BRIDGE

タグ Apple

AppleがアップデートしたARKit3.5リリース、シーンジオメトリAPIとLiDAR機能追加

SHARE:

Appleの拡張現実開発ツールセット「ARKit」は、ここ数年の間に何度か大きなアップデートを受けており、最近では昨年のWWDCにてARKit 3で主要なARシーン合成ツールが追加された。2020年版iPad Proの正式リリースを目前に控え、Appleは3月24日、ARKitをバージョン3.5にアップデートし、タブレットのライダーセンサー機能を活用する機能を追加した。 ARKit 3.5では、ラ…

arkit35
Image Credit: Apple

Appleの拡張現実開発ツールセット「ARKit」は、ここ数年の間に何度か大きなアップデートを受けており、最近では昨年のWWDCにてARKit 3で主要なARシーン合成ツールが追加された。2020年版iPad Proの正式リリースを目前に控え、Appleは3月24日、ARKitをバージョン3.5にアップデートし、タブレットのライダーセンサー機能を活用する機能を追加した。

ARKit 3.5では、ライダスキャナを使って空間の3Dマップを作成し、床、壁、天井、窓、ドア、座席を区別するための新しいシーンジオメトリAPIが追加された。スキャナは、最大5mの距離でオブジェクトの長さ、幅、奥行きを素早く測定することができ、ユーザーは、オブジェクトのオクルージョンに使用できるデジタルファクシミリを素早く作成することができるようになった。

たとえばオブジェクトの背後にデジタルオブジェクトが部分的にシーンに溶け込んで見えるようにする。「Instant AR」に対応しているため、ユーザーがタブレットを振り回したりするなどしてカメラに空間を感知させなくても、デジタルオブジェクトを自動的に空間内に配置することができる。

またAppleは、バージョン3.5でARKitのモーションキャプチャとピーポーオキュリュージョンを改善し、人の奥行きとモーションキャプチャの高さをより良く推定できるようになったと述べている。これまでのARKitは、iPhoneやiPadの2Dカメラを使った長さの測定において「十分」な性能を発揮していたが、ライダースキャナーを使うことでより正確な3軸測定が可能になり、コードを変更することなく、以前に開発したアプリに自動的に大きなメリットをもたらす。

ARKit 3.5は、Appleのサードパーティソフトウェア開発キットであるXcode 11.4の一部として、登録済み開発者向けに提供されている。Xcode 11.4は、iOSとiPadOS 13.4の最終バージョンが一般に公開された直後の3月24日にリリースされた。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

 

----------[AD]----------

6月開催のApple恒例「WWDC 2020」はオンライン開催へ、損失見込まれるサンノゼ地域には100万ドル寄付も

SHARE:

本稿は提携するVentureBeatの記事「Apple shifts WWDC 2020 to online, will livestream keynote and sessions」の抄訳になります Appleは自社が主催するイベント「Worldwide Developers Conference(WWDC)」を過去33年間で初めてオンライン開催することを発表した。(編集部注:原文掲載は現地時…

Image Credit: Apple

本稿は提携するVentureBeatの記事「Apple shifts WWDC 2020 to online, will livestream keynote and sessions」の抄訳になります

Appleは自社が主催するイベント「Worldwide Developers Conference(WWDC)」を過去33年間で初めてオンライン開催することを発表した。(編集部注:原文掲載は現地時間の3月13日)今まで同社はサンフランシスコ、サンノゼ、サンタクララのコンベンションセンターを毎年賑やかにしてきた実績を持つが、地元当局のCOVID-19対策要請を受け自粛を決定した。

「WWDC 2020は今までとは違った、革新的な方法で世界中の開発者と交流を図る機会となりそうです」と同社SVPのフィル・シラー氏は述べる。

「現在の世界的混乱を考えれば、WWDC 2020は既存の方式とは違った手段で開催するのが適切でしょう。もちろん、オンライン型となりますが基調講演セッションを始めとしたフルプログラムを変わらず提供していきます。これを機に、新しいコミュニティーエクスペリエンスの提供を目指していく所存です。詳細は数週間以内に発表します」。

カンファレンスの詳細については未だ明らかとなっていないことが多い。しかし、同社が新OSのベータ版を6月にローンチ準備を進めているのは明らかだ。同社SVPのCraig Federighi氏は以下のように述べる。

「新しいコードを開発者コミュニティーの皆さんの手元へ届けること、また、全く新しい方法で皆さんとコミュニケーションが取れることを楽しみにしています」。

Appleは、オフラインでのWWDC自粛に伴い損失が見込まれるサンノゼ地域に対し100万ドルの寄付を実施する。仮に6000枚のチケットが売れた場合、同社はチケット売買のみで1000万ドル弱の利益を生み出す。それでも開催に踏み込めなかったのは、カンファレンスまでにCOVID-19の混沌が収束する確信が得られなかったからだろう。

