THE BRIDGE

タグ lang8

語学学習Q&Aアプリ「HiNative」運営が2億円の資金調達、2017年末の250万ユーザー獲得を目指す

SHARE:

語学学習Q&Aアプリ「HiNative」を運営するLang-8は10月5日、京都大学イノベーションキャピタル、East Ventures、ディー・エヌ・エーの3社および個人投資家の千葉功太郎氏と元Zynga共同創業者のJustin Waldron氏ら、個人投資家数名を引受先とした第三者割当増資を実施したことを公表した。調達した資金は総額で2億円、株式比率や払込日などの詳細は非公開。 同社の…

imgp1687
Lang-8 代表取締役の喜洋洋氏

語学学習Q&Aアプリ「HiNative」を運営するLang-8は10月5日、京都大学イノベーションキャピタル、East Ventures、ディー・エヌ・エーの3社および個人投資家の千葉功太郎氏と元Zynga共同創業者のJustin Waldron氏ら、個人投資家数名を引受先とした第三者割当増資を実施したことを公表した。調達した資金は総額で2億円、株式比率や払込日などの詳細は非公開。

同社の運営するHiNativeは2014年11月の公開以降、じわじわとユーザーを掴み、2016年7月末には登録ユーザー数で約20万人に到達。「年内の50万人という数字が見えてきた」と以前の取材で同社代表取締役の喜洋洋氏は本誌取材に答えていた。

また、Q&Aサービスに重要な質問と回答数については、9月末時点で質問数が96万件、回答数は340万件となっている。対応言語数は120言語でほぼ全ての国からアクセスがあるという。同社では今回調達した資金で開発体制の強化およびマーケティング施策の推進を実施し、2017年末の250万ユーザー獲得を目指す。

さて記述の通り、前回取材時に「ようやく成長の波を掴んだ」と語った喜氏が順当に次のステージに駒を進めた。ある程度の成長検証は見えたとして、ユーザー数の獲得と同時にリテンションの質を向上させたいと語る。

「やっぱり同時接続数が多ければ多いほど全ての数値が良い状態になるので、まずはユーザーの数を頑張って獲得していきます。それと特にここ半年間でやりたいのが回答のスピードをもっと早くすることで、平均5分ぐらいで回答が出てくるようになれば、ユーザーの体験もすごく良くなるのでそこに注力してきたいと思っています」(喜氏)。

また、喜氏は学生起業家として2007年にデビューして以来、語学学習のソーシャルネットワークをずっと運営し続けてきたが、なかなか突破口を見いだすことができず、長年苦労してきた。今回の彼にとって初めてとなる大型調達で体制もようやく強化することができそうだ。

「今まで5人だったメンバーを全体で10人ぐらいにまでしたいと考えています。特にエンジニアはiOSとAndroidで一人ずつ、デザイナーもそこに一人っていう状態なので、そこはさらに強化していきたいです。あと、未だにウェブの開発は自分が手を動かしているのでさすがそこは引き継ぎたいなと」(喜氏)。

ビジネスデベロップメントについては彼らのビッグヒットを引き寄せたYouTuberマーケティングの施策や、喜氏の経営的なサポートをしてくれるCOO的な位置づけの人材を探すそうだ。

まずは事業安定の目処として200万ユーザー突破を目指す喜氏。HiNativeで蓄積された語学学習のコンテンツをStack Overflow的にオープンに公開するような展開で検索流入についても意識したいと語っていた。

----------[AD]----------

ソーシャル語学学習のLang-8がサイバーエージェント・ベンチャーズを引受先とする第三者割当増資を実施

SHARE:

ついにこのニュースを書く日がやってきたことを嬉しく思う。あるスタートアップが次のステージに進む。 ソーシャル語学学習サービスを世界219の国と地域で展開するLang-8は1月20日、サイバーエージェント・ベンチャーズを引受先とする第三者割当増資の実施を発表した。金額や払込日などの詳細は非公開としている。 Lang-8は現在73万人のユーザーがアカウント登録をしており、ユーザーの7割が海外からの利用…

IMGP0805
ついにこのニュースを書く日がやってきたことを嬉しく思う。あるスタートアップが次のステージに進む。

ソーシャル語学学習サービスを世界219の国と地域で展開するLang-8は1月20日、サイバーエージェント・ベンチャーズを引受先とする第三者割当増資の実施を発表した。金額や払込日などの詳細は非公開としている。

Lang-8は現在73万人のユーザーがアカウント登録をしており、ユーザーの7割が海外からの利用となっている。Lang-8代表取締役の喜洋洋氏によれば、現在テスト中のスマートフォン向け新サービス開発に資金投入し、現在3名体制の運営チームに加え、新たに3名ほどの開発人材を追加して体制強化する予定だそうだ。

喜氏(彼をよく知る仲間たちは親しみを込めて下の名前のヤンヤンで呼んでいるのでこの呼び方はなんだかくすぐったいが)は京都大学の学生時代にLang-8の原型となるアイデアを思い付きスタートアップした「元」学生起業家だ。

