THE BRIDGE

タグ Yelp

iOS 10のメッセージアプリで使える、iMessageアプリ25選

SHARE:

Apple はメッセージアプリにチャットボットを導入するのではなく、iOS 10で iMessage アプリ拡張機能を本日(9月13日)から公開し、同アプリを強化するようだ。 今後はメッセージアプリのチャットウィンドウの下に小さい App Store のアイコンが現れるようになる。このボタンからドロワーを引き出してステッカーなどが送れる。また新たにローンチされた iMessage App Stor…

Above: ESPN and Apple Music iMessage apps in the Messages app for iOS 10. Image Credit: Jordan Novet/VentureBeat
iOS10のメッセージのESPNアプリとApple Music iMessageアプリ.Image Credit: Jordan Novet/VentureBeat

Apple はメッセージアプリにチャットボットを導入するのではなく、iOS 10で iMessage アプリ拡張機能を本日(9月13日)から公開し、同アプリを強化するようだ。

今後はメッセージアプリのチャットウィンドウの下に小さい App Store のアイコンが現れるようになる。このボタンからドロワーを引き出してステッカーなどが送れる。また新たにローンチされた iMessage App Store へのショートカットもあり、多くのデベロッパーは自社の既存アプリの iMessage 対応を余儀なくされることだろう。しかし、すでに iMessage 対応アプリは山ほどあり、通常の iOS App Store からダウンロードできる。

iMessage 対応のアプリは App Store で Apple TV 版や Apple Watch 版のアプリと同様に「Offers iMessage App」と表示される。管理ウインドウではすでにインストールされているアプリが iMessage 対応であれば、自動でその iMessage 版を追加インストールするように設定することもできる。今入手できる iMessage アプリを試してみれば、これまで制限されていたシンプルなメッセージアプリ上でどれだけ多くの機能が使えるようになったかわかるだろう。これは間違いなく大きな転換点である。

それでは、現時点で利用できる25の iMessage アプリを紹介しよう。

Afar

Above: Some of Afar’s stickers. Image Credit: Screenshot
Afarのステッカーの一例.Image Credit: Screenshot

Afar Magazine の旅行ガイドアプリの iMessage 版では会話中に旅行に関連したステッカーを貼ることができる。

Castro

Above: Castro’s iMessage app lets you share podcasts. Image Credit: Screenshot
CastroのiMessageアプリではポッドキャストをシェアできる.Image Credit: Screenshot

Supertop のポッドキャストアプリ Castro(480円)の iMessage 版では自分が聴いたポッドキャストをシェアできる。

(訳注:原文の$3.99は日本版のApp Storeで調べた価格480円に直しています。以下も価格については同様の対応としています。)

Citymapper

Above: Citymapper’s iMessage app at work in Messages. Image Credit: Screenshot
メッセージ内でCitymapperのiMessage版アプリを使用しているところ.Image Credit: Screenshot

Citymapper の iMessage アプリから自分の現在地、自宅、職場の地図を送ることができる。

Dierks Bentley Lyric Keyboard + Emojis

Above: Dierks Bentley stickers. Image Credit: Screenshot
Dierks Bentleyのステッカー.Image Credit: Screenshot

このEchelon Creative のサードパーティキーボードアプリ(240円)の iMessage 版では、カントリー歌手 Dierks Bentley に関連したステッカーを送ることができる。

Drafts

Above: Sending text from Drafts in Messages. Image Credit: Screenshot
メッセージ内でDraftsからドキュメントを送信.Image Credit: Screenshot

Agile Tortoise のメモ帳アプリ Drafts(600円)の iMessage 版ではテキストドキュメント全体を簡単に送ることができる。タップして送るだけでコピーペーストの必要はない。

Evernote

Above: Evernote’s iMessage app. Image Credit: Screenshot
EvernoteのiMessageアプリ.Image Credit: Screenshot

メモ帳アプリ Evernote ではタップするだけでノートを共有することができる。受け取った人はそのノートを閲覧したり自分の Evernote アカウントに保存したりできる。

Genius

Above: Genius’ iMessage app in action. Image Credit: Screenshot
iMessageアプリGeniusの使用例.Image Credit: Screenshot