同社がWWDCの運営に変更を加えたのは今回が初めてではないが、オンライン開催にまで至るのは今回が初なのは明らかだ。

AppleはCOVID-19が世論を包み込む前から、開発者ニュースやイベント情報、ライブストリーミングなどの配信を公式アプリApple Developerより配信する準備を整えてきた(WWDC appから名称変更)。

同アプリ上では、開発者向けコンテンツの閲覧はもちろん依然と可能だが、基調講演などのコンテンツも同アプリから配信されることが予想される。これにより、WWDCで発表される可能性の高いとされる、今年後半にリリース予定のmacOS、iOS、iPadOS、watchOS、tvOSについてもこの機会に情報を得ることができるだろう。

Appleは今後の予定についてはe-mail、Apple Developerアプリ、Apple Developerウェブサイトを通して通知するとする。カンファレンスに関する詳細は6月ごろまでに明らになるはずだ。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

----------[AD]----------

Appleがデプス(深度)マップカメラと機械学習を活用した「ARタッチ」検出の特許を取得

SHARE:

iPhoneとiPadを見れば明らかなように、Appleが現在出しているハードウェアの多くはスクリーンに対する指の触れ具合や、Macの場合はトラックパッドなど、直接的なタッチ入力を正確に検出することが非常に重要な要素となっている。 しかし、人々が仕事やエンターテインメントにおいてAR(拡張現実)に依存するようになると、物理的なタッチセンサーを持たないデジタルオブジェクトと相互に作用する必要が出てく…

apple3ddepth
Image Credit: Apple/USPTO

iPhoneとiPadを見れば明らかなように、Appleが現在出しているハードウェアの多くはスクリーンに対する指の触れ具合や、Macの場合はトラックパッドなど、直接的なタッチ入力を正確に検出することが非常に重要な要素となっている。

しかし、人々が仕事エンターテインメントにおいてAR(拡張現実)に依存するようになると、物理的なタッチセンサーを持たないデジタルオブジェクトと相互に作用する必要が出てくる。Appleは本日、デプス(深度)マップカメラと機械学習を使用してタッチを検出する重要な技術の特許を取得した。

特許標準によると、Appleの深度を基準にしたタッチ検出システムは非常にシンプルだ。複数の外部カメラが現実世界で連携し、タッチ可能な表面から指などのオブジェクトまでの距離を測定し3Dデプスマップを作成。そして、オブジェクトがいつ表面にタッチするかを決定していく。この距離測定は、機械学習モデルによるタッチ入力を識別するためのトレーニングに一部依存することで、カメラの位置が変わっても使用できるように設計されている。

この技術を描いた図では、3つの外部カメラが連携して指の相対位置を決定することが示されている。これは、トリプルカメラを搭載したAppleのiPhone 11 Proモデルのユーザーにとってはある種なじみのある概念だ。

似たようなマルチカメラが、新しいiPad Proや専用のARグラスなど、将来のAppleデバイスに登場すると予測されている。単純にシーンをデプスマッピングしたり、機械学習のナレッジを適用することで指の位置を変えようとする意図を識別したりして、指入力を可能にする。

この技術を備えた将来のARグラスは、物理的なキーボードやトラックパッドの必要性を排除し、ユーザーが適切に操作できるデジタルバージョンに置き換わっていくだろう。また、ユーザーインターフェイスを壁などの他の表面に固定し、ARボタンにより特定の階だけで操作または持ち込める安全なエレベーターのような仕組みを構築する可能性も考えられる。

サニーベールに本拠を置くLejing Wang氏とDaniel Kurz氏らによって発明された技術に基づき、AppleのUS10,572,072の特許が本日(※原文掲載時点は現地時間2月25日)認められた。この特許は2017年9月末に最初に出願されたもので、Appleにとっては例外的に、技術を実際にテストした際の写真が含まれている。

これは、同社のARおよびデプスカメラの研究が、単なる理論上のものではないことを示す。 Apple CEOのティム・クック氏は、ARが今後の同社にとって主要なビジネスになることを示唆しており、レポートでは専用のApple ARグラスのリリースのさまざまなタイムテーブルを提示している。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

----------[AD]----------

なぜSiriは使われないのか?

SHARE:

最近、音声プロダクト開発に向けていろんな人に会わせていただきながら、ざっくりと音声アシスタント(Siri・Google Assisntant・Alexa)の利用状況を聞く機会が増えました。(※本記事は.HUMANS社が運営するメディア「 THE .HUMANS MAGAZINE」からの要約転載) 膨大なボリュームを調べていないため反論もあると思いますが、結論から言うとSiri(もしくはGoogle…

Screen Shot 2020-03-06 at 9.59.07 PM
Image Credit: Apple

最近、音声プロダクト開発に向けていろんな人に会わせていただきながら、ざっくりと音声アシスタント(Siri・Google Assisntant・Alexa)の利用状況を聞く機会が増えました。(※本記事は.HUMANS社が運営するメディア「 THE .HUMANS MAGAZINE」からの要約転載)

