THE BRIDGE

タグ Golden Equator(金道)

Golden Equator Capital(金道)、プライベートキャピタルファンドを2つ創設——シンガポール、日本、韓国の投資家から9,000万米ドルを調達

SHARE:

シンガポールの Golden Equator Capital(GEC、金道)は、アジア地域の上場企業の成長資本向けに、総額9,000万米ドルの2つのプライベートキャピタルファンドを調達したと発表した。 シンガポール、日本、韓国の機関投資家と認定投資家が、これらのファンドに資金を投じた。 今回の2つのプライベートキャピタルファンドは、東南アジア地域の企業やビジネスプロジェクト向けに、買収・事業拡大の…

シンガポールの Golden Equator Capital(GEC、金道)は、アジア地域の上場企業の成長資本向けに、総額9,000万米ドルの2つのプライベートキャピタルファンドを調達したと発表した。

シンガポール、日本、韓国の機関投資家と認定投資家が、これらのファンドに資金を投じた。

今回の2つのプライベートキャピタルファンドは、東南アジア地域の企業やビジネスプロジェクト向けに、買収・事業拡大のための成長資金を提供するプライベートデットとメザニンファイナンスとして運用される。

GEC によると、同社のマネージングパートナー Jacob Jiwon Kim 氏がリードするこれらのプライベートキャピタルファンドは、主としてインフラストラクチャー、エネルギー、金融セクターにフォーカスする。Kim 氏は、アジア市場をカバーする複数のヘッジファンドとプライベートエクイティファンドのマネジメント経験をベースに、アジア地域の様々な政府機関や金融機関で、企業戦略と買収のスペシャリストとして働いてきた経歴を持つ。

Kim 氏は次のように語っている。

従来、アジア市場に資金を提供してきたのは欧米の銀行でした。しかし、過去10年でこれらの貸し手がアジアへの投資を縮小したため、アジアの新興経済国が切実に求めている成長資金の需要と供給のギャップが大きく広がっています。

同時にまた、日本や韓国などの先進アジア市場にある多くの資本が、国内市場よりもリターンの大きい投資先を探しています。私たちが持つアジア地域のネットワークとマーケットに関する専門知識を活用し、そういったアジア先進市場の投資家に対して東南アジアでの投資機会を提供できると考えています。

今後の見通しとしては、GEC は来年、2億米ドル規模のブラインド方式のファンド調達を目標に掲げる。一方ファンドマネージャーの Kim 氏は、複数の追加プロジェクトに取り組む中で、さらにいくつかのプロジェクトファンドをローンチする可能性があるという。

アジアにフォーカスしたプライベートデットファンドへの注目が高まる中、900以上の機関投資家が、過当な競争を避けつつプライベートデットのポートフォリオを多様化させる方向で、プライベートデット戦略の強化を打ち出している。Preqin の調査によると、30%の投資家が、アジア市場はプライベートデット投資に最良の投資先であると考えている。

Golden Equator Group に属する GEC は、シンガポールを本拠とするファンドマネジメント企業で、キャピタルマーケッツサービス(CMS)のライセンスを保有する。GEC は現在、5つのファンドを所有している。その内訳は、プライベートキャピタルファンド 2つ、プライム通貨インカムファンド 1つ、ベンチャーファンド 2つである。

<関連記事>

【via e27】 @E27co

【原文】

----------[AD]----------

シンガポールで複数事業を営むGolden Equator(金道)、アジアや中東のエンジェル投資家複数から1,800万米ドルを調達——孫泰蔵氏がリード

SHARE:

シンガポールを拠点とする、金融サービス、コンサルティング、テクノロジー事業グループの Golden Equator(金道)は、アジア太平洋および中東のエンジェル投資家から1,800万米ドルを調達したと発表した。 これは Golden Equator が受ける初の投資であり、ミスルトウの創業者で有名起業家・投資家の孫泰蔵氏がリードインベスターを務めた。他のエンジェル投資家には、日本、韓国、UAE(ア…

左から:Shirley Crystal Chua 氏、孫泰蔵氏
Image credit: Golden Equator(金道)