Genius の iMessage 版アプリでは音楽の検索やブラウズが可能で、アーティストの写真に歌詞を付箋のように貼り付けて送ることができる。

Giphy

Above: Giphy’s iMessage app. Image Credit: Screenshot
GiphyのiMessage版アプリ.Image Credit: Screenshot

この iMessage 版 GIF アニメーション共有アプリはまさに予想通りのことをしてくれる。GIF を検索してブラウズし、どんどん送ることができる。

IMDb

Above: IMDb’s iMessage app. Image Credit: Screenshot
IMDbのiMessage版アプリ.Image Credit: Screenshot

IMDb の iMessage 版は TV 番組や映画に関するディープリンク(IMDb アプリへの直接のリンク)を送ることができる。現在上映中の映画については、上映時間のリンクも提供される。

iTranslate

Above: iTranslate translating in iMessage. Image Credit: Screenshot
iMessage中でiTranslateを使い翻訳しているところ.Image Credit: Screenshot

iTranslate の iMessage 版はキーボードを表示し、入力されたテキストをさまざまな外国語に翻訳してくれる。iMessage にはオリジナルと翻訳した文章が表示される。

Justmoji

Above: Justmoji’s iMessage app. Image Credit: Screenshot
JustmojiのiMessage版アプリImage Credit: Screenshot

サードパーティキーボードアプリ Justmoji(240円)の iMessage 版では、カスタマイズも可能なジャスティン・ビーバーのステッカー、ビデオ、GIF アニメを利用することができる。

LookUp

Above: LookUp’s iMessage app. Image Credit: Screenshot
LookUpのiMessage版アプリ.Image Credit: Screenshot

LookUp の iMessage 版(360円)では言葉の定義が書かれたカードを利用できる。

OpenTable

Above: OpenTable’s iMessage app. Image Credit: Screenshot
OpenTableのiMessage版アプリ.Image Credit: Screenshot

OpenTable の iMessage 版では通常の OpenTable アプリにソーシャル機能が加わっており、レストランの候補を選んでカードにして送り、受け取った人がタップして開くことができる。選んだ候補に投票したり、時間帯をタップして予約することもできる。

Plated

Above: Plated’s iMessage app stickers. Image Credit: Screenshot
iMessage版Platedのステッカー.Image Credit: Screenshot

食事デリバリーサービス Plated の iMessage 版では食事に関連した可愛いステッカーを提供している。

PlayKids

Above: PlayKids’ iMessage app stickers. Image Credit: Screenshot
iMessage版PlayKidsのステッカー.Image Credit: Screenshot

PlayKids の iMessage 版では同アプリの可愛いキャラクターのアニメーションステッカーを送ることができる。

Polaroid Swing

Above: Polaroid Swing’s iMessage app. Image Credit: Screenshot
Polaroid SwingのiMessage版アプリ.Image Credit: Screenshot

Polaroid Swing はモバイルデバイスで撮影した短時間のビデオをループ再生してくれる。iMessage 版ではそれを共有することができる。

Rex – Great Recommendations from Friends

Above: Rex’s iMessage app. Image Credit: Screenshot
RexのiMessage版アプリ.Image Credit: Screenshot

本家 Rex アプリを簡素化した iMessage 版では、映画や音楽、本、テレビ番組、ビデオ、ポッドキャスト、記事、食事、飲み物、観光地、アプリ、ゲームなど、他の人が集めたさまざまなものに関するおすすめを教えてくれる。おすすめを送ると他の人はその内容を読むことができ、コメントを読んだり Rex アプリからコメントしたりできる。

Scanbot

Above: Scanbot’s iMessage app. Image Credit: Screenshot
ScanbotのiMessage版アプリ.Image Credit: Screenshot

モバイル PDF スキャンアプリ Scanbot の iMessage 版では書類の写真をすぐに撮れるウィジェットが利用でき、自動で読みやすく画像処理されて共有することができる。

Snappy Browser

Above: The Snappy Browser iMessage app. Image Credit: Screenshot
Snappy BrowserのiMessage版アプリ.Image Credit: Screenshot

iMessage アプリとしてのみ動作する Rinat Khanov の Snappy Browser(240円)は、メッセージアプリ上でさくさく動くミニブラウザを提供している。ウェブ検索も組み込まれており、Send(送る)ボタンを押すだけでウェブサイトの共有も可能だ。閲覧サイト履歴もたどることができる。

