BRIDGE

タグ Leap Motion

Leap Motion、Appleとの買収交渉を二度にわたって台無しに

SHARE:

AR・VRスタートアップの Leap Motion は、業務とゲームの両方で使える、紛れもなく「アメイジングな」ハンドトラッキングハードウェアを開発していた。しかし、Business Insider の新しいレポートによると、同社のビジネス感覚は必ずしも鋭いわけではないようだ。Leap Motion は過去5年にわたり、Apple からの2度の買収提案を台無しにしてきた。その理由は完全には定かでは…

leap-motion-2
VR のハンドトラッキングを実演する Leap Motion 設立者 David Holz 氏
Image Credit: Dean Takahashi

AR・VRスタートアップの Leap Motion は、業務とゲームの両方で使える、紛れもなくアメイジングな」ハンドトラッキングハードウェアを開発していた。しかし、Business Insider の新しいレポートによると、同社のビジネス感覚は必ずしも鋭いわけではないようだ。Leap Motion は過去5年にわたり、Apple からの2度の買収提案を台無しにしてきた。その理由は完全には定かではないが、重役の非現実的な期待が原因とも言われている。

レポートによると、Apple が買収について話し合うために、初めて Leap Motion の共同設立者である Michael Buckwald 氏と David Holz 氏に会ったのは2013年のことである。この会談では、買収によって Apple の新しい複合現実に対する取り組みを支援するための見通しについて話し合われた。非常に珍しいケースを除いて、Apple は通常買収した企業、企業内のチームとプロジェクトを取り込んで自社の一部にする。

Apple は Leap Motion の買収でも同じようにするつもりだったようだ。クパチーノに拠点を置く Apple は、Leap Motion のチームと従業員、知的財産を買うつもりだったが、Leap Motion の重要なアクセサリーには興味がなかった。それは価格が80米ドルで、複雑な手の動きをコンピュータが理解できるジェスチャー入力に変換するボックスである。Leap Motion のデバイスがあれば、手と指の動きを VR 企業やゲーム業界で活用できることは明らかだ。

Holz 氏は Apple の提案に興味を示さなかったようだと伝えられている。同氏はApple について「かつてのイノベーションを失い、テクノロジーも大したことはない」と語り、次いで Apple のライバルである Google のモバイルオペレーティングシステム Android を褒めたたえた。Leap Motion の元社員によると Holz 氏は実際に「あんな人たちとは二度と一緒に働きたくありません。彼らは悪魔のようです」と語っていたそうだ。そして買収は今回も失敗に終わった。

最初の試みが失敗に終わり、Leap Motion の財政面も不安定な兆しを見せ始めていた。Apple はそれでも同社に興味があることを伝え続けた。しかし取引には至らず、結局、AR 製品開発のために Leap Motion の従業員数名を雇うこととなった。Leap Motion では、ハンドトラッキングアクセサリーに続く製品として、North Star という奇妙な見た目の AR ヘッドセットを開発していた。AR コミュニティのイノベーションを活発化させるために、このヘッドセットはすぐにオープンソースとして公開された

今年の春も終わる頃、Apple は3,000万~5,000万米ドルを提示して再度 Leap Motion の買収を試みたようだ。そして正式な内定通知と福利厚生案を送るところまで来ていた。ところが、Leap Motion を過小評価していると設立者らが主張したことで、取引はまたしても「謎を残したままご破算」となった。

Leap Motion の評価額は最大で3億600万米ドルとされてきたが、投資家のパフォーマンス目標に到達できるだけの収益を上げられていない。ハンドトラッキングアクセサリーの市場は限られており、同社が開発した AR ヘッドセットの販売もまだ開始していない。レポートによると、ここ数ヶ月で複数の従業員が Leap Motion を退職し、家賃の高いサンフランシスコのオフィスも退去しているとのことである。同社は他社とミーティングを行い、取引の可能性を探っている。今後も独立を保てるのか、結局他社に買収されることになるのかは、同社のピーク時の評価額より低い価格でも買収を受け入れるかに大きくかかっている。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

オープンソースのVRプラットフォームの「OSVR」、モーションセンサーのLeap Motionを取り付けてハンドトラッキングすることも可能

SHARE:

<ピックアップ>Leap Motion will come embedded in Razer’s new OSVR headsets ゲームメーカーのRazerが、CES2015で発表した「OSVR」。そのOSVRは、オープンソースのVRのハードウェアとソフトウェアの統一プラットフォームとなっています。そのOSVRに準拠したVRヘッドセットとして「OSVR Hacker …

11062703_1648734705355044_7185337796595762720_o

<ピックアップ>Leap Motion will come embedded in Razer’s new OSVR headsets

ゲームメーカーのRazerが、CES2015で発表した「OSVR」。そのOSVRは、オープンソースのVRのハードウェアとソフトウェアの統一プラットフォームとなっています。そのOSVRに準拠したVRヘッドセットとして「OSVR Hacker Dev Kit」が展示されていました。

そんなOSVRに、Leap Motionを取り付けることができる、というニュースが入ってきました。Leap Motionと言えばモーションセンサーコントロールで、ジェスチャーなどでPC操作などが行えるもの。そんなLeap MotionをOSVRに取り付けることで、ハンドトラッキングによって手などの動きをVR上に取り込むことができるとのこと。

以前、Leap Motionが動画にあげていたデモ画面から、その様子は伝わるかもしれない。

OSVRは、5月から予約販売受付、6月から順次発送という状況です。Oculus Riftだけでなく、さまざまなプレイヤーがVRという新しい領域に展開し始めようとしています。

via masshable

ジェスチャーでPC操作を可能にする「Leap Motion」、CEOが語る2014年のアジア展開(ビデオインタビュー)

SHARE:

※この記事は英語で書かれた記事を日本語訳したものです。英語版の記事はコチラから。 先週、北京で開催された Global Mobile Internet Conference(GMIC)で、Leap Motion の共同創業者でCEOの Michael Buckwald にインタビューする機会を得た。多くの読者が知るように、Leap Motion はジェスチャーを使ったモーション・コントローラで、そ…

※この記事は英語で書かれた記事を日本語訳したものです。英語版の記事はコチラから

先週、北京で開催された Global Mobile Internet Conference(GMIC)で、Leap Motion の共同創業者でCEOの Michael Buckwald にインタビューする機会を得た。多くの読者が知るように、Leap Motion はジェスチャーを使ったモーション・コントローラで、そのセンサー上の空間でジェスチャーすることで、ユーザはコンピュータと対話ができる。

2011年のローンチ以降、同社は数回のラウンドを通じて、総額4,400万ドルを資金調達している。ここ日本では、カディンチェCinemacraft のようなスタートアップが、Leap Motion を使って新しい方法に既に取り組み始めている。

Buckwald は、Leap Motion のプロダクトへの注文の約50%がアメリカからで、日本・中国・韓国からも多くの予約注文が入っていると説明してくれた。彼が GMIC に参加していた大きな理由の一つは、中国での信頼できる流通チャネルを確立することだ。

それぞれの国に合わせて、異なる市場アプローチを取っています。日本では、ソフトバンクやヨドバシカメラなどと提携し、彼らが想定顧客によりうまくリーチするよう、流通チャネルを築いていくことを期待しています。韓国にも数社のパートナーがいますが、日本でやっているよりも、よりダイレクトなアプローチ手法を取っています。中国では、今のところ明確な形でのパートナーシップはどの企業との間にも存在しませんが、我々のプロダクトを露出させる方法を見つけることが重要だと考えています。

Leap Motion の SDK を使ったアプリの開発をサードパーティー・デベロッパに促すべく、同社はデベロッパがアプリを公開できる AirSpace というアプリマーケットを開設している。Buckwald によれば、このアプリマーケットには現在約200のアプリが公開されており、その約50%は有料アプリで、ダウンロード上位にはゲームアプリが多くランクインしている。

同社はサンフランシスコで LEAP.AXLR8R というインキュベーション・プログラムを立ち上げており(言うまでもなく、中国・深圳の HAXLR8R との協業による)、ここではスタートアップ数社が Leap Motion を使ったアプリの開発に勤しんでいる。このプログラムから生まれる最初のクラスが、数ヶ月後には卒業する見込みだ。

世界中の都市では、同社のデベロッパ・コミュニティによって、多くの非公式のミートアップが開催されている。Buckwald はこのような活動が、Leap Motion デバイスを取り巻くユーザ/デベロッパのエコシステムの確立に一役買うことを期待している。