シンガポールを拠点とする、金融サービス、コンサルティング、テクノロジー事業グループの Golden Equator(金道)は、アジア太平洋および中東のエンジェル投資家から1,800万米ドルを調達したと発表した。

これは Golden Equator が受ける初の投資であり、ミスルトウの創業者で有名起業家・投資家の孫泰蔵氏がリードインベスターを務めた。他のエンジェル投資家には、日本、韓国、UAE(アラブ首長国連邦)、カタール、インドネシア、ブルネイ、台湾、シンガポールの、王族、多国籍企業の会長、政府系ウェルスファンドの経営幹部、学術界のメンバーらがいる。

調達した資金は、東南アジア地域のイノベーションエコシステム構築に用いられるほか、エコシステムビルダーである Golden Equator がシンガポールを拠点としながら、アジア太平洋や中東地域にビジネス展開を拡大することも可能にするだろう。

Golden Equator の創業者でグループ CEO の Shirley Crystal Chua 氏は、次のように述べている。

今回の戦略投資は、我々のエコシステム構築努力への支援がいかに重要であるか、エンジェル投資家たちが理解してくれたことを示唆しています。東南アジアの異なるコミュニティをつなぐことで、共に将来に向けた変化を実現できるようシナジーを生み出したいのです。

Chua 氏が2012年に設立した Golden Equator の傘下には伝統的な金融サービス事業があるが、それらは新技術を取り入れたり生み出したりすることで事業のアップグレードを続けており、また、投資を続けるテクノロジー特化事業も複数存在する。

<関連記事>

Golden Equator は現在、10市場をカバーし12カ国の顧客にサービスを提供。完全子会社には、ファンド管理会社の Golden Equator Capital(金道資本)、マルチファミリーオフィスの Golden Equator Wealth、個人金融管理プラットフォーム向けフィンテックの Asia Finance、デジタルおよびテクノロジー特化コンサルティング部門の Golden Equator Consulting、ワークスペースの SPECTRUM がある。

今回の出資は、2018年1月に孫泰蔵氏をグループのスペシャルアドバイザーに迎えると発表した際に続くものだ。孫氏をアドバイザーに迎えた意図は、個人・企業・政府系組織を集め、ソーシャルインパクトを創出可能なテクノロジーとイノベーション中心のダイナミックなビジネスエコシステムを構築することにある。Golden Equator は2018年1月、正式に SPECTRUM をローンチした。現在、SPECTRUM は孫泰蔵氏の拠点であり、彼の事業であるミスルトウの世界本部もここに存在する。

5月6日、Golden Equator のマルチファミリーオフィス(Golden Equator Wealth)は NextGen Programme(仮訳:次世代プログラム)とファミリーオフィス出版物をローンチする予定。このプログラムは、金融・ウェルスマネジメント・アントレプレナーシップ・リーダーシップデベロップメントの多分野にわたり、カスタマイズされたカリキュラムを通じて、ビジネスファミリーの次世代の人たちを将来のリーダーに育てる狙いがある。

【via e27】 @E27co

【原文】

----------[AD]----------

Golden Equator Capital(金道)とKorea Investment Partners、東南アジアでシリーズAやBラウンド向けに8,800万米ドルのファンドを組成

SHARE:

シンガポールを拠点とする Golden Equator Capital(GEC、金道資本)とソウルに本社を置く Korea Investment Partners(KIP、한국투자파트너스)は、1億2,000万シンガポールドル(8,800万米ドル)のファンドのローンチを発表した。このファンドは東南アジアでシリーズ A および B の資金調達を狙う成長著しいテック企業に投資を行う。 この VC 企業…

左から:Daren Tan 氏(Golden Equator Capital マネージングパートナー)、Shirley Crystal Chua 氏(Golden Equator Group 創業者兼グループ CEO)、Baek Yer Hun 氏(Korean Investment Partners CEO)