膨大なボリュームを調べていないため反論もあると思いますが、結論から言うとSiri(もしくはGoogle Assistant)を日常的に使う人はほとんど見当たりません、今のところ。

ここで言う「日常」とは、日々持ち歩くスマホやスマートイヤホン経由で音声アシスタントを少なくとも毎日、2〜3度以上は起動・利用するシチュエーションを指します。

肌感としては自宅でEchoシリーズを使っている方が5人に一人の割合、スマホの音声アシスタントを日常的に利用する人は数十人に一人くらい。ちなみにAlexaはスマホには進出していないため、自宅ユースケースが大半です。Google Assistantもスマートホーム文脈が比較的強いため、持ち歩き外出シーンではあまり使われていない印象でした。AppleのHome Podはほとんど普及していないため、Siriは完全にスマホ利用を想定しています。

日本と音声アシスタントの相性

pexels-photo-699122
Photo by Tyler Lastovich on Pexels.com

なぜ日常的にSiriやGoogle Assistantを使うユーザーにヒットできないのか。私が人を選んで会っていないという理由を除き(選ぶと市場の俯瞰的な定性データが集まらない)、2つほど仮説を立てました。

1つはお国柄。

まず音声アシスタントの利用シーンとして考えられるのは移動時間。しかし、日本(特に公共交通機関が発達した首都圏)では欧米のように、音声やオーディオサービスの価値が発揮されるプライベートが担保された自動車空間にいることがあまりありません。電車内で声を出すこともエチケット違反であると感じるため、使いところはないでしょう(この点、唯一タクシーや自転車移動を頻繁にされる方には刺さるかもしれませんが)。

加えて、タイピング文化が日本に追い風なのも特徴です。

フリック入力文化もあり、高速でGoogle検索できます。メッセージアプリもテキスト入力が比較的多いと思います(要検証項目ですが)。一方、中国ではタイピングフォーマットと言語がマッチしない理由から、音声メモを送り合う文化が形成されていると聞きました。欧米では先述したように、自動車空間に縛り付けられる拘束時間があるため、両手を使うテキスト入力が音声に代替されることに合点がいきます。

まとめると、「日本ではそもそも音声を発する場がない」「タイピング文化がフィットし過ぎている」が1つ目の仮説です。

逆に言えば次の3つのターゲットは1つ目の仮説を反証してくれると考えています。ただ、非常にニッチなのは否めないかもしれません。

  • 音声を発することにためらいをあまり感じない、デジタルネイティブな10代を中心とした「若者世代」
  • 比較的勝手に声を発しても許されるタクシー移動空間や、忙しなく仕事をして多量のタスクを処理する必要性に駆られている「ビジネスプロフェッショナル層」
  • プライベート空間が保たれ、常にパソコンを見つめながら作業をしてスマホを随時チェックする作業に多少の煩わしさを感じる「リモートワーカー層」

ボイスファースト時代の「コミュニケーション・キャズム」

pexels-photo-1647962
Photo by Valdemaras D. on Pexels.com

では、どうすれば音声アシスタントは使われるようになるのでしょうか。

そこで考えたいのが「コミュニケーション・キャズム」です。これは音声アシスタントの利用を多くの人が躊躇してしまう根本的なUX上の問題を指します。

従来のモバイルでは「アプリを開く→特定サービスを受ける」という導線でした。しかし、⾳声コマンドでは「要望を伝える→サービスを受ける」の導線へと変わります。つまり、サービス名やブランドに価値がなくなる世界観があるのです。これまでスマホ画面をタップしてサービスを指定していた習慣を変える必要があるので、ここでキャズムの概念が適応されるのです。

市場には、イノベーター(革新者)・アーリーアダプター(初期採用者)・アーリーマジョリティ(前期追随者)・レイトマジョリティ(後期追随者)・ラガード(遅滞者)の5タイプのユーザーがおり、順にプロダクトを利用するとされています。アーリーアダプターとアーリーマジョリティの間にある“崖”を超えれば、製品利用が爆発的に増える概念です。

スマホの音声アシスタント利用に関しては、イノベーター層は一定数存在すると踏んでいます。なんとかしてSiriやGoogle Homeの活用方法をハックして、自宅でEchoシリーズを使うように工夫する人がいるはず。もしくは音声メモをMessengerやSlack、LINEに頻繁に使ったり、私のように記事執筆の書き起こしに使う人がいるでしょう。

彼らはボイスファースト時代のサービス導線を自ら作る、学習コストの高いサービスを独自に工夫したりして自分なりの利用方法を開拓するイノベーターおよびアーリーアダプタ層「ProConsumer」です。

鶏と卵問題

pexels-photo-3781570
Photo by Andrea Piacquadio on Pexels.com

ProConsumerたちは音声の良さを最大限享受し、恩恵を受けています。しかし、私たちが使うほとんどのサービスがモバイルアプリ体験から⾳声体験へシフトができていないことから、キャズムを超えられていません、爆発的に音声の良さが伝わっていません。

ユーザーにとって⼊⼒やサービスが呼び出しが楽にも関わらず、なぜ⾏われていないのか?

