BRIDGE

タグ hinative

月間1,000万人利用のグローバルサービス作りでやった、“たったひとつのこと”

SHARE:

HiNativeのウェブMAUが1,000万人を超えました。 このサービスは、全世界のネイティブスピーカーが言語や文化に関する質問をして、お互いに教え合うQ&Aサービスです。一貫して本気でグローバルなサービスを目指しており、登録ユーザーの97%が日本以外からの登録です。結論から言うと、そこまで複雑なことはやっていません。 グローバルにスケールすることだけをやる。 本当にこれだけを追求した結…

1000万MAU-b

HiNativeのウェブMAUが1,000万人を超えました。

このサービスは、全世界のネイティブスピーカーが言語や文化に関する質問をして、お互いに教え合うQ&Aサービスです。一貫して本気でグローバルなサービスを目指しており、登録ユーザーの97%が日本以外からの登録です。結論から言うと、そこまで複雑なことはやっていません。

グローバルにスケールすることだけをやる。

本当にこれだけを追求した結果、2014年11月の公開から約5年で1,000万人の大台に到達しました。せっかくのタイミングでもあるので、本稿ではこれまでの振り返りも兼ねて、私たちが辿った道のりをみなさんに共有してみようと思います。

ここに至るまで

logo.png
Lang-8はソーシャル語学学習プラットフォームとしてスタートした

当社は創業が2007年でして、昨今増えてきた「スタートアップ」という方々の中でも古株になってきました。最初は社名でもあるLang-8というサービスを京都でやっていたのですが(2007年から2012年)その時は僕入れて2人でした。当時の課題は実行力で、やりたいことがあって実装しようにも前に進まない状態です。

さらに唯一のエンジニアが抜けて、やっぱり自分で実装できないと前に進まないなと感じ、自分でプログラミングを学びました。その間もサービスは動いているので、例えるなら飛行機の中で操縦席に誰もいないけど、墜落する前にマニュアルを読んで操縦できるようにならないといけない、という結構アレな状態でした。

このタイミングで勉強してなかったら、今はなかったなと思います。勉強の時間を取ることを後押しして下さった当時の(もちろん今もいますが)株主の方々に感謝です。

僕は23歳の起業です。5年ほど経った2012年の年末に一人で東京に拠点を移し、気付いたら20代が終わっていました。これは根本的にやり方変えないとあっという間に人生が終わってしまうなと思ったので、レバレッジかけてスピードを上げようとして、初めて、サイバーエージェント・キャピタル(※当時はサイバーエージェント・ベンチャーズ)さんから資金調達をすることになります。

ここからがいわゆる、本格的なスタートアップとしての事業開始です。

ただ、当時をご存知の方であれば分かると思いますが、2007年からの数年間、資金調達環境は今と全く異なっていて、3,000万円で大ニュース、1億円の調達など意味不明な感じです。そういう時代背景もあってか、事業投資の踏み込みも恐る恐るになってしまい、数千万を使い切るのに約3年かけてしまったのは今でも反省してます。

HiNativeが目指す未来

Screenshot 2019-12-19 at 9.07.31 AM.png
それぞれの母国語を交えたQ&Aが特徴

HiNativeは当社が運営する2つ目のサービスです。

どういうサービスかというと、UberやAirbnbのようなプラットフォームだと思っています。Uberは乗客と運転手をマッチングし、Airbnbが宿泊客と部屋主をマッチングしているように、HiNativeは世界中のネイティブスピーカーをマッチングしています。もちろん、トランザクション毎に課金が発生するわけではないので、ビジネスモデルは全然違います。

質問を通して地球上のどこかの誰かがマッチングし、外国語や海外の文化等に関するあらゆる疑問を質問したり、検索したりすることで解決する場を目指しています。

将来的には例えば「法律に詳しいフランス語ネイティブスピーカー」など、ただ単にネイティブスピーカーに質問できるだけでなく、様々な専門知識やバックグラウンドの方に答えてもらえるようにすることで、より精度の高い回答が期待できると思います。こういったこともいうのもプラットフォームの大きな価値の一つです。