シンガポールを拠点とする Golden Equator Capital(GEC、金道資本)とソウルに本社を置く Korea Investment Partners(KIP、한국투자파트너스)は、1億2,000万シンガポールドル(8,800万米ドル)のファンドのローンチを発表した。このファンドは東南アジアでシリーズ A および B の資金調達を狙う成長著しいテック企業に投資を行う。

この VC 企業は「GEC-KIP Technology and Innovation Fund」(GEC-KIP ファンド)と名付けられ、シンガポールを通じて東南アジアへの拡大を目指す韓国企業に一部の資金を割り当てる。同社は主にプロップテック、フィンテック、ヘルステック、ニューメディアとエンターテインメント、e コマース、そしてエデュテックといった分野をカバーすることになる。

平均チケットサイズは200万シンガポールドル(150万米ドル)から500万シンガポールドル(370万米ドル)の間になるとされ、後から追加の可能性もある。

ファンドの広報担当者は e27に次のように語った。

弊社は東南アジアにおいて急速に発展しているミレニアル経済に取り組んでいる企業を探すようにしています。モバイル普及率の上昇を活用しつつこの地域の若い世代の人口(平均年齢28歳)を考えれば、このターゲットグループは弊社のポートフォリオ企業にとって最も魅力的なマーケットになると予測しています。大胆でイノベーティブな起業家を支援することや、投資に対するリターンのみを求めるのではなく持続可能性を奨励すること、そして将来の世代に対して意味のあるポジティブなインパクトを与えること。こういったことに専念し続けることが鍵となっています。

GEC と KIP の両者は新たなファンドのゼネラルパートナー(GP)となる。

報道声明にあるように、GEC-KIP ファンドは既に委託された資金の65%を受け取っており、最初のクローズは8月末、最終的なクローズは年末に向けてのものになると予想される。

同ファンドはリミテッドパートナーとしての機関投資家から強力なサポートを受けており、これらの投資家は戦略的にファンドおよびポートフォリオ企業や潜在的なイグジットに価値を付加しているという。

GEC のマネージングパートナー Daren Tan 氏はこう述べた。

東南アジアにおける細分化されたテック投資の状況を考えれば、弊社の力と KIP のネットワークを合わせることで、ポジションをより強化できます。ですので、投資を行うときは資本だけではありません。基本的に、ポートフォリオ企業には共同のノウハウや戦略的ネットワークを成長や長期的な成功の促進のためにお貸しするのです。

GEC-KIP ファンドのローンチによって、KIP はシンガポールを本部として東南アジアに足場を築くことにもなる。KIP の投資専門家はシンガポールの SPECTRUM に本拠地を置くことになる。SPECTRUM は Golden Equator Group が設立した、キュレーションされた技術とイノベーションのビジネスクラブで、「Korea-Singapore Healthcare Incubator」の所在地でもあり、これは2017年9月にソウル市バイオハブおよび韓国保健産業振興院(KHIDI)が任命した韓国の組織 C&R Healthcare と Golden Equator Group の了解覚書を通じて設立されたものだ。

<関連記事>

KIP の CEO である Baek Yer Hun 氏はこう述べた。

韓国とシンガポールの二国間関係にとって、ならびにベンチャーキャピタルの投資状況にとって、さらには GEC と KIP の業界におけるリーダーとしてのポジションを確固たるものとすることにとっても、GEC-KIP ファンドは前向きな動きとなるでしょう。

シンガポールと韓国の二国間関係を深めるための両国政府の取り組みの裏づけとしても、この新たなファンドはローンチされた。先週末(7月第2週)、シンガポール企業庁と韓国の中小ベンチャー企業部は、シンガポールと韓国の中小企業およびスタートアップの間で共同のイノベーションや国際化協力を奨励する了解覚書にサインした。

Golden Equator Group の設立者兼グループ CEO の Shirley Crystal Chua 氏はこう述べた。

地域の技術的およびデジタルな能力、ならびに経済的な統合を絶えずアップデートしていくことで、成長や投資への大きなチャンスが訪れるでしょう。弊社は韓国の官民両方の分野と協力することを通じて、常にシンガポールと韓国との間にこういったつながりを築く最前線にいます。韓国の優れた VC をパートナーに迎えることで、横断的な学習や知識の伝播、そしてネットワークの共有を通じて、アジアの強固なスタートアップエコシステムを作り上げることができると考えています。

