THE BRIDGE

タグ Kik

チャットボットのKik、1,000名の無作為抽出ユーザで独自暗号通貨「Kin」をテスト

SHARE:

チャットアプリの Kik は本日(6月27日)、初めて仮想通貨の Kin を顧客数限定で提供開始した。無作為に選ばれた1,000名のユーザが、仮想通貨を最初に使用する人たちとなる。 アプリの全ユーザに無償供与される初回発行の Kin 通貨は新しいアプリのテーマにのみ利用できる。月間のアクティブユーザが1,500万人にも及ぶこのチャットアプリでバックグラウンドをカスタマイズできるようになるのはこれが…

kik-kin
Kik の新たなチャットテーマのプレビュー
Image Credit: Kik

チャットアプリの Kik は本日(6月27日)、初めて仮想通貨の Kin を顧客数限定で提供開始した。無作為に選ばれた1,000名のユーザが、仮想通貨を最初に使用する人たちとなる。

アプリの全ユーザに無償供与される初回発行の Kin 通貨は新しいアプリのテーマにのみ利用できる。月間のアクティブユーザが1,500万人にも及ぶこのチャットアプリでバックグラウンドをカスタマイズできるようになるのはこれが初めてのことだが、このユースケースは Kik が自社の仮想通貨に抱く意欲的な計画からはかけ離れたものだ。

ユーザは雑学クイズで正解するか、世論調査に回答するか、自由時間にしていることや Kik アプリに対する全般的な意見などといった質問に答えることで Kin を獲得する。

プロダクトマネージャーの Laura Newton 氏は VentureBeat の電話インタビューで次のように語った。

とても新しい技術なので1,000人のユーザから始めています。全ての面でちゃんと規模を大きくしていけるか、しっかりできているか確認したいと考えています。こうした面が大丈夫であれば、ユーザ数はあっという間に増やせるはずです。ですので、現段階は1,000人ですが成長性があります。

Kin のローンチへの道のりが始まったのは、仮想通貨を管理する Kin Ecosystem Foundation を設立した2017年5月にさかのぼる昨年秋には1億米ドル近くのトークン販売も実施されている

Kin の普及は Kin Rewards Engine が推進役となる。Kin Rewards Engine は魅力的なコンテンツやボットをデベロッパーや企業が作りやすくなるエコシステムを成長させることを狙っている。ユーザも同プラットフォームの利用を継続することで見返りを得ることができ、こうして新規ユーザを引きつけ既存ユーザを離さないことになる。

ユーザは、コンテンツの利用や同プラットフォーム上で過ごす時間が増えれば増えるほどより多くの Kin を稼ぐことができ、プレミアムコンテンツやその他のグッズを購入できる。購入先は Kin Marketplace やその他イーサリアム関連の仮想通貨が使えるオンラインマーケットプレイスとなる。

Kin ソフトウェア開発キットも作成された。ゲームエンジンクリエーターの Unity のような他プラットフォームでも Kin Rewards Engine と似たアプローチをとって、関わったゲーマーが仮想通貨で見返りを受けられるエコシステムを構築できるようにすることが狙いだ。

より広範なデベロッパーグループ向けの Kin Rewards Engine 公開予定日はまだ未定だ。

Newton 氏は以下のように語った。

私たちはこの Kin のローンチによって初となる SDK のインテグレーションを開始し、それによって得られる知見に取り組む予定です。その後、アプリを進化させることを検討しようと思いますが、そこではボットが常に不可欠な要素となるでしょう。ですので、ロードマップ上の計画はありますが、今すぐ取り組むというほどには重要ということでもないのです。

5月には Kik はイーサリアムベースのブロックチェーンと連動するステラベースブロックチェーンを作成し、イーサリアムが直面するスケーラビリティの問題に対処している。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

----------[AD]----------

チャットボットのKik、独自暗号通貨「Kin」のトークンセールで約1億米ドルを調達

SHARE:

チャットアプリの Kik は今日(原文掲載日:9月26日)、トークン配布イベントに参加した1万人以上から、約1億米ドルを調達したと発表した。Kik のスポークスマンが VentureBeat にメールで語ったところでは、同社が実際に調達した金額は9,880万米ドルで、そのうち4,200米ドルは9月12日から26日に実施されたトークンセールの、最初の48時間で調達されたそうだ。 残りの5,000万米…

