BRIDGE

タグ Hey(ヘイ)

小売デジタル化のhey、米Bain Capitalが70億円出資ーー予約集客のクービックを買収【報道・追記】

SHARE:

STORESなどのコマース、決済プラットフォーム企業を傘下に運営するヘイ(hey)は8月4日、シリーズEラウンドの第三者割当増資の実施を公表する。 下記の通り、同社から今回の買収と増資について正式な発表があったので追記する。 参考情報:hey がクービックをグループ化 お商売のデジタル化促進に向け、サービスを統合し、個人事業者、中小企業のデジタルインフラを目指す また、今回の大型増資にあたり、ヘイ…

hey_001
ヘイウェブサイト

STORESなどのコマース、決済プラットフォーム企業を傘下に運営するヘイ(hey)は8月4日、シリーズEラウンドの第三者割当増資の実施を公表する。

下記の通り、同社から今回の買収と増資について正式な発表があったので追記する。

また、今回の大型増資にあたり、ヘイ代表取締役の佐藤裕介氏のリリースコメントを全文掲載する。

先日お客さまからいただいた言葉が忘れられません。STORES をご利用いただき、旅館の名物である金目鯛の煮付けをネットで販売開始した浜の湯の鈴木社長のひとことです。

「宿泊客がゼロで暇になってしまった厨房に、煮付けのオーダーが全国から続々と入り活気が戻った。自分たちを求めてくれるお客さまがいることにスタッフみんなが勇気づけられ、いつか泊まりにきたいとメッセージをくださるお客さまのためにも、みんなで踏ん張らないといけないとネット販売をしてみてあらためて感じた」

私たちができることは、大きな災害を前にして小さなものですが、とはいえ、このように大変な状況にある方々の希望や活力の源になれるかもしれないと再認識しました。 今回の資金調達とクービックのグループ化を通じて、コロナウイルスの感染拡大と事業者のみなさまの営業自粛にまつわる課題を解決するためにリリースしてきた、売上金の早期出金やオンラインストア開設サポート、ビデオ会議サービス「Zoom」との連携によるオンラインレッスン予約の簡易化などのニューノーマルに対応した個人、中小事業者向け機能の展開をより加速していきます。

hey とクービックの仲間、そして、今後入社する仲間と共に、単なる利益と規模の追求だけでなく、こだわりや情熱、たのしみによって駆動される経済に支えられた社会となることに貢献していきたいと思います(ヘイ公式発表より)。

引受先となるのは米投資会社のBain Capital、香港投資会社のAnatole、ゴールドマン・サックス、PayPal、YJキャピタル、既存投資家としてWiLが参加する。シリーズE全体で調達した資金は非公開だが、同社の説明によるとBain Capital単体での出資額だけで70億円が投じられる模様。また、一部報道にもあった通り、これまでの既存株主からの買取もこの中に含まれる。増資に合わせ、開発などの体制を現在の200名から倍増の400名にまで引き上げる計画。

hey_002
ヘイが運営するサービス

また、これに合わせて集客・予約システムのクービックの発行済み全株式を取得し、グループ化する。運営するCoubicは先日、Google検索などでで店やサービスを見つけ、そこから予約までをGoogle上で完結できる「Googleで予約」の本運用を開始したと発表したばかり。

また、新型コロナウイルスへの対応などから、先日発表された Zoom 連携の実装を優先させるなど、新しい環境下でのお店予約のあり方を推進してきた。

クービックは2013年10月、グーグルの検索プロダクトマネージャーなどを歴任した倉岡寛氏(現在、クービック代表取締役)により設立された企業で、月間利用ユーザは250万人、180を超える業種に対応しており、8万社以上(個人事業者を含む)が利用している。

本件については追加の情報が届いたら追記する。なお、参考記事としてheyに関する情報をこちらにまとめた

----------[AD]----------

「Coiney」と「STORES.jp」、4月からサービスブランドを統合し「STORES(ストアーズ)」に

SHARE:

事業者向け決済サービス「Coiney」とオンラインショップ開設サービス「STORES.jp」が共に、4月1日にサービスブランドを「STORES(ストアーズ)」に統合されることが明らかになった。Coiney の運営会社であるコイニーと STORES.jp の運営会社であるストアーズ・ドットジェーピーは、2018年1月末に設立された持株会社ヘイ(hey)のもとでグループ化されていた。グループ化発表後2…

Image credit: Hey

事業者向け決済サービス「Coiney」とオンラインショップ開設サービス「STORES.jp」が共に、4月1日にサービスブランドを「STORES(ストアーズ)」に統合されることが明らかになった。Coiney の運営会社であるコイニーと STORES.jp の運営会社であるストアーズ・ドットジェーピーは、2018年1月末に設立された持株会社ヘイ(hey)のもとでグループ化されていた。グループ化発表後2年を経て、Coiney と STORES.jp は名実共に一つののれんの下で事業を進めることになる。

なお、今回の統合はサービスブランドに関するもののみで、事業運営会社であるコイニーとストアーズ・ドットジェーピーについては統合されるとはしていない。Coiney にとっては大幅なリブランドを伴うもので、プロダクトラインについても以下の通り名称が変更される。