もともと音声は人間が本来持つコミュニケーションであり、ストレスなく情報を入力・取得できるものであるはず。にも関わらず、なぜ体験シフトへ動かないのか?

答えは2つ挙げられます。1つは「鶏と卵の問題」。サービス開発者は市場からの強いニーズがあれば音声体験への最適化へ必然的に動きますが、未だに少数しか音声を使いこなせていません。この堂々巡りが市場を硬直させていると感じます。

ただ、一石を投じたのがAirPodsです。耳元にSiriを持ってきた高性能イヤホン「ヒアラブル」端末の急先鋒として市民権を得ています。AirPodsは硬直状態の市場を少しずつ動かすはずです。

シークレットクエスチョン

pexels-photo-132340
Photo by Burak K on Pexels.com

ここ数年で発生したハードウェアの進出・利用浸透でもなお、シフトが発生しないのはなぜか。それが2つ目の答え「シークレットクエスション」、つまり今は誰もが当たり前に受け入れている問題のことです。

PCからモバイルへと体験がシフトしただけで、インスタグラムやUberなど、潜在的な課題を解決する様々な巨大企業が誕生しました。シークレットクエスチョンにはそれほどのインパクトがあるのです。

何かしら大きな市場がキャズムの先にあるにも関わらず、私たちは未だに制限された音声体験を当たり前に受け止めています。長年使い続けた、生産性の低いタイピングでカバーしようと自然と考えてしまっています。これが私が考え、気付いたシークレットクエスションです。

将来的にFacebookやAppleが開発に注力するARグラス端末が増えれば、音声アシスタントを通じたコミュニケーション手法は主要UIとして採用される可能性が高いです。まさにSF映画のように、音声コマンドだけであらゆるサービスを利用できる環境が2020年代に整うかもしれません。

その下地をモバイルファースト時代に作っておくことで、戦略的に次世代ハードウェアが活躍する「Spatial Computing時代/ミラーワールドが実現された世界」へと打って出ていけると考えています。

本稿は次世代コンピューティング時代のコミュニケーションデザイン・カンパニー「.HUMANS」代表取締役、福家隆氏が手掛ける「 THE .HUMANS MAGAZINE」からの要約転載。Twitterアカウントは@takashifuke。同氏はBRIDGEにて長年コラムニストとして活動し、2020年に.HUMANS社を創業した

----------[AD]----------

Apple、マルチアングル再生を備えたAR/VRビデオ録画の特許を出願中

SHARE:

ゲーム、テレビ番組、映画、予告映像の解説のような、従来の2D映像のYouTubeストリームを視聴したことがあれば、ストリーム映像は視覚的にフラットであることがわかるだろう。ビデオの隅に人の顔を重ね、コメントが加えられることもある。 Appleは、こうしたAR/VRストリーミングのパラダイムに変革をもたらそうとしている。特許出願の公開により、AR/VR視聴者が自ら選んだ角度からストリーミングコンテン…

apple-iphone-sept-2018-homecourt-AR-e1581002164581

ゲーム、テレビ番組、映画、予告映像の解説のような、従来の2D映像のYouTubeストリームを視聴したことがあれば、ストリーム映像は視覚的にフラットであることがわかるだろう。ビデオの隅に人の顔を重ね、コメントが加えられることもある。

Appleは、こうしたAR/VRストリーミングのパラダイムに変革をもたらそうとしている。特許出願の公開により、AR/VR視聴者が自ら選んだ角度からストリーミングコンテンツを視聴できるよう、複数のストリーム映像を合成する取り組みを進めていることが明らかになった。

使用するテクノロジーは複雑だが、結果はかなり簡単に理解できる。Appleは、iPhoneやiPadのカメラによる2D映像のシーン内ポケモンなどの拡張コンテンツを合成するような、単一アングルからビデオとオーディオを記録する方法の代わりに、撮影者の視点からのデータと視聴者の体験を変えるためのタイムスタンプ付きデータの両方を、別々のストリームデータとして記録する。

ひとつの事例は、同じ3Dモデルと埋め込まれた固定オーディオによる情報を駆使し、MRヘッドセットの視点からシーンを適切に再現することで、視聴者が配信者と異なる角度からAR/VRコンテンツを体験することを可能にする。

別の実装では、視聴者自身が簡単に切り替えられる複数のアングルをそれぞれ記録する。またある事例では、ハードウェアの機能に応じて、温度・照明・その場にいる人間などの本来のシーンに存在した要素を、ストリームに持ち込んだり、ストリームから取り出したりすることもできる。

Appleが目指すゴールは、さまざまな方法で味わえる「リッチで」深みをもった、保存の簡単なAR/VRレコーディングを作成することだ。

一見ビデオのようではあるが参加すればインタラクティブなものに変化する。そうした合成コンテンツを受動的に再生する、ウェブプラグインになりうる可能性を秘めている。Appleの歴史上におけるインタラクティブなモバイル広告の観点から捉えてみると、ユーザーを広告に引き付ける手段、またはARゲーム実況のためのビデオ配信において次世代の進化になり得る。