(上)暗号通貨 Kin ロゴ
Image Credit: Kik

チャットアプリの Kik は今日(原文掲載日:9月26日)、トークン配布イベントに参加した1万人以上から、約1億米ドルを調達したと発表した。Kik のスポークスマンが VentureBeat にメールで語ったところでは、同社が実際に調達した金額は9,880万米ドルで、そのうち4,200米ドルは9月12日から26日に実施されたトークンセールの、最初の48時間で調達されたそうだ。

残りの5,000万米ドルは8月下旬に実施された、トークンのプレセールで調達された。このプレセールには、Blockchain Capital、Pantera Capital、Polychain Capital など有名なブロックチェーン特化投資会社が参加している。調達金額は、Kin 財団が当初表明していた1兆 Kin トークン(1億2,500万米ドル相当)には届かなかった。

Kin 財団は、Kin Interactive が独自通貨の配布を目的に設立した組織だ。

Kin は ERC20 Ethereum をベースとする暗号通貨で、Kik チャットアプリおよびボットストアへの、デベロッパやユーザの参加を促すために5月に作られた。Kik のチャットアプリ上での主要通貨として使われる予定で、グループチャットのリーダーやボットのような自動サービスは、他ユーザとのエンゲージメントを作り出すことで、Kin の特典エンジンからもたらされる Kin の支払の恩恵を受けることになる。

Kik は暗号通貨を採用することで、Facebook Messenger や Telegram のような、PayPal やデビットカード支払などの決済手段を取り入れている競合メッセージアプリと差別化を図ろうとしている。

Kin 以降に発表された他のチャットアプリをベースとする暗号通貨には、ヘルスケアの Doc.ai による Neurons、匿名でアドバイスがもらえる Sensay による Sense などがある。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

----------[AD]----------

チャットボットのKik、暗号通貨Kinのトークンセールを前に5,000万米ドルを調達

SHARE:

Kik Interactive は本日(8月29日)、同社の暗号通貨 Kin の発行に向けたトークンディストリビューションイベント(TDE)を9月12日の太平洋時間午前6時に開始すると発表した。5,000万人の月間アクティブユーザを誇るチャットアプリ Kik のケースは、非ブロックチェーンの企業がブロックチェーンに進出し、新たな機会を切り開く初の主要事例の1つとなる。 同社は1兆 Kin のトーク…

kin_horizontalogo-04.png
(上)暗号通貨 Kin ロゴ
Image Credit: Kik

Kik Interactive は本日(8月29日)、同社の暗号通貨 Kin の発行に向けたトークンディストリビューションイベント(TDE)を9月12日の太平洋時間午前6時に開始すると発表した。5,000万人の月間アクティブユーザを誇るチャットアプリ Kik のケースは、非ブロックチェーンの企業がブロックチェーンに進出し、新たな機会を切り開く初の主要事例の1つとなる。

同社は1兆 Kin のトークンを1億2,500万米ドルで販売する計画であると Kik Interactive の報道担当は声明で VentureBeat に語った。このうち5,000万米ドル分は、4,880億 Kin のトークンを対象とするプレセールで販売済みだ。 プレセールでの投資家には、Blockchain Capital、 Pantera Capital、Polychain Capital など、ブロックチェーン専門の有名な投資企業が名を連ねた。

暗号通貨ヘッジファンド Polychain Capital のプリンシパル・ベンチャーパートナーの Ryan Zurrer 氏の発言を Kik のブログ投稿がこのように引用している。

現時点で Kik は、 暗号通貨市場に参入した消費者向けサービス企業では最大規模です。今回の動きは業界にとって画期的なことです。

デビットカードや PayPal などを通じた決済を可能としている Facebook Messenger や Telegram といったチャットアプリとは対照的に、Kik は、同社の暗号通貨をベースとする包括的なエコノミーを作る計画だ。

5月に発表された当初、Kin は Kin Foundation により管理、配信されるとされた。Kin の一部は、Kik ユーザに提供されると思われる。Kin の報酬プログラムは、エンゲージ体験を作り出したボットのデベロッパーやサービスプロバイダに支払われるよう設計される。