  • Coiney ターミナル → STORES ターミナル
  • Coiney スキャン → STORES ターミナル
  • Coiney ペイジ →  STORES 請求書決済

ヘイの代表取締役社長の佐藤裕介氏に、今回のサービスブランド統合の背景について聞いた。

オンラインとオフライン、シーンを問わずに商品を販売したいお店の思い

Image credit: Hey

Coiney は実店舗等のオフラインの決済、STORES.jp は e コマースの店舗設置から決済までを得意とするが、両社の事業間にシナジーを見出せるという仮説に基づいてヘイ傘下でグループ化された。ただ、実際に事業統合をするには、市場や顧客のニーズを理解するために相応の時間を要したという。

IT 業界に身を置いているかどうかは別として、誰でも LINE や Instagram を日常的に使い、メールやメッセンジャーを使うのも当たり前になっている。リアル店舗、ネット店舗、という区別も曖昧になってきた。(中略)

EC をやっている人がリアル店舗をやらない、ということもないし、リアル店舗をやっている人が EC をやらないということもない。そのあたりを区別なく活動している人が多い。そういう人たちにとっては、自然なことになりつつある。(佐藤氏)

有り体に言えば OMO(online merges with offline)やオムニチャネルの波が、Coiney や STORES.jp を使う比較的小規模な小売形態にも到来しているわけだ。これまでは、OMO やオムニチャネルと言えば、メガストアや大手 EC の言葉だったかもしれないが、STORES.jp が誕生してから7年、ストアオーナーや顧客が求めるニーズも徐々に変化してきた。投資コストや技術的難易度がハードルとなり実現できなかった体験を、小規模店舗のオーナーや顧客も求めるようになってきているのだ。

オンラインとオフラインのストアフロントを一元的に扱うには、さまざまな難しさがある。リアル店舗が複数存在する場合もあるだろうし、商品の在庫管理はもとより、同じ顧客が自店の EC サイトを訪問した時と実店舗を訪れたときの体験にどうやって一貫性を持たせ、効率の良い顧客管理を可能にするか、というのも課題になるだろう。

有形商品以外の販売にも対応へ

STORES.jp はネットショップ上で有形商品の販売に使われていることが多いが、一部では、デジタルコンテンツやサービスの予約に使われているケースもあるのだそう。佐藤氏はこれを「我々のケーパビリティがショップのニーズに追いついておらず、つぎはぎするような形で使うのを強いている状態」と、改善の可能性を示唆している。

我々は、自分たちでショップをやりたい人たちのイネイブラー。マーケットプレイスでもなければ、モールでもない。ショップがやりたいことを実現できる仕組みを提供していく。(中略)

オンラインとオフラインの販売からはデータ(顧客データ、販売データ、マーケティングデータなど)も生まれるが、データはあくまでショップのもの。ショップにアナリティクスの機能を提供することはあるかもしれないが、我々がデータを誰か(第三者)に供給することはない。(佐藤氏)

昨今ではサブスクなど、オンラインとオフラインを問わず販売形態が多様化している。サービスブランドの統合により、こういったニーズへの対応は加速するだろう。STORES という新たなサービスブランドの誕生を受けて、新体験をストアオーナーが顧客に提供しやすくなるような、追加機能が紹介される可能性も期待される。

----------[AD]----------

コイニーとSTORES.jpが経営統合、フリークアウト佐藤裕介氏が代表を務める持株会社「ヘイ」を設立

SHARE:

事業者向け決済サービス「Coiney」を運営するコイニーとオンラインショップ開設サービス「STORES.jp」を運営するストアーズ・ドットジェーピーは1月31日、両社がグループ化し、事業持株会社としてヘイ(hey)を設立することを発表した。グループ化は2月1日付けで実施される。 ヘイの代表取締役社長にはフリークアウト・ホールディングス(東証マザーズ: 6094) の代表取締役社長である佐藤裕介氏が…

d31375-2-775264-6.jpg

事業者向け決済サービス「Coiney」を運営するコイニーとオンラインショップ開設サービス「STORES.jp」を運営するストアーズ・ドットジェーピーは1月31日、両社がグループ化し、事業持株会社としてヘイ(hey)を設立することを発表した。グループ化は2月1日付けで実施される。

ヘイの代表取締役社長にはフリークアウト・ホールディングス(東証マザーズ: 6094) の代表取締役社長である佐藤裕介氏が就任。同社の取締役副社長をコイニーの代表取締役社長である佐俣奈緒子氏が担う。

2012年にサービス提供を開始したCoineySTORES.jp。2社の流通額(決済額)合計は2015年1月からの3年間で1000%成長にのぼる。今後は既にデジタル上で商品やサービス販売を実施している事業者以外にも地方の中小企業やソーシャルサービス上で人気の個人をターゲットにサービスを展開していく。誰でも簡単に使える決済サービス、オンラインストア運営サービスを皮切りにビシネスやサービス体験の向上に繋がるサービスを提供予定だ。

Source:PRTIMES

----------[AD]----------