これは本日2月6日に公開され、昨年8月に出願されていた特許出願であるため、技術展開のタイムラインはわからない。しかし、すでに報告されている同社のAR/VRヘッドセットに関する業務と連携するか、それより先にARを使って特定のApple Arcadeのタイトルをプレビューする新しい方法として実装されるのかもしれない。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

----------[AD]----------

Appleが5Gアンテナ自社開発と報道

SHARE:

ピックアップ: Exclusive: Apple is designing its own antenna for this year’s 5G iPhone ニュースサマリー: Fast Companyの報道によると、Appleは自社5Gアンテナの設計・開発に取り組んでいるという。AppleはQualcommから提供されたQTM 525ミリ波アンテナモジュールの採用を拒否。これは、Appleが新…

pexels-photo-3571093
Photo by Torsten Dettlaff on Pexels.com

ピックアップ: Exclusive: Apple is designing its own antenna for this year’s 5G iPhone

ニュースサマリー: Fast Companyの報道によると、Appleは自社5Gアンテナの設計・開発に取り組んでいるという。AppleはQualcommから提供されたQTM 525ミリ波アンテナモジュールの採用を拒否。これは、Appleが新型iPhoneに求めている洗練されたデザインに適合しないためである。

ただ、サムスンの新しいスマホ「Galaxy S20」でも使用されているSnapdragon X55の5Gモデムチップについては、秋に発表される可能性のある最新iPhoneへの提供は決まっているとのこと。

そのため、Qualcommモデムと自社アンテナの両方を使用する設計で開発を進めているという。とある情報筋によると、2020年後半に販売される次のiPhoneでは、デフォルトでこのオプションが設定される可能性があるという。

Appleにとっては難しい選択が迫られている。

同社はアンテナ設計があまり得意ではない。iPhone 4のアンテナ設計では、電話中に通信が落ちるケースが発生した。なかでも今回の5Gアンテナは非常に設計が困難。設計と製造にエラーの余地は残されていない。生産ラインから出るアンテナにわずかな欠陥があると、後で接続の問題が発生する可能性がある。

一方、戦略上ではAppleはQualcommへの依存度を下げたい思惑がある。Qualcommの部品および知的財産の使用に対するロイヤリティを支払う「二重支払い」のコストを削りたい意向があるからだ。2019年、両社の長年にわたる法廷紛争の基礎となる支払いフローを、訴訟問題にならない正しい形で脱したい考えである。

そこでAppleはIntelのモデム事業を買収していることもあり、今後リリースされるiPhoneでQualcommモデムを置き換えるため、独自の5Gモデム構築に多くのリソースを投入している。

計画は頻繁に変わるため、どこまで正確な情報になるかはわからない。ただ、少なくともAppleが最初の5Gデバイスのアンテナに対し、2つのオプションを持っていることは事実のようだ。なお、Appleは本件に関してコメントはしていない。

pexels-photo-788946
Photo by Plush Design Studio on Pexels.com

話題のポイント:Appleは既存製品ラインナップ「Macbook」「iPad」「iPhone」「AirPods」の他、忘れ物防止タグ「Tilt」ライクなIoT製品の開発、次世代ARグラス端末の開発が進行中であると噂があります。

どこまで実現されるかはわかりませんが、5G時代に向けてハードウェアの開発ラインを増強することは予想できます。そこで自社モデムおよびアンテナに一本化させることで製造コストを抑える戦略に打って出ていることが伺えます。自社開発にシフトすることで、性能向上のためのアップデートをより柔軟に行えるようになるはずでしょう。

5G時代ではハードウェアの通信安定性と速度が担保される必要があります。そこでAppleは、従来ネックとなっていたQualcommへの支払いコスト削減により、iPhoneの収益率を上げることも含め、同社が求める最高の通信環境構築を狙っているのでしょう。

今のうちにモデムから自社ラインへとシフトできれば、数年以内に販売されるであろうARグラスの開発コストを浮かせることも可能になるかもしれません。今回の報道を単なる開発関連ニュースと捉えるのではなく、Apple全体の収益を底上げし、5G時代に向けた端末インフラを整備する重要な一手となる認識を持つ必要がありそうです。

----------[AD]----------

生まれ変わったApple「Maps」の勝算は“プライバシーにあり”

SHARE:

ピックアップ:Apple Maps Got a Major Makeover ニュースサマリ:1月30日、Appleが自社地図アプリ「Maps」を大幅アップデートした。 アップデート内容は、アプリ基盤である地図データをライセンス契約からApple製のデータに切り替えたというもの。一見わかりにくいアップデートではあるが、地図データをリアルタイムに更新し続け、Appleが求める正確性を維持するのに大き…

image4
Photo by Armand Valendez from Pexels

ピックアップ:Apple Maps Got a Major Makeover

ニュースサマリ:1月30日、Appleが自社地図アプリ「Maps」を大幅アップデートした。

アップデート内容は、アプリ基盤である地図データをライセンス契約からApple製のデータに切り替えたというもの。一見わかりにくいアップデートではあるが、地図データをリアルタイムに更新し続け、Appleが求める正確性を維持するのに大きく貢献する。