Tenor – GIF Keyboard

Above: Tenor’s iMessage app. Image Credit: Screenshot
TenorのiMessage版アプリ.Image Credit: Screenshot

以前 Riffsy という名前だったアプリ Tenor の iMessage 版では、アニメーション GIF の検索・シェアだけでなく、それをステッカーにすることもできる。さらに、iOS デバイスのカメラを使ってビデオを録画してアニメーション GIF 化し、共有もできる。GIF やステッカーのパックを作ることもできる。

TimeTree

Above: TimeTree’s iMessage app. Image Credit: Screenshot
TimeTreeのiMessage版アプリ.Image Credit: Screenshot

カレンダーアプリ TimeTree の iMessage 版では自分のカレンダー上のイベントを共有することができる。

Triller

Above: Triller’s iMessage app. Image Credit: Screenshot
TrillerのiMessage版アプリ.Image Credit: Screenshot

Triller アプリの iMessage 版はビデオ録画とフィルター、共有機能をまとめたものである。

Voo Plan for iMessage

Above: The Voo Plan for iMessage iMessage app. Image Credit: Screenshot
iMessageアプリ用Voo Plan.Image Credit: Screenshot

これは通常の iOS アプリではなく iMessage 版だけのアプリで、友人と集まる日時と場所を設定できる。レストランやバー、カフェを選び、予約、割引、道案内、レビューや写真のチェック、フォローができる。プランを共有することももちろんできる。

Yelp

Above: Yelp’s iMessage app. Image Credit: Screenshot
YelpのiMessage版アプリ.Image Credit: Screenshot

Yelp では同アプリで最近チェックしたレストランを共有することができる。アプリ内で新しいことを発見させてくれ、iMessage を受け取った人もまた Yelp アプリに誘導してくれる。

Zen Brush 2

Above: Zen Brush 2’s iMessage app. Image Credit: Screenshot
Zen Brush 2のiMessage版アプリ.Image Credit: Screenshot

P Softhouse の Zen Brush 2アプリ(360円)の iMessage 版では既存の美しい書道や墨絵のイメージを、画像またはステッカーの形式で送ることができる。それだけでなく、フルバージョンのアプリ同様にシンプルだが美しい筆アートを描くこともできる。

ぜひこれらのアプリを楽しんで頂きたい。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

----------[AD]----------

Yelp、ゴルフやフラワーアレンジメントなどのアクティビティを予約できる機能をアメリカでスタート

SHARE:

<ピックアップ>Yelp Now Lets You Book Outdoor Activities, Golf and More レストラン検索アプリのYelpですが、実はレストラン以外にもさまざまなものが予約できる機能があります。新しく追加された機能として、アメリカ限定ですが、ゴルフやフラワーアレンジメントなどのアクティビティの予約が行えるようになりました。 スカイドライブやゴルフの…

6a00d83452b44469e201bb080da28d970d-800wi

<ピックアップ>Yelp Now Lets You Book Outdoor Activities, Golf and More

レストラン検索アプリのYelpですが、実はレストラン以外にもさまざまなものが予約できる機能があります。新しく追加された機能として、アメリカ限定ですが、ゴルフやフラワーアレンジメントなどのアクティビティの予約が行えるようになりました。

スカイドライブやゴルフの検索予約、レストランのテーブル予約などのサービスを行う企業と連携することで、互いに送客支援などを行うというもの。すでに100万人以上がこうしたアクティビティ予約を利用しているそうです。

Yelpは、レストランだけに限らず、人の行動を後押しするためにお店や活動の検索や予約を行うものへとシフトしていこうといるのかもしれません。

via TNW

----------[AD]----------

オープンデータを活用して飲食店の衛生レベルを公開する「Yelp」の取り組み

SHARE:

2004年7月に米サンフランシスコで開設された「Yelp(イェルプ)」は、2014年第四四半期時点で月間ユニークユーザー数1億3500万人、ユーザー投稿数7100万件を擁する、世界最大級の口コミサイト。 数多くの消費者からのリアルな評価や感想が蓄積されたこのオンラインプラットフォームは、いまや、カフェやレストランなどのお店選びに欠かせない情報源のひとつとなっています。 Yelpでは、このプラットフ…

サンフランシスコの飲食店「The Cheese Steak Shop」のYelp情報。右下に衛生レベルを示す「Health Scores」が掲載されている
サンフランシスコの飲食店「The Cheese Steak Shop」のYelp情報。右下に衛生レベルを示す「Health Scores」が掲載されている

2004年7月に米サンフランシスコで開設された「Yelp(イェルプ)」は、2014年第四四半期時点で月間ユニークユーザー数1億3500万人、ユーザー投稿数7100万件を擁する、世界最大級の口コミサイト。

数多くの消費者からのリアルな評価や感想が蓄積されたこのオンラインプラットフォームは、いまや、カフェやレストランなどのお店選びに欠かせない情報源のひとつとなっています。

Yelpでは、このプラットフォームに登録されている飲食店を、ユーザーがより安全、安心に利用できるよう、一般ユーザーからの口コミと合わせ、各飲食店の衛生状態に関する情報を掲載しようと注力してきました。

2013年には、サンフランシスコ市、ニューヨーク市と提携し、行政機関が有する飲食店の衛生検査データをYelpなどのグルメ情報サイトに統合するためのオープンデータ標準「LIVES(Local Inspector Value-entry Specification)」を開発。

サンフランシスコ市が、2013年1月、LIVESに準拠したデータをYelpで公開しはじめたことを皮切りに、ニューヨーク市、ロサンゼルス市といった大都市から、イリノイ州エバンストン市、ノースカロライナ州ローリー市などの地方都市まで、この取り組みが全米に広がりつつあります。

とはいえ、実際、行政機関のデータベースから飲食店の衛生検査データを抽出するのは、けして簡単ではありません。ほとんどのデータは、Yelpのようなオンラインプラットフォームに対応しておらず、データ形式はもちろん、衛生検査の項目や基準も、地方自治体ごとにばらつきがあります。

そこで、Yelpは、2015年1月、オープンデータ専用クラウドサービスプロバイダー「Socrata(ソクラタ)」との提携を発表。サンフランシスコ市やダラス市など、米国の地方自治体も参加するSocrataのオンラインコミュニティ「Open Data Network(オープンデータ・ネットワーク)」にYelpもメンバーとして加わり、LIVESをより広く普及させるのが狙いです。Socrataは、自社の顧客である行政機関に必要な技術サポートを無償で提供し、この取り組みを後押ししています。

一般消費者にとっては、利用しようとする飲食店の料理の味や店内の雰囲気、サービスの質のみならず、衛生レベルも、気になるところ。Yelpは、ユーザーからの投稿だけでなく、行政機関からの公的データをも集約することで、利便性を高め、ユーザーのより適切な意思決定をサポートし、ひいては、人々の生命と健康の保護に寄与しようとしています。

----------[AD]----------

YelpがフードデリバリーのEat24を買収し、ローカルなリアルビジネスへ舵を切り始めた

SHARE:

<ピックアップ>Yelp Has Big Plans for New Acquisition Eat24 | Inc.com リアルビジネスへの注目がおきているなか、大きな買収の動きが起き始めています。レストラン検索サービスのYelpが、フードデリバリーのEat24を1億3400万ドルで買収したと報道されています。 Eat24が、2008年からスタートしているレストランから自宅まで食料…

Image by Yelp Inc. on Flickr
Image by Yelp Inc. on Flickr

<ピックアップ>Yelp Has Big Plans for New Acquisition Eat24 | Inc.com

リアルビジネスへの注目がおきているなか、大きな買収の動きが起き始めています。レストラン検索サービスのYelpが、フードデリバリーのEat24を1億3400万ドルで買収したと報道されています。

Eat24が、2008年からスタートしているレストランから自宅まで食料品や料理を配達してくれるサービス。現在では、2万件以上ものレストランと提携しているほどのサービスとなっています。

もともと、YelpとEat24は2013年にパートナーシップを組んでいたこともあり、Yelpに掲載されているレストランからユーザに配達するなどの取り組みを行っていました。

