THE BRIDGE

タグ InfrA

中長期インターンシップの「InfrA」、グロービス経営大学院学長 堀氏とAMF代表 椎木氏のカバン持ちを募集

SHARE:

数年前に比べて、就職活動を控えた大学生によるインターンシップへの参加率が高まっています。2016年3月にマイナビが発表した2017年卒の大学生・大学院生を対象にした調査結果でもこれが明らかになっています。2013年卒は28.4%だったインターンシップへの参加率が2017年卒においては62.1%と約2倍に。またインターンシップの参加社数の平均も、1.4社から2.71社にまで増えています。 インターン…

InfrA-secretary-2

数年前に比べて、就職活動を控えた大学生によるインターンシップへの参加率が高まっています。2016年3月にマイナビが発表した2017年卒の大学生・大学院生を対象にした調査結果でもこれが明らかになっています。2013年卒は28.4%だったインターンシップへの参加率が2017年卒においては62.1%と約2倍に。またインターンシップの参加社数の平均も、1.4社から2.71社にまで増えています。

インターンショップ制度が学生と企業の効果的なマッチングに繋がる一方で、現状のインターンシップには就職活動の一貫として形式的に参加するようなものが少なくなく、期間も短期間のものが目立ちます。そんな中、学生のキャリアに繋がる中長期の実践型インターンシップを掲載する媒体が「InfrA」です。2015年10月5日にβ版としてサービスを開始しました。

学生の応募数は伸びており、月次応募ベースで2016年2月からの4ヶ月間で325%の伸びを見せています。また最近では、インターン生を募集している掲載企業の幅が見られるようになってきました。これまではIT系のベンチャー企業が中心でしたが、マイクロソフト楽天などの大手企業やサッカークラブのインターンシップ(本田圭佑が買収したSVホルン)の求人まで広がりを見せています。

InfrAが今年1月末に募集したのが、ディー・エヌ・エー南場智子氏C Channelの森川亮氏コロプラの千葉功太郎氏3名の1日限定のカバン持ちインターン生。昨日6月7日にその第二弾が公開され、ました。本日から6月17日まで募集するのは、グロービス経営大学院学長でグロービス・キャピタル・パートナーズ代表パートナーである堀義人氏と、AMF代表取締役椎木里佳氏のカバン持ちです。

具体的な業務内容はそれぞれ異なりますが、基本的には1日限定で「経営者のカバン持ち」として、全ての業務に帯同し、経営者の働きかを間近で体感できるもの。業務にとどまらず、1日中同行する中で、経営者とのランチなども想定されると言います。今回カバン持ちを募集している経営者お2人からは、以下のようなメッセージが届いています。

学生には、「可能な限り大学内だけで勉強する時間を最小化する」ことを勧めているという堀氏と、インターン生と同世代の経営者 椎木氏。お2人のカバン持ちには、InfrAの特設ページから応募することができます。

----------[AD]----------

中長期インターンシップの「InfrA」がDeNA南場氏など1日限定のカバン持ちインターン生を募集

SHARE:

中長期のインターンシップを通じて、新しい就活の形を生む「InfrA(インフラ)」。就活のためにピンポイントに参加するインターンシップではなく、これから始まる学生のキャリアにとって長い目で意義のあるインターンシップを提供しています。実際。InfrAに掲載されるインターンシップの8〜9割を中長期インターンシップが占めています。 2015年12月11日には、最大5万円を補助する奨学金制度を開始するなど学…

InfrA-personal-assistant

中長期のインターンシップを通じて、新しい就活の形を生む「InfrA(インフラ)」。就活のためにピンポイントに参加するインターンシップではなく、これから始まる学生のキャリアにとって長い目で意義のあるインターンシップを提供しています。実際。InfrAに掲載されるインターンシップの8〜9割を中長期インターンシップが占めています。

2015年12月11日には、最大5万円を補助する奨学金制度を開始するなど学生の立場に立った面白い取り組みを実施しています。このインターンシップ奨学金制度の効果も影響し、InfrAを経由したインターンシップ応募人数は対前月比で約2倍に伸びました。

そんなInfrAが、有名企業の1日限定「カバン持ち」に挑戦するインターンシップの募集を開始しました。誰のカバン持ちかというと、ディー・エヌ・エー南場智子氏C Channelの森川亮氏コロプラの千葉功太郎氏で、各1名ずつの募集です。カバン持ちインターンシップの応募期間は、1月27日から2月8日までです。