さらに、昨年9月にiOS13でリリースされたお気に入りリストが作成できるコレクション機能、より進化したリアルタイム交通情報およびナビゲーション機能、地域限定だったGoogleストリートビューのような「Look Around」機能が追加された。現在、Apple製地図データは米国版のみ完成しており、ヨーロッパ版の完成は2020年の後半になる予定だ。

話題のポイント:今回のリリースは「Maps」のアップデートではありますが、地図を一から作り直しているため「生まれ変わり」と言えるでしょう。

2012年以降のMapsといえば、使いやすさ以前に、あまりにも地図情報が不正確だと有名でした。都市を間違えたり、町全体を自然公園と表示したり、酷いものでは農場を空港と表示していたりと、地図アプリとしてこれほど重大な欠陥はありません。

そのため、iPhoneのデフォルト地図アプリであるにも関わらず、Google Mapsの競合と認識している人は多くなかったと思います。

image3
Image Credit:The Amazing iOS 6 Maps (左図 Google Mapsで見たオレゴン州ポートランド、右図 Mapsで見た見たオレゴン州ポートランド)

もちろん年々改善が行われ、米国では目立った欠陥はなくなりました。欠陥を生み出した原因に立ち返ると、TomTom、OpenStreetMap、Weather Channelらとのライセンス契約に依存しすぎていた点があります。Appleのビジョンに基づいた機能とUXを実現するには不都合なことが多く、プロダクトの質を下げてしまっていた可能性があったのです

そこで自社製地図データをベースにして、足りないところを補う目的でライセンス契約とユーザー提供のデータを組み合わせることで、地図アプリの拡張をコントローラブルに変更しました。ちなみにGoogleも同様の方法で地図データを構築しています。

今回のニュースでは、2018年秋の北カリフォルニアを皮切りに、徐々に地図を切り替えていき米国全体を網羅したバージョンを発表しました。Mapsの初リリースから8年、ようやくスタート地点に立ったと言えます。

ezgif-3-704b8b279e57
Video Credit:Apple

今後、昨年のApple主催「WWDC 2019」で発表されていた「Look Around」などの新機能を使用できる地域が拡大していきます。機能面でGoogle Mapsと比較しても大きく違うのはAR機能、テーマ毎にオリジナルな地図を作れるマイプレイス機能ぐらいであり、コアな機能に差はなくなります。ただし、アルゴリズムで優位性を持つGoogle Mapsを凌駕したとは言えません。「限りなく近付いた」というのが妥当でしょう。

しかし、AppleのMapsにもGoogle Mapsに勝る強みがあります。それがプライバシー管理です。

地図アプリを展開するには「位置情報」が付き物ですが、GPSの精度が上がるにつれてより厳格な取り扱いが企業に求められてきます。Googleアカウントには、仮に本名や住所、クレジットカード情報などの機密性が高い情報を登録していなくても、趣味・嗜好データが詰まっています。いってみれば、Googleアカウントはデジタルの人格です。このデジタル人格と位置情報が紐付けされ、一企業が独占的に持っている状況を嫌う人は多いはずです。

image2
Image Credit:Apple「WWDC 2019」

ユーザーにとってGoogleアカウントと地図アプリが紐付いているメリットは大きくありません。あるとしたら、指定位置から自分にあった飲食店を優先して表示してくれたり、Google Maps上でタイムラインを見れる程度です。この点、Appleはプライバシー管理の仕組みで信用を勝ち取る意向を示しています。

具体的には、ユーザIDと位置情報を紐付けることはなく、Appleが位置情報のデータを所持することはしません。つまり、Apple端末に登録されている情報と位置情報が一致することはありません。

もちろん、プライバシー管理を厳格にする代わりに利便性が落ちては本末転倒です。そのため、今まで通りサードパーティーへ位置情報を共有できます。ただし一度許可したら継続して権限が渡させる仕組みではなく、位置情報が渡したいタイミング毎にユーザーが許可する仕様に変更されます。

Appleと同じ姿勢をGoogleが示す可能性は低いと予想できます。それはお互いのビジネスモデルの違いに起因しており、Googleは広告を売りたいのでユーザーがどんな人がどこにいるかが知りたいのに対して、Appleはデバイスを売りたいのでユーザーがどんな人でどこにいるかは気になりません

従来、地図アプリは便利であるもののGoogle Maps以外の選択肢がないため、自分自身のプライバシーを犠牲にしてでも使用する人が多かったと思います。同程度の価値があるMapsの存在は、プライバシーに敏感な人へ深く刺さる可能性が高いでしょう。

