BRIDGE

タグ JustCo

企業価値2億米ドルに達したシンガポールのコワーキングスペーススタートアップJustCo、独自の成長を遂げるそのわけとは?

SHARE:

Tech in Asia では、有料購読サービスを提供。有料記事の閲読、全記事への回数無制限閲読、5万社を超える企業データベースへの無制限アクセス、カンファレンスへの限定割引などの特典があります。詳しくはこちらから。 アジアにはコワーキングスペースが豊富にある。 グローバル不動産会社 Jones Lang LaSalle のレポートによると、アジア太平洋地域では世界のどの地域よりも早いスピードでコ…

Tech in Asia では、有料購読サービスを提供。有料記事の閲読、全記事への回数無制限閲読、5万社を超える企業データベースへの無制限アクセス、カンファレンスへの限定割引などの特典があります。詳しくはこちらから


アジアにはコワーキングスペースが豊富にある。

グローバル不動産会社 Jones Lang LaSalle のレポートによると、アジア太平洋地域では世界のどの地域よりも早いスピードでコワーキングスペースの供給が広がっている。コワーキングスペースの床面積年間増加率はアメリカで25.7%、ヨーロッパで21.6%だが、アジア太平洋地域では35.7%にもなる。

コワーキングスペース運営企業は、独自のニーズを持つアジアの新進起業家の成長から利益を得られると考えている。Kong Wan Sing 氏が Liu Lu 氏、および Kong Wan Long 氏とともに2011年に JustCo を設立したのも同じ理由からだ。

シンガポールのコワーキングスペース「JustCo」
Photo credit: DIA Brands

Wan Sing氏はニューヨーク大学卒業後、投資銀行 Goldman Sachs の内定を蹴り、ボストンに移って自身の金融企業を立ち上げた。新たな起業家の1人となったことで、スタートアップの設立者と事業主には単なるオフィス以上のものが必要であることに気付いた。

同氏は当時を振り返る。

私たちは低コストかつ自由度の高い賃貸物件を必要としていました。オフィスの立ち上げのサポート、インターネットアクセス、利便性はもちろんのこと、何よりコスト削減が重要でした。

その時、同じ悩みを抱える起業家や事業主をサポートする機会があったのです。

JustCo が手掛けるオフィスは、社内の空間プランナーとインテリアデザイナーがチームを組んでコンセプトを考案しており、一般的な備品と家具が備え付けられている。また、定期的にビジネスイベントやレクリエーションイベントの主催と提供も行っている。

市場の開拓

JustCo はアジアの30以上の場所でサービスを展開しており、1万7,000人以上の会員を抱えている。一方、アメリカの競合企業 WeWork は世界485の場所でサービスを展開し、46万6,000人の会員がいる。

これらの数字を見てみると、配車サービスとは違い、コワーキングスペース市場は1人勝ちになるようなものではないということがわかる。ビジネスの仕組みはいたってシンプルで、自分たちが借りた不動産にサービスを付加して、それを第三者に借りてもらうのだ。

オフィス移転コストは馬鹿にならないため、コワーキングスペースにおけるユーザ定着率は高い。それはつまり、新規ユーザ獲得コストが高くなるということでもある。アジア太平洋地域におけるコワーキングスペースの選択肢の幅が広がる中、JustCo は競合他社との差別化を図る方法を見つけ出す必要がある。

コワーキングスペース運営企業は長期賃貸契約のリスクにも直面している。このような契約では将来数年分の家賃の支払いを約束することになる。経済が悪化した際には支払いが困難になり、顧客にもオフィスを退去してもらうことになりかねない。WeWork がコワーキングスペースをすべて自社所有物件にしようとしているのもそのためだ。

<関連記事>

JustCo の共同設立者 兼 CEO Kong Wan Sing 氏(前列中央)ら
Photo credit: JustCo

JustCo は単なるコワーキングスペース企業から生まれ変わろうとしており、他社と提携して家主や不動産所有者の不動産管理を手掛けている。2018年には、シンガポールの政府系ファンド GIC、および多国籍企業 Frasers Property と提携して、1億7,700万米ドルの共同投資を行った

