オープンソースのVRプラットフォームの「OSVR」、モーションセンサーのLeap Motionを取り付けてハンドトラッキングすることも可能

SHARE:

11062703_1648734705355044_7185337796595762720_o

<ピックアップ>Leap Motion will come embedded in Razer’s new OSVR headsets

ゲームメーカーのRazerが、CES2015で発表した「OSVR」。そのOSVRは、オープンソースのVRのハードウェアとソフトウェアの統一プラットフォームとなっています。そのOSVRに準拠したVRヘッドセットとして「OSVR Hacker Dev Kit」が展示されていました。

そんなOSVRに、Leap Motionを取り付けることができる、というニュースが入ってきました。Leap Motionと言えばモーションセンサーコントロールで、ジェスチャーなどでPC操作などが行えるもの。そんなLeap MotionをOSVRに取り付けることで、ハンドトラッキングによって手などの動きをVR上に取り込むことができるとのこと。

以前、Leap Motionが動画にあげていたデモ画面から、その様子は伝わるかもしれない。

OSVRは、5月から予約販売受付、6月から順次発送という状況です。Oculus Riftだけでなく、さまざまなプレイヤーがVRという新しい領域に展開し始めようとしています。

via masshable

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録