【via e27】 @E27co

【原文】

----------[AD]----------

MistletoeとGolden Equator(金道)、テクノロジー特化ビジネスクラブ「SPECTRUM」を公式発表——東南アジアのエコシステム開発を強化

SHARE:

昨年、ジャスダック上場のモバイルゲームスタジオ、ガンホーの創業者でビリオネアの孫泰蔵氏は、エコシステムビルダーの Mistletoe を引き連れシンガポールへの移転を発表した際に、暖かい称賛に包まれた。 彼は Bloomberg に対して、向こう5年間に東南アジアに1億米ドルを投資する意向を語っていた。 昨日(1月16日)、孫氏は SPECTRUM 内での Mistletoe のオフィスの公式ロー…

左から:SPECTRUM 共同創業者 兼 CEO Cheryl Lee 氏、Mistletoe 創業者 孫泰蔵氏、Golden Equator CEO 兼 SPECTRUM 共同創業者 Shirley Crystal Chua 氏
Image Credit: SPECTRUM

昨年、ジャスダック上場のモバイルゲームスタジオ、ガンホーの創業者でビリオネアの孫泰蔵氏は、エコシステムビルダーの Mistletoe を引き連れシンガポールへの移転を発表した際に、暖かい称賛に包まれた。

彼は Bloomberg に対して、向こう5年間に東南アジアに1億米ドルを投資する意向を語っていた。

昨日(1月16日)、孫氏は SPECTRUM 内での Mistletoe のオフィスの公式ローンチとともに、東南アジアキャンペーンの次なるステップを明かした。SPECTRUM は Golden Equator Capital と One Rochester の共同設立者である Cheryl Lee 氏によって昨年共同設立された、テクノロジーに特化したシンガポール拠点のビジネスクラブだ。

SPECTRUM は次の7つのグループをまとめている。政府機関、優れた人材、起業家、教育機関、投資家、助言機関(弁護士やPR企業など)、そしてエコシステムパートナーである。彼らはオンラインプラットフォームや実際のオフィスを通して共同でメンターシップ、資金調達、ネットワーク作りの機会、認可済みワークショップ、ビジネスに関するその他の支援を提供する。

現在、SPECTRUM はヘルスケア、教育、金融、食、住宅、ファッションの6つのセクターの開発に力を入れている。現在は韓国・シンガポール共同のヘルスケアインキュベータの本拠地となっているが、当インキュベータは Golden Equator と韓国の規制・臨床調査プロバイダー C&R Healthcare Global(C&R)の間で設立された。

孫氏は、Mistletoe シンガポールは同社のグローバル本社となり、同地域の他の国、特にインドやその他新興国への進出の足がかりとして使いたいと語った。

<関連記事>

Mistletoeの哲学

昨日の  SPECTRUM の公式ローンチプレスカンファレンスの場で孫氏は語った。

エンジェル投資や起業といった従来の手法は、世界が抱える大きな課題を解決するには十分ではありません。

私たちは自身を、共同インパクト共同体と呼んでいます。お金を儲ける会社であるだけではなく、スタートアップやイノベーターにより持続可能なヒューマンテクノロジーを作り出すよう力を与え、世界に共同でインパクトを与える委員会でもあるのです。

投資は主なアプローチではありません(中略)確かに資金を提供してサポートはしますが、さらにビジネスネットワークを紹介し、共同で R&D を発展させたりする予定です。

(日本の規制による障害や教育システムのために同国を離れたが、)孫氏は過去25年間、日本のテックエコシステムの形成に寄与してきた。孫氏は、彼の会社ガンホーがモバイルゲームとして初めて収益が10億米ドルを超えたパズル&ドラゴンズを発売した時に大きなチャンスを掴んだ。2009年にはスタートアップアクセラレータ Movida Japan を設立、そして4年後には Mistletoe を立ち上げた。