今回の買収によって、Yelpはよりローカルビジネスに寄り添ったサービスを提供することができ、レストラン検索だけではない新たな展開を見せることができるかもしれません。

----------[AD]----------

医師版Yelp、治療方法にレビューを付けれるアプリ【ピックアップ】

SHARE:

【ピックアップ】は世界のテク系スタートアップの資金調達やトレンド記事を概要と共にお届けします YELP FOR DOCTORS REVIEWS THE BEST AND WORST TREATMENTS SharePracticeはコメントを共有して、医師が自分の知識や経験だけでなく、別の治療法について相談できる無料のプラットフォーム。シェアされた治療法に星でレビューをつけることができます。 これ…

SharePractice__Social_medical_reference_for_clinicians

【ピックアップ】は世界のテク系スタートアップの資金調達やトレンド記事を概要と共にお届けします

YELP FOR DOCTORS REVIEWS THE BEST AND WORST TREATMENTS

SharePracticeはコメントを共有して、医師が自分の知識や経験だけでなく、別の治療法について相談できる無料のプラットフォーム。シェアされた治療法に星でレビューをつけることができます。

これまでに5000人以上の医師が使用していて、現在はiOS版の他にweb版やAndroid版も開発しているとのことです。医師専用のSNSなどは数多く存在しますが、実際に治療法に評価をつけれるというのは珍しいです。

Google翻訳でざっくり読む

via [PSFK]

----------[AD]----------

Yelpが日本に上陸——「2020年の東京五輪までには、日本で馴染みのサイトになりたい」とCEO #NES2014

SHARE:

※この記事は英語で書かれた記事を日本語訳したものです。英語版の記事はコチラから。 これは、新経済サミット2014の取材の一部だ。更新内容は、Twitter で @thebridge_jp からもフォローできる。 Yelp の CEO兼創業者の Jeremy Stoppelman は今日開催された新経済サミットに登壇し、彼のサービス Yelp について紹介した。驚くべきことに、彼は日本でも Yelp…

yelp-620x412

※この記事は英語で書かれた記事を日本語訳したものです。英語版の記事はコチラから

これは、新経済サミット2014の取材の一部だ。更新内容は、Twitter@thebridge_jp からもフォローできる。

Yelp の CEO兼創業者の Jeremy Stoppelman は今日開催された新経済サミットに登壇し、彼のサービス Yelp について紹介した。驚くべきことに、彼は日本でも Yelp が利用可能できるようになったことを発表した。今朝から yelp.co.jp でアクセス可能だ。

Jeremy は話の中で、Yelp には月間1.2億人の訪問ユーザが居て、5,300万件のレビューが掲載されていると説明した。Yelp 検索の59%以上はモバイルからのアクセスであり、その点で、彼らはモバイル企業になったと言えるだろう。

彼によれば、Yelp は世界のすべての国にローンチさせたいと考えており(現在は26カ国で利用可能)、食べログやクックパッドに代表されるサービスが優勢の日本市場に臨むのは、Yelp にとって果敢な挑戦だ。今後の動向を楽しみにしたい。

これまで、我々は一度に一都市ずつ、サービスをローンチしてきた。高品質の地元データが必要だからだ。参加してほしいのは観光客だけでなく、地元の人々だ。

この(地元の人々に参加してもらう)プロセスは時間を要するが、これこそがサービスが地元に根ざす真髄なのだと言う。アジアではシンガポールで最初にサービスを立ち上げたが、随分以前から、Jeremyは日本が魅力的な市場だと考えていた。

SalesForce の CEO Mark Benioff からは、「どうして日本に進出しないんだ」といつもしつこく言われていたのだそうだ。しかし、Jeremy はここ数回の出張を通じて、Mark が進言していたことが理解できるようになった。それには時間がかかるだろうが、オリンピックの頃までには日本で馴染みのサイトになりたいと語った。

yelp-japan-620x365

----------[AD]----------

米国の食べログ「Yelp」が絵文字で検索可能に【ピックアップ】

SHARE:

Image by The Next Web Yelp Lets You Search With Emoji 米国版食べログといったらいいのか、2004年創業のYelpより食べログの方が2005年で1年遅れてるので、この辺りは説明しづらい部分がありますが、まあ、いわゆる米国でよく使われている食べログみたいなサービスのYelpで面白い検索ができるようになったそうです。そう、絵文字です。 もうそのまま、…

Yelp-1

Image by The Next Web

Yelp Lets You Search With Emoji

米国版食べログといったらいいのか、2004年創業のYelpより食べログの方が2005年で1年遅れてるので、この辺りは説明しづらい部分がありますが、まあ、いわゆる米国でよく使われている食べログみたいなサービスのYelpで面白い検索ができるようになったそうです。そう、絵文字です。

もうそのまま、ワインの絵文字でワインバー、お花の絵文字でお花屋さんが出てきます。これは使ってるユーザーによってはかなり便利なのではないでしょうか。非言語コミュニケーションはどんどん進んでいますが、真面目にこのあたりのユーザービリティというのは試す価値あると思います。

ちなみに食べログで絵文字検索しましたが当然使えませんでした。

Google翻訳でざっくり読む

via The Next Web

----------[AD]----------

アジアにイノベーションはあるのか?

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 【原文】 欧米、もっと厳密にいえばシリコンバレー発のスタートアップの成功を目にすることは度々あるが、アジアにはイノベーションに関しては疑問が浮かぶ。JFDI AsiaのWong Meng Weng氏を司会に迎え、若き革新者たちのパネルディスカッションがTechventureの舞台、シンガポールのMarina Bay Sandsで開催された。 ・Amit Anand氏:…

【翻訳 by Conyac】 【原文】

欧米、もっと厳密にいえばシリコンバレー発のスタートアップの成功を目にすることは度々あるが、アジアにはイノベーションに関しては疑問が浮かぶ。JFDI AsiaのWong Meng Weng氏を司会に迎え、若き革新者たちのパネルディスカッションがTechventureの舞台、シンガポールのMarina Bay Sandsで開催された。

・Amit Anand氏:Jungle Venture業務執行員

・James Chan氏:Neoteny Labs所長

・Dennis Goh氏:HungryGoWhere創設者

・Darius Cheung氏:tenCube(McAfeeに買収された)設立者

・Rameez Ansar,氏:Techcube 8業務執行員

イノベーションの温床はどこか?

正直なところ、それぞれの都市に固有の強みがあり、どこが相応しい場所なのかを厳密に特定するのは困難であるとAmit氏は言う。異なった成長段階に応じて異なった場所がある。スタートアップがその強みを発揮して勝負し、利益を得ることのできる場所もあるのだ。

アジアのイノベーションは、シリコンバレーの真似をするということに等しいかに関しては、パネル陣は異なった見方をしている。

Dennis氏は自身のスタートアップを例にあげ、アイディアは豊富にあると強調した。ダーウィニズムの「適者生存」原則を借用すると、多くのアイディアは偶然にも極めて上手く実行に移されている。アイディアが尽きることはない。

実際ほとんどのアイディアは、過去のものから学び、上手く順応し、市場に合わせて進化している。アジアのウェブサービスはシリコンバレーのそれに似ているように見えるかも知れないが、裏側ではアジア各国に特別に調整された仕様になっているというわけだ。

シンガポール市場にYelpが参入することを脅威に感じるかと問われると、Dennis氏は、HungryGoWhereがスタートしたときにも同じようなフードレビューサイトは2つから4つ存在していたと説明した。

要するに、まず真似から始めるのは簡単だが、結局のところ、自分の商品をどのように荷造りしてユーザに売り出すか、というところで煮詰まるのだ。HungryGoWhereは、ユーザの声を理解していることに誇りを持ち、おそらくYelpも最終的には、なぜHungryGoWhereがシンガポールで成功しているかを理解するだろう。

Darius氏がアジアにもイノベーションがあると言葉を挟んだとき、私は特に嬉しかった。同氏は、サービスのクローン問題が取り上げられ話題になるのと同じくらい、アジアにもイノベーションがあると言い、 Pigeonholemig33の2つの例を挙げた。Pigeonholeは、カンファレンス開催中に直面する問題に対処するサービスで、mig33は、同サービスの創設者Steven Goh氏はインドネシアで素晴らしい取り組みをしている。

投資家らは、目の前で繰り広げられるイノベーションを見逃さないようにするためにどうしているのか?