また、こうやって溜まったデータを活かして自動翻訳、発音の自動添削、音声の自動訂正などもやっていきたいと思っています。話者が英語ほど多くない言語でも沢山データを溜められるのは強みです。

どこまで拡大するのか

 

Screenshot 2019-12-19 at 9.12.02 AM.png
グローバルで利用されるプログラミングQ&A「StackOverFlow」

プログラミングのQ&Aサービスに「StackOverFlow」があります。現在、このサービスは月間のアクティブユーザーベースで1億人が利用しているそうです。プログラミングと言語・文化はテーマが異なりますが、どちらの範囲が広いか、という視点で考えれば十分これを超える可能性があると考えてます。

これも日本語だけで考えれば無理です。

さらに言えば、英語だけではなく113言語の情報を全世界の方々に提供し、住んでいる場所や環境に関係なく世界中どこにいても異なる語学や文化を学習できる環境づくりに貢献しなければ達成はできないと考えています。

冒頭でもお伝えしたとおり、とにかく全てにおいて、グローバルにスケールすることだけを考えてやってきました。例えば売上が欲しいからといって、日本だけでしか通用しない営業などは「やらないリストに入れる」という具合です。

日本は沢山ある国のうちの1つ、というスタンスも意識しました。

例えば社内で来年の東京オリンピックを、マーケティング関係でことさら気にしている人はいません。理由は日本以外でも4年に1回あるからです。これらは会社のバリューにも書いてあることで、結構浸透しています。大変なことも多いですがこれを徹底したからこそ、スケールしつつあると感じています。

“世界中のネイティブスピーカーの知と経験の共有”

これが会社のビジョンです。

こうやって全世界の人たちに利用してもらえるようになると、さらにスケールさせたいという気持ちが湧いてきます。まだまだ社員数14人ほどの小さな会社ですが、やっとグローバルを作れそうな手応えが出てきました。

ちなみに昨年は大型調達したというプレッシャーから、かなり高速でPDCAを回した結果、数字の成長と引き換えに、組織がぐちゃぐちゃになってしまいました。今はメンバーの協力もあって、そこから回復し、創業以来もっともコンディションがよいです。本当に優秀且つ人柄の良いメンバーには心から感謝しています。

本当にグローバルで勝ち抜く。

貫くべきことはシンプルです。一方、それを支えるためにすべきことは本当に多いと思います。12年も経営をやっていますが、まだまだ学ぶべきことは多いです。私のこの振り返りがなにかの参考になれば幸いです。

本稿はネイティブスピーカーQ&A「HiNative」運営するLang-8の代表取締役、喜洋洋氏によるもの。Twitterアカウントは@yang8。彼らの事業や採用に興味がある方、彼らとの取り組みを希望する企業はこちらからコンタクトされたい

----------[AD]----------

ネイティブスピーカーQ&A「HiNative」のMAUが1,000万人突破

SHARE:

ネイティブスピーカーQ&Aの「HiNative」を運営するLang-8は12月19日、MAU(月間アクティブユーザー)の数が1,000万人を突破したことを公表した。2019年11月12日から12月12日の31日間のウェブサービスへのアクセス数の合計で、アプリは含まない。 HiNativeはネイティブスピーカーがお互いの言語や文化を教え合うQ&Aアプリ。世界232カ国で利用され、113の言語…

1000万MAU-b.jpg
HiNativeのMAU成長グラフ(提供:Lang-8)

ネイティブスピーカーQ&Aの「HiNative」を運営するLang-8は12月19日、MAU(月間アクティブユーザー)の数が1,000万人を突破したことを公表した。2019年11月12日から12月12日の31日間のウェブサービスへのアクセス数の合計で、アプリは含まない。

HiNativeはネイティブスピーカーがお互いの言語や文化を教え合うQ&Aアプリ。世界232カ国で利用され、113の言語でやりとりされている。2014年11月公開で、現在の登録アカウントユーザー数は500万人。Googleのベストアプリ賞も受賞している。

2.png
HiNativeのユーザー分布図(提供:Lang-8)

同社によると、全世界で引き続き拡大しているグローバル化の影響で、言語や文化を学びたいという人たちが増加しているのが背景にあるという。特に英語のみではなく、それぞれの母国語でも参加できることがユーザー心理に影響した。また、ユーザーの獲得にYouTubeを中心に活躍するインフルエンサーを登用することで、マーケティング活動に成功したことも要因のひとつとしている。