当日のインターンシップの内容は3氏でそれぞれ異なりますが、基本的には1日限定で「経営者のカバン持ち」として全ての業務に帯同し、彼らの働き方を間近で体感できるとのこと。業務にとどまらず、経営者とのマンツーマンのランチなども想定できるかもとのこと。インスピレーションが欲しい学生さん、将来起業したいと考える学生さんなどは、参加を検討してみてはいかがでしょうか。

----------[AD]----------

未来のキャリアに繋がる実践型インターンシップの掲載媒体「InfrA」が、奨学金制度で最大5万円を補助

SHARE:

10月頭にβリリースされた「InfrA(インフラ)」。学生による就職前のインターンシップへの参加が伸びていることに着目し、より未来のキャリアに繋がる中長期インターンシップを掲載しています。この度、新制度を導入し、またそれに伴うデザインリニューアルを実施しました。 新たな制度とは、「インターンシップ奨学金制度」です。インターンシップに参加する学生に対して、InfrAが奨学金を最大5万円補助するという…

デザインがリニューアルされた「InfrA(インフラ)」
デザインがリニューアルされた「InfrA(インフラ)」

10月頭にβリリースされた「InfrA(インフラ)」。学生による就職前のインターンシップへの参加が伸びていることに着目し、より未来のキャリアに繋がる中長期インターンシップを掲載しています。この度、新制度を導入し、またそれに伴うデザインリニューアルを実施しました。

新たな制度とは、「インターンシップ奨学金制度」です。インターンシップに参加する学生に対して、InfrAが奨学金を最大5万円補助するというもの。今回の奨学金制度によって、そうした金銭的な理由からインターンシップに参加できなかった学生を、返済不要の奨学金でサポートしていきます。

サービス開始から2ヶ月間の運営で顕在化してきた課題に、学生の懐事情がありました。インターンシップには薄給なものが多く、バイトとの掛け持ちが厳しかったり、バイトへの出勤数が限られてしまうといった理由で、インターンシップへの参加に踏み切れない学生がいる。奨学金制度は、そんな課題へのひとつのソリューションです。

インターンシップ奨学金は、InfrAを通して学生が企業のインターンシップにエントリーし、採用されると、受給の資格を得る仕組み。インターンシップの採用が決定し、1ヶ月間、その会社での勤務が確認できた時点で5万円の奨学金が支給されます(14日以内の短期インターンシップは2万円を支給)。

リニューアル後のInfrAを見てみると、インターンシップを職種や地域で探せるのはもちろん、「週3日以下でもOK」「新規事業立ち上げ」「理系学生にオススメ」といった特徴から探すことも可能になっています。InfrAが目指す「本当にやりたいことに向かっている人を増やす」が、また一歩近づいたのではないでしょうか。

----------[AD]----------

中長期インターンで企業と学生をマッチングする「InfrA」、評価の仕組みで学生の成長を後押し

SHARE:

2016年卒の大学生や大学院生を対象にマイナビが実施したアンケート調査では、学生のインターンシップ参加率が前年比で6割増に伸びています。現代の学生、特に就職活動を目前に控える学生にとって、インターンシップへの参加は当たり前になりつつあります。現状、こうしたインターンシップの多くは夏限定など短期のものが中心。数日間の業務体験が、どこまで学生の成長に繫がるかと言うと疑問が残ります。 中長期インターンで…

2016年卒の大学生や大学院生を対象にマイナビが実施したアンケート調査では、学生のインターンシップ参加率が前年比で6割増に伸びています。現代の学生、特に就職活動を目前に控える学生にとって、インターンシップへの参加は当たり前になりつつあります。現状、こうしたインターンシップの多くは夏限定など短期のものが中心。数日間の業務体験が、どこまで学生の成長に繫がるかと言うと疑問が残ります。

中長期インターンで学生の成長を重視

インターンから築く、新たな就活のカタチ
インターンから築く、新たな就活のカタチ

10月5日にβリリースされたのが、インターンから新しい就活のカタチを築く「InfrA(インフラ)」です。学生にとって、既存のインターシップをより未来のキャリアに繫がる活動にすることを目指すもの。InfrAに掲載されるインターンシップの8〜9割を、中長期インターンシップが占めます。業界分野としては、より優秀な人材の採用に意欲的なIT企業などが目立ちます。