Amit氏は、出資しようと思うスタートアップと話すときに、一方的に話をするのではなく対話することが大切だと語る。自分のアイディアを相手に十分に伝える必要がある。Darius氏は、チームの重要性も大事になると言う。投資家を見つけることを、配偶者もしくは生涯のパートナーを見つけることに比較している。投資をする前には、自信を持つ必要がある。

もちろん、人生にはいいときもあれば悪いときもある。各パネリストにも過去に学んだ教訓があり、それを聴衆に語った。

Amit氏は起業家としての道のりで、耐えることを学んだ。私たちは、これが最善の決断だとか、選択技はこれしかないと考えながら決断に飛びつくことがよくある。だが、本当は常により良い選択肢があり、耐えて待つべきなのだ。

Amit氏は投資家として、投資をする前には起業家と適切な時間を費やすことを投資家にアドバイスしている。それもそうだ。最終的に投資すると決めれば、投資家はその企業の一員となるのだから。

HungryGoWhereの売却へのプロセスが、Dennis氏にとって順風満帆ではなかったことを初めて知る人もいるだろう。当初、Dennis氏は適切なプロダクトを適切なユーザに向けて作ったと思っていた。だが、最初の2年間、彼は顧客とうまくコミュニケーションがとれなかった。大きなユーザーベースがあるにもかかわらず、同サイトは閉鎖近い状態にまでいったのだ。

私たちはプロダクトを強調するあまり、利害関係者や彼らの考え方を育てることを怠りがちだ。顧客はHungryGoWhereのビジネスモデルを理解することができず、Dennis氏は道のりが険しいことを悟った。このことを通じて、同氏はユーザと顧客の違いを学んだ。

Darius氏は、起業家のほとんどが自信に欠けていて、焦点や遂行で自分たちをごまかしていると感じている。私たちは「ゲームをしなければ、負けることはない」と空想を抱いていることがよくある。でも実際には、前進しなければ、その結果を知ることもできない。

自分たちには素晴らしいアイディアがあると思って始める起業家が多いが、全速力で走ったり、辛抱して頑張るスタミナを持つことは全く異なることだとJames氏も付け加えた。

若者と年輩者、スタミナがあるのはどっち?

大事なのは考え方だとJames氏は感じている。「考え方によって、若くもなれば老いもする」とJames氏は言う。

私も同意見だ。Rameez氏は、自分たちがなぜある特定のことをするのか、起業家はその理由を理解する必要があると言う。情熱に動かされる人もいれば、金銭的報酬に動かされる人もいる。だが、情熱によって動く人は金銭的な動機で動く人よりも耐え忍ぶことができ、頑張ることができると私は個人的に思っている。

ひょっとしたら、パネリストのほとんどがかなり若いと思ったかもしれない。彼らが年齢差別を受けたことがあるか、もしあれば、どう対応したのかという質問が彼らに投げかけられた。

James氏の私見によれば、うまく調和していける者こそが勝者なのだという。より多くの経験を積むことで多くの失敗から学ぶことができ、年齢は人に特権を与えると断定できる。だが、彼はさらに、若ければ若いほど高い成熟度と理解度を得るまでにより多くの疑問を持つことになると指摘している。彼にとって、年齢差別はバイアスの形でしかない。

だが私は、「もしかしたら自分は本当に無能なのかもしれない。だから差別を受けるのだ」というDarius氏のコメントにも同意せざるを得ない。違うと言うのなら、文句があってもぐっと堪えて、自分がどれほどのものかを証明するべきだ。起業家は、期待値を下回ったり、やりすぎてはいけないということが最も重要なのだ。

【viaTech in Asia】 @TechinAsia

----------[AD]----------

サンフランシスコのレストランレビューサイト「Yelp」がシンガポールでアジア進出

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 【原文】 サンフランシスコに本社をかまえるレストランレビューサイトのYelpは、3月の株式公開以降、積極的に新市場への拡大を続けている。今回、Yelpは正式にシンガポール(アジア初)でサービスを立ち上げ、この記念にサンフランシスコのオフィスでシンガポールの国旗を掲げ国歌斉唱が行われた。数名のシンガポールチームと世界中のYelp社員はスカイプを使ってバーチャルに参加した…