MAUはこれまで2017年に346万人、昨年は483万人と成長しており、今年はその倍となる1000万人を獲得。同社は今後、質問や回答数を増やすなどしてさらなるユーザー獲得を目指し、2020年の3000万人の利用を見込む。

----------[AD]----------

ネイティブスピーカーQ&A「HiNative」が6.5億円調達、登録利用者数は2年で17倍の340万人に

SHARE:

ネイティブスピーカーのQ&Aアプリ「HiNative」を運営するLang-8(ランゲート)は9月10日、第三者割当による増資を公表した。引受先になったのはYJキャピタル、大和企業投資、FFGベンチャービジネスパートナーズの3社と個人投資家の千葉功太郎氏。調達した資金は合計で6億5000万円。払い込みは今年8月に完了しており、出資比率などのその他詳細は非公開。 HiNativeの登録ユーザー…

IMG_2084.jpg
恵比寿に移転した新オフィスにて/Lang-8 代表取締役の喜洋洋氏

ネイティブスピーカーのQ&Aアプリ「HiNative」を運営するLang-8(ランゲート)は9月10日、第三者割当による増資を公表した。引受先になったのはYJキャピタル、大和企業投資、FFGベンチャービジネスパートナーズの3社と個人投資家の千葉功太郎氏。調達した資金は合計で6億5000万円。払い込みは今年8月に完了しており、出資比率などのその他詳細は非公開。

HiNativeの登録ユーザー数は2018年8月時点で341万人。これは2年前に同社を取材した際の17倍近くになる。Lang-8代表取締役の喜洋洋氏の話では、現在の質問数は854万件でそれに対する回答数は2776万件に到達している。こちらも2年前に比較してそれぞれ10倍近くの成長を遂げている。

<参考記事>

Stack OverflowやYahoo!知恵袋のように、回答結果をオープンに提供しているQ&Aサービスの場合、その場ですぐに回答してくれる「フロー体験」と、オンデマンドに自分の悩みに近い回答が検索でヒットする「ストック体験」の両方で利便性や心地よさが求められる。

例えば筆者も英語での言い回しを検索することがあるのだが、その際にはスカイプ英会話サービスなどのオウンドコンテンツが出てくることが多い。HiNativeの場合は検索結果をオープンにしているので、ここでのアクセスが各国で目立ち始めるのがひとつのマイルストーンになるだろう。この指標になるウェブでのアクセスは、ユニークユーザーベースで約月間600万人ほどという話だった。

対応している言語数も110言語240地域と幅広く、フローでの回答体験も速い場合には数分以内にレスがつくようになっている。平均しても1時間以内になんらか回答がやってくるようにコミュニティを育てたそうで、この辺りはLang-8で培ったノウハウが役に立っているという。今回調達した資金で同社はさらに海外利用率を高めるため、現在10名ほどの運営・開発体制の強化およびマーケティング活動をさらに推進する。

----------[AD]----------

語学学習Q&Aアプリ「HiNative」運営が2億円の資金調達、2017年末の250万ユーザー獲得を目指す

SHARE:

語学学習Q&Aアプリ「HiNative」を運営するLang-8は10月5日、京都大学イノベーションキャピタル、East Ventures、ディー・エヌ・エーの3社および個人投資家の千葉功太郎氏と元Zynga共同創業者のJustin Waldron氏ら、個人投資家数名を引受先とした第三者割当増資を実施したことを公表した。調達した資金は総額で2億円、株式比率や払込日などの詳細は非公開。 同社の…

imgp1687
Lang-8 代表取締役の喜洋洋氏

語学学習Q&Aアプリ「HiNative」を運営するLang-8は10月5日、京都大学イノベーションキャピタル、East Ventures、ディー・エヌ・エーの3社および個人投資家の千葉功太郎氏と元Zynga共同創業者のJustin Waldron氏ら、個人投資家数名を引受先とした第三者割当増資を実施したことを公表した。調達した資金は総額で2億円、株式比率や払込日などの詳細は非公開。