Wan Sing 氏には、不動産所有者がコワーキングスペース運営企業に管理を任せるようになりつつあるトレンドをチャンスと見ている。2018年12月、シンガポール企業 GuocoLand は 20 Collyer Quay にある自社のコワーキングスペースの管理を JustCo に依頼した

資金調達の面では、コワーキングスペースの運営企業に興味を示している不動産企業にアプローチをかけている。2017年10月、JustCo はシリーズ B ラウンドでタイの不動産開発グループ Sansiri から1,200万米ドルを調達した。この投資により同社の企業価値は2億米ドルにまで一気に上昇した。

JustCo は他社とも提携してオフィス空間の提供と管理を行っている。今年初め、Verizon のアジア初となるイノベーションコミュニティスペースのプロデュースと管理のサポートを任されることになった。また、Trive Ventures とも提携して、スタートアップインキュベータプログラム Trive Labs を立ち上げた。

さらに、Enterprise360 というチームも作っている。Wan Sing 氏によると、このチームは企業顧客が「自分たちの大規模オフィススペースに自社ブランドの看板を取り付けたり、専用の入り口を作ったり、占有エリアを確保できるよう」サポートするという。

拡張計画

JustCo は今年、アジア太平洋地域でさらなるサービス拡大を計画している。Wan Sing 氏は次のように語る。

当社はオーストラリアや韓国、台湾、日本、マレーシア、ベトナム、フィリピン、インドといった新規市場で JustCo のサービスを展開しようと考えています。

また、シンガポールやタイ、インドネシア、中国などの既存市場でもサービスを拡大していく予定です。

さらに、サッカーコートと同じ広さの約7,500平方メートルという大規模オフィスを展開することで、各顧客に専用の設備を提供していると同氏は述べた。また、オーストラリアでも同様のコンセプトを展開する計画があるという。

JustCo は、オーストラリア第1号のコワーキングスペースを2019年3月にシドニーに開設した。6月にはさらのもう1つのスペースをメルボルンに開設する計画があり、15 William Street タワーの4フロアを占めることになる。メルボルンでは 276 Flinders Streetでも4フロアのスペースを準備しており、シドニー第2号となるスペースも Mirvac 60 Margaret Street で準備中だ。

Photo credit: JustCo

台北の信義区、松山区、中山区の3つの金融街でも新たにコワーキングスペースを確保した。

また、Frasers Property の複合用途開発の一環として、タイで3番目となる支社を開設する予定だ。同社はバンコクの中心から離れた場所に倉庫を持っているが、バンコク中心部でミーティングを開いたりオフィスを持ちたいような、Frasers Property の法人顧客をサポートする。

Wan Sing 氏は次のように語った。

2015年以来、JustCo の従業員数は5倍に増え、コワーキングスペースの増加にも対応できるようになっています。

今年は IT やインフラ、ワークスペースのデザイン、セールス、コミュニティに関連する、シンガポール地域の従業員数が60%増える予定です。

【via Tech in Asia】 @techinasia

【原文】

シンガポールのコワーキングスペースJustCo、シリーズB調達完了後のバリュエーションが2億米ドルに到達

SHARE:

シンガポールに拠点を置くコワーキングスペース企業 JustCo は、タイの上場企業で不動産開発業者である Sansiri のみが参加したシリーズ B ラウンドを先日完了した。投資額は明らかにされていないが、JustCo によれば、投資後の企業価値は2億米ドルになったという。 JustCo は現在4つのシェアードオフィスを運営しており、シンガポール中心部ではその床面積の合計は18万平方フィート(約1…

DIA-Brands-Singapore-JustCo-Co-working-Space-Branding-2-750x500
シンガポールの JustCo コワーキングスペース
Photo credit: DIA Brands