WWDC 2019でも語尾を強めて主張したプライバシーポリシー。それがまさにAppleの勝算になるのではないでしょうか。

----------[AD]----------

Appleの2020年第1四半期の収益は918億ドル、予想上回る

SHARE:

2019年のホリデーシーズン直前、iPhoneの価格を引き下げ、サブスクリプションを強化するために新しいサービスを立ち上げたAppleは、これまでで最も強力なホリデーシーズンの地位を確立した。 1月28日、同社は2020会計年度第1四半期の決算を発表し、下馬評を大きく覆した。同四半期売上高は918億ドルであった。ちなみに前年同期は844億ドル、2018年第1四半期は883億ドルであった。 Appl…

apple52-e1580243469261
Apple’s September 10, 2019 introduction of the iPhone 11 Pro.
Image Credit: Apple

2019年のホリデーシーズン直前、iPhone価格を引き下げサブスクリプションを強化するために新しいサービスを立ち上げたAppleは、これまでで最も強力なホリデーシーズンの地位を確立した。

1月28日、同社は2020会計年度第1四半期の決算を発表し、下馬評を大きく覆した。同四半期売上高は918億ドルであった。ちなみに前年同期は844億ドル、2018年第1四半期は883億ドルであった。

Appleは855億ドルから895億ドルの収益を予測したため、この大きな数字は特に重要となった。大きな問題を抱えた以前のホリデーパフォーマンスよりも優れており、2018年のホリデーシーズン同等以上のものとなる。米中貿易紛争や通貨為替レートの関税影響などの不確実性があるように見えたが、同社は楽観的な四半期成長予測を提示し、それを上回ったことを考えると全ての問題がさほど影響していないように感じる。

Apple CEOのTim Cook氏は 「ホリデークォーターの間に、デバイスのアクティブ・インストール数は各地域セグメントで成長し、現在15億を超えています」と述べている。

Appleは第1四半期にiPhoneで559億5700万ドル、Macで71億6000万ドル、iPadで59億7700万ドルを販売したという。 ウェアラブル、ホームおよびアクセサリーの合計売上高は101億ドルであったが、サービス売上は127億1500万ドルに達した。

1年前、iPhoneは519億8000万ドル、Macは74億1600万ドル、iPadは67億2900万ドル、ウェアラブルおよびアクセサリは73億8000万ドル、サービス売上は107億8500万ドルであった。言い換えれば、同社はMacとiPadの両方の売り上げに落ち込みを経験したが、他のすべてのカテゴリーで成長したことを意味する。

iPhoneは引き続きAppleにとって最高の事業セグメントであるが、ウェアラブルとサービスの重要性は高まり続けている。 Apple Watch Series 5は前モデルからの小さなアップデートしか施されなかったが、全体売上は積極的に値引きされたSeries 3モデルによって支えられた可能性がある。さらに、人気の高いワイヤレスAirPodsヘッドフォンの2019年初頭のアップデートに続き、10月下旬にはAirPods Proがリリースされた。より高い価格帯での販売にもかかわらず、プロモデルは主にホリデーシーズンを通じて売り切れた。

Appleは2019年後半、Apple CardクレジットカードApple ArcadeサブスクリプションゲームサービスApple TV +ビデオストリーミングサービスなどの新しいサービスを立ち上げた。同社は個々のサービスからの収益を内訳しておらず、TV +サブスクリプションは現時点でほとんど無料トライアルであると考えられているが、Apple Card、Apple ArcadeおよびApple Musicサービスのレビューは概ね好意的である。

Appleは10月、売上総利益が37.5%から38.5%に落ち、営業費用が96億ドルから98億ドルの範囲で変動、2億ドルのその他の収入、16.5%の税率になると予測。今回のリリース前のアナリストの平均的な予測では、同社は2018年の記録を打ち破る売上高888億ドルを獲得し、1株当たり利益4.54ドルを達するとされていた。この小さな飛躍予想は、2019年四半期に見られたごくわずかな成長に似ていたからだろう。

結果として、Appleの918億ドルの収益は、昨年のホリデー四半期を9%上回るもので、1株当たり利益は19%増の4.99ドルであった。同社はまた、グローバル販売が四半期の収益の61%を占めると述べた。

前年比および四半期比で、Appleの地域別純売上高は、5つの主要地域のうち4つで増加した。四半期ごとの数値は、ヨーロッパの149億4600万ドルから223億7300万ドル、中華圏の113億1400万ドルから135億7800万ドル、米国の293億2200万ドルから413億7700万ドル、アジア太平洋地域の36億5600万ドルから73億7800万ドルに急増した。日本では、四半期比で49億8200万ドルから62億2300万ドルに急増したが、2019年の69億1000万ドルから前年比で減少した。

Appleは2020会計年度第1四半期に、売上高630億ドルから670億ドル、売上総利益率38%から39%、営業費用96億ドルから97億ドル、その他の収入2億5000万ドル、税率16.5%を予測している。同社は1株当たり0.77ドルの現金配当を発行しており、2020年2月10日時点で記録上の株主に2月13日に支払われる。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

