト「Kickstarter」で支援を募集している。既に目標額である9万米ドルを達成。キャンペーン価格で99米ドルから入手可能となる見込み。

リストバンド型の活動量計は数多くリリースされているが、本製品は足首に装着する為、目立たず日々の生活の邪魔にもならない。ウォーキングやランニングといった活動のほか、階段の上り下り、サイクリングにも対応しているのが特徴だ。防水加工となっておりスイミングや雨の中でのランニングなどでも利用が可能となっている。スリープモードをオンにすることで、睡眠時間を計ることもできる。

FlyFit2

「FlyFit」はLEDパネルを搭載したモジュールと着せ替え可能なバンドから構成されている。スマートフォンとBluetooth(BLE)で接続し、活動から得られたデータをリアルタイムで送り、アプリ上で確認することがことができる。

BLEを利用するため、スマートフォン側はiOS7とAndroid4.4以上のBLE対応端末が対象となっている。リアルタイムで同期をとるモードでは最大8時間、非同期のモードでは5~7日動作するとのこと。

サイクリングではペダルの回転を、スイミングではストロークの一挙一動を追跡しデータを取得することが可能であるため、これらの運動を継続的に行っている方には最適なのではないだろうか。

----------[AD]----------