【翻訳 by Conyac】 【原文】

サンフランシスコに本社をかまえるレストランレビューサイトのYelpは、3月の株式公開以降、積極的に新市場への拡大を続けている。今回、Yelpは正式にシンガポール(アジア初)でサービスを立ち上げ、この記念にサンフランシスコのオフィスでシンガポールの国旗を掲げ国歌斉唱が行われた。数名のシンガポールチームと世界中のYelp社員はスカイプを使ってバーチャルに参加した。

Yelpはシンガポールで現地のフードレビューの有力企業Hungrygowhereに対抗する形となる。Hungrygowhereは、4月にアジアの通信会社SingTelが940万米ドルで買収したスタートアップで、現在は同社のライフスタイルポータルinSingによって運営されている。

シンガポール版Yelpには既に多くのレビューが集まっており、約2000のレストランが評価されている。YelpのiOSアプリはシンガポールのiTunes app storeで約1年前からダウンロードできて、Yelpのモバイル用アプリは様々なプラットフォームで提供されている。

レストランやバー、その他関連した会社を経営している人は、無料で専用ページの作成を依頼でき、Yelpに会社のプロフィールを掲載できる。他の場所とシンガポールが大きく変わらなければ、このプロフィール掲載は将来的にYelpにとって大きな収入源になる可能性があり、またローカル広告も可能性を秘めている。昨年、Yelpの収益の78%ローカル広告によるものだった。

【via SGEntrepreneurs】 @sgentrepreneurs

----------[AD]----------

20万人のユーザを誇るレビューサイト「Wongnai.com」はタイ版Yelpになれるのか?

SHARE:

【翻訳 by Conyac】 【原文】 レストランのレビューサイトWongnai.comはタイ版のYelpだ。少なくとも彼らはそう主張していて、そうなることを願っている。ユーザ数20万人を誇り、タイ版Yelpへの道を順調に進んでいるようだ。 Wongnai.comは2010年7月にYod Chinsupakul氏とPattrawoot Suesatayasilp氏によって設立された。両者とも趣味は…

【翻訳 by Conyac】 【原文】

レストランのレビューサイトWongnai.comはタイ版のYelpだ。少なくとも彼らはそう主張していて、そうなることを願っている。ユーザ数20万人を誇り、タイ版Yelpへの道を順調に進んでいるようだ。

Wongnai.comは2010年7月にYod Chinsupakul氏とPattrawoot Suesatayasilp氏によって設立された。両者とも趣味は旅行に行くことだ。当時のタイにはレストランのレビューサイトが存在しておらず、彼らは自身で作ろうと決心した。 Chinsupakul氏は次のように語っている。

「私たちは多くの場所に旅行し、Yelp(他の国では似たようなサイト)をずっと使ってきました。Yelpをはじめとするレビューサイトはとても便利です。タイの人々の生活を少しでも良くするために、似たようなツールを提供したいと考えるようになりました。タイにいる少数のグルメ評論家の意見に頼るよりも、多くの人々の話に耳を傾けるのが良いはずです。」

Wongnai.comは一切の投資を受けておらず、広告や掲載記事、ビジネスによって収益を得ている。Wongnai.comのチームには合計12人のフルタイムのスタッフがいる。Chinsupakul氏は、主な競争相手は香港のOpenriceであるとしているがWongnaiの方がユーザ数は多いようだ。

最近取り上げたタイのZodioも、Yelpを目指すスタートアップのひとつだ。1つの国に少なくとも1つのレビューサイトが活躍する市場はある。しかし、どのサービスが勝利を収めるのかを判断するにはまだ時期尚早だろう。シンガポールでは、レストランの一覧とおすすめのみに特化したYelpの類似サイト「Hungrygowhere」が、SingTelによって900万米ドル強で買収された。シリコンバレーの読者にとっては小額だろうが、東南アジアの基準では妥当な額だと思う。

【viaTech in Asia】 @TechinAsia

----------[AD]----------