----------[AD]----------

Appleがエッジコンピューティング企業「Xnor.ai」を買収

SHARE:

Appleは1月15日、AIスタートアップ「Xnor.ai」を買収したとVentureBeat関連筋に語った。 Xnor.aiはスマートフォン・カメラ・ドローンなどのエッジデバイス向けのAIサービスを開発する。Geekwireによると、Appleは同社に約2億ドルを支払ったと伝えられている。 Xnor.aiのテクノロジーは、Appleのデバイスにローカル保存されたAIに活用したり、アプリ開発者向け…

xnor.ai-2
Image Credit : Xnor.ai

Appleは1月15日、AIスタートアップ「Xnor.ai」を買収したとVentureBeat関連筋に語った。 Xnor.aiはスマートフォン・カメラ・ドローンなどのエッジデバイス向けのAIサービスを開発する。Geekwireによると、Appleは同社に約2億ドルを支払ったと伝えられている。

Xnor.aiのテクノロジーは、Appleのデバイスにローカル保存されたAIに活用したり、アプリ開発者向けのCore ML 3ツールキットのエッジコンピューティングを強化したりできる。Appleはイノベージョン促進、コスト削減、利用エネルギー最適化のできるAIモデルへの関心が最近高まっている。

昨年Xnor.aiは、FPGAチップ背面にあるソーラーパネルを活用して電力供給することで、バッテリーを必要としないコンピュータービジョンモデルおよびエッジコンピューティング機能を実証。そして2019年5月、Xnorはアートエッジコンピューティング向けの最先端プラットフォーム「AI2Go」を発売した。

2017年に設立されたXnor.aiはシアトルに拠点を置き、有望なアーリーステージスタートアップを支援する非営利AIインキュベーター「Allen Institute」に参加。買収に先立ち、同社はシアトルのMadrona Venture Groupなどを含む投資家から約1,460万ドルを調達した。

昨年夏に開催されたVentureBeat主催のAIイノベーションアワードイベントでは、有望なAIスタートアップとしてXnor.aiを選出していた

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

----------[AD]----------

App Storeの2019年売上387億ドル突破、Apple Newsは1億ユーザーへ

SHARE:

Appleがサービス領域拡大に注力している中、同社が各種数値情報を発表した。 2019年、AppleにとってApple News +、Apple Card、Apple Arcade、Apple TV +を含む、一連の新サービス提供を開始した1年であった。「Appleの歴史におけるサービスにとって最大の年」であったと、ソフトウェアおよびサービス部門副社長のEddy Cue氏は語っている。 「私たちは…

CC BY-NC-ND 2.0: atmtx via Flickr

Appleがサービス領域拡大に注力している中、同社が各種数値情報を発表した。

2019年、AppleにとってApple News +、Apple Card、Apple Arcade、Apple TV +を含む、一連の新サービス提供を開始した1年であった。「Appleの歴史におけるサービスにとって最大の年」であったと、ソフトウェアおよびサービス部門副社長のEddy Cue氏は語っている。

「私たちは全サービスの熱狂的な顧客に対し、勢いと感謝をもってこれからの新しい10年を始めます。世界最高のクリエイター、ストーリーテラー、ジャーナリスト、開発者の仕事を称え続けていきます」とCue氏は続けた。

恒例のように、AppleはApp Storeの年間売上データを発表。iOS開発者は2008年のApp Store立ち上げ以来、1550億ドル以上を稼いでいることを明らかにした。

そのうち4分の1に相当する387.5億ドルの売上は昨年だけで発生したもの。また、ホリデー期間はApp Storeで記録的な売上を計上し、クリスマスと新年休暇の間に14億2,000万ドル、昨年より16%増加した売上を達成した。最も注目すべき点として、元日にはApp Storeで3億8,600万ドルを売り上げたことを発表している。これは昨年より20%多く、1日で売上の新記録を達成した。

加えて、AppleNewsが4つの市場 – 米国、英国、カナダ、オーストラリア – で月間1億人のユーザーを超えたことも発表。1年前の2019年第1四半期の収支報告書で発表した8,500万を大幅に上回っている。この成長の主要因は、昨年3月にカナダでApple Newsが発売されたことに起因すると言える。 なお、Appleは3月のApple Newsとサブスクリプションサービスを立ち上げているが、サブスクリプション数は発表していない。

Appleは6月にiOS 13の一部としてリリースされたApple Musicの曲合わせた歌詞表示機能が、リスナーの50%によって使用されていることを明らかにした。そして、2020年に向けてApple CardとApple Payの顧客は、ワシントンDC、深セン、広州、中国の仏山など、より多くの都市で公共交通機関の乗車料金を支払うことができるようになると発表。Apple TVアプリはLG、SonyおよびVizioスマートテレビでも利用できるようなるとも発表している。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

----------[AD]----------