同社の運営するHiNativeは2014年11月の公開以降、じわじわとユーザーを掴み、2016年7月末には登録ユーザー数で約20万人に到達。「年内の50万人という数字が見えてきた」と以前の取材で同社代表取締役の喜洋洋氏は本誌取材に答えていた。

また、Q&Aサービスに重要な質問と回答数については、9月末時点で質問数が96万件、回答数は340万件となっている。対応言語数は120言語でほぼ全ての国からアクセスがあるという。同社では今回調達した資金で開発体制の強化およびマーケティング施策の推進を実施し、2017年末の250万ユーザー獲得を目指す。

さて記述の通り、前回取材時に「ようやく成長の波を掴んだ」と語った喜氏が順当に次のステージに駒を進めた。ある程度の成長検証は見えたとして、ユーザー数の獲得と同時にリテンションの質を向上させたいと語る。

「やっぱり同時接続数が多ければ多いほど全ての数値が良い状態になるので、まずはユーザーの数を頑張って獲得していきます。それと特にここ半年間でやりたいのが回答のスピードをもっと早くすることで、平均5分ぐらいで回答が出てくるようになれば、ユーザーの体験もすごく良くなるのでそこに注力してきたいと思っています」(喜氏)。

また、喜氏は学生起業家として2007年にデビューして以来、語学学習のソーシャルネットワークをずっと運営し続けてきたが、なかなか突破口を見いだすことができず、長年苦労してきた。今回の彼にとって初めてとなる大型調達で体制もようやく強化することができそうだ。

「今まで5人だったメンバーを全体で10人ぐらいにまでしたいと考えています。特にエンジニアはiOSとAndroidで一人ずつ、デザイナーもそこに一人っていう状態なので、そこはさらに強化していきたいです。あと、未だにウェブの開発は自分が手を動かしているのでさすがそこは引き継ぎたいなと」(喜氏)。

ビジネスデベロップメントについては彼らのビッグヒットを引き寄せたYouTuberマーケティングの施策や、喜氏の経営的なサポートをしてくれるCOO的な位置づけの人材を探すそうだ。

まずは事業安定の目処として200万ユーザー突破を目指す喜氏。HiNativeで蓄積された語学学習のコンテンツをStack Overflow的にオープンに公開するような展開で検索流入についても意識したいと語っていた。

----------[AD]----------

年内50万人ユーザーも見えた急成長の語学学習Q&Aアプリ「HiNative」、その成長の要因とは

SHARE:

2014年11月に公開された語学学習Q&Aアプリの「HiNative」については時折その状況をお伝えしてきたが、ついに大きな波をつかんだらしい。急激にサービスが伸びているという話を聞いて運営するLang-8代表取締役の喜洋洋氏に聞いたところ、会員登録数ベースで月末には20万人、年内の50万人が見えてきたそうだ。 結論から言うときっかけはYouTuberの起用、つまりは広告投下だったらしい。…

hinative003
HiNativeの伸び/資料提供:Lang-8

2014年11月に公開された語学学習Q&Aアプリの「HiNative」については時折その状況をお伝えしてきたが、ついに大きな波をつかんだらしい。急激にサービスが伸びているという話を聞いて運営するLang-8代表取締役の喜洋洋氏に聞いたところ、会員登録数ベースで月末には20万人、年内の50万人が見えてきたそうだ。

結論から言うときっかけはYouTuberの起用、つまりは広告投下だったらしい。しかしこれが非常に再現性のあるループを生み出したという。喜氏はその裏側をこう説明してくれた。

「メルカリなどと同じでバランスなんです。質問する人と教えてくれる人が一定のバランスで混在して入れ替わる。最初はYouTuberに広げてもらったんですが、ユーザー数が増えると回答してくれる人が増えて、だったらと質問してくれる人も増えた。こういうループが回ることで課金してる人の継続率も大幅に向上しました」(喜氏)。

hinative001
HiNativeの伸び/資料提供:Lang-8

喜氏の説明ではYouTuberでの獲得は単価も数十円レベルと広告投下しやすく、またマーケティングエリアを選択できることもあって利用ユーザーはアメリカがトップ、ついで日本、台湾など各国にバランスよく広がっているのだという。