シンガポールに拠点を置くコワーキングスペース企業 JustCo は、タイの上場企業で不動産開発業者である Sansiri のみが参加したシリーズ B ラウンドを先日完了した。投資額は明らかにされていないが、JustCo によれば、投資後の企業価値は2億米ドルになったという。

JustCo は現在4つのシェアードオフィスを運営しており、シンガポール中心部ではその床面積の合計は18万平方フィート(約1万6,700平米)になる。今回のシリーズ B で得た資金はシンガポール以外で初めての支店を開設するために使用される予定で、その場所としてバンコク、ホーチミンシティ、ジャカルタ、クアラルンプールそしてマニラが計画されている。

この計画では、来年までにアジア太平洋地域で30のシェアードワークスペースを開設し、床面積を100万平方フィート(約9万2,900平米)まで広げる予定だ。

現在、シンガポールのロケーションではさまざまな会員オプションが用意されている。低価格帯だと、月額72米ドルのベーシックパックでは、共用デスクとビジネス用の住所が使用可能で、JustCo が主催するイベントやネットワークセッションへ参加することができる。月額591米ドルを支払えば、専用のスタジオスペース全体が利用可能で、さらに JustCo のすべてのオフィスロケーションを24時間365日利用することができる。

ここ数か月の間にかなりの額の資金がコワーキングスペース業界に投資されており、アジア太平洋地域における各企業の競争はますます激しくなっている。

現在15億米ドルの評価額を受けている中国の URWork(優客工場)は積極的に国外に拡大中で、7月にシンガポールに国外初となる支店を開設し、先月にはインドネシアの Rework に戦略的投資を行っている。

これにより、アメリカの WeWork と URWork が直接的に競合することとなった。WeWork はアジアでのプレゼンスを高めるために7月にソフトバンクと Hony Capital(弘毅投資)から5億米ドルの資金を調達し、最近シンガポールに拠点を置く競合の Spacemob を買収している。その後、URWork が Wework の商標権を侵害していると訴え、イギリスとアメリカで URWork に対する訴訟を起こしている。

コワーキングスペースの使用といえば一般的にはスタートアップを連想するが、Colliers International の調査によれば、企業もこのような共同オフィスをますます使用するようになっており、このことは URWork や WeWork のようなコワーキング事業者にもさらなる機会が存在していることを示している。

【via Tech in Asia】 @techinasia

【原文】

中国のコワーキングスペース大手naked Hub(裸心社)がシンガポール同業のJustCoと合併、アジアでの競争力を高めWeWorkに対抗へ

SHARE:

中国におけるコワーキングスペース業界では大手の運営企業による合併や提携が相次ぎ、活況の同業界は成熟期を迎えようとしている。4月には、中国コワーキングのユニコーン企業 URWork(優客工場)とそのライバル企業 New Space(洪泰創新空間)が戦略的合併を行った。それからわずか数ヶ月後となる昨日、上海に本社を置くnaked Hub(裸心社)は香港で同社初となるスペースをオープンさせ、その際にシン…

香港初のロケーションとなった naked Hub は香港独特の細長いビルに入り、視線を集めるような壁の落書きで目立った存在だ。
Image credit: naked Hub

中国におけるコワーキングスペース業界では大手の運営企業による合併や提携が相次ぎ、活況の同業界は成熟期を迎えようとしている。4月には、中国コワーキングのユニコーン企業 URWork(優客工場)とそのライバル企業 New Space(洪泰創新空間)が戦略的合併を行った。それからわずか数ヶ月後となる昨日、上海に本社を置くnaked Hub(裸心社)は香港で同社初となるスペースをオープンさせ、その際にシンガポールの JustCo と合併することを発表した。

両社のスポークスパーソンによると、この合併によって誕生する企業は、運営するスペースの数と延べ床面積においてアジア最大となり、米国に本社を置くコワーキングユニコーン企業 WeWork のアジアにおける最大のライバルとなる見込み。現在は合併の詳細を詰めているところのようだ。