最近では、大学1年〜2年の学生も積極的にインターンシップに参加しています。インターンシップをちょっとした業務体験で終わらせず、より学生の成長やチャンスに繫げるためには何が必要か。InfrAでは、インターンシップ終了後に、学生に対して人事や社長、担当社員などからフィードバックが送られる仕組みを用意。学生は、その評価やフィードバックをもとに自己反省をし、改善に取り組むことができます。

また、学生が参加したインターンシップはInfrAのサイト上にレジュメとして残るため、それをそのまま次のインターンシップ探しや、その後の本選考で使うことができます。学生に返されるフィードバックは複数種類がありますが、その中の「インターンシップ中に取り組んだ内容」の項目については内容がレジュメにも記載される仕組み。単なるインターン経歴ではなく、企業による評価も含むポートフォリオとして機能します。

「これまでは、点だけで終わっていたインターンシップを線で繋いでいく。仕事の実績がない新卒の採用に関しては、人事担当者の感覚に頼る部分が大きかったと言えます。InfrAは、インターンシップを一つの実績と捉えることで企業と学生のより精度の高いマッチングを実現します」(CEO 高橋慶治さん)

学生12万人が訪問するメディア「co-media」と連携

COO 佐野貴之さん(左)と CEO 高橋慶治さん(右)
COO 佐野貴之さん(左)と CEO 高橋慶治さん(右)

InfrAを運営するのは、今年6月にコロプラネクストからシードラウンドの資金調達を実施した「Traimmu」です。今回取材に答えてくれたのは、同社代表取締役の高橋慶治さん。高橋さんは、大阪の大学を中退後、今年の5月に東京で会社を設立しました。在学中から、学生が抱える課題に着目し、それを解決するためのサービスを手掛けてきました。

志望企業先の内定者をなかなか見つけられないパイロット志望の友人の体験をきっかけに始めたのが、内定者と就活生のマッチングサービスでした。ご自身も学生だったため、あくまで学生の立場に立ったサービスを志してきました。その事業を強化するために開設したのが、様々なフィールドで活躍する学生を紹介するメディア「co-media」です。昨年10月に立ち上げたco-mediaは、今では学生12万人が見るまでに育ちました。

co-mediaを運営する中で、記事を見て刺激を受けた学生から徐々にインターンシップに関する相談が集まるように。成長できる環境を見つけるためには、どんなインターンシップを選べばいいのか?就職活動を目前に控えた従来の短期型インターンシップではなく、大学生活をプレ・キャリアと捉えて、学生のより大きな成長に繋がる機会を提供したいと考えました。

世界に通用する日本の学生を生み出す

InfrAを手掛けるチームの皆さん
InfrAを手掛けるチームの皆さん

既に登録している学生には、レジュメ作成機能を魅力に感じる、インターンシップ歴が豊富な人が集まっています。そんなInfrAのまずのゴールは、年内に200社の求人掲載、そして学生ユーザー5,000人に登録してもらうこと。長期的には、インターンシップ市場をさらに拡大させていくことを目指します。インターンシップに参加する学生の数を増やすことで、企業と学生のミスマッチを出来るだけ減らそうと考えています。

「学生の頃、先輩が就職活動する姿を見てきました。先輩のその後を見てみると、会社のネームバリューとか給与で選んだ人より、学生時代から企業と関わってインターンなどに積極的に参加していた先輩の方が納得し、よりハッピーに働けている印象です。InfrAで、後者のような人たちを増やしていきたいです」

高橋さんはまた、InfrAを作るにあたって、ご自身がシンガポールを訪問した際のことを意識しています。海外の企業と話してみると、日本の学生を欲しがるところが本当に少ない。給与が高めで日本語しか話せない学生を雇うより、給与がより安く、中国と英語など数カ国語を話せる現地の学生の方が魅力的に映るためです。

日本の学生が世界に通用するためには、学生時代からしっかりスキルを積んで行くことが必要。学生の段階から、これから始まる長いキャリアを念頭にインターンシップを体験することで、彼らの人材価値が高まるはず。Traimmuでは、その一環として、他社と連携してプログラミングスキルを学習するような教育機会の提供にもチャレンジしていきます。

新時代のインターンシップがこれから羽ばたく学生たちのキャリアをどう変えていくのか。楽しみに見守りたいと思います。

----------[AD]----------