ただこの辺りのノウハウはこれまでの運営で積み上げた部分が大きく、単純にインフルエンサーマーケティングの会社に丸投げというわけではなさそうだ。

語学学習アプリではDuolingoが億単位のダウンロード数を誇るなど、世界中の語学学習マーケットは広い。喜氏は今後数年で1000万人の登録利用ユーザー数獲得を目指すとしていた。

また、マネタイズについても、HiNativeの課金(課金すると回答して欲しい質問が上位表示される)だけでなく、今年開始したプロの回答サービス「HiNative Trek」と合わせてビジネスを積み上げていくということだった。

----------[AD]----------

回答数は10倍の28万件に到達、成長中の英会話Q&A「HiNative」 #bdash

SHARE:

本稿は、B Dash Camp 2015 Spring in Fukuokaの取材の一部。 ちょっとした英語の言い回しをネイティブスピーカーに尋ねることのできるQ&Aコミュニティ「HiNative」が順調に成長しているらしい。Lang8代表取締役の喜洋洋氏が現在福岡で開催中のB Dash Campの会場で教えてくれた。 HiNativeについては以前、iOSアプリ公開時に書いているのでこち…

IMGP2987

本稿は、B Dash Camp 2015 Spring in Fukuokaの取材の一部。

ちょっとした英語の言い回しをネイティブスピーカーに尋ねることのできるQ&Aコミュニティ「HiNative」が順調に成長しているらしい。Lang8代表取締役の喜洋洋氏が現在福岡で開催中のB Dash Campの会場で教えてくれた。

HiNativeについては以前、iOSアプリ公開時に書いているのでこちらを参考にしてほしい。なお英語圏ユーザーとそうでない人の比率を適正に保つため、日本からのダウンロードができないようになっており、引き続き日本からはウェブのみの利用となる。

参考記事:英語は「教えて学ぶ」ーーLang8の新サービス「HiNative」がアプリ公開で1万ユーザーに到達 

喜氏の話では、現在会員数は3万人、質問数は8万件以上、回答数はiOSアプリ公開時から比べて10倍の28万件に伸びているということだった。また、国別では中国ユーザーの増加が強く、次いでアメリカ、ブラジルとなっている。

hinative.001

「HiNativeはリテンションの改善に集中しており、ここ3カ月ほどそれをやって来ましたが、かなり良い数値が出ています。また最近リリースした、発音とかをネィティブに直してもらえる音声機能が人気です」(喜氏)。

ビジネスについても聞いてみた。彼が手がけたLang8はややこの部分で苦しんでいたように思う。

「Lang-8は(ビジネスの)問題をクリア出来なかったというより、継続的な改善が出来ていませんでした。HiNativeは有料サービスをいくつか考えており、夏頃から一つ目の有料サービスの提供予定です。Lang-8と違い、早め早めに導入していきます。

また、Lang-8も有料サービス導入直後は、MAUの何%が有料会員、と出ていて、HiNativeはMAUがLang-8より非常に高く、一番難しいところをクリアしたので、この辺りは期待が持てます」(喜氏)。

2020年の東京オリンピックでは海外から大量の来客があるということで、観光産業を筆頭に、言語の課題をクリアする絶好のチャンスと見られている。喜氏もその頃にはリアルタイムで言語や文化の課題を解決したいと語っていた。

----------[AD]----------

英語は「教えて学ぶ」ーーLang8の新サービス「HiNative」がアプリ公開で1万ユーザーに到達

SHARE:

日本で外国語を習得するのは本当に骨が折れる。理由は簡単、周りに話す人が少ないからだ。 私の拙い海外経験でもアジア圏の友人は中国、韓国、シンガポール、どこでもスムーズに英会話をしてくる。私も四苦八苦してようやく日常会話の「下」ぐらいはできるようになったが、やはり一番学習できたと感じたのは滞在時だったと思う。 私の英語スキルのカミングアウトはさておき、一番困るのはボキャブラリの部分、特にその表現が本当…

hinative

日本で外国語を習得するのは本当に骨が折れる。理由は簡単、周りに話す人が少ないからだ。

私の拙い海外経験でもアジア圏の友人は中国、韓国、シンガポール、どこでもスムーズに英会話をしてくる。私も四苦八苦してようやく日常会話の「下」ぐらいはできるようになったが、やはり一番学習できたと感じたのは滞在時だったと思う。