コワーキングは世界的な広がりをみせている。Statista によると、2010年には世界でわずか600しかなかったコワーキングスペースの数は、2016年には1万1,300まで増加している。

2005年から2017年までの、世界のコーワキングスペース数推移
出典:Statista 2017

中国のコワーキング市場はここ2年で急速に拡大し始めている。中国不動産大手 Vanke(万科)の元幹部が設立した URWork は、2015年4月にローンチしてから現在までに6回のラウンドで総額12億人民元(1億7,500万米ドル)を調 達している。2016年には WeWork が本格的に中国へと参入し、同国での拡大を推進するために4億3,000万米ドルの資金調達を行った。また、地方政府は起業家精神とイノベーションを促進する国家計画の一環として、スタートアップに対して賃料を補助する政策を中国全土で行っている。

naked Hub Hong Kongでジェネラルマネージャーを務める Deborah Negrash 氏は、同社はどのようにしてWeWorkとの差別化を図っているのかという質問に対し、「私たちはローカリゼーションに重点を置いています」と答えた。

naked Hub が初めて香港でオープンしたスペースは上環(ションワン)の中心部にあり、ビルが密集した大都市でよく見かける細長い「鉛筆形」をした16階建てのビルで、800以上のデスクを設けることができる。オープンオフィスやホットデスクはもちろん、上環のハブでは、その土地のニーズやセンスに合わせて専用オフィスや香港の茶室のような待合室があり、窓が二重ガラスになっていたりネオンライトがついていたりする。naked Hub を運営するライフスタイル/ホスピタリティ企業、naked Group の設立者である Grant Horsfield 氏は次のように語っている。

私たちは、かつての上環のネオンを取り戻しそうとしているのです。

中国におけるコワーキングスペース企業のほとんどが、アーリーステージの(多くの場合、資金繰りに苦しんでいる)スタートアップをターゲットにしているのに対し、naked Hub は中小企業や多国籍企業といった伝統的な企業をターゲットにしている。同社の 「プレミアム・フレキシブル・ワークスペース(premium flexible workspace)」の一人あたり平均賃料は月額3,000人民元を超えることもある。同社によると、香港初のスペースの稼働率は現在90%以上だそうだ。

現在、伝統的なビジネスが柔軟な労働環境に移行しつつあり、naked Hub はそうした文化的な変化の波に乗っている。昨年には、HSBC が香港で WeWork の300以上のホットデスクを契約した。Negrash 氏は、プレミアムコワーキングスペースが提供するビールやジム、ヨガルームなどの付加価値サービスの例を挙げた。

私たちは、伝統的な企業のコスト削減と、その従業員が幸せでいられるような支援を行っています。

8人のチームであれば、伝統的なオフィスから naked Hub に移動することで最大33%のコスト削減が可能だという。同社のスペースを利用する中国の中小企業の中には、1億以上の月間ユニークユーザ数を誇るソーシャルネットワーク企業 Douban(豆瓣)や GoPro などの有名企業も含まれている。

香港 Sheung Wan(上環)の naked Hub では、企業のニーズにあわせてプライベート空間を移動できる。
Image credit: naked Hub

2015年設立の naked Hub は現在、上海、北京、香港、ベトナムで21のハブを運営している。JustCo が持つシンガポール、バンコク、クアラルンプール、ジャカルタのハブをそこに加えることで、naked Hub の新たなネットワークは6ヶ国41ヶ所で延べ床面積は14万平方メートルとなり、2020年までにアジアにおけるハブの数は200近くまで増加する見込み。同社は2016年に香港の Gaw Capital(基匯資本)がリードする3,300万米ドルのシリーズ B ラウンドを完了させており、今後、早くて2017年8月にも2億米ドルのシリーズ C ラウンドを予定している。

【via Technode】 @technodechina

【原文】