一方で、産みの苦しみは相当つらく、この日がやってくるまで7年という時間を要した。彼の道のりについてはこのインタビューで書かせてもらった。しっかりと人々が納得できる数字を作るのがどれほど大変か、続けることの意味や本当にやりたいこととはなにか。彼には多くを学ばせてもらっている。

もうひとつ、今回の新しいステージを語る上で、彼を思う起業家仲間の存在を無視はできない。

「調達にあたっては、多くの方にアドバイスをもらいました。特にけんすうさん(nanapi代表取締役の古川健介氏)や松本さん(コミュニティファクトリー代表取締役の松本龍祐氏)、小林さん(連続起業家、元ノボット代表取締役の小林清剛氏)、原田さん(Peatix Inc.CEOの原田卓氏)などにはいろいろ教えて頂きました。

ただ、少ない人数で調達している時って、あまりよい反応が得られないと「もういいや、自分で作って結果出した方が早いや」って思いがちだったんです」(喜氏)。

資金調達している頃の彼とは度々話をしていたので、この頃の様子がよくわかる。彼は、学生起業してからずっと少ない人数で頑張ってきたので、なんでも自分でやってしまう癖がついていた。そういう生い立ちがそういう思考にさせたとも思える。

転機はやはり今、参加してくれている2人のメンバーだろう。Lang-8が徐々に成長して少人数であれば運営費を稼げるようになったことも大きいと思う。喜氏はこう続けた。

「去年の7月頃に調達を再開したんです。今までと違って手応えはありました。そして9月頃にクラウドワークスの吉田さん(代表取締役の吉田浩一郎氏)と話した時、彼は調達にあたっては全てのベンチャーキャピタルなどを回ったと教えてもらい、これまでの考え方を少し変えたんです。

Qiitaの横井さん(Increments取締役の横井孝典氏)のアドバイスも私を変えてくれました。私、どちらかというと数字やロジックを大切にしたいので、根拠や仮定を説明してたんです。けど、彼に言わせれば、そんなんじゃない、もっと自信を持って話をするんだって言われて」(喜氏)。

喜氏と話をすると、運営しているサービスは壮大なのに、最低限を見積ろうとするきらいがあった。少ないメンバーで運営しつづけてきたのもその現れだ。でも、本当に世界観を変えるようなサービスはそれでは生まれない。

周りの友人や先輩起業家が彼を思い、アドバイスを出し続けた結果この日がやってきたと思うと、日本の起業環境の成長を感じないわけにいかない。

今回のリリースではまだ触れられないが、彼らが現在準備している新サービスはLang-8の正当進化といってよいものだ。実際に私も見せてもらっているが、コンセプトがよいだけに楽しみでもある。またこの件についてはお伝えできるタイミングで書かせていただこう。

----------[AD]----------

投稿数は3倍、売上は2倍ーー成長する語学添削ソーシャルネットワークLang-8が狙うのは「スマホ」と「世界」 #on_lab

SHARE:

言語圏の違うユーザー同士がお互いに言語を添削しあえるソーシャルネットワークLang-8は5月14日、OpenNetworkLab DemoDay Spring 2013 の壇上で、3カ月に渡るアクセラレーションの成果を発表した。 京都大学の学生ベンチャーが2007年に創業した手作りのサービスは、新しいチーム、新しいデザインを纏い、次への展開をみれるまでに成長していた。 ユーザー数は現在約60万人、…

20130514-182700.jpg

言語圏の違うユーザー同士がお互いに言語を添削しあえるソーシャルネットワークLang-8は5月14日、OpenNetworkLab DemoDay Spring 2013 の壇上で、3カ月に渡るアクセラレーションの成果を発表した。

京都大学の学生ベンチャーが2007年に創業した手作りのサービスは、新しいチーム、新しいデザインを纏い、次への展開をみれるまでに成長していた。

ユーザー数は現在約60万人、217の国で利用されていて、アクセスの7割が日本以外の海外。OpenNetworkLab(ONL)に入るまでも月間で15,000人ほどの会員登録があったそうだが横ばい。次の成長を求めたLang-8代表取締役の喜洋洋氏が決断したのは、拠点となる京都を捨てて、東京に出てくることだった。

2013年1月に開始された第6期OpenNetworkLabのプログラムに応募、約100組のチームから選出された3枠に滑り込んだ。

ここからの展開は早い。チームに元クックパッドエンジニアの佐々木達也氏が参加し、さらにデザイナーも加えて三人のチームとなったことで、大きく成長するきっかけを掴んだ。

「しぶとくあきらめずにやってきた」という言葉にあらわれていたように思うが、このアクセラレーションプログラム期間中、ずっとPC版の改善を実施してきたそうだ。結果、投稿数は改善前の3倍、50%台だった英語の添削率は90%に改善、有料会員数、売上はONLに入る前の2倍に増加した。