私の英語スキルのカミングアウトはさておき、一番困るのはボキャブラリの部分、特にその表現が本当に使われているのかどうか、という部分かもしれない。いくら単語帳アプリで暗記したとして、本当に使って良い表現なのかどうかわからないことが多いのだ。特にアジア系の方と会話するとき、お互い第二言語だったりするので、難しい表現は間違いなく会話をややこしくする。

そんな時、ちょっとした表現をネイティブスピーカーに聞けるサービスをLang8が公開している。「HiNative」というもので、2月頃からウェブ版をテスト、10月の中旬にiOSアプリを公開し、最近ではPCからもウェブ版(インターフェースはモバイル)を利用できるようになっている。

利用は無料で、ソーシャルアカウントなどを持っていれば登録はすぐに終わる。但し、残念ながら日本からはアプリを使うことができない。ユーザーはこれまでに1万人を獲得しているが、そのうち半数は10月中旬にアプリを公開して以降の登録者で、Lang8代表取締役の喜洋洋氏によれば、アメリカ、中国、ブラジル、イギリスの順で多いという状況になっているということだった。サービスの概要は上記の動画を見れば分かるだろう。

ユーザーは自分の言語圏、学習したい言語などの情報を登録し、Q&A形式で質問したい項目を登録する。そうすれば登録している他の海外ユーザーがその質問に答えてくれる。Lang8を知ってる人であれば、これが同じコンセプトで作られていることがよく分かるだろう。

IMG_0171IMG_0172

例えば日本人がある表現をどのように言った方が自然なのかを聞いた場合、ネイティブスピーカーや英語に精通したユーザーがこんな風に教えてくれている

また、海外言語圏のユーザーに答えてあげるのも学習機会として使える。おそらくこのシチュエーションは外国圏の方が来日して全く読めなかったのだろう。写真を撮影して他のユーザーに聞いている。こういうコミュニティ的な要素も使っていて楽しいし普段から英語を使う機会にもなる。そう、普段から使うことこそがやはり大切なのだ。

IMG_0173IMG_0174

残念なのは日本からはアプリをダウンロードできないことだ。喜氏には何度も聞いたのだが、現在は海外向けにしかアプリ公開していない。理由はユーザーバランスだ。

日本ユーザーは英語学習に対して極端に旺盛な興味を示すらしく、一度に多くのユーザーを流し込んでしまうと、日本語での質問が増えすぎてしまう傾向にあるという。結果として海外ユーザーはこれが日本語だらけのサービスに映ってしまい、参加する気持ちを萎えさせる。もちろんそうなると回答も返ってこなくなってしまう。

これは私たちがびっしりと中国語だらけのサービスにログインしにくいのと理屈は似てるかもしれない。海外圏から日本語だらけのコミュニティに参加するのはかなり勇気のいることなのだ。

yangyang
Lang8代表取締役の喜洋洋氏

英会話サービスに関しては古くからの英会話教室もあるし、最近ではSkype英会話も安価で手軽だ。しかし両方ともやってみるとわかるが時間という物理的な拘束が発生する。オンデマンドで学習サービスといえば、英単語やディクテーションなど、ボキャブラリや文法にフォーカスしたものが多い。英会話アプリとなると私たちの記事で反響の大きかったOK Pandaがあるが、これもユニークな質問に答えてくれる、というものではない。あくまでカリキュラムがベースだ。

そう考えるとこのHiNativeはかなりユニークなポジションを獲得できる可能性があると思う。しかし、前述の通り、ユーザー獲得の段階でもう少しアイデアがあればという気持ちにさせる。ちなみにストレートに英語学習者を獲得したOK Pandaは約8カ月で45万人の獲得に成功している。もちろん、サービスの方向性などが違うので比較は難しいが、市場性を考えると大変惜しい。

大変よいサービスなだけに、この課題をクリアして世界中にHiNativeのコミュニティを拡大していって欲しい。

----------[AD]----------