東南アジア内では、Mistletoe はすでに主要なテック企業に巨額の投資を行っている。その一社が Sea、当時の社名は Garena である。同社は11ヶ国以上で1億6,000万米ドルを超える資金をかけてスタートアップをサポートしてきた。

彼にとって、重要なステークホルダーらとの対話やアイデアの相互作用は、健全なエコシステムを築き、クリエイティブで独創的なイノベーションを生むのに欠かせない要素だ。この哲学が、Mistletoe と SPECTRUM の核となるミッションを同調させるものである。そのミッションとは、共同設立者の Cheryl Lee 氏によれば、コミュニティの協調とつながりを深めることだ。

そして孫氏が Mistletoe のグローバル本社をシンガポールに置くことを決めた際、同社をコミュニティに近づけるためには地元の共同努力によって成し遂げられなければならないと決意した。

私たちは、イノベーターのネットワークを育むために、コミュニティと力を合わせて SPECTRUM のコミュニティを築くことにしました。(中略)私たち Mistletoe と SPECTRUM には非常に多くの共通点があり、同じ情熱をシェアしていると気づいたのです。(孫氏)

彼はさらに、その仕事には Golden Equator の知見とネットワークが不可欠だと加えた。

Citibank の元取締役 Shirley Crystal Chua 氏とともに2012年に共同設立された Golden Equator は、同地域に広がる財産とファミリーオフィスから構成される一連のビジネスを管理している。

私たちはテクノロジーとイノベーションをとても深く信じており、だからこそ新しいテクノロジーに投資するために、テックイノベーションファンドを創設したのです。ここが未来であり、アジアの深い成長があるところです。今までに12の投資を行っており、ポートフォリオをさらに広げていく予定です。

Mistletoe と Golden Equator の深いつながりは核となる価値観や信念のために起こったものです。第一に、私たちは社会に影響力を持ちたい。第二に、私たちはエコシステムの形成が難しいことを知っています。個々を合わせたものよりも、全体の方が優れていると強く信じています。ともに、より大きな相乗効果で多くのことを早く成し遂げることができます。(Chua 氏)

出発点としてのシンガポール

孫氏はシンガポールの国際ハブとしての強力なブランド力を、同国への Mistletoe のグローバル本社設置の主要な理由として挙げた。同地域の新興市場へのアクセスの架け橋となるだけではなく、先にも述べた通り、シンガポールの人材プールは称賛に値するという。

この国の人たちはとてもグローバルなマインドを持っています。英語も上手です。産業は情熱に溢れ、政府はとても協力的で集中しており、決断も速いです。(孫氏)

孫氏は、兄の孫正義氏の著名なテクノロジー複合企業、ソフトバンクとの提携の予定はないと語った。

私がアーリーステージスタートアップを見つけたら起こるかもしれません、その後にソフトバンクが投資するという形で。しかし、それは戦略的な動きということではなく、偶然の一致ということになります。(孫氏)

SPECTRUM の主要な差別化要因

SPECTRUM の価値提案は魅力的だが、ユニークなものではない。多くのインキュベータやアクセラレータが、同じバズワードを並べながらここ何年にもわたってシンガポールで誕生している。

しかしながら、ここでの重要な差別化要因は孫泰蔵氏と彼のもたらす豊かな経験とネットワークである。これは、SPECTRUMのスタートアップコミュニティがよりよくキュレートされることを意味する。

強力で影響力のあるゲストもシンガポールに来てくれます。ここでワークショップをするように勧めることもできます。(孫氏)

これらのゲストは、シンガポールのテックカンファレンスの多くに参加することはないが、孫氏のリクエストで姿を見せてくれる、と彼は語った。

さらに、彼を通した偶然の出会いのチャンスもあるという。

私も兄やメンターのおかげで、若い時にセレンディピティを経験しました。

例えば、Bill Gates 氏が兄のオフィスを訪ねた時、兄のゲストハウスにディナーに行く予定だった私も偶然そこにいました。そして、本当に偶然に、私はエレベーターの前で兄と一緒にいる Bill Gates 氏と出会ったのです。兄は Bill Gates 氏を私に紹介し、ディナーに招待してくれました。そこで、クラウド、インターネット、新しい Windows といったような、Bill Gates 氏のアイデアの数々を耳にすることができたのです。(孫氏)