しかし創業から6年も経過しているLang-8にとって、求められるのはさらなる成長だ。代表取締役の喜洋洋氏が挙げたのは「スマホアプリ対応」だ。

「PC版でキャッシュフローが改善されてスマホアプリを攻める準備ができた。CGM型の言語学習サービスでスマホに集中しているサービスはまだない。ここを攻めて、世界を穫りたい」(喜氏)。

ビジネスモデルについては、これまでの広告、有料会員に加えて、有料添削や、添削チューターをマッチングして手数料を取るモデルなどを検討しているとした。

----------[AD]----------

50万ユーザーを抱えるある学生起業家の苦悩と挑戦

SHARE:

50万ユーザー突破 「もうすぐ50万人を超えそうです。ようやく話題が出来ました」ーー2012年の暮れ、私はある起業家の話に耳を傾けていた。彼の名前は喜洋洋。異なる言語圏のユーザーがソーシャルに文章を添削できる語学学習プラットフォーム「Lang-8」を運営するLang8の代表取締役だ。 彼の言った通り、2013年に入ってこのコミュニティは51万人に到達する。現在のアクティブ率は10%程、190の国か…

50万ユーザー突破

「もうすぐ50万人を超えそうです。ようやく話題が出来ました」ーー2012年の暮れ、私はある起業家の話に耳を傾けていた。彼の名前は喜洋洋。異なる言語圏のユーザーがソーシャルに文章を添削できる語学学習プラットフォーム「Lang-8」を運営するLang8の代表取締役だ。

彼の言った通り、2013年に入ってこのコミュニティは51万人に到達する。現在のアクティブ率は10%程、190の国から利用されていて、ユーザーの7割は日本以外、ビジネスの現場で働いているユーザーが多いのだという。

喜氏がLang-8を始めたのは京都大学に在学中、彼が23歳、2007年の時のこと。中国生まれの彼が上海に留学中、友人と交わした日記の添削がヒントになってこの語学学習プラットフォームを思いついた。

「会話だといちいち直してくれないんです。最初は中国語で3行しか書けなかった日記が1年後には2ページになってました」。帰国後、彼は友人とLang-8を立上げる。

学生起業家が6年間で学んだこと

2007年から約6年かかっての50万ユーザー獲得はお世辞にも成長が早いとは言えないだろう。その点を聞いてみると、Lang-8の実質の成長はここ1年でそれまでは準備に時間がかかったのだと、これまでの道のりを話してくれた。

学生起業家としてキャリアをスタートさせ、まず最初にやったのはやはり受託開発だったそうだ。サービスで売上を付けるためには相応に成長させる必要がある。そこまでの時間を彼らはサイト制作などで繋いでいたという。

ただ、サービス開始から2年程経過したころ、喜氏は当時の技術者と仲違いを経験する。突如として取り残された喜氏は、自分が触ることすらできない15台のサーバーに不安を覚えつつ「もう人任せにはできない」とある決断をした。それがプログラミングの本格的な勉強だ。ここから約2年に渡り、知人がやっている会社にインターンとして参加するなどして開発のノウハウを学んだそうだ。

Lang-8がユーザー数を伸ばした時期と、彼が成長した期間が重なっているのが興味深かった。

資金調達の壁

彼が今直面しているのが次の成長への手がかりとなる資金調達の壁だ。Lang-8は2009年にネットエイジの西川潔氏など4人の個人投資家から約1000万円のエンジェル投資を受けている。次の調達をするためには、ここからの大きな成長を証明しなければならない。

そしてその鍵となるのがスマートフォンへの対応だ。競合となるbusuuはiPhoneアプリで一気に成長し、1900万人というユーザーを獲得している。一方Lang-8はユーザー数では大きく及ばないものの、ソーシャルネットワークとしての立ち位置は独特で、ここにスマートフォン対応が加われば十分に対抗できると考えているのだそうだ。

またもう一つ重要なポイントがマネタイズだ。喜氏はサービスの中心となる添削をうまくコントロールするアイデアをいくつか教えてくれた。例えばユーザー同士であれば添削してくれるかどうかはユーザー次第ということになってしまう。英語の添削で6割、他の言語で8割は添削してくれるというのだが、これを有料で確実に添削する、というものだ。シンプルな方法だがユーザーがそれを求めている以上、堅実な方法ではないだろうか。

やり続ける

学生起業に始まって約6年、50万人というコミュニティを育てた喜氏の歩んだ道のりは決して派手ではなく、どちらかというと地味なものだろう。成長スピードも、近年大きく爆発しているソーシャルゲームやチャットに比較すれば、投資家にとって魅力に欠ける部分もあるかもしれない。

ユーザー獲得の推移をみても、途中いくらでも諦めておかしくない時期があったはずだ。喜氏は「可能性を感じてるんです。だからやり続けられるんです」と粘り強くサービスを続ける理由をこう語る。またそんな彼を気に入って、現在数人の起業家がメンターとしてサポートしており、メンバーもこれから数人に増える予定なのだという。

可能性を信じてやり続けるーーこのシンプルな意識の先に、サービスの大きな成長が待っていることを期待したい。

----------[AD]----------