Kin は、イーサリアムのブロックチェーンをベースとする ERC20トークン。

エンゲージメントに基づいてデベロッパーに支払いを行おうとしているのは Kik だけではない。

8月、Kik 上で最も人気のあるボットの1つ Sensay は、Sense という自らの暗号通貨をローンチする計画を明らかにした。当初、Sense は Sensay ボットを通して助言をした人に支払われるとされていたが、同じくイーサリアムをベースとするこの暗号通貨は、ボットのデベロッパーや他のネットサービスプロバイダ向けに利用できるようになるかもしれない。新規仮想通貨公開(ICO)は10月10日に予定されている。

8月には Amazon も、同社の音声アプリで生み出したエンゲージメントのレベルに応じて Alexa Skill のデベロッパーに支払いを始めるとコメントしていた。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

----------[AD]----------

期待される世界のチャットボット・サービス5選

SHARE:

チャットボット(Chatbot)とは? メッセンジャーを友達とだけ話すためのみのアプリと考えているなら、今後は考え直した方がよさそうだ。人工知能(AI)をベースに、相手と会話しながらニーズを解決してくれる「ロボットヘルパー」のチャットボットが徐々にメインストリームの技術となっているからである。現在、Google、Facebook、Microsoft、Telegram をはじめ、韓国では Naver…

rinna_screenshot

チャットボット(Chatbot)とは?

メッセンジャーを友達とだけ話すためのみのアプリと考えているなら、今後は考え直した方がよさそうだ。人工知能(AI)をベースに、相手と会話しながらニーズを解決してくれる「ロボットヘルパー」のチャットボットが徐々にメインストリームの技術となっているからである。現在、Google、Facebook、Microsoft、Telegram をはじめ、韓国では Naver、Daum などの大手IT企業がチャットボットを商用化するため投資を進めている。

先月24日(現地時間)、Microsoft が開発したチャットボット「Tay」は、24時間で約96,000件のツイートをし、11万人のフォロワーを獲得した。しかし、18歳〜24歳のユーザーに特化したサービスだった「Tay」は、残念ながら、この年齢層のユーザの遊び心を考慮していなかったものと思われる。ユーザー「Tay」にホロコースト、9.11テロ、人種差別などについて聞くと、「Tay」が次のような発言を吐き、その24時間後にサービスが中断された。

tay-620x213

一方、ある程度のルールが定められた中で、チャットを通じて行う予約サービスは、すでにかなり普及している。ドイツなどで商用化された「WhatsApp Taxi」を活用すれば、別のアプリをインストールする必要なく、チャットウィンドウでタクシーを呼ぶことができる。現在の位置を送信して「WhatsApp」が質問したことに簡単に答えるだけで十分である。

チャットボットと、予想されるビジネスの構造変化

チャットボットの成長に伴う長期的な破壊力は非常に大きいものと予想されている。最初に起きるのは、Google や Naver の中核サービスである検索を、メッセンジャーが代わりにするようになるメッセンジャー中心の市場が再編されることである。これからの人は、検索エンジンを介して必要なものを直接検索するよりも、メッセンジャーに質問する方法で、自分が必要な情報を得ることができる。

検索は、メッセンジャーで取得することができない情報を追加で取得するツールとして、その利用頻度が落ちていくだろう。かつて Google の検索サービスに驚いた人々が、検索という言葉の代わりに「ググる」という言葉を使ってきたように、本格的なチャットボットの成功モデル登場によって「ググる」を置き換える言葉が登場するだろう。

それだけでなく、既に市場に登場したか、今後登場することが予想されていた数多くのアプリが「メッセンジャー」として統合される可能性もある。今は旅行に行くために旅行アプリで航空券を予約し、各種のショッピングアプリで買い物をし、キャリアのアプリで付加サービスを申請し、ソーシャルアプリで獲得したクーポンで美容院を予約してきたが、今後はこれらのすべてのサービスをメッセンジャーアプリ一つで解決できるようになる。

メッセンジャー:Kik と WeChat(微信)

北米地域の若者が主に使用しているメッセンジャーアプリ「Kik」は、新興化粧品会社の Sephora、ファストファッションの H&M など16社と提携し、ボットショップを開設した。ローンチから1ヶ月経っていないが、4月24日現在で提携先は33社に増えた。

kik-620x538

ボットショップの企業とチャットするには、メッセンジャー内でボットショップメニューに移動し、そこでチャットしたい企業を選択するか(33社すべて可能)、メッセンジャー最上部の Kik ウィンドウで「@」を入力した後に推奨される会社名を選べば良い。