【via e27】 @E27co

【原文】

----------[AD]----------

シンガポールのコンサルファーム/VCのGolden Equator(金道)、孫泰蔵氏をスペシャルアドバイザーに指名

SHARE:

シンガポール拠点のビジネスグループ Golden Equator(金道)は今日(原文掲載日:1月3日)、シリアルアントレプレナーの孫泰蔵氏をスペシャルアドバイザーに指名したと発表した。 今回の指名は、Golden Equator と、孫氏が設立したコレクティブ・インパクト・コレクティブで、アクセラレータ兼インキュベータの Mistletoe の提携に含まれるものだ。 Golden Equator …

シンガポール拠点のビジネスグループ Golden Equator(金道)は今日(原文掲載日:1月3日)、シリアルアントレプレナーの孫泰蔵氏をスペシャルアドバイザーに指名したと発表した。

今回の指名は、Golden Equator と、孫氏が設立したコレクティブ・インパクト・コレクティブで、アクセラレータ兼インキュベータの Mistletoe の提携に含まれるものだ。

Golden Equator と Mistletoe との提携は、世界レベルでポジティブなソーシャルインパクトを生み出す、テックやイノベーションを核としたダイナミックなエコシステムを構築しようとする個人や企業と、コラボレーションすることを目的としている。また、シンガポールを拠点として、アジアへの市場拡大を目指す企業の成長を加速することも狙いとしている。

この提携では、イノベーションを活性化し、エコシステムを支援すべく企業と政府の両者から適切な人脈をもたらすのに加え、ビジネス・教育・学習・インパクトフルな投資を実施しやすくすることを目指す。

今回の提携が特化することになるのは、以下の6分野だ。

  • ヘルスケア……都市型生活において、ヘルスケア、ウェルネス、健康管理にアプローチする方法を再定義
  • 教育……自主的かつ革新的な学習環境に焦点を当て、未来世代のための教育を再設計
  • 金融……家族のための銀行サービスや保険サービスを再発明
  • 食品……食品や技術を理解する方法を再定義
  • 住宅……住まいと高齢者ケアの活性化
  • ファッション……健康に大きな影響を与える衣服、ファッションアクセサリー、ウエアラブル

Golden Equator の CEO 兼創業者の Shirley Crystal Chua 氏は、報道向け声明で次のように語っている。

孫泰蔵氏のような卓越した人物や、彼のチームをファミリーに迎えることができ、大変わくわくしています。孫氏や彼の目利き力のある洗練されたスタイルを知り、彼の東南アジアにおける最初のパートナーになることは、我々の強みでありユニークさでもあるプロポジションと相い入れるものです。孫氏が持つ豊富な技術的経験だけでなくグローバルな人脈・視点によって、個人や企業が成功するのに役立つ、前向きで洗練されたエコシステムの構築に、共に注力することができると確信しています。

昨年9月、Golden Equator は韓国の臨床試験プロバイダ C&R Healthcare Global(C&R)と合弁で、ヘルステック特化インキュベータをローンチした。これは、韓国のヘルステック・スタートアップの、シンガポールなど東南アジア市場への進出促進を目的としたものだ。

1月中旬には、洗練されたビジネスやテクノロジーを集めたクラブ SPECTRUM をローンチする計画。

孫氏の Mistletoe は、東南アジアで数件の投資を実行しており、シンガポール拠点のデータドリブン・ベンチャー投資プラットフォーム「Hacther+」の350万米ドルの調達ラウンドで、リードインベスターを務めた。

別の機会には、孫氏は Mistletoe のミッションを、「スタートアップ・エコシステムを革新し、資金調達をより透明なものにし、起業家に手の届くものにすること」と説明している。

【via e27】 @E27co

【原文】

----------[AD]----------