ボットショップのほか、Kik と連動したダイアログに入った後、「@」をクリックしすると表示される、直接チャットできる会社のリストの中からいずれかを選んでサービスを利用することができる。現在は The Weather Channel、Vine、theScore など6社がサービスを提供している。一度会社を選択して使用した後は、友人とのやりとりで、ダイアログを開くのと同じ状態になる。

Kik は、ボットショップが今後、コアサービスになると考えているようだ。Kik のホームページでは、「ウェブサイトとアプリの時代が去り、ボットの時代が来た」と宣伝し、「自分たちのメッセンジャーにボットを作成をお勧めします」、と詳細な導入方法を紹介している。

しかし、現在のチャットボット・ビジネスのリーダーは、中国の「WeChat(微信)」である。 中国のチャットベースのアプリ「WeChat」を使って、中国の消費者は、すでにショッピングからチケットの予約、映画の予約、ホテルや病院の予約などをすることができる。 かつては、WeChat 対応の従業員が直接お客の質問に対応する形だったが、現在は既に構築されたデータに基づいて、WeChat のチャットボットが対応する割合が高くなっていることを明らかにしている。

ショッピング:Mezi と Operator

Mezi」は、ショッピングの分野でチャットボットサービスを提供している。Mezi アプリをダウンロードして実行すると、旅行、ファッション、電化製品、ギフトなどのカテゴリがある。Mezi の競合である「Operator」の場合、サインアップの段階からチャットで情報を入力する点が興味深い。

mezi-620x324

登録後に開くウィンドウには、サービスが可能な分野が説明され、「What can I find for you today?」という質問が表示される。チャットウィンドウで探しているアイテムについて尋ねると、予算などを尋ねる詳細質問が現れる。答えを入力すると、選択したオプションに応じて、候補アイテムを推薦してくれる。

スケジューラ:x.ai

βサービス中の「x.ai」は、Google や Outlook のカレンダーなどの情報を活用したスケジューラアプリである。登録したユーザが、自分が主に使っているカレンダーアプリを指​​定すると、x.ai はその情報を確認して、スケジュールを教えてくれる。

Bloomberg で紹介するなどして有名になったため、サインアップの登録処理がスムーズには進んでないようだ。筆者が実際にサインアップした結果、205人待ちというメールを受けとった。以前、韓国の「人工知能サービス5選」という記事で紹介した、韓国の Kono Laboratories の「kono(코노)」が、x.ai と同じサービスを提供している(編注:日本では、Subot が類似したサービスを提供しようとしている)。

xaisum1-620x684

スケジューラアプリの動きは、実際には地域の企業文化とも関係がある。韓国では、ほとんどの業務が電話で行われるが、これとは異なり、ほとんどの業務がメールで行われるアメリカの企業文化では、メールを活用した方が成功の可能性が大きくなると予想される。メールでやりとりした上で、当事者が実際に会ってミーティングが必要になった場合、メールで x.ai を cc に指定することで、スケジュールの確認とミーティング場所の検索を依頼することができる。x.ai が両者または一方のスケジュールを確認した上で、選択肢を提供する。

チャットボットの限界

残念ながら、スケジューラとショッピングサービスは、ほとんどまだリアルタイムではない。Mezi を使ってTシャツの推薦を依頼したところ、約20分間かかって7つのレコメンドを受けた。その理由は、まだボットではなく、人間によってサービスが提供されている場合が多いからである。

本当の意味でのチャットボットというより、一種の検索代行アプリと言える。「ボットではないのか」という筆者の質問に、「半分は人間です(Mezi)」とか、「私は人間ですよ(Operator)」と回答してきた。

また、最近、Bloomberg は「チャットボットの裏側で働く人間たち」という記事を掲載した。x.ai は、人工知能が処理した結果を人間の「人工知能トレーナー」が監修しなければならないレベルであることが分かった。 実際に「人工知能トレーナー」として働いていた人によると、メールを確認する業務は、事実上、ほとんど人工知能ではなく、人によって処理されると明らかにした。

この分野のほとんどのスタートアップが中国の WeChat のように MVP(Minimum Viable Product)としてサービスを開始した後、データ蓄積と追加の投資を通じて、本格的な人工知能モデルに変換していく戦略を模索していると期待したい。

【原文】

【via BeSuccess】 @beSUCCESSdotcom

チャットボット(Chat bot)の話題まとめ(随時更新)

----------[AD]----------